« 曽田本その1の6英信流居合目録秘訣読み解く2上意之大事13輪之内 | トップページ | 曽田本その1の6英信流居合目録秘訣原文2上意之大事14十文字 »

2018年8月 3日 (金)

権力者を甘やかすのは何かその1

段位のもたらす弊害
権力者を甘やかすのは何かその1
 
 日大アメリカンフットボール部の監督に指示され、対戦相手の選手を怪我をさせた不祥事が報道されていました。
 怪我をさせた当事者は、記者会見を行い己の非を述べていましたが、発端は監督やコーチからの脅しによるものです。
 言われたことを実行しなければ、今後の試合に選手として出してもらえない、卒業後の進路も閉ざされてしまう、そんな恐怖からやってはならない事をしてしまったのでしょう。
 暴力と制裁による威圧で思い通りする事は戦前の軍隊式と何ら変わらない、その様な悪弊が運動部に今でも日常の様に行われている典型でしょう。
 事件から何カ月も立っているのにようやく日大では、この監督とコーチを懲戒解雇する発表をしています。
 アマチュアボクシング連盟の会長の不法行為と独裁行為が、連盟会員300名余りから訴えられています。強化選手に与えられた強化費を他の選手にも均等に分けるよう指示して実行させた不法行為、試合での可笑しな判定、オリンピック選手の選定にも会長の一声で忖度を効かせる行為などによる様です。
 
 女子のレスリング協会でも、意に添わないと云ってオリンピック四連覇の伊調馨選手を爪はじきにし、練習場所さえ奪ってしまうなどの悪質なパワハラが問題になっています。これなど日本国民の思いなど無視した暴挙でしょう。
 
 同様の事はずっと前からあったのでしょう、今年になって大きな話題としてマスコミに取り上げられています。
 不当なしごきと、強化訓練とは紙一重であっても根底にあるものは全く違います。その団体の長の自己満足が優先して選手などの変わりは幾らでも居るという慢心がなせる、人としての程度の低いものです。
 夫々、状況は異なる様ですが、権力を手にした協会や連盟の会長、監督やコーチが選手を思い通りに動かして、悦に入っているとしか思えません。
 選手は、干されてしまってはどうにもならない圧迫感から、従わなければならない心理状況に追い込まれるのでしょう。
 このブログでも、昨年全剣連の居合道部での八段昇段審査の話で、受審者が審査員に大金を積んでいるコメントもありました。金で買った段位にどんな意味があるのでしょう。
 最高段位を得た者は箔が付いたと思い、弟子も増え、己の流派も連盟内で優位に立てると思うのでしょうか。取り巻きも「やんや」と褒めたたえるのもバカげています。
 全剣連の段位など無くとも、剣術流派の伝承を正しく伝える正統派ならば、スポーツ剣道の全剣連など不要でしょう。
 全剣連の居合の段位は古流剣術の皆伝とは言えそうにありません。現代の武的スポーツ演舞居合の段位に過ぎない筈です。それでも欲しがる者が居れば不正な行為もはびこるでしょう。
 流派の正しい伝承者である事を、流派の業を門外不出などと云っていないで積極的に明らかにすべき時期なのでしょう。
 所詮形ばかり出来ても流派の業は、形は真似られても足捌き体裁き迄その流のものになれなければ術が決まらないものです。本物は棒振りが上手くともそれだけでは古伝は伝わりません。そこが落とし穴となるのでしょう。
 スポーツの世界だけでは無くこのところ企業の不正が取り上げられています。
 名の知られた大企業の長年に渡る不法行為なども連続して表面化してきています。まだまだ表に出ない不祥事は根を張っている様です。
 三菱自動車、日産自動車、神戸製鋼、東芝などマスコミを騒がせ、株価もおかしくなり、組織形態も変わってきつつあるのも、戦後70年を過ぎても改善されない「上意下達」に甘んじる事が根底にあると思います。
 企業では、利益重視から法的基準を守らない話はよく聞きます。
 遠い昔のこと、行政に報告義務の有る有害物質の測定結果を通産に報告した處、是正を求められたことがあります。
 是正するのは当然の事ですが、この数値を改ざんして報告するのも企業人としての能力と私に嘯いた者もおりました。有害物質は作業員が毎日晒されていたものです。人間よりも企業優先です。
 日本の企業もスポーツ業界も、未だ戦前の「上意下達」の軍隊式風潮に乗ったまま浮遊しているのが実態でしょう。
 その方が上下共に間違いの無い事でしたら組織運営は楽な事は解ります。しかし往々にして不法行為やごまかしの要求です。あわせてトップの保身のための不法行為の要求です。それでは嘘だらけの事になってしまい、一つ間違えれば企業そのものが奈落の底に落ちてしまいます。
 上司の命令は絶対で、意見を述べたり批判などすれば干されてしまい、居る場所すら無くなるの恐怖は企業でも日常茶飯事に横行しているのでしょう。
 それは、敗戦から73年の今年を振り返れば、容易に気が付く事です、戦前の教育と赤紙による徴兵から軍隊式上意下達を徹底的に仕込まれた者が戦地から生き残って戻り、母校の運動部の監督になって20~30年軍隊式をもって指導して来ています。企業も同様です。
 次の代も戦前の軍隊式教育を受けており、戦地から戻ったバリバリの者にしごかれてすっかり上意下達が監督やコーチの特権と思い込んでいます。
 当然それを当たり前の様にして、指導とはそんなものと思って「上意下達」を推し進めて来たはずです。現在でもそんな風潮を良しとして早く上り詰めたがる者も周辺に大勢見渡せます。
 組織とはそういったものと摺り込まれた日本人は、頭を下げたまま苦節30年ようやく日の目が見られると顔は向いても心は別物の二重人格で育っていきます。そして同じ様に絶対君主の真似をしています。
 ようやく、それらの軍隊調の指導者が85歳を過ぎて年々お亡くなりになって消えて行っています。
 しかし、その上意下達の一方通行で育った者は企業であれ、運動部であれ議論し、お互いに知恵を出し合い「和する事」など、夢物語に過ぎず上位の者の嘘に過ぎませんでした。
 下位の者は、反対意見や、改善策など申し出れば疎んじられる、意に添わなくとも言われた通りにしてしまうのも軍隊式風潮が残っているのが日本の悲しい現実でしょう。特に男社会の古い組織にはこの間違いは根深そうです。
 敗戦後必死で一丸となって大きく伸びた日本が、此の處思想的にも文化や経済でも他国の後塵を至る所で浴びています。
 その大きな原因が軍隊式風潮の為せることである事に気が付かない人が多すぎます。突出して海外と肩を並べているのは過去の組織外の事々が目立ちます。
 組織的レベルは、単なる趣味の団体に過ぎず、何等社会的地位も権威も当然義務もおっていないのですが表向き5000名ぐらいの会員が居て、その下に支部がある武道団体の一支部の会長の権威をかさに、権力をもって勝手な振る舞いをする、上意下達の話です、ここからが本論です。
 長くなりましたので、ここからは次回にしましょう。
 
