« 曽田本その1の6英信流居合目録秘訣読み解く2上意之大事1虎走 | トップページ | 曽田本その1の6英信流居合目録秘訣読み解く2上意之大事2両詰 »

2018年7月11日 (水)

曾田本その1の6英信流居合目録秘訣原文2上意之大事2両詰

曾田本その1
6.英信流居合目録秘訣原文
2、上意之大事
2両詰
 是又仕物抔言付ラレ又ハ乱世ノ時分抔二ワ使者抔二行左右ヨリ詰カケラレタル事間々有之也ケ様ノ時ノ心得也尤其外トテモ入用也左右二詰カケラレタル時一人宛切ラントスルトキハヲクレヲトルナリ故二抜ヤ否左ワキノ者ヲ切先二而突スグ二右ヲ切ル可シ其ワサ唯手早キ二有
 亦右脇ノ者二抜手ヲ留ラルベキト思フ時ハ右ヲ片手打二切リスク二左ヲ切ルベシ
読み
 両詰
 是又仕物抔言い付けられ 又は 乱世の時分抔には使者抔に行く 左右より詰かけられたる事 ままこれ有る也 ケ様の時の心得也 尤も其の外とても入用也 左右に詰かけられたる時一人宛て切らんとする時は遅れを取る也 故に抜くや否や左脇の者を切先にて突き直ぐに右を切るべし 其の技唯手早きに有 亦 右脇の者に抜く手を留めらるべきと思う時は 右を片手打ちに切り直に左を切るべし
参考
 古伝 神傳流秘書 抜刀心持之事 両詰
 抜て片手尓て左脇を突き直に振向いて右脇を切る
 (右脇へ抜打に切り付希(つけ)左を斬る)
参考
 古伝 神傳流秘書 抜刀心持之事 向詰
 抜て諸手を懸け向を突打込也

|

« 曽田本その1の6英信流居合目録秘訣読み解く2上意之大事1虎走 | トップページ | 曽田本その1の6英信流居合目録秘訣読み解く2上意之大事2両詰 »

曽田本その1の6英信流居合目録秘訣原文」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 曽田本その1の6英信流居合目録秘訣読み解く2上意之大事1虎走 | トップページ | 曽田本その1の6英信流居合目録秘訣読み解く2上意之大事2両詰 »