« 曾田本その1の9居合兵法の和歌原文32首21~26 | トップページ | 曾田本その1の9居合兵法の和歌読み解く32首の1糸瓜の皮 »

2018年12月20日 (木)

曾田本その1の9居合兵法の和歌原文32首27~32

曾田本その1
9.居合兵法の和歌原文
32首27~32
27)
 大事をハ皆請取れと思ふとも
        琢可さる尓ハ得道は奈之
読み
 大事おば皆請け取れと思うとも
       みがかざるには得道はなし
28)
 師二問ハ春如何尓大事をお之ゆへ之
       心を春ま之懇耳問へ
読み
 師に問わば如何に大事をおしゆべし
       心を澄まし懇ろに問え
29)
 物をよく習納むと思ふとも
       心掛春ハ皆春多るべ之
読み
 物をよく習い納むと思うとも
       心掛けずば皆廃るべし
30)
 後より伐るをはつるゝ事ハ奈之
       聲の響を是と云也
読み
 後より伐(かる)るをはづるゝ事はなし
       声の響きを是と云う也
31)
 目の前の待春毛の秘事を志ら春して
       兎角せんと一期気遣ふ
読み
 目の前の睫毛の秘事を知らずして
       とやかくせんと一期気遣う
32)
 目の前の待春毛の秘事を志り奴れバ
       唯速かの一筋のみ知
読み
 目の前の睫毛の秘事を知りぬれば
       ただ速やかの一筋の道
以上32首
右 田宮平兵衛業政之歌
干時文政四年辛巳歳秋七月吉日書之
坪内長順
山川幸雅自先生傳
山川久蔵 橘幸雅印
右之通り相改候上口傳覚不残
相傳申し仍而奥書如件
坪内清助殿
読み
以上32首
右 田宮平兵衛業政の歌
干時(ときに、かんじ)文政四年1821年辛巳(かのとみ、しんし)歳秋七月吉日之を書く
坪内長順
山川幸雅自(みずから)の先生伝
山川久蔵 橘幸雅印
右の通り相い改め、口伝の覚え残らず上げ候
相い伝え申し よって奥書件(くだん)の如し
坪内清助殿

|

« 曾田本その1の9居合兵法の和歌原文32首21~26 | トップページ | 曾田本その1の9居合兵法の和歌読み解く32首の1糸瓜の皮 »

曾田本その1の9居合兵法の和歌原文32首」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 曾田本その1の9居合兵法の和歌原文32首21~26 | トップページ | 曾田本その1の9居合兵法の和歌読み解く32首の1糸瓜の皮 »