« 曽田本その1の5居合兵法極意秘訣読み解く1老父物語1 | トップページ | 曽田本その1の5居合兵法極意秘訣読み解く1老父物語4雷電その2 »

2018年5月 6日 (日)

曽田本その1の5居合兵法極意秘訣読み解く1老父物語3惣捲

曽田本その1
5.居合兵法極意秘訣読み解く
1、老父物語
3惣捲
 総捲 片手に持打込左の手に而とらゆるつりあい大事
*
 この短い文章は雷電の続きかも知れません。
 日本刀はこの時代太刀を両手で持つものとして作られています。平安時代には片手打ちの太刀も使われていたかと思いますが、敢えて「片手に持ち打込」・「左の手に而とらゆる(捕ゆる)」・「つりあい(釣合)大事」と右手に太刀、左手に小太刀を示唆してその扱いは左右(太刀と小太刀)の釣合いが大事と云うのです。
 前回の雷電の二刀の構えは無形から、小太刀で左眼を差し、太刀で右眼を差す、小太刀の切先に太刀を乗せる様にして肩の高さ位で詰めていく、円明流の円曲の構えをして見ます。
 相手は我が円曲の構えで攻めて来るので、太刀と小太刀の交点を上段から叩き落としに来る。
 我は、円曲を解いて交点を開き相手の太刀に空を斬らせる、相手再び上段に振り冠らんとする所を小太刀で押さえ、同時に太刀で相手の左面なり首を打つ。
 この左右の釣合が大切だというのでしょう。
 小太刀で相手の打込みを受けるとか、小太刀で相手の振り上げんとする太刀を押えるなど小手先の事ではすぐに崩されてしまいます。
 左の手の内はもちろんの事、切先から腕、肩、背骨、腰、膝、足までが十分働かなければ請け太刀にはなりません。
 請けるや否や、右手の太刀で思う所に斬り込んで制するわけですからその釣合いは自得する以外に有りません。
 稽古では易しく打込んでくれますが、それでは術を得る事は出来ず、形ばかりの真似事になってしまいます。
 形を申し合わせの演武位に考える人には「かたちをまねられてもくずされる」事が理解できないでしょう。
 形は本来剣術の術理を充分稽古し身に付けて、即座に応じられる術を学ぶものです。
 形に依る術理を疎かにした者が勝てるのは、「強くて速い動き」ばかりです。これでは、年と共にたちまち元気旺盛な若者に打ち負かされてしまうか、体を壊して役立たずになってしまうでしょう。そんなものは武術ではありません。
 武術は死ぬまで進化しなければ、意味の無い棒振りです。

|

« 曽田本その1の5居合兵法極意秘訣読み解く1老父物語1 | トップページ | 曽田本その1の5居合兵法極意秘訣読み解く1老父物語4雷電その2 »

曽田本その1の5居合兵法極意秘訣読み解く」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 曽田本その1の5居合兵法極意秘訣読み解く1老父物語1 | トップページ | 曽田本その1の5居合兵法極意秘訣読み解く1老父物語4雷電その2 »