« 曽田本その1の3業附口伝原文3大小詰4小手留 | トップページ | 曽田本その1の3業附口伝原文3大小詰5胸捕 »

2018年2月28日 (水)

曽田本その1の3業附口伝読み解く3大小詰4小手留

曽田本その1
業附口伝読み解く
3、大小詰
四本目小手留
 打ハ仕ノ左側二並ヒテ坐ス打ノ抜カントスル右手ヲ仕向キ直リテ右手ニテ捕ヘ引キ寄セルト同時二左手ニテ柄頭ヲ敵ノ脇坪二當テル也
(左脇二坐ス抜カントスル右手ヲ把ル其手ヲヲサへ左手ニテ脇坪へ柄頭ヲ以テ當テル 五藤正亮先生ノ教示)
読み
四本目小手留(こてどめ)
 打は仕の左側に並びて坐す 打の抜かんとする右手を仕向き直りて右手にて捕らへ引き寄せる と同時に左手にて柄頭を敵の脇坪に當てる也
(左脇に坐す 抜かんとする右手を把る 其の手を押え左手にて脇坪へ柄頭を以て当てる 五藤正亮先生の教示)
古伝神傳流秘書大小詰四本目小手留
 立合の鍔打返に同し故に此の處尓てハ不記

読み
 立合いの鍔打返(つばうちかえし)に同じ 故に此の處にては記さず
古伝神傳流秘書大小立詰三本目鍔打返
 相懸り二懸り我刀を抜かむとする其の手を留られたる時柄を放之手を打もぐ也
読み
古伝神傳流秘書大小立詰三本目鍔打返(つばうちかえし)
 相懸かりに懸かり 我が刀を抜かんとする其の手を留められたる時 柄を放し手を打ち捥ぐ也
読み解く

 前の、三本目柄留は打が仕の右側でした。仕が抜かんとするのを打が柄を押さえて留めに来たのを押さえられなかった右手で打の首を巻いて押さえつけると堪えて反るので其の拍子に柄を敵の足に掛けて後ろに倒しました。

 此の、四本目の小手留は、「打は仕の左側に並んで坐す」ですから柄留と位置が入れ替わりました。
 打が刀を抜こうとするので、仕は腰を上げ左手を鍔に掛けて握り、左に回り込み、打が刀を抜こうとする右手首を、仕の右手で捕らえて引き寄せ同時に柄頭を打の脇坪に突き当てる。

嶋 専吉先生の第19代福井春政先生の古書謄写による大小詰四本目小手留
「打太刀は仕太刀の左側に並びて坐す。打太刀の抜かんとする右手を仕太刀向き直りて右手にて捕へ引き寄すると同時に左手にて柄頭を打太刀の脇坪に當てるなり。」

曽田先生の業附口伝と同じものです。

神傳流秘書大小詰四本目小手留
「立合の鍔打返に同じ故に此処にては不記」

 「立合の鍔打返と同じ」とは大小立詰の三本目鍔打返之事でしょう。

大小立詰「鍔打返」
「相懸に懸り我刀を抜かむとする其の手を留められたる時柄を放し手を打ちもぐ也」

 立業ですから相懸りに懸り合って、我は柄に手を懸け抜こうとする処、相手に右手を取って押さえられる。我は柄手を離し相手の手を鍔で打ち付けもぐ。

 右手で柄を握った処を相手に右手で押さえられる、或は両手で押さえられる、そこで柄から右手を離し、左手で持つ鍔で相手の手を打ち据えもぐ、と読んでみました。
 
 鍔で打太刀の手を打ちもぐ、とは書かれていませんが、柄を持つ右を留められたのですから、左手は鞘と鍔を持っている筈です。
 そこで、右手を柄から離し、自由になった鍔を持って打の我が右手を持つ手を打ち、もぎ取る、でしょう。

 古伝の復元には、書かれていない部分を想像する事も必要ですが、その文面に無い部分は、業名なり、何処かにそれと無く潜んでいたりします。当然そうなる場合のみ想定すべきでしょう。
 そうで無いとどんどん別の業になってしまいます。

 古伝神傳流秘書四本目小手留と曽田先生の業附口伝の小手留は異なる動作でした。
 古伝を変えてしまう、或は昨日までの動作を変えてしまう、この流の癖は江戸時代から伝統的に行われていたのかも知れません。
 基本となるべき古伝神傳流秘書が正統に伝承されなかった為と考えます。現在でも、神傳流秘書の存在は細川家以外からはこの曽田本以外には不明です。曽田本も曽田先生が何時、何処で、誰から原書を見せられたのか書き付けがありません。神傳流秘書は細川家本と対比しながら納得しますが、この業附口伝は、曽田本のみのものです。曽田先生の覚書と言えるかもしれません。

 

|

« 曽田本その1の3業附口伝原文3大小詰4小手留 | トップページ | 曽田本その1の3業附口伝原文3大小詰5胸捕 »

曽田本その1の3業附口伝原文を読み解く初めに」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 曽田本その1の3業附口伝原文3大小詰4小手留 | トップページ | 曽田本その1の3業附口伝原文3大小詰5胸捕 »