« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »

2019年2月

2019年2月28日 (木)

曽田本その2を読み解く5長谷川流奥居合座業抜方5の7暇乞

曽田本その2を読み解く
5、長谷川流奥居合座業抜方
5の7暇乞
参考
古伝神伝流秘書
抜刀心持之事
従是立事也
立業の10本目
抜打 上中下(暇乞三本)格の低き者に対する黙礼ノ時、等輩に対する礼の時、目上の者に対する礼の時
行宗先生
長谷川流奥居合座業抜方
7本目
暇乞:御使者切り二つ
 行宗先生の暇乞は「御使者切り二つ」とされ古伝の暇乞とは違う様です。古伝で抜刀心持之事の立居合の10本目、抜刀心持之事では全体では17本目に「暇乞」としてあります。此処まで都合19本、残り5本の24本業名が存在します。
 行宗先生の暇乞は、「御使者切り」ですから、放れ打ちの使者に訪れた時の心得が二つあると云うのか、「御使者」ですから使者として赴いた者を斬るのかここでは判断不能です。
 唯、大江先生の「暇乞」を意識しているとすれば、古伝の抜打の暇乞かも知れません。
大江先生の暇乞(剣道手ほどきより)
奥居合
19番
暇乞(黙礼):正座し両手を膝の上に置き黙礼し、右手柄に掛かるや刀を斜に抜き付け上段にて斬る。
(行宗先生の分にはなし 曽田メモ)
20番
暇乞(頭を下げ礼をする)両手を板の間に付け、頭を板の間近く下して礼をなし、両手を鞘と柄に同一に掛け直ちに上に抜き上段となり、前面を斬る。
21番
暇乞(中に頭を下、右同様に斬る):両手を膝上に置き黙礼より稍低く頭を下げて礼をなし、右手を柄に掛け刀を斜に抜き上段にて斬る。(止め)(立合終り)
(両手を床につき軽く会釈するならん 曽田メモ)
(之れは座業にて抜くべきものならん? 曽田メモ)
 この大江先生の暇乞に曽田先生が補足メモをされています。まず大江先生の暇乞は座業だから座業の所に記述して其の順番で稽古すべきだろうと云っています。この事は抜刀心持之事も坐業立業の17本目に記述され、立合の業の締めくくりに稽古するのだと暗黙に示している様で、大江先生もそれに習って指導されたのでしょう。
 行宗先生の暇乞は2本しかありません。曽田先生が行宗先生から指導されたのは20番目と21番目だけだったと云うわけです。
 こうして観ると、行宗先生も大江先生同様に下村派第14代下村茂市から抜刀心持之事、所謂奥居合は充分指導されてこなかったのかも知れない、当然曽田先生にも伝承できなかったと思えてしまいます。
 下村茂市の師匠は古伝神伝流秘書を第9代林六大夫守政から一説には盗み出して書き写したとされる人物です。
細川義昌系統の梅本三男先生の居合兵法無雙神伝抜刀術を読んでみましょう。
英信流 奥居合之部
20本目
抜打:(対座している者を斬る)正面に向ひ対座し、刀を鞘なりに前腹へ抱へ込む様に横たへ両手を前につかへ頭を下げ礼をして俯きたるまま、両手引込め鯉口と柄へ執り、急に腰を伸しつつ、刀を右前へ引抜き刀尖を左後へ突込み諸手上段に引き冠りて斬込み、刀を開き納めつつ両足の踵へ臀部を下すと共に納め終り爪先立てたる足先を伸し正座して終る。
素抜き抜刀術 41本 完
 これ一本だけが細川先生から伝承された暇乞の様です。
 細川先生が下村派第14代下村茂市に師事されたのが安政3年1856年7歳の時でした。明治維新1868年には19歳になっています。
行宗先生は18歳、大江先生は16歳です。
 年齢及び入門時期、身分の違いなど複雑に絡まっていたかもしれません。
 細川先生は1860年万延元年11歳の時、島村義郷の名で下村茂市から童蒙初心之心得を受けています。
 根元之巻に至ったかは下村茂市が明治10年1877年に亡くなっていますからどうだったのでしょう。根元之巻は授与されても業の伝承は出来なかったかも知れません。それは行宗先生も、大江先生も同様だったでしょう。
 幸い細川家には先代からの伝書類が保存されていたでしょうから、そのつもりになればそれなりと思うのです。
 明治維新と云う時代によって今日の日本があったとしても、若き青年達は荒波にもまれ、生活の糧すらままならなかった時代です。波が静まる頃には先師はこの世に亡く暗中模索だったと察しられます。
 

| | コメント (0)

2019年2月27日 (水)

曽田本その2を読み解く5長谷川流奥居合座業抜方5の6三角

曽田本その2を読み解く
5、長谷川流奥座業抜方
5の6三角
行宗先生
長谷川流奥座業抜方
6本目
三角:後向きに座し廻りて後を切る、右足を踏み出して抜き左鯉口を握りたる儘胸にとり右手刀尖を後ろに刃を上向けて両腕を組むなり右廻り払ひ後冠り切る也
 三角・四角は前回古伝・細川先生の解説をしてあります。
 行宗先生は、四方切(四角)の十分な手附は無く「四方切り」とあるばかりでした。四角とは順序逆に三角の手附をやや詳細に書かれて是が行宗先生直伝の三角と云うのでしょう。
 敵の配置はどうなっているのでしょう。全文を読んで推測せざるを得ません。
 右足を正面に踏み出し刀を抜く、ですから前の敵を牽制しています。次に刀の鞘の鯉口を持ったまま刀の刃を上にして胸に横たえる、切先を後ろに向けて右腕を上左腕を下にして腕組みの状態に構えるのでしょう。
 左を突とは言っていませんから左に敵は居ないのでしょう。
 その体勢から、右廻りに、前・右の敵を払う様に牽制して(刃を上に向けていますから)後に廻り冠って後敵を斬る。
 前・右・後の敵と想定したのですが、最後に「後ろ向きに座し」と云っていますから、前・右・後の敵は前(元の後)・左(元の右)・後(元の前)になります。
 座した場合の左・前・後をビクとさせ牽制し後ろの敵、所謂元の前の敵を上段から斬り下ろして血振り納刀でしょう。
 後ろ向きに座す意味の解説はありませんが、想定すれば、前の敵が本命なのでしょう。
 右と後ろの敵はビクとさせれば臆して戦闘意欲を失う、その隙に付け込んで前の敵を斬る。
 其の為に座す方向を本命に背を向けて座す、と考えたと云う事かも知れません。
 古伝の雰囲気は伝わります。この手附は刃を上向きにしているのを、外向けにし、立ち上って右廻りすれば、前回の細川先生の三角に相当します。

| | コメント (0)

2019年2月26日 (火)

曽田本その2を読み解く5長谷川流奥居合座業抜方5の5四方切

曽田本その2を読み解く
5、長谷川流奥居合座業抜方
5の5四方切
参考
古伝神伝流秘書
抜刀心持之事
三角:抜て身を添へ右廻りに後へ振り廻りて打込也
四角:抜左の後の角を突右の後の角を切右の向を請流し左の向を切又右の向を切る也
 三角、四角については曽田本その1で英信流居合目録秘訣上意之大事で解説されています。
三角:三人並居る所を切る心得也、ケ様のときふかぶかと勝んとする故におくれを取る也、居合の大事は浅く勝事肝要也三人並居る所を抜打に紋所のあたりを切先はづれにはろうときはびくとするなり其所を仕留る也三人を一人づつ切らんと思ふ心得なれば仕損ずる也一度に払ふて其おくれに付込んで勝べし
四角:三角にかわる事なし是は前後左右に詰合ふ之心得也故に後へ迄まわって抜付る也
行宗先生
長谷川流奥居合座業抜方
5本目
四方切り(四角):四方切り
大江先生
3番
四方切:右足を右斜に出し刀を右斜に抜き刀峯を胸の処にあて刀を平とし斜に左後を突き右側面の横に右足を踏み変え上段にてきり右足を左斜横に踏み変へて(受け返して打つ)上段となりて切り右足を正面に踏変へて上段より切る。
 行宗先生は四方切りは長谷川流奥居合座業の5本目(1霞・2脛囲・3戸詰・4戸脇・5四方切り(四角))ですが、大江先生は3番目になります(1霞・2脛囲・3四方切・4戸詰・戸脇)。
 「奥居合には順序なしと伝へたる」と添え書きがありますから、曽田先生はその様に行宗先生から指導されたのでしょう。
 稽古順序から言えば、安易な業から複雑な業に習うのが良さそうですが、すでに大森流・長谷川英信流を稽古済みならば順番は何処からでも良さそうです。
 何となく習いごとの習性で順序を意識させるのは戸詰・戸脇・四方切位でしょう。
 行宗先生の四方切り(四角)の手附は「四方切り」とあるばかりです。四方を好きに工夫して斬ればいいのでしょうか、なにを意味するのか不思議です。
 古伝は抜刀心持之事(格を放れて早く抜く也 重信流)で、その位置づけは大森流・英信流・太刀打之事・坂橋流之棒(棒合・太刀合之棒)・詰合・大小詰・大小立詰・大剣取・抜刀心持之事・夏原流和之事と大枠の稽古順序がそれと無く示されています。 
 現在言われる奥居合(古伝の抜刀心持之事)は充分対敵を意識した身のこなしが可能になって、居合の裏を返せるようになってから稽古する様な位置づけにあります。
 現在の無双直伝英信流が居合以外に大江先生が独創したと思われる組太刀7本(英信流)居合道型のみ、其れも演武会の出し物の踊りですから奥居合の妙は形ばかりにならざるを得ません。
 古伝の三角、四角が行宗先生、大江先生の四方切の心得を明確に伝えています。その心得は技よりも、対敵が何をしようとするのか、我は其れにどの様に応じるのか、刀を振り回す以前の、敵に対する「心得」を重要視して語られていると思って良いのでしょう。
 大江先生の対敵の配置は、敵は左後・右前・左前・正面です。場の状況や何かの仕来たりから、右後の敵が居ない場合はあろうかと思いますが、稽古としては聊か腑に落ちません。
 前後左右、あるいは左後・右後・左前・右前が詰めかけられる標準でしょう。どのような理由から、右後を欠いたのか知りたくもありますが、奥居合は「格を放れて早く抜く也」でしょう。
細川義昌先生の系統の梅本三男先生(居合兵法無雙神伝抜刀術より)
英信流奥居合之部
6本目
三角:(前右後の三人を斬る)正面より(左廻りに)後向き右手を柄に掛け前に掛かると見せて、右足を摺り出し腰を伸し、刀を引き抜くなり、右足を左足に引きよせるなり刃部を外へ向け、左腕外へ深く突込み、立ち上りつつ右へくるりと廻りながら前右後の三人を軽く斬り正面へ向く、同時に左膝を跪きつつ諸手上段に引冠り、右足踏み込んで斬込み刀を開き納め終る。
 「左腕外へ深く突込み」ですから、ここは抜刀して刀の刃を外向きにして平に左の方へ突き出し構える、あるいは元の右の敵(我が後ろ向きの為左座す)や、立ち上って右廻りに左(元の右)・前(元の後)・後(元の前)の敵を撫で切りにして、正面に戻って跪いて正面の敵(元の前)を上段から斬り下ろす、のでしょう。
 元の右の敵は刺突され、あるいは刺突すると云っていませんから撫で切りし・後の敵は撫で切りの際重傷を負うか臆して逃げるか、さて・・しっかり元の前の敵は上段から斬られています。
 この業も何故、我は敢えて後向きになるのでしょう。演武用に場取りをしているやに思うのですが、前の敵が本命で最後に切ると云う心得なのでしょう。
7本目
四角:(四隅に居る者を斬る)右手を柄に掛け腰を伸し右脛をたてつつ(右前へ掛かると見せ)、刀を其方向へ引抜き、咄嗟に左膝で(左廻りに)後斜へ廻り向き、左後隅の者を(右片手にて)突き直ぐ右へくるりと廻りつつ、諸手上段に引冠り右後隅の者へ斬込み、直ぐ左へ廻りつつ、刀を頭上へ振冠り(右前隅の者より斬込み来る太刀を受け流しながら)、左前隅の者へ斬込み、直ぐ再び右へ振向きつつ、諸手上段に引冠り右前隅の者へ斬込み、刀を開き納め終る。」
 細川先生の教えは、三角と異なり、左後・右後・左前・右前の順で一人づつ斬り込んでいます。
 多敵を相手の心得は伝わらなかったか、替え業が先行したのでしょう。
 左後の敵を刺突して、一気に右後ろの敵への270度の廻転が大江先生はできなかったか、時の中学生には難しかったかもしれません。
 三角では立ち上がって右回転ですが、ここでは左膝を軸にした右回転ですから難しいかも知れません。
 右足を浮かせ、体軸を意識し左足先と腰を以って右回転し、刀を左から引き被る様にして、左前の敵右前の敵を受け流す様に上段になれば、容易に行えます。
 
 

| | コメント (0)

2019年2月25日 (月)

曽田本その2を読み解く5長谷川流奥居合坐業抜方5の戸脇

曽田本その2を読み解く
5、長谷川流奥居合坐業抜方
5の4戸脇
参考
古伝神傳流秘書
抜刀心持之事(格を放れて早く抜く也 重信流)
4本目
両詰:抜て片手にて左脇を突き直に振り向いて右脇を切る(行宗先生 戸詰)
:右脇へ抜き打に切りつけ左を斬る(行宗先生 戸脇)
 古伝神傳流秘書の抜刀心持之事が現代居合の奥居合の居業(座業)及び立業を述べている手附になります。
 古伝では戸詰、戸脇の業は両詰として括られます。前回の5の3で其の内容は解説しています。
行宗先生
長谷川流奥居合坐業抜方
4本目
戸脇:左をつきて右をきる(両詰)
参考
大江先生(剣道手ほどきより)
長谷川流奥居合座業抜方
五番
戸脇:(左を突き右を斬る)右足を右斜へ出し刀を抜き左横を顧みながら突き、足踏みは其の侭にて上体を右横に振り向け、上段にて切り下す。
 大江先生の戸脇と行宗先生の戸脇、古伝の両詰の「抜て片手にて左脇を突き直に振り向いて右脇を切る」は同じ要領の業手附です。
 古伝の両詰を大江先生、行宗先生とも戸詰・戸脇とされたのでしょう。
 大江居合は独特の独創により土佐の居合の業名をいじってしまっています。
 「剣道手ほどき」や大江先生に直接手ほどきを受けられた方々から、現代居合として引き継がれているので、古伝を知る以前には違和感もなく稽古していました。
 しかし、この曽田本その2では行宗先生も大江先生の業名で同じ動作を書かれています、行宗居合も大江居合も同じものだったのか、そうであれば細川居合も同じであれば下村派の15代下村茂市の時代には古伝がいじられていたと想定できるのです。
 細川居合は大江・行宗居合業名と手附が異なります。江戸末期から明治にかけての不思議の一つでしょう。
 推測ですが、大江先生が土佐の居合の指導者として明治28年高地県師範学校教授委嘱以降、明治33年高地二中剣道教授になった頃、明治36年に行宗先生も高地二中で曽田先生を指導しています。
 其の頃の申し合わせで、業名合わせなど行われたかもしれません。細川先生は議員として別格だったかもしれません。
 土佐の有志の、事実関係と何故古伝をいじったかのご研究を期待します。
参考
細川義昌系統の梅本三男先生(居合兵法無雙神伝抜刀術)
5本目
両詰:(左右に座して居る者を斬る)右手を柄に掛けるなり、腰を伸し(右に掛かると見せて)右足を少し右へ踏出し其方向へ刀を引抜き、咄嗟に左へ振向き(右片手にて)左側の者の胸部を突き、直ぐ右へ振返へりつつ、諸手上段に引冠り右側の者へ斬込み、刀を開き納め終る。
 明治の先生方は、左右の敵に囲まれた時の攻防を業として示されています。業名は戸脇であっても、古伝の教えは引き継がれていたと思えるのです。
 それなのに、現代居合は、左右の敵の座す位置を戸脇と云う業名からおかしなものに変えて来ています。
 この事は、第20代河野百錬先生も大日本居合道図譜では「右向ふと左後に敵あり、左後敵を刺突し右敵に斬下して勝の意なり」と戸脇の意義を述べられ、戸障子の有無は触れていません。
 但し敵の座す位置を「右前・左後」に変えてしまっています。この頃河野先生は大日本武徳会達士ですから河野先生が無双直伝英信流の手附を変えてしまう権限はないだろうと思います。
 河野先生に手ほどきされた第18代穂岐山先生か第19代福井先生によると思います。
 敵が右前、左後ならば「戸脇」に座す我と敵二人の配置は如何に、と思いめぐらせてしまいます。
 現代居合が「我が直前に左右の戸(襖)があり、敷居の向こう右側と我が左後方に敵を受けるに、先ず左後方の敵を刺突し、更に右前方の敵を斬り下ろして勝を制する意也(第22代池田聖昂先生無雙直伝英信流居合道解説より」と、場の状況に対応しながら敵を斬る複雑な業技法となってしまいました。
 この「左右に戸あり云々」の文言は21代福井聖山先生の「無雙直伝英信流居合道第二巻」に明記されていますから、21代から始まったと云えるかもしれません。
 武術は最も単純な方法で持てる力を発揮する事が出来なければ、ものの役に立ちません。 奥居合だから複雑などと云う事はあり得ない事です。まず、左右から詰め寄る敵の気を察して機先を制する本来の武術に戻れないものでしょうか。
 この原因を作った張本人は「戸脇」と意味あり気な業名を付してしまった大江先生にあります。
 後世の者は、業名に業の奥義が籠められていると錯覚してしまう、あるいはそれを利用して新規の考えを正当化してしまう、陥りやすいものです。

| | コメント (0)

