« 曽田本その1の3業附口伝原文を読み解くはじめに | トップページ | 曽田本その1の3業附口伝原文1太刀打之位2附込 »

2018年1月11日 (木)

曽田本その1の3業附口伝原文1太刀打之位1出会

曽田本その1の
3業附き口伝原文
1、太刀打之位
一本目出会(仕打 納)
 是者互二刀ヲ鞘二納メテ相懸リニテスカスカト行場合二テ右ノ足ヲ出シサカサマ二抜キ合セ敵引ク処ヲ付込ミテ左足ニテカムリ右足ニテ討也此之時敵一歩退キ頭上ニテ十文字二請ケ止ムル也 互二中段トナリ我二歩退キ敵二歩進ミ更メテ五歩ツツ退ク也納刀
読み
 是は 互に刀を鞘に納めて相懸りにてスカスカと行く 場合にて右の足を出し逆さまに抜き合わせ 敵引く処を付込みて左足にて冠り 右足にて討つ也 此の時敵一歩退き頭上にて十文字に請け止むる也 互に中段となり 我二歩退き敵二歩進み 改めて五歩ずつ退く也 納刀
参考 古伝神傳流秘書太刀打之事「出合(出会)」鞘木刀也 立合之事也
 
 相懸りにかかり相手より下へ抜付るを抜合せ留て打込相手請る右足也

|

« 曽田本その1の3業附口伝原文を読み解くはじめに | トップページ | 曽田本その1の3業附口伝原文1太刀打之位2附込 »

曽田本その1の3業附口伝原文1太刀打之位」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 曽田本その1の3業附口伝原文を読み解くはじめに | トップページ | 曽田本その1の3業附口伝原文1太刀打之位2附込 »