« 曽田本その1の3業附口伝読み解く2詰合之位8眼関落 | トップページ | 曽田本その1の3業附口伝読み解く2詰合之位9水月刀 »

2018年2月15日 (木)

曽田本その1の3業付口伝原文2詰合之位9水月刀

曽田本その1
3業付口伝原文
2、詰合之位
九本目水月刀(相上段)
 是モ同シク立合テ真向へカムリ相掛リニテモ敵待カケテモ不苦我真向へカムリてスカスカト行場合ニテ太刀ノ切尖ヲ敵ノ眉間二突キ込ム様二突ク也其ノ時敵スグニ八相二拂フ其時我スグ二カムリ敵ノ面へ切込ミ勝也互二五歩退リ血振納刀以下同し
読み
 是も同じく立合いて真向へ冠り 相掛りにても 敵待ち掛けても苦からず 真向へ冠りてスカスカと行く 場合にて太刀の切尖を敵の眉間に突き込む様に突く也 其の時敵直ぐに八相に払う 其の時我直ぐに冠り敵の面へ切り込み勝也 互に五歩退がり血振い納刀以下同じ
古伝神傳流秘書詰合九本目「水月」
 相手高山二かまへ待所へ我も高山二かまへ行て相手の面二突付る相手拂ふを躰を替し打込ミ勝
古伝の読み
 相手高山に構え待つ所へ 我も高山に構え行きて 相手の面に突付ける 相手払うを体を替えし打込み勝
 

|

« 曽田本その1の3業附口伝読み解く2詰合之位8眼関落 | トップページ | 曽田本その1の3業附口伝読み解く2詰合之位9水月刀 »

曽田本その1の3業附口伝原文2詰合之位」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 曽田本その1の3業附口伝読み解く2詰合之位8眼関落 | トップページ | 曽田本その1の3業附口伝読み解く2詰合之位9水月刀 »