« 曽田本その1の3業附口伝読み解く4大小立詰5蜻蛉返 | トップページ | 曽田本その1の3業付口伝読み解く4大小立詰6乱曲 »

2018年3月19日 (月)

曽田本その1の3業付口伝原文4大小立詰6乱曲

曽田本その1
3業付口伝原文
4、大小立詰
六本目乱曲
 前後二立チテ行ク也敵後ヨリ鐺ヲ取リクルクル廻シ引ク也我其ノ時スグニ後向キテ左右何レナルヤヲ見合セ右手ナル時ハ我左足ニテ敵ノ右足ヲ又左手ナル時ハ我右足ニテ敵ノ左足ヲ掬ヒ中二入ル也
 (後ロゟ鐺ヲ取リクルクル廻シ引其時左右ヲ見合セ中二入ル 五藤正亮先生ノ教示)
読み
六本目乱曲(らんきょく)
 前後に立ちて行く也 敵後より鐺を取りクルクル廻し引く也 我其の時直ぐに後ろを向きて左右何れなるやを見合わせ 右手なる時は我が左足にて敵の右足を 又 左手なる時は右足にて敵の左足を掬い中に入る也
 (後ろより鐺を取りクルクル廻し引く 其の時左右を視合わせ中に入る 五藤正亮先生の教示)
古伝神傳流秘書大小立詰六本目乱曲
 如前後より来り鐺を取り頻り二ねぢ廻し刀を抜かさじと春る時後へ見返り左の手か右の手尓て取たるかを見定め相手左の手ならバ我も左尓て鯉口を押へ相手右ならは我も右尓て取る後へ引付んと春るを幸しさり中に入り倒春
読み
古伝神傳流秘書大小立詰六本目乱曲
 前の如く後より来たり鐺を取り頻りにねじ廻し刀を抜かさじとする時 後へ見返り左の手か右の手にて取りたるかを見定め 相手左のてならば我も左にて鯉口を押へ 相手右ならば我も右にて取る 後へ引き付けんとするを幸いしさり中に入り倒す
 

|

« 曽田本その1の3業附口伝読み解く4大小立詰5蜻蛉返 | トップページ | 曽田本その1の3業付口伝読み解く4大小立詰6乱曲 »

曽田本その1の3業附口伝原文4大小立詰」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 曽田本その1の3業附口伝読み解く4大小立詰5蜻蛉返 | トップページ | 曽田本その1の3業付口伝読み解く4大小立詰6乱曲 »