« 曽田本その1の5居合兵法極意秘訣読み解く1老父物語1 | トップページ | 曽田本その1の5居合兵法極意秘訣読み解く1老父物語4雷電その2 »

2018年5月 6日 (日)

曽田本その1の5居合兵法極意秘訣読み解く1老父物語2雷電その1

曽田本その1
5.居合兵法極意秘訣読み解く
1、老父物語
2雷電その1
 雷電 片手に持ひっさげ敵の両目へ突込むや否や跡へ引き 亦 敵打ちかくる処を請込 敵の右の足を打ちはずし打也 是極一刀石甲万字軍用の太刀 口伝大事
 この雷電は片手で刀を持ち、右手に太刀、左手に小太刀を持ち無形の構えを想像させますです。そうでなければ「敵の両目へ突き込む」に続きません。
 僅かに右足前、右手に太刀を切先を右足の線上、左手に小太刀を切先を左足の線上に引っ提げて立つ。
 スルスルと間を詰め乍ら小太刀の刃を外向けにして相手の右眼に付け、太刀も同様にして相手の左眼に付けて間境に至りぐっと右足を踏み込み突き込むや否や右足を退いて間を外す。
 相手打たんとする所を間を外されて右足を踏み込み、我が頭上に打ち込んで来る処を左足を踏み出し同時に小太刀で相手の太刀を左半身で請け、右足を踏み替え右半身で相手の右足膝に打込み勝。
 「敵の右の足を打ちはずし打也」の処は、相手の右足を「打ち払う様に打つ」と解釈すれば、体を右、左と躱しながら応じる。
 是、極め(是極)の一刀である、石甲は折甲で体当たりする。
 万字は卍、四方八方とも受け取れます。
 軍用の太刀は、想いが及びません。
 口伝があるからよく聞いて置けとでもいうのでしょう。
 
 二刀であれば、宮本武蔵を描きます。此の当時の真陰流が柳生新陰流であれば、尾張柳生に伝わる宮本武蔵の円明流が近そうです。
 

|

« 曽田本その1の5居合兵法極意秘訣読み解く1老父物語1 | トップページ | 曽田本その1の5居合兵法極意秘訣読み解く1老父物語4雷電その2 »

曽田本その1の5居合兵法極意秘訣読み解く」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 曽田本その1の5居合兵法極意秘訣読み解く1老父物語1 | トップページ | 曽田本その1の5居合兵法極意秘訣読み解く1老父物語4雷電その2 »