« 曽田本その1の2英信流目録原文1居合棒太刀合之巻3心持之事3首尾用法 | トップページ | 第九回古伝研究の集い »

2017年11月15日 (水)

曽田本その1の2英信流目録読み解く1居合棒太刀合之巻3心持之事3首尾用法

曽田本その1
2.英信流目録読み解く
居合棒太刀合之巻
兼 大森流居合 小太刀之位
3、心持之事
三本目首尾用法

是盤筆二出が多く手錬尓て合点行也跡先キき可須事第一也
歌尓
 棒盤只あと先大事ゆ多ん春な
        突クつなぐつのち盤者やぶさ

 

 能々工夫可有也

 

読み
三本目首尾用法(しゅびようほう)

 

 是は 筆に出しがたく 手錬にて合点行く也 後先利かす事第一也
歌に

 

 棒は只後先大事油断すな
 突くつなぐつのちは隼

 

能々工夫有るべき也
読み解く
 首尾用法については筆に書き著わせないので、手錬によって理解するものである。
 棒の操作は只、後先利かす事が第一に大切な事である。後先とは棒の両端の捌きでしょう。
 歌に託したとして、棒は只、一方だけでなく棒の両端を自在に扱う事が大事で、敵の跡先も油断するな。「突き つなぐ つのち はやぶさ」は、「突きつ、薙ぐ、つのちは隼」突き・薙ぐ・後は隼の様にするばかり。意味不明です。

 よく工夫有るべき也。筆に出せない事だそうですから、此処までです。参考に河野先生の無双直伝英信流居合兵法叢書では「歌に 棒は只だあと先大事油断すな 突きつ なぐりつ のちは はやぶさ」とされています。

 曽田先生の直筆書写ですから写し間違いなのか、河野先生がそう読み方を直されたの何れにしても、棒は自在に動かせる武器です。

|

« 曽田本その1の2英信流目録原文1居合棒太刀合之巻3心持之事3首尾用法 | トップページ | 第九回古伝研究の集い »

曽田本その1の2英信流目録読み解く1居合棒太刀合巻」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 曽田本その1の2英信流目録原文1居合棒太刀合之巻3心持之事3首尾用法 | トップページ | 第九回古伝研究の集い »