2019年2月24日 (日)

曽田本その2を読み解く5長谷川流居奥居合坐業抜方5の3戸詰

曽田本その2を読み解く
5、長谷川流奥居合坐業抜方
5の3戸詰
古伝神傳流秘書
抜刀心持之事(格を放れて早く抜く也 重信流)
四本目両詰:抜て片手にて左脇を突き直に振向いて右脇を切る
 行宗先生の奥居合居業の三本目戸詰の「右へぬきつけ左をきる」業は古伝では四本目両詰の替え業として「右脇へ抜打切り付け左を斬る」として裏にあります。
 曽田本その1の「英信流居合目録秘訣の上意之大事」に詳細が解説されています。
 両詰:是又仕物抔言い付けられ、又は乱世の時分抔にわ使者抔に行、左右より詰かけられたる事、間々之有也。
 ケ様の時の心得也、尤其外とても入用也。
 左右に詰かけられたる時一人宛切らんとするときは遅れを取るなり、故に抜や否や左脇の者を切先にて突、直ぐに右を切るべし。その業唯手早きに有。
 亦右脇の者に抜手を留らるべきと思ふ時は右を片手に切りすぐに左を切るべし。
行宗先生
長谷川流奥居合抜方
坐業(奥居合には順序なしと伝へらる)
三本目戸詰:右へぬきつけ左をきる(両詰)
参考
大江先生(剣道手ほどきより)
奥居合
四本目戸詰:(右を斬り左を斬る)抜き付け、右の敵を右手にて切ると同時に右足を右斜に出す、其の右足を左斜横に踏み変へて上段にて左斜を真直に斬る
 古伝は、左の敵を刺突し、続いて右の敵を斬る、のが当然であるように書かれています。左の敵を刺突しようと右に刀を抜き出す時、其の柄手を留めそうな素振りがあるならば右片手抜打ちに右の敵を斬って左に振り向き、左敵を斬るとしています。
 変化業を行宗先生は三本目に、大江先生は四本目に戸詰と新たな業名を冠して置いています。
 この業は我を挟んで左右に敵に囲まれた時の業ですから、本来の業名は「両詰」なのです。
 「戸詰」は古伝神傳流秘書抜刀心持之事、所謂奥居合には業名として存在しません。場の状況を優先する考えは古伝は持たずに敵の存在に対する攻防を示す物なのです。
 大江先生は行宗先生の業名「戸詰」を引用したか、元々あったのか疑問です。
 古伝神傳流秘書の英信流居合目録秘訣上意之大事には「戸詰」「戸脇」と云う教えがあるのですが居合としての業名とは違います。
 既に曽田本その1で解説済みですが紹介しておきます。大江先生の奥居合の業名は古伝を無視したおかしなものになっていて何故なのか不明です。
 戸詰:障子或は戸を明けかけて内ヱ入れと云て入る所を戸にて立詰んとするときは是を察して扇を敷居の溝に入れ其扇の端を膝にて敷、然りして内ヱ入る時は立詰らるゝ事なし。
 戸脇:戸の手前に立って居てあれえ通れ戸云て入る所を切らんと心懸るならば、つかつかと戸口を入身に歩み行て柄にて胸を押しつけてしかして引抜て突べし、亦火急にて既に切懸けられたる時は、或は柄を以てはらいのけ早わざをきかすべし、亦戸の内に人ありと思わば戸口を入る事なく内に人の有る方に向て筋違て入るべし。
参考
山蔦先生の戸詰(夢想神傳流居合道より)
 戸詰(三角 みすみ)として奥居合居業の四本目に在ります。:自分の前の左・右に戸(または襖)があり、その陰に敵が潜んでいる。敷居ごしにまず、右足を一歩右斜め前に踏み出し、抜打ちに右の敵へ抜付け、ただちに右側より受け流しに刀を振りかむりながら右膝をつき、左膝を立て(右、左踏替え)、左側の敵を斬る。
 大江先生の戸詰の動作に戸襖の存在を加えてしまいました。現代居合の無双直伝英信流の考え方そのものです。夢想神傳流には奥居合伝承が無かった為大江居合を引用されたと思われます。
参考
 細川義昌先生の系統梅本三男先生の居合兵法無雙神伝抜刀術
 英信流奥居合之部は
一本目向払
二本目柄留
三本目向詰
四本目前後詰
五本目両詰
六本目三角
七本目四角
八本目棚下
九本目虎走
 となります。ここで云う行宗先生の戸詰「右へ抜付け左を切る」に相当する業は存在しません。
 古伝神傳流秘書の抜刀心持之事「両詰」と同じ動作であるのは「五本目両詰」になります。
 :(左右に座して居る者を斬る)右手を柄に掛けるなり、腰を伸ばし(右へ掛ると見せて)右足を少し右へ踏み出し其方向へ刀を引抜き、咄嗟に左へ振向き(右片手にて)左側の者の胸部を突き、直ぐ右へ振返りつつ、諸手上段に引冠り右側の者へ斬込み、刀を開き、納め終る。
 行宗居合も大江居合も、夢想神傳流も奥居合については古伝とは順番も業も、その心持ちも何処かおかしいものです。
 明治以降の土佐の居合は大江正路居合によって方向が見失われたとしか言いようはありません。
 しかし、それは現代居合として多くの愛好者を持つわけで其の内容で進んでいく以外に無いでしょう。
 江戸時代中期初めに土佐に持ち込まれた総合武術無双神傳英信流居合兵法は古伝神傳流秘書に秘められたのでしょう。
 一部変化して居ても「居合兵法無雙神傳抜刀術」として細川昌義系統の梅本三男先生伝として居合が引き継がれている様です。
 古伝研究には、古伝神傳流秘書を元に行うべきもので、復元を焦って、神伝流秘書以外の書物によって古伝の心を失うべきではないでしょう。
 神傳流秘所以外の内容になる資料を上げておきます。
曽田本その1にある資料
 1、谷村亀之丞自雄の英信流目録
   居合棒太刀合巻
   小太刀之位(神傳流秘書になし、出典伝承不明)
 2、曽田虎彦による業附口伝
(神傳流秘書に近いが曽田先生による第16代五藤孫兵衛正亮先生の時代のもので其の侭受け入れるわけにはいかない、「業附口伝では」とことわるべきもの)
   太刀打之位
   詰合之位
   大小詰
   大小立詰
曽田本以外の古伝参考資料 
 1、河野百錬の無双直伝英信流居合道
   曽田先生の業附口伝の転用に付同上注意を要す。
 2、河野百錬の無雙直伝英信流居合叢書
   曽田先生から送られた曽田本を読み下したもので信頼できる
 3、政岡壱實の無雙直伝英信流居合兵法地之巻
   曽田本あるいは細川家伝書を引用され信頼できる
その他ビデオ等の資料
  現存する物は、曽田本の曽田先生の業附口伝からの振り付けで信頼できない。
  例、第21代福井聖山の詰合之位
 
 
 
 

| | コメント (0)

2019年2月23日 (土)

曽田本その2を読み解く5長谷川流奥居合坐業抜方5の2脛囲

曽田本その2を読み解く
5、長谷川流奥居合坐業抜方
5の2脛囲
古伝神伝流秘書
抜刀心持之事 格を放れて早く抜く也 重信流
柄留:虎一足の如く下を留て打込
参考
虎一足:左足を引き刀を逆に抜いて留め扨打込み後前に同じ
行宗先生
長谷川流奥居合抜方
坐業
脛囲:長谷川流二番に同じ
参考
長谷川流二番虎一足:左足を引き脛を囲いて切る
大江先生
長谷川流奥居合抜方
座業
脛囲:長谷川流二番目に同じ(曽田本その2に欠落している)
剣道手ほどき
虎一足:正面に座す、静かに立ちながら左足を引きて刀を抜付くと同時に膝を圍ふ、此圍は体を左向き中腰となり、横構にて受止める事、此体形にて刀を上段に冠り正面に向き坐しながら斬り下ろすなり。血拭ひ刀を納めは一番と同じ(膝を受け頭上を斬る)
剣道手ほどき脛囲:膝と刀を竪立斜として、刃を上に平に向けて、膝を囲ひ(体は中腰半身とす)体を正面に向けて、上段より斬り下す。
 古伝も行宗先生も抜けだらけです。長谷川流奥居合居業は居合膝に坐すわけですから、相手が同様に相対して座し、腰を上げ抜き付けんとするを機に我も腰を上げ、相手が我が右膝に抜き付けて来るので、刀刃を下に向け左足を引くや抜き付けると同時に相手刀を受け止める。
 この時左腰を捻って右入身(右足前)になって受ける、左足を右足に引き付け上段に冠り、座しながら右足を踏み込んで斬り下ろす。
 現代居合と違う処は無さそうですが、古伝の「刀を逆に抜いて」の文言をどの様に捉えるかが、単なる受払なのか、柄口六寸之極意を示唆するのか、柄口六寸であれば、刀を返して刃を下に向け、相手刀を受け止めるのではなく、抜き付けんとする相手の小手に下から切りあげて留める事になります。 
 古伝は相手が左足を引くとも右足を踏み込んで来るとも云っていませんが、我は「左足を引き」と有ります。
 ここは相手が右足を踏み込んで抜き付けて来るので、我は左足を引いて応じる、凄まじいものになりそうです。古伝の業名は「柄留」で「脛囲」ではありません。
 双方左足を引いたのでは間が抜けそうです。
細川義昌先生系統の梅本三男先生の居合兵法無雙神伝抜刀術より
英信流奥居合之部
柄留(抜掛らんとする者を斬る):右手を柄に掛け立上るなり左足を一歩後へ退く、同時に刀を引抜き鯉口放れ際に左腰を左へ捻り、体は正面より左向きとなる。(視線は右正面の対手に注ぐ)対手が正に抜掛らんとする刹那、其の右手へ逆に強く薙付け、体を右に捻り戻す。同時に、左膝を跪きつつ諸手上段に引冠り右足踏込んで斬込み刀を開き納め終る。
 無雙神伝抜刀術に柄留」が残っていました。細川先生も人を見て教える内容が違ったのかも知れません。この教えは細川先生から香川の剣士植田平太郎先生に伝わったのでしょう。
山蔦先生の夢想神伝流居合道より
奥伝奥居合坐業
二本目脛囲(柄留):中伝の虎一足と同じ意義のわざであるが、自分の右足へ斬り込んで来る敵の刀に応ずる動作がもっと速くなる。この心構えに中伝と異るところがある。古伝にいう柄留とは、敵が抜刀せんとするその拳に抜付けて、その動作を封じてしまうという意味のものである。
 山蔦先生は古伝をお判りだったようですが、写真では「敵の刀を叩き落とした瞬間」をのせて、あえて「柄留」とせず「虎一足」と同じとされています。夢想神伝流の権威に屈した處かも知れません。
 虎一足と脛囲の業は同じとする現代居合も否定するものではありませんが、「柄留」は明らかに違うものとして研究すべきものでしょう。
 「脛囲」では脛を囲えばいい、「柄留」は相手が抜き付けんとする「柄口六寸」右小手に斬り付けるもので、刀の操作が異なる上、形ばかりの演舞派には難しいものです。
 なぜならば、敵刀を表鎬で受け払えと指導されても、刃で受けている様な「へぼ」では抜き付けんとする瞬間をとらえる「柄留」など夢の話です。
 
 

| | コメント (0)

2019年2月22日 (金)

