« 曽田本その1の2英信流目録原文1居合棒太刀合之巻5小太刀之位1左請眼 | トップページ | 曽田本その1の2英信流目録原文1居合棒太刀合之巻5小太刀之位2右請眼 »

2017年12月 8日 (金)

曽田本その1の2英信流目録読み解く1居合棒太刀合之巻5小太刀之位1左請眼

曽田本その1
2.英信流目録読み解く
居合棒太刀合之巻
 兼 大森流居合 小太刀之位
5、小太刀之位
 
一本目左請眼
 と申ㇵ敵盤上段二かまゑ我盤片手尓て小太刀を向ヱさし付敵の左の眼へ切先を付て相懸り尓て行也敵場合尓て我小太刀を筋違尓右へ横に拂ふ也其時我すく二小太刀をつむりへかむり左の手尓て敵の右のひぢを取勝也
読み
一本目請眼(せいがん)
 左請眼と申すは 敵は上段に構え 我は片手にて小太刀を向へ指し付け 敵の左の眼へ切先を付けて相懸かりにて行也 敵場合にて我が小太刀を筋違いに右へ横に拂う也 其の時我れ直ぐに小太刀をつむりへ冠り 左の手にて敵の右の肘を取り勝也 
読み解く
 左請眼と云うのは、敵は太刀を上段に構え、我は右片手に小太刀を持ち、右足を前に踏み、相手の左眼へ切先を付け、相懸りに双方歩み寄る処、相手左眼に付けられた我が小太刀を八相に右へ払ってくる。
 其の時我はすぐに小太刀を頭上に振り冠り、左足を左前に踏み込んで左手で相手の右ひじを取って、相手の真向に小太刀を打ち込み勝。英信流目録の原文のままに打ってみればこのようでしょう。

 双方スカスカ歩み寄る時、我が小太刀を相手の左眼に突き付けて歩み寄るので、相手は小太刀が気になって払ってくる、透かさず右手を上げて小太刀を上に外し、左足を左前に踏込み、敵の右手を左手で制して、小太刀を打ち込む。
 さて、相手は小太刀を払って、外されたので返す刀で切り上げようとする事も有り得ます。
 外すや左足を左に踏込み敵の右手を制する。稽古では、相手は我が小太刀を持つ左拳を打ちに来るのを外して打ち込むも、太刀の長さを利して我が左肩口に切り込むのを外して打ち込むのもありでしょう。

 いずれにしても、相手の打ち込みを外すや踏み込んで相手の右ひじを制して、打ち込む。この場合、我の攻めは右拳が中心線上あって相手の左眼を突きさす気がなければなません。

 相手は外されても右に太刀を流さず、我が中心線に切先が付け留まる心持ちは大切です。
 従って、我も外しても真直ぐに相手に付け入る事は出来ません。
 この業手附けにはありませんが、相手が払って来るのを上段に振り冠って外すや筋を替って真直ぐに振り下して敵の拳(柄口六寸)を打つ事も稽古次第です。

 小太刀を抜いて構える際、左手を栗形に添えて構えるのが剣道形にありますが、ここではどのように左手を裁くのか指定されていません。
 英信流小太刀之位の左手の構えは、軽く握って自然に垂らすのも、鯉口を握って居るのも良いでしょう。
 規制の形にとらわれず研究してみるのも良いかもしれません。

 小太刀の剣先と足の関係は、一般的な方法で切先右の左請眼ならば右足前で構え、切先左の右青眼ならば左足前で構えとします。
 右足先は正面の敵に向け、左足は左前に稍々開き右足踵のやや後ろに踏み、我が中心軸は両足の開いた中心にある自然体です。  
 現代では竹刀剣道の影響を受けて踏み出しは、出足からと言われますが、中心軸が左右の足の中心にあれば、右足からでも、歩み足の左足からでも容易です。

 

|

« 曽田本その1の2英信流目録原文1居合棒太刀合之巻5小太刀之位1左請眼 | トップページ | 曽田本その1の2英信流目録原文1居合棒太刀合之巻5小太刀之位2右請眼 »

曽田本その1の2英信流目録読み解く1居合棒太刀合巻」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 曽田本その1の2英信流目録原文1居合棒太刀合之巻5小太刀之位1左請眼 | トップページ | 曽田本その1の2英信流目録原文1居合棒太刀合之巻5小太刀之位2右請眼 »