« 曽田本その1の3業附口伝読み解く1太刀打之位7絶妙剱 | トップページ | 曽田本その1の3業附口伝読み解く1太刀打之位8独妙剱 »

2018年1月24日 (水)

曽田本その1の3業附口伝原文1太刀打之位8独妙剱

曽田本その1
3業附き口伝原文
1、太刀打之位
 
八本目独妙剱(仕打八)
    (山川先生ノ秘書二ハ絶妙剱トアリ

 是モ同シク抜ク也敵待カケテモ相掛リニテモ不苦八相二カタキてスカスカト行場合ニテ打込也其時敵十文字二請テ又我カ真向ヘ打込也其時我又本ノ侭二テ請ケ面へ摺リ込ミ勝也(我請タル時ハ左手ヲ刀峯二當テ次二摺リ込ミ勝也)(摺リ込ミタル時敵刀ヲ左肩二トル也)
読み
八本目独妙剱(仕打八)(どくみょうけん しだ はち)
    (山川先生の秘書には絶妙剱とあり)
 是も 同じく抜く也 敵待ち掛けても相掛りにても苦からず 八相にかたきてスカスカと行く 場合にて打込也 其の時敵十文字に請けて 又 我又本の侭にて請け面へ摺り込み勝也 (我 請けたる時は左手を刀の峯に當て次に摺り込み勝也)(摺り込みたる時 敵 刀を左肩にとるなり)
参考
神傳流秘書太刀打之事八本目絶妙剣
 高山に構へ行て打込み打太刀より又打込を請て相手の面へ摺り込み相手肩へ取る(請くる時は切先に手を添え頭の上にて十文字に請け留むるなり)

|

« 曽田本その1の3業附口伝読み解く1太刀打之位7絶妙剱 | トップページ | 曽田本その1の3業附口伝読み解く1太刀打之位8独妙剱 »

曽田本その1の3業附口伝原文1太刀打之位」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 曽田本その1の3業附口伝読み解く1太刀打之位7絶妙剱 | トップページ | 曽田本その1の3業附口伝読み解く1太刀打之位8独妙剱 »