曽田本その2を読み解く5長谷川流奥居合座業抜方5の1霞

曽田本その2を読み解く
5、長谷川流奥居合座業抜方
5の1霞
参考
古伝神伝流秘書
抜刀心持之事(格を放れて早く抜く也 重信流)
1本目向払:向へ抜付返す刀に手を返し又払ひて打込み勝
行宗先生
長谷川流奥居合抜方
座業(奥居合には順序なしと伝へらる)
霞:抜きつけかへしてかむり切る。
大江先生
長谷川流奥居合抜方(大江正路先生、堀田捨次郎先生共著)
座業
霞(俗に撫斬りと云う:正面に座し抜き付け手を上に返し左側面水平に刀を打ち返す直に上段となりて前面を斬る、(血拭いはよく、刀は早く納める事。其刀身を鞘へ6分程早く入れ、残りは静に体の直ると共に納むるものとす、以下納めは之と同じ。 括弧内剣道手ほどきによる ミツヒラ)
 曽田本その2に、大江正路先生の長谷川流居合の横雲から真向の業が欠落しています。奥居合は座業、立業ともにありますので其の侭掲載しますが、一本目霞の様に括弧内の文章が省かれていますので、「剣道手ほどき」で補足してあります。以後すべて同様に不足分は補足します。
 古伝、行宗、大江とも抜き付けから切り返し真向切については、特に文章上の違いは見出できません。この様な業の運用は個人の思い入れが大きくなりますから詳細な運剣動作が残されて居ればその理解度が推し測れて参考になったでしょう。
 ここで、大江先生の括弧内記述で「血拭ひはよく」の文言ですが、奥居合は「血拭いはしないで納刀する」と読めるのですが、現代居合の奥居合では、しっかり「横血振り」として真向に斬り下した後に「血拭ひ」の動作が継承されています。この「剣道てほどき」の文章はほかの事を示唆しているとも思えません。
 奥居合などの横に開く「血振り」について、木村栄寿先生の「林崎抜刀術兵法夢想神傳重信流伝書集及び業手付解説」の童蒙初心之心得に恐らく、横血振りを言っていると思われる一文が見られます。
 居合道の正しい認識を得る為、転記をご容赦願います。
「血揮開き収は敵に逢ての用たる事にてはなし業の締りを付けたる事ゆえ一己一己之事成とも異ならさる様にすべし」
「開は胸を照らし腹を入れ腰を張り拳も一時に尖く開く時は拍子揃て引合よし」と横血振りの心構えを述べ「當流(長谷川英信流と思われる)は開きて息を續跡大森流に替る事なし」とあって、長谷川英信流では横血振りをする事有りと思わせるもので、大江先生の様に「血拭ヒはよく」という事にはなりそうもありません。斬りっぱなしで納刀では「業の締り」は無さそうです。
 尚中山博道先生の奥居合に就いては「居合読本」では「各種の居合を全部写真解説しやうかと思ったのであったが、余り大冊になるので、現今、最も盛んに行われている大森流と長谷川英信流とだけに止めて置いた。」として奥居合はありません。
 その反面、第三章が神道無念流、第四章が警視庁流、第五章が伯耆流居合、第六章が荒木流、第七章が陸軍戸山学校に於ける居合。奥居合は中山博道先生の公の業は不明となってしまいました。居合読本ですから居合全般を追ったのは止むおえません。結果として現今の、夢想神傳流の奥居合は、何がベースなのか不明です。
 山蔦重吉先生の夢想神伝流居合道から
 奥伝奥居合坐業一本目霞:立膝から始動し、初伝、初発刀のごとく前にいる敵に抜付け、第一の敵を倒し、ただちに右手の甲を裏返して、倒した敵の後の第二の敵の首を右側水平に斬る。さらに上段より斬下す。
 第二の敵を斬り返しで斬る、誌上の空論では容易でしょうが、一人目がどのように倒れているのかによってこれはどうなるのでしょう。たまたま邪魔にならないとしても、間が遠いので其の距離を相手が刀を抜き出す前に出来るでしょうか。切り返しによる柄口六寸の極意業の出番かも知れません。 
 細川義昌先生系統の梅本三男先生の居合兵法無雙神伝抜刀術から
 英信流奥居合之部
一本目向払:(正面に座して居る者を斬る)右手を柄に掛け刀を抜きつつ両膝を立て、腰伸びきるなり右足踏込んで(対手の右側面へ)抜付けたるも剣先が届かぬため、みぎあしより迅速に体を進めつつ、抜付けた刀が止らぬ中に直ぐ振返し、返す刀で(対手の左側面へ)斬り付け、左膝を進めつつ諸手上段に引冠り、更に右足を踏込んで斬込み、刀を開き納め終る。
 「抜付けたるも剣先が届かぬため」については、第20代河野百錬先生の大日本居合道図譜でも「第一刀を斬込みたるも不充分のため」とあって、その様に教えられてきたものでしょう。批判して居ても稽古にはなりません。
 大森流から長谷川英信流立膝を経てたどり着いた奥居合でも「剣先が届かない・不充分」などの事では、初歩の指導法が間違っているのでしょう。
 「ここぞと抜き付けるも、相手、さすがに、刀を抜く間もない、然し修行充分で上体を僅かに後ろに引き我が剣尖を見切った、我は即座に追い進んで切り返し・・」位になりたいものです。
 剣道小説の読みすぎ・・。吉川英治の宮本武蔵以外ほとんど読んだ記憶はありません。
 切り返しの斬り付け部位は、最初に抜き付けた右手の高さを其の儘に、右手を返して体を進めつつ切り返す。
 古伝も先生方も敢えて文面には、切り返しの部位は記述されていません。
 現代居合のテキストではそれなりに切り返しは左側面に斬り込みますから、腰より下に抜き付けるのが良さそうですが、のんびりやっていたのでは片手抜打ちで真向を割られそうです。
 参考に何処へ切り返しているか諸先生のテキストから上げて見ましょう。
 河野百錬先生無雙直伝英信流居合術全
 :最初右首に抜き付け左首に斬り返す
 山内豊健・谷田左一先生居合詳説
 :首を斬り右手を返し首を斬る
 河野百錬先生大日本居合道図譜
 :膝
 政岡壱實先生無雙直伝英信流地之巻
 :最初抜き付けた高さに水平
 山蔦重吉先生夢想神伝流居合道
 :倒した敵の後の第二の敵の首
 檀崎友影先生居合道教本
 :倒した敵の後方の敵の首
 平井阿字斎先生居合道秘伝
 :脛
 三谷義里先生詳解居合無双直伝英信流
 :抜き付けたそのまま刀を返し逆一文字
 福井聖山先生無雙直伝英信流居合道
 :脛
 京都山内派無雙直伝英信流居合術
 :踝下
 池田昂淳先生無雙直伝英信流居合道理合動作解説
 :向こう脛又は腰車
 池田聖昂先生無双直伝英信流居合道解説
 :脛(高脛)
 余談ですが、切り返す際の手の内について語られているのは、池田聖昂先生だけのようです。直ちに右手甲を返して・・(右柄手の掌中を緩め柄を返して刀刃を真向に向けるや之を握り締める)無雙直伝英信流居合道解説より。
*
抜き付けも、切り返しも相手の状況次第で何処へでも斬り付けられる位の稽古はして置くべきものでしょう。その上で最も有効な稽古業の部位を手に入れたいものです。

| | コメント (0)

2019年2月21日 (木)

曽田本その2を読み解く4長谷川流居合抜方4の11抜打

曽田本その2を読み解く
4、長谷川流居合抜方
4の11抜打
参考
古伝神傳流秘書
英信流居合之事
抜打:大森流の抜打と同じ事也
大森流居合之事抜打:坐して居る所を向より切て懸るを其のまゝ踏ん伸んで請け流し打込み開いて納る 尤も請流に非ず此所筆に及ばず
行宗先生
抜打(真向・止とも云う):大森流に同じ
大森流居合抜方抜打:(又は止めとも云う)正面向き両膝にて(膝頭を狭くす 曽田メモ)中腰にて抜き冠りて膝を進めながら(切り下す時膝頭を肩幅に開けば自ら進むものなり 曽田メモ)切り付け刀を開きて納刀
参考
大江先生(剣道手ほどきより)
真向:正面に向って座し、腰を伸し趾先を立て、刀を上に抜き上段となり、同体にて切る此時両膝を左右に少しく開く。
 血拭ひは其姿勢のまゝ刀を納め、伸したる腰は徐ろに正座に直り、刀の納まると同時に臀部を両足踵の上に乗せ、静に正座となる。
 刀を腰より抜取り、体前に置き礼をなし、左手に持ち適宜の所にて神殿に礼をなして退場す。
*
 古伝神傳流秘書の英信流居合の抜打は大森流居合の抜打と同じとされています。
 現代居合は「向より切て懸るを其のまゝ踏ん伸んで請け流し打込み」の想定とその対応動作が失伝して、太刀を腰に差した方向に床に水平に抜出してしまって頭上に引き上げ上段から真向に斬り付けるばかりです。
 これでは不意打ちに過ぎず、その上敵と相争う場合の心掛けも無い居合踊りとなってしまっています。
 現代居合の第22代も受け流す心持ちを説かれていますが、地区の指導者は抜いて斬るばかりです。心持ちは動作に現れなければ実現しないでしょう。
 しかし、英信流の真向を演じると、訳も解からずに、刀の刃を左に向け上に抜き上げて左肩を被う様にして上段に振り冠って相手の真向に斬り下しています。
 行宗先生や大江先生は、この抜打ちの業名を長谷川英信流は「真向」と云っています。真向だから刀を上に抜き、真っ直ぐ切り下ろす。
 抜打だから右斜めに抜き上段になる程度の認識しかなさそうです。何処かで指導不充分な時期があたのでしょう。
 真向と抜打の違いを相手を想定して考え直す必要があるでしょう。
 私は単純に、抜打は敵の害意を察して機先を制して抜き付けんとしたが、相手の抜き上げが早い為、即座に柄を上に振り上げ左肩を覆う様に抜き上げ摺り流して打込む。先後の先として現代居合の大森流抜打を演じています。従って、相手は目の前に接近していますから、敢えて飛び込み打ち下す必要はあるわけはありません。
 但し、真向打ち下しは、両膝を接近させ伸び上がる様にし両膝を開くや打ち下しています。
 真向は相手が先に抜き上げ真向に打ち込んで来るのを、踏ん伸んで刀を正中線を通して上に抜き上げ、相手が真向に打ち込んで来るや抜刀して請け流し、両膝を開きズンと斬り込んでいます。
 相手の斬り込んで来る刀を意識しなければ唯の棒抜きです。
*
 参考に中山博道先生の長谷川流抜打(居合読本より):大森流に全く同じ
大森流抜打:意義、彼我互に接近して対坐せる時不意に正面に向ひ斬り付ける動作である。
 動作、正面に向ひ正座す、彼我極めて接近しある場合を考慮せるものなるを以って抜刀に際しては成るべく右拳を前上方に向け動かしつゝ、概ね前額の前方に至らしめ、刀尖を左上膊の外側に近く移動せしめつゝ刀を頭上に振り被る(此際両膝を密接す)次で、直ちに両膝を開き刀尖が概ね地より二握り位の処に来る位に切り下ろす。
 中山先生は一方敵に抜き打つ心で実施されています、相手との間が近いので上に抜き上げであって、相手の斬り込みなどはさせない心でしょう。心得違いであっても形は古伝に相当します。
 真向を、お弟子さんの山蔦先生はどうされていたか興味が出てきました。夢想神伝流居合道から初伝の抜打と同意であるが中伝(長谷川英英信流立膝)では抜刀の動作が初伝より早く行われなくてはならない。
 意義、自分と敵は接近して向き合って、敵の害意を感知するや、すばやく抜刀して真向から斬下す。
 動作、・・両膝をそろえると同時に刀を左側で上方に抜き上げいっきに受流しにふりかむりながら左手を柄に添える、諸手で直ちに敵の真向を斬り下す。
「いっきに受流しにふりかむり」と書かれていますが、敵の機先を制して抜上げて居ますから、受け流しの形で抜上げるのでしょう。
 中山博道先生と同じ形になっています。
細川義昌系統の梅本三男先生の居合兵法無雙神伝抜刀術の長谷川流表之部抜打
 (対座している者を斬る)右手を柄に掛けるなり急に両膝を伸しつつ、刀を右斜前へ引抜き(膝が立つと同時に両足爪立て)刀尖を左後へ突込み、諸手上段に引き冠りて斬込み刀を開き納め終る。(抜打はすべて早業の事)
 大森流の抜打も英信流も同じ動作です。細川居合は行宗先生、大江先生と同門ですがブレが有るのは、教えられた時期の違いや教えられた者の力量、哲学にも左右されるものです。
 どの様に実施するかは、個々人のものですが、昇段審査や演武大会の競技では、良い成績を上げるためには、その団体の指導者の志す形に捉われざるを得ません。
 是に拘っても、其処から守破離の境地に達せなければ生涯棒振り踊に終わってしまうでしょう。
 形は真似られても、武的心持の居合にはなりません。
 守破離を求めるとすれば、一方的な抜打でも、打ち込まれて請け流すのでもなく、双方真向に相打ちとならざるを得ない場合に、居合による「合し打ち」というすさまじい刀法が存在する であろうことを忘れるわけにはいきません。

| | コメント (0)

2019年2月20日 (水)

曽田本その2を読み解く4長谷川流居合抜方4の9瀧落

曽田本その2を読み解く
4、長谷川流抜方
4の9瀧落
参考
古伝神傳流秘書
英信流居合之事
瀧落:刀の鞘と共に左の足を一拍子に出して抜て後を突き直ぐに右の足を踏込み打込ミ開納る此事は後よりこじりをおっ取りたる処也故に抜時こじりを以て当心持有り
行宗先生
後身
瀧落し:後向にて(敵鐺をとり上ぐる処を)右足を踏み出して立ち左足を進めて(柄に右手をかけて)柄を胸にとり右足を斜横に開き刀を胸にとり振り返りて(同時に抜刀を抜き出し□□間髪を入れざるよう)敵を突き其侭かむると同時に足を踏み込みて正面を斬り脛をつき納刀足を引く
参考
大江先生(剣道手ほどき)
後身の部
瀧落:後を向き、徐ろに立ちて左足を後へ、一歩引き鞘を握りたる左手を其儘膝下真直に下げ、鐺を上げ後方を顧み、右手を膝上に置き同体にて左足を出し、右手を柄に掛け胸に当て、右足を前に進むと同時に抜き、刀峯を胸部に当て、同体の儘左へ転旋して、体を後向け左足を前となし、其体の儘胸に当てたる刀を右手を伸ばし刀は刃を右横に平として突き左足をだしつゝ上段に取り、左膝を着き座しつゝ頭上を斬る、血拭ひ刀を納む。
 古伝は抜けだらけで、是では書かれていない処は想像することになりますが、現代居合の心得が無ければどんな業に成るか楽しみです。
 座して居る處、後の者が我が鐺を「押っ取りたる」ので、立ち上って、刀の鞘を左足に引き付けると共に左の足を一拍子に前方に踏み出し、鐺を上げて後ろの敵を打ち、右足を踏出し刀を抜き、左に振り向いて後ろの敵を刺突し、直に右足を踏み込み上段から真向に打ち込み開き納める。
行宗先生の瀧落は、敵が鐺を取り上に押し付けて来るので、立ち上り、右足を少し前に踏み出し直ぐに左足を右足前に踏み込んで柄を胸に引き上げ、右手を掛け、右足を右斜め前に踏み込んで同時に刀を押し下げ抜出し、間髪を入れず振り返って後ろの敵を刺突する。其の侭振り冠って右足を踏み込み正面を斬り下し同時に膝を着いて納刀。
大江先生の瀧落は、ほぼ現代居合無双直伝英信流正統会に近い物でしょう。
参考
中山博道先生(居合読本より)
瀧落:意義、敵が我が鐺を握ろうとするのを、之を避けて立ち上がったが、尚ほ追ひ迫るを以て再び之を避け、遂に抜刀して振り向きつゝ敵を突き刺し、尚ほ追撃する業である。
 動作:左手を以て刀柄を左方に開つゝ立ち上がり、左足を一歩前に踏み出すと同時に左拳が概右肩の附近に来る位まで刀を鞘の儘、抜き出し体を僅かに反らす、此際左踵は地に着かぬものとす。
 次に、右手を以て刀柄を握り右足を左足の稍々前側方に踏み着けると同時に左手にて、鞘を下方に押し下げつゝ体に近く抜刀し、刀尖が概左乳の上附近に来る如くす。此際後方から見た刀及び鞘の形は、概ね「直角」になるものとす。
 右足を軸として、後ろ向きをなしつゝ左足を少しく前方に出すと同時に刀刃を上にし、右片手にて敵を突き刺し、直ちに、刀を頭上に振り被り右足を左足の前方に踏み着けて敵を斬り側方に血振りをなしつゝ左膝を地につく以下横雲に同じ。
 鐺を握ろうとするのを二度も外す意味は鐺を取らせない事が大切で取られると振りもぐのは容易ではないからでしょう。
 外さずに取られた時はどうするのか、この手附では解りません。
 立ち上がり、左足を一歩踏み出すと同時に左拳が概右肩の附近に来る位まで刀を鞘の儘、抜き出し体を僅かに反らす、「此際左踵は地に着かぬものとす」の處は何故そうするのか、意味の有る動作ならば、読者の想像に任せるのはおかしいでしょう。
 刀の鍔から柄頭迄右肩から覗いています。その上体を反らし、踵まで上げて居ます。敵に鐺を取られていませんから此処までする必要は無さそうです。寧ろ後ろから肩越に柄を取られそうです。取らせて投げ飛ばすのでしょうか。
 後世の方が尾ひれをつけて解説されて居そうですが、敵に余計な事をさせない、シンプルさを欠いた動作はいかがなものでしょう。
 博道先生の「日本剣道と西洋剣技」の中に日本剣道型25項目目に「後方より武器を掴まれた場合」が述べられえています。
 「これを外づすには、左、右と順次に対手の逆を行くか、同時にこれを払ひ外すかの二種あるが、この外すといふことは非常に困難な業で、沢山ある抜刀各流にも、その例はまことに少ない」とやや否定的です。
細川義昌先生系統の梅本三男先生(居合兵法無雙神傳抜刀術)
瀧落:後に座して居る者を斬る)左手にて鯉口を握り立ち上り(後者が右膝を立て鐺を握り引き止る)、右足を踏出し柄を左へ突出し、左後へ振向き対手を見つつ急に左足を前へ踏越す、同時に柄を右肩の前へ引上げ右手を掛け、更に右足を前へ踏み出すなり、刀を引抜き鞘は後へ突込み、鐺で対手を突き、刀の棟を胸部へ引付け(左より)後へ向くなり左足右足と踏込み対手の胸部へ突込み、更に右足踏込みつつ諸手上段に冠り大きく斬込み刀を開き納めつつ蹲踞し左足踵上へ臀部を下すなり、右脛を引付け納め終る。
 対手の握る鐺を引き外す場面は「柄を右肩の前へ引上げ」の瞬間でしょうか。鐺が我が後方で右・更に右・右下・中で突く。
 複雑な想定程手附はシンプルで、作動中の変化に一々対応しないで完了できる業が技を生み出すと思います。
 業の進行途中でのアクシデントは予測しない事が大切で、相手を自分の動きに誘い込むことが出来ない業は業ではないでしょう。それが武術の奥義と信じています。
 

| | コメント (1)

