« 曽田本その1の1神傳流秘書原文10夏原流和之事6本手之移3山越 | トップページ | 曽田本その1の1神傳流秘書原文10夏原流和之事6本手之移4變ノ弛 »

2017年9月26日 (火)

曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く10夏原流和之事6本手之移3山越

曽田本その1
1.神傳流秘書を読み解く
10、夏原流和之事
6)本手之移
三本目山越
山越
 弓返しの通り二たをされたる時我打込んて合手請留亭引婦せんと須る時左の手二亭相手の足を取り引可るゝを支耳起上り付込み倒春也
読み
山越(やまこし)
 弓返しの通りに倒されたる時 我打込んで相手請け留めて 引き伏せんとする時 左の手にて相手の足を取り引かるゝ機に 起き上がり付け込み倒す也
参考 夏原流和之事捕手和之事三本目弓返
 相手坐処へ如前歩ミ寄ッて左の手に亭合手の左の手を取り右の手二て相手の小太刀の柄を取て脇へねぢた於し其柄を右之足にて歩ミ向の小手をかためたる時相手右の手をもッて打込むを我も右の手二て留左の手を相手のひぢ尓そゑ亭うつむ希二引直し堅める
読み
弓返(弓返)
 相手坐す処へ 前の如く歩み寄って左の手にて相手の左の手を取り 右の手にて相手の小太刀の柄を取りて脇へねじ倒し 其の柄を右の足にて踏み 向うの小手をかためたる時
相手右の手をもって打ち込むを 我も右の手にて留め 左の手を相手の肘に添えて俯きに引き直し堅める
読み解く
 「前の如く歩み寄って」は、相手坐し居る処へ歩み寄っての事でしょう。
是は相手に左手を取られ、更に小太刀の柄を取られてねじ倒され、右足で小太刀の柄を踏み固められた時に、我は右手で相手に打ち込むのを請け留められ、左手を固められて俯けに引き伏せられられそうになる時、左手で相手の足を取って、相手が引こうとするを機に起き上がって相手に付け込んで倒す。

 此の業は、弓返しの我と相手を逆にして返し業を繰り出すもので、弓返の彼我逆の攻防と山越を合せて見ました。

|

« 曽田本その1の1神傳流秘書原文10夏原流和之事6本手之移3山越 | トップページ | 曽田本その1の1神傳流秘書原文10夏原流和之事6本手之移4變ノ弛 »

曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く10夏原流和之事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 曽田本その1の1神傳流秘書原文10夏原流和之事6本手之移3山越 | トップページ | 曽田本その1の1神傳流秘書原文10夏原流和之事6本手之移4變ノ弛 »