« 曽田本その1の3業附口伝読み解く2詰合之位7燕返 | トップページ | 曽田本その1の3業附口伝読み解く2詰合之位8眼関落 »

2018年2月13日 (火)

曽田本その1の3業附口伝原文2詰合之位8眼関落

曽田本その1
3業付口伝原文
 
2、詰合之位
 
八本目眼関落(相上段)
 是モ互二立チ敵モ我モ真向へカムリ相掛リニテスカスカト行キ場合ニテ互二拝ミ打二討也其ノ時敵ノ拳ト我拳ト行合也其時我スグ二柄頭ヲ敵ノ手元下カラ顔へハネ込ミ勝也(右足ヲドントフミ急二左足ヲ踏ミ込ム也)互二五歩退リ納刀以下同シ
読み
 是も互に立ち 敵も我も真向へ冠り相掛りにてスカスカと行き場合にて互に拝み打ちに討つ也 其の時敵の拳と我が拳と行き合う也 其の時我直ぐに柄頭を敵の手元下から顔へはね込み勝也 (右足をドンと踏み急に左足を踏み込む也) 互に五歩退り納刀以下同じ
参考
古伝神傳流秘書詰合八本目「柄砕」(眼関落ノコトナラン 曽田メモ)
 両方高山後ハ弛之木刀二同し
この「弛之木刀」の業名は曽田本に見当たらず、他の文献からも引用できません。
古伝神傳流秘書太刀打之事七本目「独妙剣」が業附口伝の眼関落と同様な業なので参考にして見ます。
独妙剣
 相懸也 打太刀高山遣方切先を下げ前二構へ行場合尓て上へ冠り互二打合尤打太刀をつく心持有柄を面へかへし突込ミ勝
 
 

|

« 曽田本その1の3業附口伝読み解く2詰合之位7燕返 | トップページ | 曽田本その1の3業附口伝読み解く2詰合之位8眼関落 »

曽田本その1の3業附口伝原文2詰合之位」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 曽田本その1の3業附口伝読み解く2詰合之位7燕返 | トップページ | 曽田本その1の3業附口伝読み解く2詰合之位8眼関落 »