2019年2月19日 (火)

曽田本その2を読み解く4長谷川流居合抜方4の8浪返

曽田本その2を読み解く
4、長谷川流居合抜方
4の8浪返
参考
古伝神傳流秘書
英信流居合之事
波返:鱗返に同じ後へ抜付打込み開き納める後へ廻ると脇へ廻ると計相違也
行宗先生
後身
浪返し:後向ゟ右足を軸として正面に廻り左足を引きて抜き付後同断
大江先生(剣道手ほどきより)
後身の部
浪返:後へ向き左より正面へ雨足先にて廻り、中腰となる、左足を引き、水平に抜付け上段にとり、坐しながら前面を斬るなり。血拭ひ刀納めは前と同じ。
 古伝神傳流秘書の波返では、何をどうしたらよいのか皆目わかりません。おおらかと云えばおおらか、この書き方の根本は、口伝口授を請け一人稽古できるようになった段階でポイントを覚書したと云った所でしょう。
 ですから、古伝を復元するには拠り所になる現代居合の己の修行次第によって理解の深度が決まると考えた方がいい様です。
 余計な事は言わず、シンプルに立膝で後向きに座って、振り向いて抜き付け、打ち込むと云う動作を、どうすれば出来るか自分でやって見るばかりです。
 そうすれば現代居合で習った事で良いかどうかチェックが可能になります。
 行宗先生の手附を現代居合としてやって見れば、右足を軸にすれば、左廻りで正面に向ける、其れも左足膝を床についても可能か、左膝は浮かして廻った方が良いか、両方上手くできれば最高です。
 大江先生の手附でやって見ようとすると、左廻りに「雨足先」にて廻り、と云う聞いたことも無い言葉が出てきます。爪先で廻れと云っているのでしょう。
 右足か左足か判りません、足先で廻って中腰となる、ですから両足爪先で廻るのでしょう。両足爪立てば中腰になってしまいます。廻ってから中腰では不自然です。両足爪先立ち低い体勢から左に廻りつつやや高い中腰となる、でしょう。
 抜き付けはこの流は稽古では水平の抜き付け、打ち込みは真向上段から斬り下します。
 真向打ち下しの打込みは、相手次第でしょうがこの流は立って抜き付け、斬り下しながら座すが稽古の標準の様です。
参考
中山博道先生(居合読本より)
浪返:「意義、敵が我が後方から斬り来るに対し後ろに振り向きつゝ初発刀の如く斬る業である。動作、正面に対し後ろむきに箕坐す、鱗返しの要領にて約180度左に旋廻するの外、全く鱗返しに同じである。」
 左回転ですから鱗返しの様に、右足中足骨(足裏土踏まず上の膨らみの骨)を軸に、左足膝を床から離し中足骨で廻る。左足膝を床に付けて左廻りに180度廻るのは稽古次第です。
細川義昌系統の梅本三男先生(居合兵法無雙神殿傳抜刀術より)
浪返:「(後に立って居る者を斬る)右手を柄に掛けぬきつつ腰を伸し左へくるりと廻り、正面へ向くなり立上り左足を一歩後へ退くと同時に(対手の右側側面へ)抜付け(対手倒れる)左足を右足横へ跪きつつ刀尖を左牛尾へ突込み、諸手上段に引冠り、右足踏込んで斬込み、刀を開き納め終る」
 鱗返は左側に座して居る者を斬る)でした。波返し、「後に立って居る者を斬る」是は限りなく我は不利な状況です。
 鱗返と同様の左廻りに廻り抜き付けるでは、難しそうです。相手に悟られない状況が創れるでしょうか。
 後ろに立つ役をどなたかにお願いして稽古して見たい業です。回転の動作に異論はないのですが、立膝で右足を軸にして中腰になりますと、前かがみになり、しかも相手に前屈みになった分近づき、それから立って左足を引いて横一線に抜き付けます。
 外されるか、請け留められる比率が高そうです。立膝から左爪先を立て左膝を床に着いたまま右廻りに正面に振り向き右足を踏んで後敵に抜き付ける。大森流の右に出来て立膝で出来ない理由も無いでしょう。形だけを良しとする人の前でやっても「違う!」って飛んで来るだけです。

| | コメント (0)

2019年2月18日 (月)

曽田本その2を読み解く4長谷川流居合抜方4の7鱗返

曽田本その2を読み解く
4、長谷川流居合抜方
4の7鱗返
参考
古伝神傳流秘書
長谷川流居合之事
鱗返:左脇へ廻り抜付打込み開き納る(秘書には岩波と同じ事を記しあり 口伝口授の時写し違へたるならん 曽田メモ)
行宗先生
左身
鱗返し:右向ゟ正面へ中身の構へにて抜付け冠り切る也
参考
大江先生(剣道手ほどきより)
左身の部
鱗返し:右に向き、左より廻りて正面に向ひ、中腰にて左足を引きて抜付け、此抜付けは水平とする事、上段に取り、坐しながら斬り落すなり。血拭ひ刀納は前と同じ。
 中腰は両膝を浮めて抜きつけるなり。(敵の甲手を斬る)
 古伝は「抜付打込み」とばかりで、何処に抜き付けるかも、右足を踏み込んで抜き付けるのか、左足を退いて抜き付けるのかの方法すらありません。
 行宗先生も「中身の構へにて抜付け冠り切る」ばかりで「中身」とは何かも判りません。
 恐らく中腰で低く構えて抜きつけるのでしょう。何故なら、我が左に座す敵に、座したる我は中腰に立ち上がって左に廻り抜きつける、何故中腰かは長谷川流居合の座し方は居合膝(立膝の座し方)で左廻りは、左膝が邪魔で廻りにくい、従って中腰に左膝を床から離し両足爪先で左に廻る方がスムースに運用できます。
 敵が腰を上げて仕かけようとする顔の位置を考慮すれば低い中腰(中身)がベターかも知れません。
 この際、敵との間合いは相対する間合いより近い筈です。左足を後方に退いて抜き付けるべきものでしょう。
 大江先生の動作の解説通りとなります。立膝の座し方で左廻りは、刀に手を掛けるや腰を上げ左膝を軸に左廻り正面に向くや右足を出して抜付けるのは当初違和感はあっても、左足爪先を軽くすれば容易に出来ます。但し右足を踏み込めば左脇の敵とは間が近すぎて抜付けに手心が必要です。
 そこで左足を退いて間を考慮すれば、中腰になってしまいます。そうであれば中腰で両脚先で廻るのは良いのかも知れません。
 更に、大江先生は括弧書きにこの業は「敵の甲手を斬る」と云っています。現代居合では、第22代池田先生の解説では首に抜き付けています。大江先生からですら、現代に引き継がれていない技になります。
参考
中山博道先生(居合読本より)
鱗返し:意義、大森流の左刀に同じ。動作、正面に対し右向に箕坐す。
 上体を少しく前に傾け右膝の外より右手を以て、刀柄を握り右足蹠骨部(しょこつ・せきこつ、中足骨の旧称)を軸として約90度左向きをすると同時に左足を後方に約二足長半乃至三足長踏み開き、初発刀の如く抜刀す、此際左膝は地に着かざるものとす、以下横雲に同じである。
 右足の足裏中足骨の有る所を軸として中腰になり、左足先も立て左回転する。正面位抜付ける際左足を大きく後方に退いて敵との高さを計る様です。
参考
細川義昌先生の系統梅本三男先生(居合兵法無雙神傳抜刀術より)
鱗返:(左側に座して居る者を斬る)腰を伸ばしつつ左へ廻り、正面を向くなり立上り、左足を大きく後へ退き腰を低く下げ(対手の右側面へ)抜付け、左足を右横に跪きつつ、刀尖を左後ろへ突込み右上段に引冠り更に右足を踏込んで斬込み、刀を開き納め終る。
 どの様な足捌きで正面に廻るのかは文章上見られません。文章上の「正面を向くなり立ち上がり」は、正面に向く時には腰をしっかり立てると読むべきなのでしょうか。口伝口授でしょうから其の妙は計り知れません。
 「腰を伸ばしつつ左へ廻り、正面に向くなりに立ち上り、左足を大きく後ろへ退き腰を低く下げ抜付け」の腰のアップダウンが気になります。一連の流れの中での動作として何処まで意識すべきなのでしょう。ご指導いただきたい処です。

| | コメント (1)

2019年2月17日 (日)

曾田本その2を読み解く4長谷川流居合抜方4の6岩波

曾田本その2を読み解く
4、長谷川流居合抜方
4の6岩波
参考(曽田本その1より)
古伝神傳流秘書
英信流居合之事
岩浪:左へ振り向き左の足を引刀を抜左の手切先へ添へ右の膝の外より突膝の内に引後山下風の業に同じ
行宗先生
長谷川流居合抜方
左身
岩波:右向より左足を右後ろの方に引きて正面に向くや刀を抜きて(右拳を 曽田メモ)腰にとり右足踏み出して稍切先上りに敵の胸乳の上を突き引き倒して冠り正面を切る也
参考(剣道手ほどきより)
大江先生
左身
岩波:右に向き、左足を後へ引き、刀を体前に抜き直に左手にて刀尖を押へ、右膝頭の處へ着け、左足を右足に寄せ、体を正面に直し、左手と右手とを水平として、其右足を其儘一度踏み全体を上に伸し、直に体を落とし、左膝を着き右手を差伸し、左手は刀尖を押へたる儘、伸ばして刀を斜形として敵の胸を突き、右足を右へ充分引き変へ体を右向きとし、両手にて刀を横に引き、敵を引き倒し、其姿勢にて刀を振り右肩上にかざし、上段に取ると、同時に左足を後へ引き、右足を前にて踏み変へ正面に向ひて上段より斬る。(左の敵の胸を突く)
 古伝は「左へ振り向き左の足を引刀を抜」です。
 行宗先生は「左足を右後ろに引き正面に向くや刀を抜き」
 文章に違いがあっても、ここは左向きに座して居て、左に振り向いて刀を抜く事は同じです。
 大江先生は「刀を体前に抜き・・体を正面に直し」で抜刀のタイミングがずれています。大江先生は、敵が我が柄を押さえんとするのを、右向きの儘刀を抜き出し、敵がハッと手を引っ込めるスキに刀を抜き体を左にかえして敵を刺突する様に教える、現代居合の動作になります。
曾田本その2に第20代河野百錬先生が若い頃に、曽田先生に手紙で疑問を聞き糺しています。
 「居合は本来目的よりして剣道の所謂先々の先にあらずして先又は後の先の一刀と信じますが、上意抜打は別とし(之とて上意と呼びなすと聞かる)一切敵を「ダマシ」打にする事は無之と信じますが、立膝の岩浪に於いて左に向き右足にてトンと踏みたる時敵ハッと右に振りりたる其の胸(又はのど)をさすと説くは丁度之にては「ダマシ」打の教えあり。本業の正しき解義を是非御教示の程お願申上げます。」
 これに対し曽田先生は
 「正面より我刀柄を取り押えんとするにより我先に廻り柄を右に捩じて刀を抜き敵を突くの技にして決して「ダマシ打」にあらず、当突時足を「トン」と踏むは突く力勢を添ふるもになるにより(又一説には敵我刀を押さえんする其柄を踏む心持ちありと)音をせずして突くもあること心懸くべし」
 若き日の河野百錬先生の純粋な心が伝わってきますが、軽くいなされた曽田先生も見事です。・・であらねばならない、と云う事と、「兵は詭道也」で当たり前です。決められたとおりに演ずるのを演舞と私は言っています。
 古伝神傳流秘書の岩浪は動作のみ優先して想定は自分で考えろと云う様です。現代居合が想定迄統一する事により、おおらかな発想を奪われている事に危惧を抱いています。
*
 中山博道先生の岩浪(居合読本より):意義、我が左側に接近して坐せる敵の季肋部を(上腹部で左右の肋骨下弓張部)刺突し直ちに敵を引き倒して、後、斬る業である。
 動作:正面に対し右向に箕坐す。上体を前に傾けると同時に左足を斜後方に引きつゝ抜刀し直ちには左手を刀尖に近き刀背に添へ、成るべく低く左向をなしつゝ右足を左膝附近に踏みつけ敵の季肋部を突き刺す。この時、刀は左手が刀身の中央に至る位突き出す。次に右手を以て刀を左手が刀尖附近に来る位迄引き、左膝をじくとして約90度右向をなし、右足を左膝附近に引きつゝ両手を以て、刀を引き、敵をひき倒す。この際右臂は充分伸ばすものとす。山下風に同じ。」
 博道先生は、座した方向のやや左向きに刀を抜いてから、左脇の敵に振り向いて刺突しています。大江先生と同じです。それは、抜刀時の左足を斜後方に退いている事によります。
 細川義昌先生の系統の梅本三男先生の岩浪(居合兵法無雙神傳抜刀術より)
 「・・腰を浮かしつつ前に俯き、左足を後へ退き、刀を前へ引抜き刀尖放れ際に、左膝頭をつかへ、刀尖の棟へ左手の拇指を示指で挟む様に添へ、右膝を左足に引寄せつつ、正面へ向く、同時に(刃部を下へ向け刀尖を前、柄は後、水平に)刀を右膝横へ引付け、右足を少し踏出すと共に、対手の左横腹へ突込み、刀の腰へ左手の四指を添へ、切先下へ柄頭を上へ引上げつつ右足を右後へ退き(体は再び正面より右向きとなりつつ)対手を押倒し、左膝を跪き右足を向ふへ踏出すと同時に刀尖を上より後へ振返へし、双手を向ふへ突出し、横一文字に構へ(視線は左正面の対手に注ぐ)左膝を右足に引寄せ正面へ向きつつ、右上段に振冠り、右足踏込んで斬込み、刀を開き、納め終る」
 この場合は刀を、抜いてから左に廻って敵に対する。対敵が我が柄を取りに来る、それを刀を抜いて取らせないようにする、その上で左に向いて刺突する、もう一方は、敵の害意をさっし、腰を上げ敵に振り向きつつ刀を抜く。と分かれます。何れも想定に在り得るものでしょう。但し、振り向いてから刀を抜き出すと、敵に柄頭を制されることもあり得ます。柄頭の方向は要注意です。
 ここでは、紹介してありませんが、座した斜め右に刀を抜いて左へ振り廻る抜方も行われています。
 
