« 曽田本その1の6英信流居合目録秘訣読み解く2上意之大事5門入 | トップページ | 曽田本その1の6英信流居合目録秘訣読み解く2上意之大事6戸詰 »

2018年7月19日 (木)

曽田本その1の6英信流居合目録秘訣原文2上意之大事6戸詰

曽田本その1
6.英信流居合目録秘訣原文
2、上意之大事
6戸詰
 障子或ハ戸ヲ明ケカケテ内ヱ入レト云テ入ル所ヲ戸ニテ立詰ントスルトキハ是ヲ察而扇ヲ敷居ノミソ二入レ其扇ノハシヲ脺ニテ敷然而内ヱ入ルトキハタテ詰ラルゝ事ナシ
読み
 障子或は戸を明けかけて 内へ入れと云いて入る所を戸にて建詰んとする時は 是を察して 扇を敷居の溝に入れ 其の扇の端を脺(せつ、そつ?、膝・脛?)にて敷 而して内へ入る時は建詰られるゝ事なし
参考
 古伝神傳流秘書 抜刀心持之事にこの業名は存在しません。
 谷村派第17代大江正路 剣道手ほどき  奥居合居業 「戸詰」
 (右を斬り左を斬る)抜き付け、右の敵を右手にて切ると同時に右足を右斜に出す、其の右足を左斜横に踏み変えて左斜を真直斬る

|

« 曽田本その1の6英信流居合目録秘訣読み解く2上意之大事5門入 | トップページ | 曽田本その1の6英信流居合目録秘訣読み解く2上意之大事6戸詰 »

曽田本その1の6英信流居合目録秘訣原文」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 曽田本その1の6英信流居合目録秘訣読み解く2上意之大事5門入 | トップページ | 曽田本その1の6英信流居合目録秘訣読み解く2上意之大事6戸詰 »