« 曽田本その1の6英信流居合目録秘訣読み解く4居合心持肝要之大事5夜之太刀 | トップページ | 曽田本その1の6英信流居合目録秘訣読み解く4居合心持肝要之大事6閨之大事 »

2018年9月 8日 (土)

曽田本その1の6英信流居合目録秘訣原文4居合心持肝要之大事6閨之大事

曽田本その1
6.英信流居合目録秘訣原文
4、居合心持肝要之大事
6閨之大事
 旅抔二泊ル時夜中気遣敷時カ又常ニモ用心有トキワ先ツ笄隠レヲ用ベシ笄隠レト云フワ行燈ノ土器二楊枝ヲ横二渡シ笄ヲ火ノ上二ソット置ク也火消タル如シ入用ナレバ笄ヲ除クレバ火明カ也扨其間二戸口アラバタゝミヲ一枚ハギテ其戸二モタセ楊枝ヲツカ二シテ置クベシ外ヨリ戸ヲ明クレバ楊枝二タゝミモタセテ有故二タゝミ速カニ倒ルゝ也寝テ居ルト云ヘ共其音二不驚ト云フ事ナシマダ急ナルトキワ我ワ座ノ隅二坐シ寝床ハ座ノ真中二我カ伏〆居如クニ見セテ置クベシ亦ユルヤカナル時ハ四方ヨリ糸ヲ十文字二引渡シ其ノ糸ヲ入口ノ戸二付ケ置テ茶碗二茶ヲ入れ其茶椀ヲ糸ノ十文字ノ違目二カラメ付我カ顔ヲ其茶碗ノ下ヱヤリテ寝ベシ外ヨリ戸ヲ明ル時ハ糸ウゴク故其水コボレテ我面二落ル故驚クナリ是ヲ夢間ノ寝覚ト云也又常二イタメ帋ノ水呑ヲ拵テ四方二穴ヲ明テ懐中スベシ右ノ茶碗之代二用ル也枕本二大小ヲ置クコトナク刀ノ下緒二脇差ノ下緒ヲ通シ刀ノ下緒ノ端シヲ手二持テ寝ベシ火急ノトキ大小ヲ否ヤ取ッテ指ス二宜シ
 ○
 イタメ帋水呑茶ヲカクル風袋ノ小キ形二スベシ四隅二乳ヲ付置クベシ水無キ所ニテハルカ二深キ井戸亦谷水抔汲二ヨシ長キ糸ヲ付ケテ瓶ノ如ク二汲也尤水呑ノ中二石ヲ入レヲモリ二シテ汲ム也
読み
 旅などに泊る時 夜中気づかわしき時又常にも用心の(必要)ある時は 先ず笄隠れを用いるべきである 行燈の土器に楊枝を横に渡し笄を火の上にそっと置くのである 火が消えた様になる 入用であれば笄を除けば火の明らかになる さてその居間に戸口あれば畳を一枚はぎて其の戸にもたせ楊枝をつっかいぼうにして置くのである 外より戸を開ければ楊枝に畳を持たせて有る故に畳は速やかに倒れるのである 寝ていると云えどもその音に驚かずという事は無い 又急なる時は我は座敷の隅に座し寝床は真中に我が伏している様に見せて置くのである 又時間が緩やかな時は四方より糸を十文字に引き渡し その糸を入り口の戸に付けて置いて茶碗に茶を入れ その茶碗を糸の十文字の違い目に絡め付けて置き 我が顔をその茶碗の下へやりて寝るのである 外より戸を開ける時は糸が動くので其の水こぼれて我が面に落ちるので驚くのである 是を夢間の寝覚めと云うのである また常にいため紙の水呑みを拵て四方に穴を開けて懐に入れて置く右の茶碗の代わりに用いるのである 枕元に大小を置くことはせずに刀の下緒に脇差の下緒を通し刀の下緒の端を手に持って寝るのである 火急の時大小を否や取って刺すに宜しい
 いため紙は水呑みや茶をかける風袋の小さい形にすべきで四隅にチを付けて置き 水の無い所では はるかに深い井戸や谷水を汲むに良い様に長い糸を付けて瓶の様に汲むのである 尤も水呑みの中に石を入れて重りにして汲むのである
 

|

« 曽田本その1の6英信流居合目録秘訣読み解く4居合心持肝要之大事5夜之太刀 | トップページ | 曽田本その1の6英信流居合目録秘訣読み解く4居合心持肝要之大事6閨之大事 »

曽田本その1の6英信流居合目録秘訣原文」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 曽田本その1の6英信流居合目録秘訣読み解く4居合心持肝要之大事5夜之太刀 | トップページ | 曽田本その1の6英信流居合目録秘訣読み解く4居合心持肝要之大事6閨之大事 »