 



| | コメント (0)

2019年2月16日 (土)

曾田本その2を読み解く4長谷川流居合抜方4の5颪

曾田本その2を読み解く
4、長谷川流居合抜方
4の5颪
参考(曽田本その1より)
古伝神傳流秘書
英信流居合之事
山下風:右へ振り向き右の足と右の手を柄と一所にて打倒し抜付後同前但足は右足也 浮雲と足は相違也
行宗先生
右身
颪(山下、山下風):左向きゟ正面に柄頭を以て當て(柄頭にて水月、右拳にて人中に當てる 曽田メモ)右手をかけて体を左に捻りて敵の胸へ抜付け引き倒して正面(敵 曽田メモ)を切る也
参考(剣道手ほどきより)
大江先生
右身の部
颪(又山おろしとも云ふ):左向き腰を浮めて右斜に向き、柄止め、直に左へ足を摺り込み、其踵へ臀部を乗せ右斜向体となり、斜刀にて筋変へに打ち其形状にて左手は刀峯を押へ、左足を左横に変へ、刀を右へと両手を伸ばして引き、敵体を引き倒すと同時に右足を右斜へ寄せ、直に其刀を右肩上の處にかざし左足を後部に引き右足を出し、正面に向き上段となりて斬るなり。
 血拭ひ刀を納む。(敵の眼を柄にて打つ進んで胸を斬り更に頭上を斬る)
 古伝は、業名「山下風」ですが読みは「おろし」とも読んだでしょう。
 左向きに座す、我が右脇に敵が座し、我に仕掛けんとするのでしょう。右手を柄に掛け腰を上げ右に振り向くや右足で敵の刀を持つ右手を踏み付け、柄頭で敵の人中に打ち据えるのでしょう。
 打ち倒しと有りますが、次の抜き付けを考えると、打ち倒されそうになって踏ん張り逃げようとする相手の右肩に体を左に捻って抜き付け、浮雲の如く左手を刀峯へ執って右斜めへ引き倒す。
 直ちに刀を肩上にかざし、上段にて正面に直り斬り下す。血拭い納刀。
 吉宗先生も同様ですが、右足での攻撃動作が無く、柄頭で敵の水月を突き、右拳で人中を打つ、右手を柄に掛けて、刀を抜き出し、体を左に捻り敵の胸に抜き付け引き倒し同前。
* 
 大江先生は、「柄止め」の部位について不問です。堀田先生は手ほどきを受けたのでしょうか、看取り稽古だけだと、「柄止め」の位置と方法は、解らなかったと云えるかもしれません。
 大江先生の直弟子政岡壱實先生の颪によると「右脇に座した者が柄を取りに来たので、是を外しつゝ右脇迄来ている敵の眉間に柄頭を当て、退く処へ斜に抜きつけ・・。」とされています。
 中山博道先生の長谷川英信流居合(居合読本より)
 山下風:意義、右側面に坐せる敵が抜刀せんとするを取り敢えず刀柄を以てその手首を強打しヒルム所を抜刀して斬りつけ、其の殪るゝ(たおるゝ)を再び正面より胴部に向ひ斬り下す業である。
 動作、正面に対し左向きに箕坐す。左膝を軸として約90度右に向くと同時に刀に「反り」を打たせつゝ左手を以て刀を少しく前上方に出し、右足を約一歩前方に踏み着くると同時に鍔を以って敵の手を打つ・・*意義では柄を以て敵の柄手を打っています、ここでは鍔です、鍔は柄についていますね。
 ・・次に左手を以て刀を上方より敵の頭を越えて敵にふれない心持ちで右に旋回し、左拳を概ね右腰の附近より旧帯刀の位置に復しつゝ、右拳で刀柄を握り左膝右足尖を軸として左足を右に旋廻して、右足の後方に至らせ、腰を左に捻りつゝ抜刀して敵の胸に斬りつく。
 直ちに左膝及び右足尖を軸として左足を約90度左に旋廻して、左手を刀尖に近き刀背に当て右足を左膝附近に引き着け刀を右後ろに引きつゝ敵を切り倒す(刀を引く時身体に触れない様に注意するを要す)其の位置に於いて右拳を以て刀を反転し右足を約一歩前方に踏み出しつゝ左手を添へ、右足尖を軸として、左足を約90度右に旋廻し、概ね正面に向く間に全く刀を頭上に握り被り直に斬り下す。以下横雲に同じ。」
 現在の夢想神傳流の山下風との違いは「右足裏で敵の左股上と左手を踏み付けると共に刀を裏返したまま柄頭で敵の右手甲を打」動作ではない。大きな違いでしょう。
参考(居合兵法無雙神傳抜刀術より)
 細川義昌先生系統の梅本三男先生の山下風:「・・腰を伸しつゝ右膝を立て、体を右へ廻し正面へ向くなり、右足を引き付けると同時に柄を右胸上部へ引き上げ、右手を柄に逆手に掛け右足を踏出すと共に鍔にて対手の左横顔を打ち直ぐ右足を退き寄せる。
 同時に鯉口を腹部へ引付け、刀を右真横へ引抜き (切先き放れ際に)左膝を左へ捻り正面より左向きとなり、対手の胸元へ(切先き上りに手元下りに)斜に抜付け、更に体を右へ捻り戻しつゝ刀の腰に左手の四指を添へ刀尖を下へ柄頭を後上へ引き上げ体を右へ廻しつゝ対手の体を押し倒すなり、(正面より右向きとなり)左足を跪き刀尖を(上より)後へ振返し、右足踏出すと共に双手を向ふへ突出し横一文字に構へ(視線は左正面の対敵に注ぐ)、左膝を右足へ引寄せつつ諸手上段に振冠り、右足を正面へ踏出し(胴体へ)斬込み、刀を開き納め終る」
*
 「右手を柄に逆手に掛け右足を踏出すと共に鍔にて対手の左横顔を打ち」でまたまた、異なる手法が繰り出されました。
 この颪も、複雑な想定により幾つもの動作が生み出されたのでしょう。
 現在の無双直伝英信流正当会では、「我と同じ方向を向きて我の右側に、座し居たる敵が、腰を上げ一歩前に出て振り返りざま 、我が柄を取らんとし来るを、我れ腰を上げると共に左方に柄を逃がし、敵手を外し直ちに柄頭を以って敵の顔面人中(眉間)に打ち当て、敵退かんとする処を其の胸部に斬り込み右に引き倒して(押し倒して)、上段より敵胴を両断して勝つ意也(第22代池田聖昂先生著無雙直伝英信流居合道解説より)」
 敵が我が柄を取らんと手を伸ばして来る、それを逃がして、敵人中に柄当てする。と云う想定です。
 浮雲にしても颪にしても、想定を明確にして業を稽古し、いたずらに複雑にすべきものでは無いと思います。やるべき事を最も単純に修錬すれば、相手は我に逆らう余裕は無くなるものです。
 
 

| | コメント (0)

2019年2月15日 (金)

曾田本その2を読み解く4長谷川流居合抜方4の4浮雲

曾田本その2を読み解く
4、長谷川流居合抜方
4の4浮雲
参考(曽田本その1より)
古伝神傳流秘書
英信流居合
浮雲:右へ振り向き足を踏みもぢ彳腰をひねる抜付左の手を添へて敵を突倒す心にて右の足上拍子に刀をすねへ引切先を後へはね扨上へ冠り膝の外へ打込み後同前又刀を引て切先を後へはねずして取りて打込む事も有
行宗先生
右身
浮雲:左向に座し左足を少し引き立ち同時に柄を左手にて下横にとり更に(正面に向き直ると同時に柄をとり 曽田補足)左足を右足に搦みて抜きつけ(左に体をひねりて抜く 曽田補足)中腰となる此の時左手を刀峯に添へ引き倒して左膝外に正面を切るなり
参考(剣道手ほどきより)
大江先生
右身の部
浮雲:左向き静かに立ち、中腰となりて左足を後へ引き、刀を左手にて左横に開き、右手を頭上に乗せて力を入れる、其開きたる状態より左足を右足前方へ一文字となし刀は柄を右手に握り、胸に当て右の下へ抜きつゝ体を右へ廻し、刀尖の三寸残りし時、刀を一文字の儘体は中腰となり右横より左へひねり正面に向け抜付け、折り返して打ち、左手の内にて刀峯を押へ伸ばし右手は弓張とし、右左を右斜へ引き、其膝をつき、敵を引き倒し、直に刀を肩上にてかざし、上段にて正面に直り左斜を斬る、此時膝頭外にて両手を止む、血拭ひ刀を納む。(敵三人並び一人の敵を置き先の敵を斬る時)
 古伝の浮雲は抜けだらけで、現代居合を思い浮かべながら勝負しているようなものです。現代の浮雲の動作と当てはまっている様です。
 吉宗先生も、抜けだらけですが古伝が出来れば問題ない様です。「刀峯に添へ引き倒して左膝外に正面を切るなり」の「正面を切る」ですから引き倒すのであって右に引き廻さなければ充分正面に倒した敵を切れるでしょう。
 大江先生の長谷川流居合は奥居合で横雲から抜打(真向)が曽田本その2から抜けていて曽田先生の批判が見られないのは残念です。
 従って長谷川流の横雲から真向迄は、大江・堀田共著の「剣道手ほどき」に依り手附解説します。
 正直言って大江先生の手附は読みづらい。この浮雲は敵が我にどの様に仕掛けて来たのか古伝も行宗先生も大江先生も語って居ません。
 右身浮雲の業名によって、敵は我が右側に座して居る、其処で我は場の正面左向きに座すのだと判断します。
 敵は長谷川流(英信流)の場合一人が原則の様ですが、長谷川流でも奥居合である古伝抜刀心持之事では複数も存在します。
 それにも関わらず、大江先生は手附の終りに括弧書きして「(敵三人並び一人の敵を置き先の敵を斬る時)」と後書きしています。
 この文章も、このまま読めば敵三人と我でその場に4人いる様な文章にしか読めません。
 と云う事で大江先生の手附は、信頼性が無い様に思います。
 その上、浮雲の動作はどう見ても、右側の敵が仕掛けて来たのでそれに応じただけで他の敵に対する配慮などみあたりません。
 当然古伝も行宗先生の浮雲も敵は右脇に一人と思えます。
 大江先生の浮雲で、敵が仕掛けて来たので、敵を見ながら中腰に立ち上がって左足を後に引き、刀を左横に開く、右半身になっていますから柄頭は差した状況から稍々左に開くでしょう。
 敵が柄を制止に来たのを外した所に相当します。
 そこで「右手を頭上に乗せ、力を入れる」この動作の意味は、柄を取り逃がした敵が右手を取ろうとするから、とかいう人も居る様ですが、私なら右足に取り付き引き倒します。
 替え業は如何様にあるとも「剣道手ほどき」に正規の手附として乗せるべきものでは無いでしょう。
 次に左へ柄を逃がした後左足を右足の前に「一文字となす」は爪先左向きの右足の前に左足を敵に向けて踏み込むことになります。敵は右脇すぐそばですから踏み込みはここまでです。
 是により、我が身は右身から左身に反転し同時に柄を右胸に引き付け右手柄に掛け、敵に向かって刀を抜きつつ更に右に腰をひねる。
 「刀尖の三寸残りし時、刀を一文字の儘体は中腰となり」は、右胸に引き付けた柄を上に抜き上げ切先三寸迄抜て鞘と刀刃が一文字になった時、体を低く中腰に下げ、左へ腰を捻って正面に(敵に)抜きつける。
 更にもう一度、打ち返す二度切の意味も、説明の無いもので、一度目が浅いとか相手の手を切っただけとか勝手に推測すればいいでしょう。是も一度の斬り付けで充分な稽古をすべきで、二度打ちする様なへぼは意味がありません。古伝も行宗先生も「抜付」です。
 跡は左手を刀の峯に添えて右足の方に退き倒し、上段に冠って左足膝外に倒れた敵を斬って居ます。
 この堀田捨次郎先生の手附は大江先生の演武を見て書かれたのでしょう。恐らく替え業か何かの演武であったと思われます。
 大江先生が不明瞭な「敵三人」の攻防により、直弟子だった政岡先生の浮雲などでは、柄を取りに来る敵以外にも仕事をしてもらい、仲裁に立つとか、逃げるとか、知らんふりしているとかの動作を解説されています。
参考(居合読本より)
中山博道先生の浮雲:「意義、右側面に坐せる敵が我が刀柄を握ろうとするのを避けつゝ立ち上がり抜刀と同時に斬り着け敵の倒るゝに乗じ胴部を斬る業である。」
 敵は右側一人です。
参考(居合兵法無雙神傳抜刀術より)
 細川義昌系統の梅本三男先生の浮雲:)「(右側に座して居る者を斬る)正面より左向き居合膝に坐し、例により左手を鯉口に執り立ち上がり柄諸共左足を前に踏出し(視線は右正面の対手に注ぐ)。
 体を右へ廻し正面へ向きつつ柄を上げ対手の頭上を越さすようにして、刀を前腹へ横たへると同時に左足の裏を上に向け右足の前を超えさせ、足を交叉し柄頭を左右へ割り、腰を下げ刀を右真横へ引抜き切先き放れ際に体を左へ捻り、正面より左向きとなりつつ対手の胸元へ斜に(切先き上りに、手元下りに)抜付け。
 体を右へ捻り戻しつつ刀の腰に左手の四指を添へ、体は正面より右向きとなりながら、刀尖を下げ柄頭を右後へ引上げ対手の体を押倒すなり。
 右膝を跪き刀尖を上より後へ振り返し、双手を向ふへ突出し、横一文字に構へ(視線は正面の対手に注ぐ)右膝を正面へ進ませつつ、左上段に振冠り、左膝を踏出し其脛を少し右へ倒し左脛の外側へ(胴体に)斬り込み刀を開き納め終る。」
 この場合は、我が右に敵は一人でしょう。相手の状況は不明ですから一方的な攻撃でしょうか、相手が柄を取りに来たならば外す動作が欲しいのですが「立ち上がり柄諸共左足を前に踏出し」ています。
 相手が仕掛けんとするに先んじて立ち上がって前に出る、相手に向き直りつつ柄を上げ、相手の頭を越して、柄を左に横たえながら抜き出し同時に左足を右足の右に踏んで交叉させ、右真横へ引き抜きざま体を左に捻って「正面より左向きとな」って切先上がりに「相手の胸元へ」斬り付ける。
 「体を右へ捻り戻しつつ」左手を刀の腰に添へ、刀尖を下げて右後ろへ押し倒す。「右膝を跪き刀尖を上より後へ振り返し、双手を正面に突き出し、横一文字に構へ」左上段になって・・。
 体の向きがクルクル状況に応じて変わるので動作が其の都度止まり「えっ、えっ」て言いながらどうにか演じて見ました。
 文章にすると、大変判りずらいのが動作でしょう。かと言って動画では演じる人が文章通りにできなかったり、癖が強調されたりやっかいです。
 長谷川英信流の業のうち「浮雲」は複雑すぎる動作を要求していますが、これ等を元に古伝の簡略な手附に近付ける稽古をすべきかもしれません。
 相手次第に変化するのはどの業でも同じ事ですから仮想敵の動きに惑わされない技の習得が大切なのでしょう。
 
