« 曾田本その1の6英信流居合目録秘訣原文1外之物ノ大事4惣捲形十 | トップページ | 曾田本その1の6英信流居合目録秘訣原文1外之物ノ大事5雷電・霞八相 »

2018年7月 2日 (月)

曾田本その1の6英信流居合目録秘訣読み解く1外之物ノ大事4惣捲形十

曽田本その1
6.英信流居合目録秘訣読み解く
1、外之物ノ大事
4惣捲形十
 竪横無尽二打振テ敵ヲマクリ切ル也故二形十ト有也常二稽古ノ格ハ抜打二切リ夫ヨリ首肩腰脛ト段々切リ下ゲ又冠リ打込也
読み及び読み解く
 竪横無尽に打ち振り敵を捲り切るものである 故に形十とある 常に稽古の形は抜打に切り それより首肩腰脛と段々切り下げ 又冠り打込むのである
 「常に稽古の格は抜き打に切り」は常に稽古では一刀ごとに納刀して抜打ちしろと云うのでしょうか。それでは現代居合の大江先生による奥居合立業の「惣留」です。
 ついでに大江先生の惣留の元になった古伝は神傳流秘書の抜刀心持之事「放打」です。
 「行うち片手打に切り納めては又切る数きわまりなし」
 古伝神傳流秘書抜刀心持之事「五方切」が英信流居合目録秘訣の「惣捲形十」に相当するでしょう。
 「歩み行くうち抜て右の肩へ取り切り 又 左より切り 又 右より切 又 左より切り 段々切り下げ其の侭上へ冠り打込也」
 抜いて八相に取り敵の左首を切る、逆八相に取り右肩を切る、・・段々切り下げ上段に振り冠って真向に打ち込むのでしょう。
 大江先生は奥居合立業三本目の」「惣捲り」に取り上げて伝えています。
 「右足を少し出して、刀を抜き、其足を左足に引き寄せ、右手を頭上へ廻し右肩上に取り、左手を掛け稍や中腰にて(右足より左足と追足にて)敵の左面を斬り、直に左肩上に刀を取り、追足にて敵の右肩を斬り、再び右肩上段となりて、敵の左胴を斬り、再び左肩上段となり右足を踏み開き敵の右腰を目懸け刀を大きく廻し体を中腰となして敵の右腰を斬り、中腰のままにて上段より正面を斬る、(左面斬り込みより終りの真面に斬ることは一連として早きを良しとす、)」
 大江先生の総捲りは抜いて右肩から左面に打ち込む、所謂八相からの斬り込み、次は左肩ですから逆八相から敵の右肩への斬り込む古流剣術の運剣法を当たり前にしています。
 足捌きは順逆共に右足前の方法でしょう。歩み足の方法も出来る処ですが何故でしょう。
 第20代河野百錬先生は大日本武徳会の統一理論からこの八相からの斬り込みを上段からの斬り込みに変えてしまいました。無双直伝英信流正統会の惣捲がそれです。
 「前進しながら右足の出たる時刀を水平に抜きかけ、敵刀を受流し乍ら右足を左足に退き付け上段となり、敵の退くに乗じてすかさず右足を踏み込み敵の左面に斬付ける。次に左面に斬込みたる刀の途より上段に冠りながら右足を踏み込むや(左足も連れて)敵の右肩より袈裟に斜めに斬込む。次に同要領にて上段となり右足を踏込みて(左足も連れて)敵の左胴に斜に斬込む。次に同要領にて上段より刀先を左方に廻し刃を前に水平に構えるや右足を深く踏込み(左足はその位置に)乍ら体を沈めて横一文字に腰部を斬り放ち、上段となるや直に右足より少し踏込む心持にて敵の真向に斬下す」
 すべて上段から斜め切りで、右足を踏込み斬付け左足を連れる足捌きも竹刀剣道に依る方法でしょう。
 下村派細川義昌先生系統である尾形郷一貫心先生の無双神伝抜刀術兵法の「五方斬」
 「正面へ歩み往きつつ鯉口を切り左足踏出し、右手を柄に掛け右足踏出す、同時に刀を引抜き刀尖を左後へ突込み、頭上より右肩へ執り対手の左大袈裟に斬込み、其刀を右上より振返へし頭上より左肩に執り対手の右大袈裟に斬込み、又、其刀を左上より振返へして右腕外へ執り、腰を低めて、対手の左腰より横一文字に斬込み、甲手を返へして左腕外へ執り、更に腰を下げ対手の向脛を横に拂ひ腰を伸しつつ、諸手上段に振冠り(真向幹竹割に)斬下し、刀を開き、納め終る」
 古伝の趣を残した雰囲気を感じます、足裁きが文章では不明瞭なのですがご教示いただきたい処です。
 奥居合は「格を放れて早く抜く也 重信流」と神傳流秘書の抜刀心持之事に付されています、格とは「かたち」に拘るなと戒めている処です。
 最近は更にコンパクトな動作を要求する様で、全て上段に振り冠ってから右足を踏込み左右の順逆の斜め斬り込みで、敵の体を斬り抜かず、敵の中心軸までの斬り込みで刀を返すとか、敵に受け太刀となられ乍ら切り返すなど竹刀剣道の稽古そのものを得々と指導される先生もおられる様です。
 
 

|

« 曾田本その1の6英信流居合目録秘訣原文1外之物ノ大事4惣捲形十 | トップページ | 曾田本その1の6英信流居合目録秘訣原文1外之物ノ大事5雷電・霞八相 »

曽田本その1の6英信流居合目録秘訣読み解く」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 曾田本その1の6英信流居合目録秘訣原文1外之物ノ大事4惣捲形十 | トップページ | 曾田本その1の6英信流居合目録秘訣原文1外之物ノ大事5雷電・霞八相 »