« 曽田本その1の5居合兵法極意秘訣読み解く1老父物語4雷電その2 | トップページ | 曽田本その1の5居合兵法極意秘訣原文2當流申伝之大事1門戸出入之事 »

2018年5月 6日 (日)

曽田本その1の5居合兵法極意秘訣読み解く1老父物語5雷電その3

曽田本その1
5.居合兵法極意秘訣読み解く
1、老父物語
5雷電その3
 惣躰足を踏み付けずに躰のいつかぬ様に浮きうきと立って右の事を行うべし敵と気分のくいあわぬ様に我はてきと別々と成る心也
 敵は〆合わせうとするを此方わ夫々移らすふわりと出合ふよしふわりとせねは右云う夫々の変出事無し
 考えるべし右のはたらきを敵がすれば此方の負けとなる事の上にて是より外の仕筋無深く工夫あるべし
 修行のこうはくと勇気とおく病と此二つのちがいばかり也
 此所は我と得道すべし外人より教がたし我が心に合点して無理に事をせず気分一ぱいにはたらき見るべし
 此上にいかぬはふたんれんか心まとひえ合点せぬか吾おく病か真剱の時は天命天運外になし
 當流印可居合柄口六寸の勝軍用の剱是口伝免べきこと此外無し
  この部分の老父物語は、足の踏み方を解いています。前回の仕筋を満足する為には足踏みは踏み付ける様ではダメだと云います。体も居付くことを嫌って浮きうきと立てと言っています。
 居付けば即座に変に応じられないものです。竹刀剣道を習われた方はどうした理合なのか、歩み足の時は爪先を床に押し付ける様にして足先から進み体は遅れて踏み出した足に乗って行きます。爪先で滑り出て、爪先を蹴って前進する、何とも不思議な歩行です。
 防具を付けた試合では、右足前で左足踵を浮かし、右足から飛び込み左足が追い足となって居付かない様に飛び込んで竹刀を振っています。
 速さと強さに頼らない前回の業の動作では、足先を浮かし踵を床から離さない浮き浮きとした摺足で居付かない事で成り立ちます。
 
 敵は自分の業に掛かる様に我を誘導して来るので、何をするか分からない「フワリとした出合い」を心懸けろ。
 是等を考えないで、敵が行えば此方の負けと云います。古流剣術は「かたち」バカリ出来ても術が決まらなければ斬られてしまうのです。
 全身が其の業をなすために活躍して呉れなければならないのです。
 修行の厚い薄い、勇気と臆病の二つの違いを理解しろと云いています。修行を重ね本物を身に付け勇気をもって応じろというのでしょう。
 
 この心得は自分で得道することであって他人では教えられない、自分の心で合点せよと云います。
 できもしないのに無理しても役に立たない、今の力を出し切るだけだ、その上でダメなのは、鍛錬足らずか、心が迷い、合点して居ないか、臆病かであろう。
 真剣での勝負では天命天運以外に無いよと突き放されます。
 当流の印可は居合に依る柄口六寸の軍用の剱である、是は口伝だから、このほかには無い。この教えの通り修行せよと云います。
 この無双神傳英信流居合兵法の失念した極意「柄口六寸は敵の柄口也」別のところで読み解きます。

|

« 曽田本その1の5居合兵法極意秘訣読み解く1老父物語4雷電その2 | トップページ | 曽田本その1の5居合兵法極意秘訣原文2當流申伝之大事1門戸出入之事 »

曽田本その1の5居合兵法極意秘訣読み解く」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 曽田本その1の5居合兵法極意秘訣読み解く1老父物語4雷電その2 | トップページ | 曽田本その1の5居合兵法極意秘訣原文2當流申伝之大事1門戸出入之事 »