 
 
 

| | コメント (0)

2019年2月14日 (木)

曾田本その2を読み解く4長谷川流居合抜方4の3稲妻

曾田本その2を読み解く
4、長谷川流居合抜方
4の3稲妻
参考(曽田本その1より)
古伝神傳流秘書
英信流居合之事
稲妻:左足を引き敵の切て懸る拳を払ふて打込み後同断
行宗先生
向身
稲妻:左足を引き(横(□)上に)中身に抜き付冠りて切る
参考(剣道手ほどきより)
大江先生
稲妻:正面に座し、右足を少しく立てながら左足を後へ引き、両膝を浮めて稍左斜へ斬付け、姿勢の儘上段に取り其体より両膝を板の間に着けて斬り落すなり、血拭ひ刀を納むるは一と同じ。抜付けは刀尖を高くするを宜とす。(敵の甲手及頭上を斬る)
 古伝は、「敵の切って懸かる拳を払う」と明確です。
 行宗先生は何処を斬るのか、文章が読み取れる状況にありません。「中身」とは何でしょう。恐らく中腰で下から抜き付けるのでしょう。
 大江先生は、中腰で敵の「甲手及頭上を斬る」ですから、右甲手を斬り頭まで斬り抜けと云うのでしょう。
 抜き付けた姿勢、右足前左足後の抜き付けた姿勢の儘、上段に振り冠って、上段のまま「両膝を板の間に着け」、前後に開いた両足膝は板の間に着けられません。
 左膝を右足に引き付け右足を踏み込み敵に斬り込む、あるいは、抜き付けた姿勢のまま上段に振り冠って左膝を床に付けて座しながら斬り下すとなるでしょう。
中山博道先生(居合読本より)
稲妻:「意義、前方から斬って来る敵の起り頭を乗じ其前臂を斬る業である。
 動作、正面に向い箕坐す。右足を左足に引きつけ左足を一足ひきつゝ中腰の侭で抜刀して敵の前臂を切り(大森流の勢中刀を参照)左足を右足に引きつけつゝ刀を頭上に振り被り右足を前に踏みつけて正面を斬る。以下前に同じ。」
 「敵の前臂を斬る」の前臂は右手、左手どちらでしょう。相手上段では、我に向かって一番近いのは相手の左臂でしょう。
 上段に斬って来るならば両肘を斬る事になります。二刀目は左足を右足に引きつけつゝ、上段に振り冠って右足を踏み込んで立ったまま真向に斬り下す。
 立ったままか座しながら斬り下すかは、古伝にうたわれていないので状況次第で良いのでしょう。
細川義昌先生系統の梅本三男先生(居合兵法無雙神傳抜刀術より)
稲妻:「(正面に座して居る者を斬る)正面に向ひ居合膝に座し、例により鯉口を切り、右手を柄に掛け抜きつつ立上り、右足を踏(或は立上り左足を退きてもよし、対手の右側面へ)抜附け、左膝を右足横へ跪きつゝ、刀尖を左後へ突込み、諸手上段に引冠り、更に右足踏込んで
斬込み刀を開き納め終る」
 敵との間次第で右足を踏み込んでも、左足を退いても良い、という応じ方でしょう。座しつつ上段から右足踏み込んで斬り込んでいます。(正面に座して居る者を斬る)という稲妻の意義の文言は気になります。彼我の入れ替わりかな、それとも相手も我同様に座している、相手が腰を上げ立ち上がりつつ刀を上に抜き上げて斬り込んで来るのを、我も抜きつつ立ち上がり間が遠ければ右足を踏み込み、近ければ左足を引いて相手の右側面へ抜き付ける。
 相手の右側面とはどこか・・?。古伝は「拳を払う」

| | コメント (0)

2019年2月13日 (水)

曾田本その2を読み解く4長谷川流居合抜方4の2虎一足

曾田本その2を読み解く
4、長谷川流居合抜方
4の2虎一足
参考
古伝神傳流秘書
英信流居合之事
虎一足:左足を引き刀を逆に抜て留め扨打込み後前に同じ
行宗先生
向身
虎一足:左足を引き右脛を囲いて切る
参考(剣道手ほどき)
大江先生
虎一足:正面に坐す、静かに立ちながら左足を引きて刀を抜付くと同時に膝を圍ふ、此圍は体を左向き中腰となり、横構にて受止める事、此体形にて刀を上段に冠り正面に向き坐しながら斬り下すなり。血拭ひ納めは一番と同じ(膝を受け頭上を斬る)
 虎一足の古伝の抜けは行宗、大江両先生によって補われて動作が出来ました。然し古伝の抜けは、脛囲いでいいのでしょうか。
 「左足を引き刀を逆に抜て留め」が何を意味するのでしょう。
 「柄口6寸」の教えがあるとすれば、相対する敵が、同様に座して向い合い、居合膝に坐す我が右脛へ抜き付けるでしょうか。
 確かに右脛は我が体の中で前の方にある目標物の一つですが、敵は脛よりも右腕上膊部、首、の右側面に一刀のもとに抜き付ける事を横雲で身に着けています。
 その抜き付けに我は「刀(刃)を逆にして下から抜き上げて、敵の「柄口6寸」に、左足を引くや抜き付け、刀を返して上段に振り冠り左膝を右足踵に引き付け、逃げる敵に右足を踏み込んで座しながら真甲に打ち込む。或は左足を右足に引き付けるや逃げんとする敵に八相に斬り付ける。
 現代居合は脛囲いですから、敵の右脛への抜き付けを左足を引くや右足膝前右横で受け止め、踏み込んで斬り下すとなるでしょう。
 敵は、起こりを見せずに我が右足脛に抜き付けるわけで、相当の稽古が必要です。詰合之位が始まるまでに充分に稽古しておかなければなりません。
 谷村亀之丞自雄先生の英信流目録は紛失した部分が多く大森流以外の居合は見当たらず残念です。
 中山博道先生の虎一足:「意義、敵が前方から我が右臂(ひじ)を斬って来るのを抜刀して之を受け、敵の退くに乗じ正面に向ひ斬る業である。
 動作、正面に向ひ箕坐す、刀柄を上から握り、半ば刀を抜きつゝ左足を後方に踏み開き、刀を右足の側方に刀刃を前方にして敵の斬りつける刀を払ひ受け、刀を頭上に振り被りつゝ左足を右足に引きつけ、右足を僅かに前方に踏みつけて正面を斬り直ちに血振りをする。以下同じ。」
 博道先生のポイントの一つは「刀柄を上から握り」にあるようです。刀刃が右斜め前に向いて受けている先生はここの意味が理解出来ていない様です。
 博道先生「右足の側方に刀刃を前方にして・・払い受け」しています。刀を手の内で操作できませんと形ばかりで業の術が決まらないのです。
 細川義昌先生の系統梅本三男先生の虎一足:(向脛に薙付け来る者を斬る)、・・・右手を柄に掛けるなり立上り、左足を一歩後へ退く。同時に刀を引抜き(刀尖放れ際に)左腰を左後へ捻り、体が左向きとなるなり(対手が向脛へ薙付け来る)差表の鎬にて強く張受に受止め、左膝を右足横へ跪きつつ、右諸手上段に引冠り、更に右足踏込んで斬込み、刀を開き、納め終る。」
 この「張受」は博道居合とそっくりで「差表の鎬」で受けますと、刀刃は正面向き敵に向くはずです。
 虎一足は、敵の斬り込んで来る刀を請け止めるのか「柄口6寸」に飛躍出来て夢想神傳英信流居合兵法になれるのかも知れません。
 この業を相手を設けて稽古し、詰合を稽古すれば、詰合の「・・相手左の足を引下へ抜付るを我も左足を引て虎一足の如く抜て留め・・」ができるでしょう。双方の中央で刀を結び合う相打ちの詰合など何回稽古しても意味は無さそうです。
 
 

| | コメント (0)

2019年2月12日 (火)

曾田本その2を読み解く4長谷川流居合抜方4の1横雲

曾田本その2を読み解く
4、長谷川流居合抜方
4の1横雲
原文
行宗先生
向身
横雲:正面に座シ抜キ付ケ冠リテ切ル血拭(振)ハ刀を横二開キテ納刀踏ミ出シタル足ヲ引キテ蹲踞ノ姿勢トナルヘシ但シウキタル膝ハ其ノ侭也
読み
横雲:正面に座し抜き付け冠りて切る血拭いは刀を横に開きて納刀踏み出したる足を引きて蹲踞の姿勢と夏べし、但し浮きたる膝は其の侭也。
 正面に向いて坐すのですが座し方は現在の様に左膝を着き左足踵に臀部を乗せ、右足膝は立てた体構えの休息姿勢であったかは何処にも記述されたものはありません。口伝口授により長谷川英信流は、かくあるべしと伝承されたと思われます。
 無双直伝英信流の各派によって教えはまちまちで、左足は膝を着き、右足は膝を立てた座し方が似て居るばかりです。
 昔の護衛者の絵で見れば、左膝を着き爪先立ち腰を上げ、右足は足裏を地について膝を立てた姿です。
* 
 故行宗貞義先生記録写長谷川流横雲では「敵ノ拳へ抜付(二星ヲ勝ツ故二拳ナリ)」と抜きつけは拳へ抜き付けるのだとありましたが、さてそれらしき動作は特定されていません。
 長谷川英信の時代は江戸前期後半から中期辺りでしょう。既に武士の城中での作法は胡坐から正坐に変わり始めています。
 刀も腰に吊るのではなく、腰帯に差す打ち刀になり、刀の長さにも制限が設けられ太刀で刃渡り2尺3寸5分、脇差は1尺5寸となっています。
 林崎甚助重信の開眼した居合兵法に変化を要求されている時代です。土佐の居合の根元之巻にある「柄口6寸」の極意は改変されて消失した可能性は非常に高いものです。
 古伝神傳流秘書英信流居合之事には、書き出しに「是は、重信翁より段々相傳の居合然るものを最初にすべき筈なれども先ず大森流は初心の者覚え易き故に是を先にすると云えり」と有るだけです。このまま読めば「英信流は重信翁から段々に相伝されてきたものだからこれを最初から学ぶべきものだが、大森流は初心者に覚え易いから大森流から先ず稽古する」と云う風に捉えられます。
 そうであれば、英信流は重信翁の極意「柄口6寸」による敵の拳に抜き付ける極意の仕草が手附けに語られても良さそうですが、そうはなっていないのです。それとも文章の奥に隠れていると見るべきなのでしょうか。
古伝神傳流秘書
 曾田本その1から引用します。
 英信流居合之事「横雲」:右足を向へ踏出し抜付打込み開き足を引て先に坐したる通りにして納める」
 是だけです、先ず如何様に座すかが語られていない、抜付の部位は何処か、どの様に抜きつけるか解らない、打込みは敵の真向なのか判らない、「開き」は多分横に開く血振りと思われるがそれで良いのか、納刀後の姿勢は「先に坐したる通り」と云われても、先の座した姿が示されていない。こんな解らないずくしです。
 それでは前に進めないので、この居合も変化し続けているだろうが、初めに習う事は概ね正しく伝承しているだろうと思い、現代居合の教えを其の侭取り込んで稽古して見る以外に方法は無いのです。
参考(剣道手ほどき)
大江正路(おおえまさじ)
曾田本その2には大江先生の、長谷川流居合の横雲以下抜打(真向)は記述が無く、長谷川流奥居合となります。ここでは参考の為、大江・堀田共著の「剣道手ほどき」から引用します。
 長谷川流居合(抜方と順序)横雲:正面に座して刀を右へ静かに抜きつゝ、三寸残りし時右足を出し、刀尖を抜付け、其の姿勢にて上段にて真直に前方を斬る血拭ひ刀を納む(敵の首を斬る)。
中山博道先生(居合読本より)
 長谷川英信流居合横雲:大森流との違いは坐法と血振り、血振りは斬り下し次に左手を放ち腰に当てつゝ右拳を右に開き刀刃を斜右下に向かわしむ。
 坐法は箕座(きざ 跪坐)左足上に臀部を託し、右足は足全体を地に付けることなく、小趾(小指)の側だけで附け右膝を僅かに挙げて坐る。
 正面に向い箕坐す、右足を僅か前方に踏み出し大森流の初発刀と同様に抜刀して直ちに頭上に振りかぶり、敵を斬り下ろし、直ちに陰陽進退の最初の血振り(横血振り)をなし、刀を納めつゝ右足を左足に引き付けて蹲踞し、後、徐か(しずか)に立ち上がる。
 初発刀の抜き付けは、敵の眼の附近を横薙ぎに切り付け、相抜の場合は敵の抜付けし拳に切り込む。
 博道先生の教えに拳への抜き付けは相抜の場合とあります、このに「柄口6寸」の教えが伝承されたのか、神道無念流以来の教えか定かではありませんが見えています。
 相抜の場合の拳への抜き付けは、敵刀が鞘を離れる前に、先んじて拳への抜き付けが出来なければ難しいものです。
 この博道横雲は、初発刀と同じ右足を踏み込むと解しますが、その後の夢想神傳流では左足を爪立て後方に退いて抜き付けています。
 

| | コメント (0)

2019年2月11日 (月)

曾田本その2を読み解く3大森流居合抜方3の12血振仕方

曾田本その2を読み解く
3、大森流居合抜方
3の12血振仕方
古伝神傳流秘書
血震:記載なし
行宗先生
血振仕方:斬り込みたる後左手を腰にとると同時に、右手肘を45度に開きながら曲げ手首を巻き込む心持にて、拳を右耳上に止め横下共45度位に刀を振り下ぐる也(拳を耳にとって立ち振りたる時足を揃ふ)
大江先生
血拭い:打ち下しの形状より左手は鯉口を握り右手は右横に弓張形に開き第二関節を自然に折り頭の右横に拳を着けて刀をかざす、頭上にかざしたる刀は頭上より斜下へ旋回して下す。この時後の左足は尤も軽く右足に揃へ上体を稍前面に屈む
 血振りの形は文章では判りずらい様です。古伝神傳流秘書には血震の字があてられています。
 細川家から出た「童蒙初心之心得」という初心者への心得を書いたものが木村栄寿先生の「林崎抜刀術兵法夢想神傳重信流伝書集及び業手付解説」に解説されています。この居合文化伝承の為借用させていただきます。
 血揮(ちふるい):血揮開き収は敵に逢ての用たる事にてはなし業の締りを付たる事ゆへ一己一己の事成共異ならざる様にすへし
 血揮は握りをゆるめ大指と一差指と弐本にて肩へ取て人差指より高々指を次第次第に締め臂を張時は自然と太刀先圓くおりる也跡足前へ揃えたる時は体屈ます延きらす少し前へかゝるべし
 この血振の解説は第22代池田先生の無双直伝英信流居合道解説が最も詳しいと思われます。特に振り下した剣先の位置は見事です。
 「血振いしたる刀の剣先は右に披き過ぎず,亦、左方内に向かい過ぎざる事が大切であって、剣先は倒したる敵の中心に向かい、残心と敵発動に応じる気大切である。
 剣先は右足先の前60cm(二尺位)で、その点より右外約30cm(約一尺)位にあるを良しとする。(之では剣先は倒した敵に向かいません、そこで剣先は右足爪先前方線上でしょう)
正面より見て右腕と刀は「く」の字を描き、側面より観て右腕と刀棟とが一直線にある事。
 血振の意義は河野先生は「刀に付着せし血を振い落すの意。」
 中山博道先生は「血は直ぐ凝固し易いので、斬ったなら直ちに刀から振い落すか、流し下すか、拭き取る必要がある、血の付着したまゝで鞘に納めると鞘の中で血が凝固して錆びついて、抜けなくなるのみでなく、刀を汚損するのである。」と云っています。
 この事よりも、先の童蒙初心之心得にある「業の締りを付けた」という方が、残心の意に適切だろうと思います。

| | コメント (0)

