« 曾田本その1の9居合兵法の和歌読み解く32首の31睫毛の秘事 | トップページ | 曾田本その1を読み終えて »

2019年1月21日 (月)

曾田本その1の9居合兵法の和歌読み解く32首の32一筋のみち

曾田本その1
9.居合兵法の和歌読み解く
32首の32一筋のみち
目の前の満春毛の秘事を志りぬ連バ
      唯速かの一筋のみ知
読み及び読み解く
 目の前の睫毛の秘事を知りぬれば、唯すみやかの一筋の道
 目の前にある睫毛の秘事を知ったのであれば、ただ速やかにその道一筋に進んで行こう。と読む事ができます。
 31首目で目の前の睫毛の秘事が「神妙剣」である「互に理解しあってより良い方法を見出し和すること」
 土佐の居合は業技法では、相手の斬り込を身を土壇となして「柄口六寸」に勝つ事を以て根元とするものです。
 そして、その極意は戦わずして勝つ「神妙剣」であって、「睫毛の秘事」である「人と和する事」なのです。
 それには、己が正しいと信ずるものをしっかりと持つ事であり、いかなる難問にも応じられるものでなければならないでしょう。
 その上で、互に最も良い納め処を見出して「和する」ことなのでしょう。
 この歌は新庄藩の林崎新夢想流秘歌之大事にも妻木先生の田宮流居合歌の伝にもありません。
 この神妙剣の極意は、現代居合が居合抜ばかりに照準を当てている事に問題があるのでしょう。
 それは、武的演舞の優劣を競わせたり、技術の達成度判定基準の不明瞭かつ不可解な段位制度による人のランク付けによるおぞましい縦社会を形成させ権威・権力主義を助長させるばかりです。
 公には何の権威も社会的地位も無い居合と云う趣味の集団の縦社会の中での事で終始しているようです。
 或いは、連盟のような竹刀剣道の付録の様な扱いで終始し、各流派についてはおざなりの統一理論による居合風演舞を武術呼ばわりしています。
 稽古法にもそれが顕著で師と称する者の演舞を見て弟子達が手拍子に合わせ一斉に真似をして動作を演じそれを稽古と思っていたり、演武会では足並み揃えて木刀を打ち合わせる見せるための演舞をしています。
 武術は型に拘り演じる者ほど容易に打ち負かされるものです。
 人は物ではないのです、号令によって一斉に突撃する弾除けの兵士を生み出してはならないのです。
 精神面では上段者に礼を尽くすことが武道であり武士道精神に則るものだなど「馬鹿言ってんじゃないよ」でしょう。
 武術における礼は、相対する人を認める事が礼であってそれにより殺し合いを避ける最も人間らしい尊厳のあるものなのです。
 たとえ業技法から習い始め、伝統武術の運剣動作を納めたとしても、人として如何にあるべきかをないがしろにして、幻の権威の名を借りて権力をもってパワハラ同前の上意下達を良しとするようなものはすたれて当然の事です。
 その原因は、型にはまった業の運用のみに終始している、武術とは言えない現代居合の評価法に大きな落とし穴があると思います。
 居合に於ける仮想敵はあらゆる変化をもって我に打ち向かってきます。そのあらゆる変化に反応できる修行と云う事は、相手の心情を理解する心を磨く以外に無しえないものです、それは武術を通じてコミュニケーション能力を磨き上げる事でもあるのです。
 コミュニケーションとは上司に対して従順と云う事では無いのです。
 現代居合もレベルの高い指導者を養成をすべき時期にあると思えて仕方がありません。
 伝統武術として、無双神伝英信流居合兵法第九代林六大夫守政が土佐にもたらした武術は、総合武術であり武術を学び得て達する道は「神妙剣」一筋であったのです。
 流派は、己の流派の業目録初伝から始まり、目録皆伝の授与に戻る時期に来たのでしょう。それは、本物の伝承者でありそれをもって社会に還元できる個性ある人を育てる事だろうと思います。
 林崎甚助重信系統と称する流派は、古の根元之巻によって皆伝とすべきなのでしょう。
 宗家になるには先代宗家から紹統印可された者だけがなるべきもので、根元之巻は流派の業技法及び心得を伝授されたものであって宗家を認める事とは言えないものです。
以上32首
右 田宮平兵衛業政之歌
干時 文政四年(1821年)辛巳歳秋七月吉日書之
坪内長順
山川幸雅自先生傳ル
* 
 以上32首
 右 田宮平兵衛業政の歌
 干時 文政四年(1821年)辛巳歳秋七月吉日之を書く
 坪内長順
 山川幸雅先生より伝わる
 以上を以て曽田本その1を終ります。曾田本その1の巻末には曽田先生によって研究中の「抜刀術」五本が記載されています。
 ここでは、古伝に拘って割愛いたしておきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

|

« 曾田本その1の9居合兵法の和歌読み解く32首の31睫毛の秘事 | トップページ | 曾田本その1を読み終えて »

曾田本その1の9居合兵法の和歌読み解く32首」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 曾田本その1の9居合兵法の和歌読み解く32首の31睫毛の秘事 | トップページ | 曾田本その1を読み終えて »