« 曽田本その1の7居合兵法極意巻秘訣原文7寒中天之事 | トップページ | 曽田本その1の7居合兵法極意巻秘訣原文8雷電之事 »

2018年9月27日 (木)

曽田本その1の7居合兵法極意巻秘訣読み解く7寒中天之事

曽田本その1
7.居合へ兵法極意巻秘訣読み解く
7、寒天之事
 寒夜ハ手足冷兵器持二不覚取落ス事アリ故二口二生姜ヲフクミ手足二酒ヲヌリテヨシ第一コセフヲ一ツブヲ二ツ二割リ火ニテイリ能ク帋二包テホソ二當置可手足コゞヱズ
 丁子ノ油ヲワタ二シテ印籠二入レ持ツ可シ手足二ヌリテコゞエザルナリ□野往来ノ時ヌレバ毒虫ナド近ツク事曽而無之也
読み及び読み解く
 寒中天之事と有るのですが「中」の字に〃〃×が曽田先生によって書かれています。内容から見れば「寒中之事」でも「寒天之事」でも差支えない、むしろ「寒夜之事」でもあるでしょう。
 寒い夜は手足が冷えて兵器を持つのに思わず取り落す不覚がある そこで口に生姜を含み手足に酒を塗っておくのが良い 第一は胡椒の粒を二つ割にして火で炙って 紙に包んで臍に当てて置けば手足が凍える事は無い。
 丁子の油を綿にしませて印籠に入れ持って行くと良い 手足に塗れば凍える事は無い 山野往来の時に塗れば毒虫などが近付くことな大方無いのである。
 生姜は生であればジンゲロールが血管を拡張する働きがあるそうで血流効果が有りそうです。生姜を加熱したり乾燥させればジンゲロールがショウガオールになり呑めば体の芯からジワリと温めるそうです。
 胡椒は含まれている辛み成分のピぺリンが血行を良くし食欲増進、栄養素の吸収、脂肪の燃焼、抗酸化作用、発汗作用などあるそうです。但し食べ物に入れての事ですから紙に包んで臍に当てて置いても効果があるとも思えません。
 酒を手足に塗り込んで寒さ知らずの効果はどうでしょう。寧ろ酔わない程度に飲んだ方が良さそうですが。
丁子油については、刃物の錆止めとして昔から言われていますが、椿油や鉱物油が現在は一般的の様です。錆止め効果の程ははっきりしていません、いつの時代かに日本に持ち込まれ椿油より高価だったりして、商売人に乗せられた可能性は高そうです。
 手足に塗る効果はどうなんでしょう。登山をしていた頃、冬山などではグリセリンをべたべた塗った事を思い出しました。
 昔からの言い伝えをわけも解からずに後生大事にしている事も多いのですが、「何故」を捜せば「なるほど」もあれば「「うそ」もあります。
 古伝も同様ですが、やって見て現代居合との違いを認識し何が本物か見極めて見たいものです。
 本物を求めだすと、「そのように習った」としか言えない指導者にはついて行けません。自分でやるしかないのです。
 
 
 
 

|

« 曽田本その1の7居合兵法極意巻秘訣原文7寒中天之事 | トップページ | 曽田本その1の7居合兵法極意巻秘訣原文8雷電之事 »

曽田本その1の7居合兵法極意巻秘訣読み解く」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 曽田本その1の7居合兵法極意巻秘訣原文7寒中天之事 | トップページ | 曽田本その1の7居合兵法極意巻秘訣原文8雷電之事 »