2019年2月10日 (日)

曾田本その2を読み解く3大森流居合抜方3の11抜打

曾田本その2を読み解く
3、大森流居合抜方
3の11抜打
古伝神傳流秘書
抜打:座して居る所を向より切て懸るを其のまゝ踏ん伸んで請流し打込み開いて納る 尤も請流に非ず此の所筆に及ばず
行宗先生
抜打(又は止めとも云う):正面向き両膝にて(膝頭を狭くす 曽田メモ)中腰にて抜き冠りて(切り下す時膝頭を肩幅に開けば自ら進むものなり 曽田メモ)膝を進めながら切り付け刀を開きて納刀
大江先生
抜き打ち:正面に座す、対坐にて前の敵を斬る心組みにて其正座の儘刀を前より頭上に抜き、上段に冠り、身体を前に少しく出し、前面の頭上を斬る。血拭ひは中腰の同体にて刀を納む。
 古伝は「座して居る所を向より切て懸かるを其のまゝ踏ん伸んで請流し」と云って、攻防の状況を明確に云っています。行宗先生も大江先生も抜打の形ばかりの解説です。
 現代居合で河野百錬先生は「大日本居合道図譜」で抜打の解説では「腰を上げ乍ら刀刃を少し外向け右斜め前にスット物打辺りまで抜き出す。右拳を上に上げつつ抜きとり剣先は下げて左肩側より体を囲う様に把り(敵斬込むとも之を受流す心)て上段・・」と云っています。是では「敵斬込むとも」であって古伝は「「向うより切て懸るを」とは全く違います。
 斬り込まれる事を想定しておく稽古と、斬り込まれた時に応じる稽古の違いでしょう。無双直伝英信流正統会の抜打は安易な捉え方が多すぎる様です。
 大江先生直伝と云う山内豊健・谷田左一先生の図解居合詳説の抜き打ちはもっとひどい「目的 敵と接近して相対座して居る場合、不意に敵の正面に斬り付ける動作である」。
 山内豊健先生の居合を引き継ぐ京都山内派無双直伝英信流居合術の抜打「彼正面に切り来るを左に受け流して敵の真向に打ち下して仕止む」となって、古伝の思いがダイレクトに伝わってきます。
 あの共著は何だったのかと首を捻っています。共著とか監修する際自分の思いと違う場合は明確に述べるべきでしょうね。
 大江先生の居合も「剣道手ほどき」が堀田捨次郎先生の書かれたもので名ばかりの共著監修者だったと思います。大江居合は教え子によって違っていたとも聞くし、指導を受けた者の受け取れる力量にも違いがあったでしょう。何時も同じが全てでは無いし、生きてる間は進化していくのが武術の筈です。
 細川義昌先生系統の梅本三男先生の抜打「対座して居る者を斬る 正面に向ひ正座し、静かに左手にて鯉口を切り、右手を柄に掛けるなり、急に両膝を立て(両爪先立てる)同時に刀を右前へ引抜き刀尖を左後へ突込み諸手上段に引冠りて斬込み、刀を開き納め・・」居合心は伝わりにくいのでしょうか。
 細川義昌先生に指導を受けたという中山博道先生の抜打「敵と接近して相対して居る場合、不意に敵の正面に斬り付ける動作である ・・上体を稍々前方に屈し、刀を前から抜き上体を起こすと同時に、刀が鞘から全く離れて上段に冠る・・」
 中山博道先生は大正11年に無双直伝英信流谷村派第16代五藤孫兵衛の弟子森本兎身より免許皆伝を受けたという、細川居合は殆ど習っていないと思われます。森本兎身より細川義昌の方が格が上と夢想神傳流の方達が作り上げた話でなければいいのですが、ここでは業の根本を語りたいと思います。
 大江先生の直弟子だった政岡壱實先生の抜打(抜刀)「正座して対座せる者の殺意を感じて真向から切る動作・両手を同時に刀にかけつつ膝頭を合せ腰を浮かせ足先をたて(抜刀に必要な最小限に腰を浮かす)両踵の上に臀を軽くのせる。この間に刀を上に受流す気持ちで小さく抜き左手を添えつつふりかぶる。・・。」
 殺意を感じて先んじて斬る、と、しか読めないのですが、斬り込まれて請流して斬るとは違います。
 この抜打は大森流居合の最後にある業です。
 大森流が真陰流の大森六郎左衛門からの伝承であれば、新陰流の系統でしょう上泉伊勢守信綱の剣術心が組み込まれている筈です。
 活人剣の教えが組み込まれているとすれば、「懸は懸にあらず、待は待にあらず。懸は意待に在り、待は意懸に在り」と、敵の心の動きを我が内に持ち待つ、とでもいう処でしょう。
 曽田本その1の「居合心持肝要之大事 居合心立合之大事」に「敵と立合とやせんかくやせんと巧む事甚だ嫌う、況や敵を見こなし彼がかく打出すべし其の所を此の如くして勝たん抔とたのむ事甚だ悪し、先ず我が身を敵の土壇ときわめ何心なく出べし、敵打出す所にちらりと気移りて勝事なり、常の稽古にも思い案じ巧む事を嫌う、能々此の念を去り修行する事肝要中の肝要也」
 さて、抜打は、一方的に抜打ちすれば相手が優れていれば受流されて斬られてしまいます。懸待表裏の活人剣以外に勝は無さそうです。
 
 

| | コメント (0)

2019年2月 9日 (土)

曾田本その2を読み解く3大森流居合抜方3の10虎乱刀

曾田本その2を読み解く
3、大森流居合抜方
3の10虎乱刀
古伝神傳流秘書
虎乱刀:是は立事(業 ?)也幾足も走り行く内に右足にて打込み血震し納るなり但し膝をつけす
行宗先生
追懸(追風 大江派)(乱刀山川久蔵先生の伝書には虎乱刀とある:走りながら抜き付け左足を踏み込み冠り右足を踏み込み切る血振ひ立ちたるまゝ納刀
大江先生
追風:直立体にて正面に向ひ、上体を稍前に屈し、刀の柄を右手に持ち、敵を追い懸ける心持にて髄意前方に走り出で、右足の出でたる時、刀を首に抜付け、直に左足を摺り込み出して上段に冠り、右足を摺り込み左足は追足にて前面を頭上直立体にて斬り。刀尖を敵の頭上にて止める、血拭ひは右足を引き中腰のまゝ刀を納む。
 まず、これだけ業名が違うとは何か理由があるのでしょうか。大江先生の場合は第三者の圧力があったかもしれません。
 行宗先生、大江先生とも走り込んで抜付け・打込みしています。古伝の文言の抜けを補足すれば「右足にて抜付け、左足を踏込み上段となり右足を踏込み打込み血震し納る」となります。
* 
 細川昌義系統の梅本三男先生は「虎乱刀」:正面へ向ひ、立歩みつゝ右足踏出しながら鯉口を切り、左足踏出しつゝ右手を柄に掛け、更に右足踏込んで(対敵左側面へ)抜き付けたるも剣先が届かぬため、直ぐ左足を踏込みつつ諸手上段に引冠り、更に又、右足踏込んで斬り込み血振ひして(立身のまま)刀を納め終る。
 業の動作は梅本先生の抜きつけ失敗は何を意味するのでしょうか、古伝の「右足にて打込み血震し」という打込みとは抜付けとは違って上から斬り下ろす場合の古伝の表現です、古伝は打込みだけで抜きつけは省略しているかもしれません。梅本先生の場合もう一つ「走り行く」古伝の動作が歩足に変わっています。 
中山博道先生「虎乱刀」:敵が逃れ去らんとするを追ひ掛けて斬る動作であって終始立姿にて行ふ即ち立居合である。
 正面に向ひ直立す左足を約一足長前方に出す(抜刀を容易にする目的)と同時に右手を以て鍔に近く握り右足を約一歩前方に踏み出し初発刀の要領にて抜刀し、次に左足より二歩前進しつゝ刀を頭に振り被り右足が地に着くと同時に切り下ろす、以上の動作は成るべく神足に行ふを理想とす。次で、立ちたる儘で初発刀に於ける血振ひをなして刀を納める。
 中山博道先生も歩み足で走り込まない、抜付け・打込みとあって古伝とは異なります。
 この業は追懸とか追風の業名では無く「虎乱刀」ですから、虎走りの要領で敵を追う事がポイントでしょう。走るにしても歩むにしてもですが、それでは「虎走り」はいかようにすべきものなのでしょう。
 現代居合の無双直伝英信流正統会では「我れ小足、小走りに追込み」と有って「右足を半歩程前に出すや否や、左あしより進み出る、左足一歩踏出すや右足を連れ足捌きにて左足の土踏まずの処位まで引き寄せる。次で再び左足より出で右足を同じく連れ足捌きにて左足に引き寄せる。この際、決して右足を左足より先に繰り出さざる事。間合いに接する迄、此の足捌きにて小走りにてじっしする事肝要(第22代池田先生著無双直伝英信流居合道解説より)」
大江先生直伝と称する「図解居合詳説」の山内豊健・谷田左一先生の足運び「追い懸ける時の足は、小足で踵を以て踏みしめて音を立てるのである。動作は軽妙迅速に行ふ事。足を踏みしめて音を立てるのは、追い掛ける者の多勢を示して、敵をして畏擢せしめるのである」
とされています。現在でも音をドタドタたてている人が居る様です。
 英信流居合目録秘訣の外之物ノ大事では「虎走」:仕物抔を云いつけられたる時は殊に此の心得入用也、其の外にても此の心得肝要也。敵二間も三間も隔てゝ坐し居る時は直に切る事不能、其上同坐し人々居並ぶ時は色に見せては仕損る也、さわらぬ躰に向へつかつかと腰を屈め歩み行く内に抜口の外へ見えぬ様に躰の内にて刀を逆さまに抜き突くべし虎の一足の事の如しと知るべし、大事とする所は歩みにあり、運び滞りなく取合する事不能の位と知るべし」
 ドタバタ走って追い掛けるのではなく、スルスルと滞りなく追いすがって抜付け、打込むのがどうやらベターの様ですが、いかがでしょう。
 

| | コメント (0)

2019年2月 8日 (金)

曾田本その2を読み解く3大森流居合抜方3の9勢中刀

曾田本その2を読み解く
3、大森流居合抜方
3の9勢中刀
古伝神傳流秘書
勢中刀:右の向ゟ切て懸るを踏出し立って抜付打込血震し納める此事は膝を付けず又抜付に払捨て打込事も有
行宗先生
勢中刀(月影 大江派):左向ゟ正面へ中腰にて掬ひ上けて敵の二の腕に抜き付け(敵の冠りたる甲手とも云う、二の腕(上膊部)肘のことならん)左足ゟ送り足にて切り血振ひ中腰の侭納刀
大江先生
月影(左斜に向き右真向に抜き付ける):前左斜に向き正座し、同体の儘右足を出し中腰にて刀を高く抜き付け、右敵の甲手を斬る同体にて左足を出しつゝ上段に冠り、右足をだして稍直立体にて敵の頭上を真向に斬り刀尖を胸部にて止む。血拭ひは右足を引き一番と同じ要領にて、刀を納む。但し直立の儘。
 古伝の勢中刀の抜付で「払捨て打込事も有り」の動作が失伝してしまった様です。拂い捨てる部位は何処だったのでしょう。抜付けと払捨の違いも失われたと言っていいでしょう。
 最初の教えは、敵の打ち込んで来るその刀を持つ手(拳、肱)に抜き付け打込みを制止してしまう。払捨ては、打ち込んで来る敵の上膊部を切り捨てる、あるいは低く入って胴を払い捨てる。どれも出来そうです。
 斬り込んで来る敵の腕、若しくは拳に打ち込み斬り込みを制してしまう様な方法もあり得るでしょうが、古伝は斬るが優先していると思います。
 血振りを立ったまま行う理由は特に書かれていませんが、大森流の大血振りは立って行うわけですが、納刀は右足を引いて立ったままに行う事は伝承されました。
*
 大江先生の業名「月影」は夢想神傳流の山蔦先生は「大江先生がこのわざに「月影」と優雅な名付けをしたのは、敵の両肘に斬付けた刀の姿が、下弦の月の形に似ているところからであろう」と書かれていますが、さて無双直伝英信流の先生から聞いたことも無い話です。
 「月影」の業名は元々土佐に伝わる古伝に太刀打之事という組太刀の5本目に「月影」の呼称が存在します。大江先生は古伝の組太刀を改変して7本の組太刀を独創しています。その際業名をそこから転用されたと思います。
 大江先生の組太刀は英信流居合形で五本目鍔留が古伝の月影に相当します。
参考に大江先生の鍔留:互に青眼のまゝ小さく、五歩を左足より引き、打太刀中段となり、仕太刀は其のまゝ下段となる、互に右足より三歩出で、打太刀は右足を左足に引き上段に冠り真直に打下し、仕太刀は右足を左足へ引き上段となり、右足を出して打下して互に刀合す、仕打鍔元を押し合ひ双方右足を後方へ引き左半身となり、刀は脇構として刀尖を低くす、打太刀は直に上段より右足を踏み込み仕太刀の左向脛を切る、仕太刀は左足を充分引き上段となり空を打たせ上段より頭を斬る、打は二歩出で、仕は二歩退り青眼となり互に小さく五歩退り、血拭ひ刀を納む、(打太刀は仕太刀の左膝を打つときは、中腰となり上体を前に流す)。
ついでに、古伝太刀打之事「月影」
 打太刀冠り待つ所へ遣方右の脇に切先を下げて構へ行て打太刀八相に打を切先を上て真向へ突付て留め互に押相て別れ両方共車に取り相手打をはづす上へ冠り打込み勝
 古伝は相手八相に構えて待つ、仕太刀右下段に構え進む、相手八相に打ち込んで来るのを切先を上げて相手咽を突き上げる様にして*摺り上げて受け止め、鍔競り合いに押し合って別れ双方車に構へ、相手車の構えから右足を踏み込んで打ち込んで来るのを左足を引いて外し上段に引被り打ち込む。
 という業です。大江組太刀は双方上段に構え直して真向打ち合い双方の中間で刀をあわせています。
 何のために真向打ちの真似をさせるのか疑問ですが、中学生向きの稽古業として改変されたのでしょう。
 近年の年少者のスポーツ技術の進歩はすさまじい能力を発揮しています。年少者に本物を指導しなかった事は、肉体能力と心のギャップをうずめて人としてのバランスが取れるまで待つ時間を、大人がこころがけていたのかもしれません。
 剣術は人殺しの方法を学ぶ比重が高いものですから、剣技のみ高まる事を恐れたかもしれません。
 打太刀が車から上段に振り冠って「仕太刀の左向脛を切る」是も、車から直接斬り付ければいいものを、帝国剣道型に影響された動作でしょう。
 横道にそれましたが、大江先生は古伝の太刀打之事を捨て去るつもりで居合道型を作られ、その業名を盗用されたと云えます。
 流派の伝承を中学生向きとして安易に改変されたとしても、それはよしとしても、理由も無く抹殺するのは如何なものでしょう。
 現代居合の意味不明な事にいつまでも捉われている事に、警鐘を鳴らすと同時に古伝をしっかり学ばなければ、業技法も、武術の心も知り得ないものです。
 
