« 曽田本その1の2英信流目録原文1居合棒太刀合之巻4極意之大事1盲目杖 | トップページ | 曽田本その1の2英信流目録原文1居合棒太刀合之巻4極意之大事2眼抗 »

2017年11月21日 (火)

曽田本その1の2英信流目録読み解く1居合棒太刀合之巻4極意之大事1盲目杖

曽田本その1
2.英信流目録読み解く
居合棒太刀合之巻
 兼 大森流居合 小太刀之位
4、極意之大事
 
一本目盲目杖
是盤座頭目無之天も杖尓て我可行先へハいづく尓ても行ク也心の留らぬを吉と春也此所能々工夫有へ之ふらりふらりと行我尓敵とふ者の無く無念無心尓て行敵お古るや否や其所可移也千変萬化工夫可有
読み
一本目盲目杖(もうもくじょう・めくらつえ)
 是は 座頭 目無しでも杖にて我が行くべき先へ 這いづくにても行く也 心の留まらぬをよしとす也 此の所能々工夫あるべし ふらりふらりと行く我に敵問う者の無く 無念無心にて行 敵怒るや否や其の所移るべき也 千変万化工夫あるべし
読み解く

この盲目杖は解り難い文章です。
是は坐頭(盲目の琵琶法師、按摩、めくら)は目が見えなくとも杖を以って、我が行くべき先へは何処へでも行く。心が留まら無いので良いのであろう。
此の処をよく工夫すべきである。
ふらり、ふらりと行く我に、敵だと言って問う者も無く、無念無心に行く。敵の持ち場を出るやさっさと其処を立ち退くべきである。
千変万化の工夫をしておくべきである。

いずれにしても、心を留めずに無念無心にあるべきものだ、と言うのでしょう。

|

« 曽田本その1の2英信流目録原文1居合棒太刀合之巻4極意之大事1盲目杖 | トップページ | 曽田本その1の2英信流目録原文1居合棒太刀合之巻4極意之大事2眼抗 »

曽田本その1の2英信流目録原文1居合棒太刀合巻」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 曽田本その1の2英信流目録原文1居合棒太刀合之巻4極意之大事1盲目杖 | トップページ | 曽田本その1の2英信流目録原文1居合棒太刀合之巻4極意之大事2眼抗 »