« 曾田本その2を読み解く1故行宗貞義先生記録写5抜付 | トップページ | 曾田本その2を読み解く2大森流居合抜方2大江先生堀田先生共著 »

2019年1月29日 (火)

曾田本その2を読み解く2大森流居合抜方(自叙)1行宗先生派

曾田本その2を読み解く
2、大森流居合抜方自叙
1行宗先生派
原文
1、前身(初刀又初発刀)
正面二坐シ抜キ付ケ冠リテ切ル也、血振ヒヲ為シ右足ヲ引キ(踏ミ出シタル足ノコト) 納刀膝ヲツク
2、左身(左刀)
右向キゟ正面二抜キ付ケ冠リテ切ル也 同断
3、右身(右刀) 
左向キゟ正面二抜キ付ケ冠リテ切ル也 同断
4、後身(當刀、後刀)
後向キゟ正面二抜キ付ケ冠リテ切ル也 同断
5、進退(八重垣大江派)(陰陽進退)(陽進陰退)ノコト
正面二抜キ付ケタル時左膝ヲ浮へ左足ヲ踏ミ込ムト同時二冠リテ切リ刀ヲ横二開キ納刀漸時左足ヲ引キ付クル也此時敵又切リ込ミ来ルヲ左足ヲ引キ右脛ヲ囲イ冠リテ切ル也(脛
囲ノ時抜キ放チテモ不苦) 同断
6、請流(流刀、受刀)
右向ニテ敵正面ゟ打チ込ミ来ルヲ我左足ヲ踏ミ出シ左肩先二請ケ流シ右足ヲ右斜二踏ミ
出シ体ヲ変ハシテ右足ヲ揃へ(左足二)右肩ゟ切リ下ス左足ヲ引キ逆手納刀
7、介錯(順刀)
正面二坐し右足ヲ踏ミ出シ抜キ□レザル内二右足ヲ左足二引キ付ケ刀ヲ右肩二トリ右肩
ゟ右足ヲ踏ミ出シテ斜二切ル

7本目8本目ノ名称二就テ 山川久蔵先生ノ伝書ニハ7本目ヲ順刀8本目ヲ逆刀トアル参考ノタメ記ス
8、順刀(逆刀)(附込又ハ進切大江派)(追ガ逆刀、追斬)
正面二坐シ右足ヲ踏ミ出シテ抜キ(7本目ト仝)右足ヲ引キ揃ヘテ冠リ右足ゟ継足二初メ
ハ浅ク次ギハ深ク切リ下シ右足ヲ引キ冠リテ残心ヲ示シ徐々二刀ヲ下シ逆手二血拭ヒ納刀
9、勢中刀(月影大江派)
左向ゟ正面へ中腰ニテ掬ヒ上ケ二敵ノ二ノ腕(上膊部肘ノコトナラン?)二抜キ付ケ左足ゟ
送リ足ニテ切リ血振ヒ中腰ノ侭納刀
10、追懸(追風大江派)(乱刀山川久蔵先生伝書ニハ虎乱刀トアル)
走リナガラ抜キ付ケ左足ヲ踏ミ込ミ切ル血振ヒ立チタルマゝ納刀
11、抜打(又ハ止メトモ云フ)
正面向キ両膝ニテ中腰ニテ抜キ冠リテ膝ヲ進メ(切リ下ス時膝頭ヲ肩中二開ケバ自ラ進
ムモノナリ)ナガラ切リ付ケ刀ヲ開キ納刀
血振仕方
斬リ込ミタル後左手ヲ腰二トルト同時二右手肘ヲ45度二開キナガラ曲ゲ手首ヲ捲キ込ム
心持ニテ拳ヲ右耳上二止メ横、下供5度位ヒ二刀ヲ振り下グル也(拳ヲ耳二トッテ立チ振リ
タル時足ヲ揃フ)
読み解くは、大森流居合抜方(大江先生、堀田先生共著)の原文の後に、神傳流秘書と合わせて読み解いてみたいと思います。
次回は大江先生の大森流居合抜方原文とします。
 

|

« 曾田本その2を読み解く1故行宗貞義先生記録写5抜付 | トップページ | 曾田本その2を読み解く2大森流居合抜方2大江先生堀田先生共著 »

曾田本その2を読み解く」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 曾田本その2を読み解く1故行宗貞義先生記録写5抜付 | トップページ | 曾田本その2を読み解く2大森流居合抜方2大江先生堀田先生共著 »