« 曽田本その1の5居合兵法極意秘訣原文2當流申伝之大事12易二曰 | トップページ | 曽田本その1の5居合兵法極意秘訣原文2當流申伝之大事13麓なる »

2018年5月29日 (火)

曽田本その1の5居合兵法極意秘訣読み解く2當流申伝之大事12易二曰

曽田本のの1
5.居合兵法極意秘訣読み解く
2、當流申伝之大事
12易二曰
 易二曰無思無為寂然不動感而遂通於天下之故
 古詩云眼裏有塵三界窄心頭無事一生寬
 孔子曰匹夫不可奪志
 以ー心 伝―心 教外別伝
 天ー上 天ー下 唯ー我 独尊
 一ー月 萬ー水 二運有天
 生死在命
*
 読み及び読み解く
 易に曰く 思う無く 為す無く 寂然として動かず 感じて遂に天下の事に通ず
 古詩に云う 眼裏に塵あれば三界窄し(すぼくし、せまい) 心頭無事にして一生ゆたかなり
 孔子曰 匹夫の志を奪うべからず
 論語 総大将を虜に出来ても、たった一人の者の志も奪う事は出来ない。
 
 以心伝心教外別伝(いしんでんしん きょうげべつでん)
 禅語で、心を以って心に伝う、教外別伝は言説文字を離れて直接心から心へ伝える。
 
 天上天下唯我独尊(てんじょうてんげゆいがどくそん)
 
 一月 萬水 二運天に有
 生死在命(富貴天命)
 論語 生きるか死ぬかは天命である
 
 読みのままでも意味は通じると思います。
 ここに掲げられた漢文は出典が易経、夢想国師語録・論語・禅語などによって述べられています。其の教本は恐らく享保の頃に読まれていた佚斎雩山(いっさいちょざん)の田舎荘子巻下の猫之妙術によるものと思います。
 
 
 
 
 

|

« 曽田本その1の5居合兵法極意秘訣原文2當流申伝之大事12易二曰 | トップページ | 曽田本その1の5居合兵法極意秘訣原文2當流申伝之大事13麓なる »

曽田本その1の5居合兵法極意秘訣読み解く」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 曽田本その1の5居合兵法極意秘訣原文2當流申伝之大事12易二曰 | トップページ | 曽田本その1の5居合兵法極意秘訣原文2當流申伝之大事13麓なる »