 
 
 
 

|

« 曽田本その1の6英信流居合目録秘訣読み解く2上意之大事13輪之内 | トップページ | 曽田本その1の6英信流居合目録秘訣原文2上意之大事14十文字 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

御無沙汰してます。春先の部署異動に加え、住んだ経験のない遠方の土地に家族で転勤したので、ここ暫く居合から遠ざかってます(笑)。「喜劇の幕は下りてない」ようですね。今朝の産経新聞の朝刊第一面、昼のTBS、さきほどのTV朝日の報道ステーション。居合道の不祥事を各社が連続報道。昨年の不祥事発覚による改革時、全剣連が居合道部に断固たる処分を下していたなら、一年も過ぎた今更マスコミに報道される事態にもならなかったはず。最も不思議なことは、昨年、主犯(長崎純心大の客員教授)、過去の委員長と委員(山口、石川、東京、千葉、熊本)、胴元(静岡)ら複数の実行犯(範士八段)には、不祥事対策の責任者である全剣連の副会長が処分を見送ったことです。その上、上位組織のスポーツ庁にも一切報告なし。最近流行りの「忖度」か(笑)?全剣連の上層部にも、居合道の「汚れた金」が出回っていたことは、誠に以て驚くべき事態です。全剣連の副会長や理事は、贈賄の実行犯たちが、「隠れキリシタンのカトリック復帰」宜しく、ほとぼりが冷めて復活するのを意図的に野放し放任してたワケですよ(笑)。産経新聞の朝刊によると、内閣府公益認定委員会が調査開始とあります。委員会は何らかの結論を出すはず。今度こそ、全剣連は誤魔化せず、断固たる処置を下さざる得ないでしょう。もう、居合道と杖道を切り離し、「竹刀道」としてスポーツ競技に特化すべきです。居合道を志す者は、ミツヒラ先生や赤羽根先生のように、流技の研鑽に立ち返る時です。

兵法流浪さま
コメントありがとうございます。
ようやく、剣連居合の金銭問題もマスコミに公になってきましたね。
現代感覚に相応しくない因習が根強くあるのは武術の団体に顕著ですね。
「権力者を甘やかすのは何かその1」をアップしたら、時を同じくして剣連居合が浮き彫りになってきました。
趣味の集団に過ぎない全居連も、地区の支部長が権威をかさにして権力を振るっています。その心は「全居連は上意下達で、段位の上の者に下位の者は否やを言わず従え」だそうです。全居連会長がもしそう思っているならば、時代錯誤も甚だしく極めた業技法の伝承の心得ならいざ知らず、支部長の勝手な振る舞いの押付ならば、悪の温床になってしまいそうです。
根こそぎ洗う必要がありますね。
       ミツヒラこと松原昭夫

投稿: 兵法流浪 | 2018年8月18日 (土) 00時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 曽田本その1の6英信流居合目録秘訣読み解く2上意之大事13輪之内 | トップページ | 曽田本その1の6英信流居合目録秘訣原文2上意之大事14十文字 »