« 曽田本その1の4居合根元之巻原文5小藤亀江伝来の道統 | トップページ | 曽田本その1の4居合根元之巻原文6小藤亀江伝来の目録 »

2018年3月29日 (木)

曽田本その1の4居合根元之巻読み解く5小藤亀江伝来の道統

曽田本その1
4居合根元之巻読み解く
5、小藤亀江伝来の道統
天真正
*いつわり飾らないの意味となるのでしょう。この天真正を冠した剣術の流派は飯笹長威斎家直による天真正香取神道流を思わせます。重信は之を習ったこともありうるとすればその天真正を冠する事も有りえます。
 
林の明神
 出羽の国最上郡大倉郷の、林崎にあった素盞鳴尊を祀った熊野神社で後居合神社として合祀された神社。
 林崎とはその一帯が藻湖といわれる湖水であった事に由来するようです。
 林崎神社が記録に現れたのは正安2年1300年神鏡一面が奉納された頃であり、林前寺の門前町として林崎村が生まれた永承年中1046年~1057年ころから正安2年1300年の間に熊野神社(林崎明神)が遷座されたのであろうと、昭和8年の「居合神社記」の著者三澤茂氏が推定して居ると「林崎明神と林崎甚助重信」平成3年林崎甚助重信公資料研究会委員会編には書かれています。
 奥州の辺鄙な処の神社のことですから真相は不明でしょう。
 林崎甚助重信はこの林崎明神に祈願して抜刀術を開眼したのでしょう。江戸時代には重信公を境内に祀ったのでしょう。
 明治5年の調書には「村社熊野神社・格外社居合神社」明治11年の調書では「村社熊野・居合両神社」とあります。「林崎明神と林崎甚助重信」平成3年林崎甚助重信公資料研究会委員会編より。

林崎神助重信
*林崎の姓については、永禄2年1559年浅野民治丸抜刀の妙を悟り、元服して新夢想林崎流と称して村名を姓とし、父浅野数馬の仇を討って故郷の林崎に帰還した。と浅野姓を改姓したとされますが、この辺りには林崎姓は幾つもあって元々林崎であろうとするのも頷けます。
 名の神助は「甚」と「神」との誤認による誤記かも知れません。
 土佐の居合古伝神傳流秘書の「居合兵法伝来」でも「林崎神助重信」と有ります。
 南山大学の榎本鐘司先生の研究に依る、北信濃に残された無雙直伝流の天明6年1786年に大矢彌五兵衛尉から滝澤武太夫に与えられた「居合根元之序」には林崎甚助重信であって「神助」の名は有りません。
 正しく根元之巻が土佐に伝わったか疑問を持っても不思議ではありません。第17代大江正路宗家から出された根元之巻も「神助」でした。
 昭和38年に出された山本宅治守誠先生から大田次吉先生に授与された根元之巻には「林崎神助重信」です。
 どの様に誤認と確証があったとしても土佐の居合は「神助」でいいのでしょう。
 戦後の根元之巻の幾つかでは「甚助」となっていますがこの変更もその変更理由が公では無く疑問です。
田宮平兵衛尉業正
長野無楽入道槿露斎
百々軍兵衛尉光重
蟻川正左衛門宗績
萬野團右衛門信定
長谷川主税助英信
荒井勢哲清信
林 六大夫守政
林 安太夫政詡
大黒元右衛門清勝
林 益之丞政誠
依田萬蔵敬勝
林 弥太夫政敬
谷村亀之丞自雄
楠目繁次成栄
谷村樵夫自庸
小藤亀江 明治三四年六月十五日
(曽田虎彦 明治三八年六月吉日 従実兄亀江伝来 曽田メモ)
この伝系は根元之巻の伝承であって決して宗家継承とは言えないのでしょう。
 土佐の居合は、第九代林六太夫守政によってもたらされたもので、第八代荒井勢哲清信や第七代長谷川主税助英信は古来の業を素肌剣法に改革し直した人で土佐の人であるとは何処にも立証できるものは見当たりません。
 第四代百々軍兵衛光重、第五代蟻川正左衛門宗績、第六代萬野團右衛門信定は、出自は元より何も解るものがありません。
 第九代林六太夫守政以下で第十五代谷村亀之丞自雄は谷村派です、従ってここでの第十六代楠目繁次成栄ー第十七代谷村樵夫自庸ー第十八代小藤亀江は谷村派の根元之巻を受けた事になります。曽田先生は下村派の行宗貞義に師事しているのですが、明治38年に従兄小藤亀江から根元之巻を伝承したと言っていますが、小藤亀江から預かった、程度の事でしょう。
 曽田本その2に無双直伝英信流居合術系譜として下村派の曽田虎彦の位置づけをしています。
 第11代大黒元右衛門清勝
 第12代松吉貞助久盛
 第13代山川久蔵幸雅
 第14代下村茂市定
 第15代行宗貞義
 第16代曽田虎彦
 
 谷村亀之丞自雄は現在では谷村派第15代宗家と認識されて居ます。楠目繁次成栄以下は居合の極意業を伝承したと云う事になるのでしょう。
 正統宗家は16代五藤孫兵衛正亮・17代は大江正路とされています。
 戦後傍系宗家が立たれて我こそは宗家とされています。第19代福井春政先生が第20代河野百錬先生を宗家に紹統印可しています。
 宗家への紹統允可は多分この時、福井春政から河野百錬へのものだけだったと思われます。
 第十七第大江正路先生も第十六代五藤正亮先生から根元之巻、宗家紹統印可も請けたであろう証拠は何処からも出てきません。
 大江正路先生は根元之巻直弟子に与えたものと思われるものが残されている様ですが、それが宗家を名乗る証拠にはなりません。
 むしろ土佐の居合は宗家は無く、根元之巻請けた者が林崎甚助重信の居合を身に付けた者と認識したのであろうと思います。
 業技法を修得したので与えられる目録は、此処まで教え導いたよ、と言うもので奥義に達したものには根元之巻が与えられたのでしょう。
 土佐藩主への師範は宗家とは別物と思われます。
 現代の土佐の居合無双直伝英信流居合兵法は
 第19代福井春政先生
 第20代河野百錬先生(第20代より第21代の紹統をせずに没す)
 第21代福井聖山先生
 第22代池田聖昂先生
 第23代福井将人先生
として道統はつなげています。
 
 第17代大江正路先生が再生した無双直伝英信流の道統は根元之巻の複数発行により混乱しているのが実態でしょう。
 私は、大江正路先生の居合を業ずる宗家を名乗る人達が一同に会し正統宗家を認め再生する日を夢見ています。
 師伝による業技法の違いなど想定違いに過ぎず、決められた形しか出来ない居合演舞者は残念ながら武術としての無双直伝英信流の宗家とは言えそうにありません。
 
 
 
 
 

|

« 曽田本その1の4居合根元之巻原文5小藤亀江伝来の道統 | トップページ | 曽田本その1の4居合根元之巻原文6小藤亀江伝来の目録 »

曽田本その1の4居合根元之巻読み解く」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 曽田本その1の4居合根元之巻原文5小藤亀江伝来の道統 | トップページ | 曽田本その1の4居合根元之巻原文6小藤亀江伝来の目録 »