« 曽田本その1の7居合兵法極意巻秘訣読み解く6雪中之事 | トップページ | 曽田本その1の7居合兵法極意巻秘訣読み解く7寒中天之事 »

2018年9月26日 (水)

曽田本その1の7居合兵法極意巻秘訣原文7寒中天之事

曽田本その1
7.居合兵法極意巻秘訣原文
7、寒天之事
 寒夜ハ手足冷兵器持ニ不覚取落ス事アリ故二口二生姜ヲフクミ手足二酒ヲヌリテヨシ第一コセフヲ一ツブヲ二ツ二割リ火ニテイリ能ク帋二包テホソ二當置可手足コゝヱズ
 丁子ノ油ヲワタ二シテ印籠二入レ持ツ可シ手足二ヌリテコゴヱザルナリ□(山、亦)野往来ノ時ヌレバ毒虫ナド近ツク事曽而無之也
読み
 寒い夜は手足冷えて兵器を持つに覚えず取り落す事あり 故に口に生姜を含み 手足に酒を塗りてよし 第一は胡椒を一粒を二つに割り火にて煎り 能く紙に包みて臍(ほぞ、へそ)に當て置くべし 手足凍えず
 丁子の油を綿にして印籠に入れ持つべし 手足に塗りて凍えざるなり □(山、又)野往来の時塗れば毒虫など近づく事総じて之れ無きなり

|

« 曽田本その1の7居合兵法極意巻秘訣読み解く6雪中之事 | トップページ | 曽田本その1の7居合兵法極意巻秘訣読み解く7寒中天之事 »

曽田本その1の7居合兵法極意巻秘訣原文」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 曽田本その1の7居合兵法極意巻秘訣読み解く6雪中之事 | トップページ | 曽田本その1の7居合兵法極意巻秘訣読み解く7寒中天之事 »