« 曽田本その1の3業附口伝読み解く1太刀打之位8独妙剱 | トップページ | 曽田本その1の3業附口伝読み解く1太刀打之位9心明剱 »

2018年1月26日 (金)

曽田本その1の3業附口伝原文1太刀打之位9心明剱

曽田本その1
3業附き口伝原文
1、太刀打之位
 
九本目心明剱(仕納 打上)
 是モ相掛リニテモ相手待チカケテモ不苦敵ハ真向ヘカムリ我鞘二納テスカスカト行也其時我片手ニテ十文字二請ル也其侭二敵引也スグ二我打込ミ勝也気合大事(叓)也云々
 最後二打込ム時ハ敵ノ刀ヲ押シ除ケル様二シテ左足ヲ踏ミ込敵ノ首根二打込ム也
 是も相掛りにしても相手待ち掛けても苦からず 敵は真向へ冠り 我鞘に納てスカスカと行く也 其の時我片手にて十文字に請る也 其の侭に敵引く也 直ぐに我打込み勝也 気合大事也云々 最後に打込む時は敵の刀を押し除ける様にして 左足を踏み込み敵の首根に打込む也
古伝神傳流秘書太刀打之事九本目心妙剱
 相懸也打太刀打込を抜なり二請て打込ミ勝也打込む時相手の刀越於し能希る業あるべ之
読み
心妙剣(しんみょうけん)
 相懸り也 打太刀打ち込むを 抜く為りに請けて打込み勝つ也 打ち込む時 相手の刀を押し除ける業あるべし

|

« 曽田本その1の3業附口伝読み解く1太刀打之位8独妙剱 | トップページ | 曽田本その1の3業附口伝読み解く1太刀打之位9心明剱 »

曽田本その1の3業附口伝原文1太刀打之位」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 曽田本その1の3業附口伝読み解く1太刀打之位8独妙剱 | トップページ | 曽田本その1の3業附口伝読み解く1太刀打之位9心明剱 »