« 曽田本その1の7居合兵法極意巻秘訣読み解く8雷電之事 | トップページ | 曽田本その1の7居合兵法極意巻秘訣読み解く9相間之事 »

2018年9月30日 (日)

曽田本その1の7居合兵法極意巻秘訣原文9相間之事

曽田本その1
7.居合兵法極意巻秘訣原文
9、相間之事
 我ト敵間タ(多の誤写か)有時ハ敵ノ来ルヲ待ッテ行ベカラス待ニ利有リ一ニハ身ヲ苦シメザル利アリ二ニワ心ドヲセズ三二ハ工夫スル間アッテ吉四ニ悪所二行掛ラス天利自然ノ利アリサレ共我ガ待所アシクバ前後左右二心ヲ付利能シ
読み
 我と敵 間多く有る時は敵の来るを待って行くべからず 待つに利有り 一つには身を苦しめざる利あり 二つには心が動ぜず 三つには工夫する間あって吉 四つには悪所に行き掛らず天の利自然の利有り されども我が待つ悪しくば前後左右に心を付けなば利良し

|

« 曽田本その1の7居合兵法極意巻秘訣読み解く8雷電之事 | トップページ | 曽田本その1の7居合兵法極意巻秘訣読み解く9相間之事 »

曽田本その1の7居合兵法極意巻秘訣原文」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 曽田本その1の7居合兵法極意巻秘訣読み解く8雷電之事 | トップページ | 曽田本その1の7居合兵法極意巻秘訣読み解く9相間之事 »