« 曽田本その1の3業附口伝読み解く2詰合之位1八相 | トップページ | 曽田本その1の3業附口伝読み解く3詰合之位2拳取 »

2018年2月 1日 (木)

曽田本その1の3業附口伝原文2詰合之位2拳取

曽田本その1
3業附口伝原文
2、詰合之位
 
二本目拳取(仕打 納)
是モ同シク詰合テ坐シサカサマ二抜合スコト前同様也我其侭左ノ足ヲ踏ミ込ミ敵ノ右手首(拳ナラン 曽田メモ)ヲ左手ニテ押へル也後同断
読み
二本目拳取(仕打 納)(こぶしとり・こぶしどり)
 是も同じく詰合て坐し 逆さまに抜合わす事前同様也 我其の侭左の足を踏込み 敵の右手首(拳ならん 曽田メモ)を左手にて押える也 後同断
参考
 「抜合スコト前同様」は「互二左足ヲ一足引キテ倒様二抜合スル也(互二右脛へ抜付ケル)」
 「後同断」は「互二合ワセ血振ヒ足ヲ引キ納刀」
参考
古伝神傳流秘書詰合二本目「拳取」
 如前楽々足を引抜合我左の手尓て相手の右の拳を取り制春也
「如前」は一本目発早
 楽々居合膝二坐したる時相手左の足を引下へ抜付るを我も左の足を引て虎の一足の如く抜て留め打太刀請る上へ取り打込ミ勝也
「虎の一足」
古伝神傳流秘書英信流居合之事二本目虎一足
 左足を引き刀を逆に抜て留め扨打込ミ後前に同じ
 
 
 

|

« 曽田本その1の3業附口伝読み解く2詰合之位1八相 | トップページ | 曽田本その1の3業附口伝読み解く3詰合之位2拳取 »

曽田本その1の3業附口伝原文2詰合之位」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 曽田本その1の3業附口伝読み解く2詰合之位1八相 | トップページ | 曽田本その1の3業附口伝読み解く3詰合之位2拳取 »