« 曽田本その1の2英信流目録原文1居合棒太刀合之巻4極意之大事8常之棒 | トップページ | 曽田本その1の2英信流目録原文1居合棒太刀合之巻5小太刀之位初めに »

2017年12月 5日 (火)

曽田本その1の2英信流目録読み解く1居合棒太刀合之巻4極意之大事8常之棒

曽田本その1
2.英信流目録読み解く
居合棒太刀合之巻
 兼 大森流居合 小太刀之位
4、極意之大事
 
八本目常之棒
 能々工夫有之常二たし奈三心懸ケ手錬無ㇰて盤い可ぬ也常棒を第一と春奈り深く工夫有べし
読み
八本目常之棒(つねのぼう)
 能々工夫これ有り 常に嗜み心懸け手錬無くてはいかぬ也 常に棒を第一とすなり 深く工夫有るべし
読み解く
 充分工夫して、常に稽古を心懸け、手錬となっていなければならない。常に棒を第一と思い深く工夫あるべし。

 極意は何をおいても棒の稽古によって腕を磨くこと、工夫をすることだと言っています。


 今回で第十五代谷村亀之丞自雄によって書かれた英信流目録の棒について四項目を終わります。

1.棒太刀合之棒 八本

2.棒合五つ 五本

3.心持之事 五本

4.極意之大事 八本

四項目の内容は、実技は十三本、心得も十三本でした。
此のうち3.心持之事、4.極意之大事はこの英信流目録以外に見られないもののようです。

実技の棒太刀合之棒及び棒合五つは第十代林六太夫守政に依って土佐に持ち込まれ、第十一代林安太夫政詡に依って恐らく書かれたであろう古伝神傳流秘書にも記載されています。

神傳流秘書に依る業の記載武術の順序
1、大森流居合之事(正座之部)11本
2、英信流居合之事(立膝之部)10本
3、太刀打之事(太刀打之位)10本
4、棒合5本
5、太刀合之棒8本
6、詰合(詰合之位)10本
7、大小詰8本
8、大小立詰7本
9、大剣取10本
10、抜刀心持之事(奥居合之部居業之部、立業之部)24本
11、夏原流和之事65本
業数では168本に上ります。この順序は稽古の順序とも考えられるもので、夏原流に至る頃には無刀にても変に応じられる程に組み立てられて居ます。

 残念ながら英信流目録は歯抜けになっており、棒、小太刀之位、大森流居合之位だけしか残されておらず、他の業は欠落して居ます。原本は曽田先生の御遺族の手元に現存していると思われますが、昭和20年の高知空爆に依って焼失しているかも知れません。

 下村派を名乗る曽田先生はこれ等の伝書の写しを、谷村派を学び尚且つ土佐門外不出と誇った土佐っぽを差し置いて大阪八重垣会の河野百錬先生に惜しげもなく送られていました。
 第20代河野百錬先生の無双直伝英信流居合兵法叢書昭和30年発行にはこれらは納められています。
 無双直伝英信流、夢想神傳流を学ばれておられる方は居合文化の伝承を志すならば是非ご研究され、刀を抜くばかりでは得られなかった居合の根元に触れられるかもしれません。
古伝などに興味は無いと言う人には居合のあるべき姿も見えないままに終わってしまうでしょう。踊りまがいの居合馬鹿で終わったのでは寂しい限りです。

 次回は英信流目録にしか残されていない「小太刀之位」です。是もこの英信流目録以外に見られない貴重なものです。
 得物は我は小太刀と明確に記載されています。敵の得物は太刀です。無刀への一歩を踏み出す良い手附です。

|

« 曽田本その1の2英信流目録原文1居合棒太刀合之巻4極意之大事8常之棒 | トップページ | 曽田本その1の2英信流目録原文1居合棒太刀合之巻5小太刀之位初めに »

曽田本その1の2英信流目録読み解く1居合棒太刀合巻」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 曽田本その1の2英信流目録原文1居合棒太刀合之巻4極意之大事8常之棒 | トップページ | 曽田本その1の2英信流目録原文1居合棒太刀合之巻5小太刀之位初めに »