 

| | コメント (1)

2019年2月 7日 (木)

曾田本その2を読み解く3大森流居合抜方3の8逆刀

曾田本その2を読み解く
3大森流居合抜方
3の8逆刀
参考
古伝神傳流秘書
逆刀:向より切て懸るを先々に廻り抜打に切右足を進んで亦打込み足踏揃へ亦右足を後へ引冠り逆手に取返し前を突逆手に納る也
行宗先生
順刀、逆刀(附込又は追切 大江派)(逆刀、追切):正面に座し右足を踏出して抜き(7本目と同じ)右足を引き揃へて冠り右足より継足に初めは浅く次ぎは深く切り下し右足を引き冠りて残心を示し徐に刀を下し逆手に血拭ひ納刀
大江先生
附込(俗に追切):正面に向いて正座す、右足を少しく前に踏み出しつゝ、刀を抜き、刀尖の鞘を離るゝ時頭上に冠り、右足を左足に引き揃へ、直立体となり、右足より左足と追足にて前方へ一度は軽く頭上を切り、二度目は頭上を同一の体勢にて追足にて斬る、此体勢より右足を後部へ引き、中腰となりて更に上段構を取り、敵の生死を確かめつゝ残心を示す(抜付けより之れ迄は早きを良とす)此残心を示したる体勢より自然前方へ刀を下して青眼構えとなる、此時は右足の膝を板の間につけ、左足の膝を立て全体を落す、更に同体にて右手を逆手となし、刀柄を握り、左手は左膝の上に刀峯を乗せ血拭ひをなし刀を逆手の儘同体にて納む。
 古伝は簡潔な文章ですから、其処から動作を描くには、多少の修練が無ければ不可能かもしれません。
 正面に向って坐す處、前から敵が切って来るので、右足を踏出し刀を抜きかけ、右足を引き揃えてそれを外して、右足を踏み込み抜打に切る、左足を右足に引き揃え、さらに右足を踏み込んで打込み左足を右足に引き付る、亦右足を後へ引き上段に引き冠り、刀を青眼に下しつつ右膝を着き、刀を逆手に取り返して切先下がりに構え斬り倒した前の敵のとどめを刺し、逆手の儘納刀する。
 それでも細部は、口伝口授看取り稽古によるしかわからないものです。行宗先生、大江先生と繋いでようやく現代居合の附込あるいは神傳流の逆刀が見えてきます。
中山博道先生の逆刀を読んでみます(居合読本より)
 正面より斬り込み来る敵の刀を脱しつゝ上段より敵の胸元迄切り下げ敵が後退するのを追ひ打ちに再び斬りつけ敵が倒れたるに対し尚ほ残心を示し、最後に止めを刺す動作なり。
 正面に向ひ正座す。右足を約一足長前方に踏み出すと同時に半ば刀を抜き、左足を僅か後方に引きつゝ立上り同時に右足を左足にひきつけて刀を頭上に振り被る。
 次いで右足を一歩前に踏み出し刀尖を胸の高さ位まで切り下げ、続いて左足より二歩前進して、刀を再び頭上に振り被り右足の地につくと同時に斬り下す。この時における着眼点は一間位前方の地とし、刀尖は腰の附近迄位切り下げ左足を右足に引つけ直ちに右足を約一歩後方にひくと同時に刀を頭上に振り被り、残心を示し、然る後、徐に右膝を智につけつゝ刀を下ろし右手を逆手に成る如く握り換へ左手を放ち刀を逆手に持ち左手を刀尖に近き部位の刀背に添へ、止めを刺す心持ちにて刀を僅かに上方にひき、以下、流刀に於ける納め刀の要領により刀を納むる。
 止めを刺すしぐさを説いているのは中山博道先生ばかりの様です。夢想神傳流に引き継がれました。無双直伝英信流は其の心持ちすら消えてしまった様です。
 その原因は、大江先生の教え子が今日の無双直伝英信流を広めて来たことによると考えます。
 但しこの止めを刺す動作は「これは元来血拭いの形なるが敵の発動に対し直ちに刺突するの意肝要也」と22代池田先生は記述しています。
 
 
 

| | コメント (0)

2019年2月 6日 (水)

曾田本その2を読み解く3大森流居合抜方3の7介錯

曾田本その2を読み解く
3、大森流居合抜方
3の7介錯
古伝神傳流秘書
順刀:右足を立左足を引と一処に立抜打也又は八相に切跡は前に同じ
行宗先生
介錯(順刀):正面に座し右足を踏み出し抜き離れざる内に右足を左足に引き付け右肩より(左肩より 曽田メモ)右足を踏み出し踏み出して斜に切る
大江先生
介錯:正面に向きて正座、右足を少しく前へ出しつゝ、刀を静に上に抜き、刀尖が鞘と離るゝや右足を後へ充分引き、中腰となり、刀を右手の一手に支へ、右肩上にて刀尖を下し、斜の形状とす、右足を再び前方に出し上体を稍前方に屈し刀を肩上より斜方向に真直に打下して、前の首を斬る。血拭は足踏の儘6番と同じ様に刀を納む。
 古伝神傳流秘書の動作を、敵に応じる居合術としてやってみると至極自然に抜打ちが可能です。
 普段は介錯と教わっているのでそれらしく演じて当たり前でした。然し古伝には介錯らしい文言がありません。
 大森流11本の中心部に位置する7番目に介錯の仕方を持って来る理由も見当たりません。
 正面に向いて正座し、敵が斬り込んで来るので刀に手を掛け腰を上げ右足を踏み出し刀を物打ちまで抜き出し、敵が上段より真向に斬り付ける寸前に立ち上がりながら、柄を上方に引き上げ、左足を引いて敵刀を外すや同時に刀を抜き放って、その足踏みのままか、間が遠ければ右足を踏み込み上段から打ち込む。或は八相に斬り下す。
 順刀の意味は何なのでしょう、大森流居合の6本目流刀、7本目順刀、8本目逆刀と一連の刀法の流れを暗示する様な業名であり業技法が示されていたと思えるのです。いくつかの替え業が横行するうちに「介錯に使える」としてそうなった様に思えて仕方がありません。
 全剣連の制定居合12本目抜き打ちが立業ですがそっくりです。
抜き打ち:「要義、相対して直立している前方の敵が、突然、切りかかってくるのを、刀を抜き上げながら退いて敵の刀に空を切らせ、さらに真っ向から切り下ろして勝つ。
 動作、直立したまますばやく刀に両手をかけ、左足を後方に引き、右足を左足近くに引きよせながら刀をすばやく頭上に抜き上げると同時に左手を柄にかけ、間を置く事無く右足を踏み込むと同時に真向から切り下ろす。」
 この土佐の居合の古伝や解説が、下村派から出ていて谷村派からは何も出て来ないので、これ以上の詮索は不可能です。
 無双神傳英信流居合兵法を学ぶ方は順刀を抜き打ちの一つとして自らの業に加えていただきたいものです。習ったことも碌に出来ず、習って居ない事も発見できなければ学び修行する意味はないでしょう。
参考:曽田本その1に谷村派第15代谷村亀之丞自雄による英信流目録の大森流居合之位7本目順刀
 「是は座してる前の者を切る心持ちなり、我其の侭右より立、すっと引抜肩より筋違いに切る也、是も同じく跡は脛へ置き逆手にとり納るなり。」是は、習い覚えた首を切る業の様な雰囲気と捉えればそうかもしれませんが、「肩より筋違いに切る也」ですから首を斬るのではない様です。谷村派の伝書は是しかありません。
 曾田本その1の「居合兵法極意巻秘訣」で「介錯口伝」があったのを記憶されておられるでしょう。
介錯口伝:古代には介錯をこのまず其故は介錯を武士の役と心得べからず死人を切るに異ならず故に介錯申付らるゝ時に請に秘事有り介錯に於ては無調法に御座候但し放打ならば望所に御座候と申すべし、何分介錯仕れと有らば此上は介錯すべし作法に掛るべからず譬え切損じたりとも初めにことわり置たる故それに非ず秘事也能く覚悟すべし。
他流にて紐皮を掛ると云事:仰向に倒るゝを嫌てひも皮を残すと云説を設けたる見えたり、当流にては前に云所の伝有故に譬え如何様に倒るゝとも失に非ず、其上紐皮をのこすの手心何として覚らるべきや、当流にては若し紐皮かゝりたらば其の侭はね切るべしサッパリと両断になし少しも疑の心残らざる様にする事古伝也

| | コメント (0)

2019年2月 5日 (火)

曾田本その2を読み解く3大森流居合抜方3の6請流

曾田本その2を読み解く
3、大森流居合抜方
3の6請流
古伝神傳流秘書
流刀:左の肩より切て懸るを踏出し抜付左足を踏込抜請に請流し(此の處工夫すべき處なり曽田メモ)右足を左の方へ踏込み打込む也扨刀をすねへ取り逆手に取り直し納る 膝をつく
吉宗先生
請流(流刀、受刀):左向にて敵正面ゟ打ち込み来るを我左足を踏み出し左肩先に請け流し右足を右斜に踏み出し体を変はして右足を揃へ(左足に)右肩ゟ切り下す左足を引き逆手納刀
大江先生
請け流し:(足踏みは三角形とす)(右斜向にてもよし)右向となりて正座し敵が頭上に切り込み来るのであるから右斜め横に左足を踏み出し中腰となりて刀尖を少し残して左膝に右黒星を付け抜き、右足を体の後に出すと同時に残りが刀尖を離れて右手を頭の上に上げ、刀を顔面にて斜として刀尖を下げて請け流し、右足を右横へ摺り込みて左足に揃へ、左斜向に上体を変へ稍や前に屈し、刀は右手にて左斜めの方向に敵の首を斬り下し、下す時左手を掛ける。血拭ひは、斬り下してる体勢の足踏みより左足を後方へ引き、右足は稍前方に屈し膝頭を前に出す、其膝上に刀峯を乗せ右手は逆手に刀柄を握り構へ、其侭静に刀を納む、刀を納むるとき刀を鞘におさめつゝ体を漸次下へ下し、刀の全く鞘に納まるや之と同時に左足の膝を板の間に着けるなり。
 古伝を演じてみると座して居る左肩から敵が切って懸かる、「踏み出し抜付」は「腰を上げ左足をやや右に踏み出し刀を抜き始める」と云うのでしょう。
 敵が打ち込んで来るのを、左足を更に踏出して、打ち間を外し刀を抜くや、眼前頭上に刀を稍々切先下がりに抜き出し抜き請けに、請け流す。
 この場合は敵刀が我が刀に触れるや切先を下げて摺り落すのでしょう。擦り落すや左足先を敵に向け乍ら右足を左足に踏み揃へ、片手打ちに敵に打ち込み右手を柄に添える。左足を引いて、刀を右脛へ取り直し、逆手納刀しつつ左膝をつく。
 このポイントは、敵の打込みを切先附近まで抜き出した状況で待ち、充分引き付けた所で左足を更に踏出し打ち間を外しながら敵刀を請ける所にありそうです。結果として敵の刀は我が刀の物打ち付近で摺落される筈です。
 吉宗先生も同様かなと思えます。
 大江先生も概同様でしょう。しかし、受け流す際右足を後に引いていますから敵刀は鍔元近い請けになりそうです。
 右向きに座し、左から打ち込んで来る敵に、中腰となって左足を体の正面左斜め前(場の右斜め前)に少し踏み出し、攻撃態勢を作り、右黒星(右足の踝?意味不明)を、左足に引き付ける様に摺り込みながら切先まで抜き出し、打ち込まれる寸前に立ち上がりつつ右足を後に引くや刀を抜き出し顔前頭上に切先下がりに敵刀を請け流す(摺り落す)。右足を左足に踏み揃え、左斜めに振り向き敵の首に斬り下す。以下古伝と似たような逆手納刀です。
細川義昌先生伝授する梅本三男先生の「流刀」
 正面より右向きに正座し、左手を鯉口に執り、右手を柄に掛けるなり、急に左足を前方に踏出し、体は低く刀を左頭上へ引抜き(左側より斬込み来るを)受流しながら、右足を前へ踏越す、同時に、体をくるりと左後へ振向き(刀は頭上にて、受流したるまま左後ろより右肩後へ、血振ひする直前の様に振り下げ、空を斬って居る者の後ろ首へ)刃部を左斜下へ向け、右足を左前足に踏み揃っへる。同時に左手で柄頭を握り諸手となる。・・・。
*
中山博道先生の流刀:正面に対て右向に正座す、頭を左に向け左足を約一歩前に踏み著くる間に右手を以て柄を上方より握り抜刀し頭上を目がけて斬り来る敵の刀を左肩後方に向け流す心持ちにて動作す。・・右足を左足の右後ろ方約一歩半の所に開き刀は右肱を屈げて肩に担ぐようにする。・・。左に向けつゝ右足を左足に引き付け、左前方に斬り下す・・。(居合読本より)
 夫々の方法で受け流していますが、がっちり受け止めてから流すのではない事は判ります。敵刀を請けるや流すこの業を身に着けなければ、刀は叩きおられ、請けても力任せにたたき斬られてしまうでしょう。
 座して居る者に切り込み受流されて空を斬るはありますが、態勢が崩れて前のめりに成ったり、我が左後ろに流れる様な打ち込みを英信流の稽古業であり得るでしょうか。
 大江先生の居合道型の「請流」では打太刀が首を斬ってくれと前のめりになって仕太刀を導きますが、竹刀剣道の打込みではいざ知らずです。
ここで細川義昌、行宗貞義。大江正路の略歴を上げておきます。
1849年嘉永2年
細川義昌生まれる
1850年嘉永3年
行宗貞義生まれる
1852年嘉永5年
大江正路生まれる
この年下村派下村茂市土佐藩居合術指南となる
1856年安政3年
細川義昌下村茂市に入門7才
1868年明治維新
細川義昌19才
行宗貞義18才
大江正路16才
1869年明治2年
版籍奉還
1876年明治9年
廃刀令
1877年明治10年
西南戦争
下村茂市没す
細川義昌29才
行宗貞義28才
大江正路26才

| | コメント (0)

2019年2月 4日 (月)

曾田本その2を読み解く2大森流居合抜方3の5陽進陰退

曾田本その2を読み解く
2、大森流居合抜方
3の5陽進陰退
古伝神傳流秘書
陽進陰退
初め右足を踏出し抜付け左を踏込んで打込み開き納又左を引て抜付跡初本と同じ
行宗先生
進退(八重垣 大江派)(陰陽進退)(陽進陰退のことならん)
正座し抜き付けたる時膝を浮へ左足を踏み込むと同時に冠りて切り刀を横に開き納刀漸時左足を引き付くる也此時敵又切り込み来るを左足を引き右脛を囲い冠りて切る也(脛囲の時抜き放ちても不苦)同断
大江先生
八重垣
正面に向い正座す、右足を出し左膝を浮めて中腰となりて首に抜付け、左足を前方へ踏み出して両膝浮めて中腰の儘大間に上段に取り前方真直に頭上を斬り下し、此時右膝をつき左膝を立て、同体にて長谷川流の血拭ひをなし刀を納む、此時敵未だ死せずして足部を切り付け来るにより血拭ひの姿勢より右足を重心に乗せて立ち、直に左足を後へ開き体を左斜構ひとし刀を膝の前へ抜きて平とし、膝を囲みて敵刀を受け更に身体を正面に向け上段となり、坐しながら頭上を充分斬る、血拭は右足を後部へ引き刀を納む。(剣道手ほどきより)
 古伝の業名「陽進陰退」ですが、行宗先生は「進退」、大江先生は「八重垣」。業名に工夫をこらすことは武術流派に有るものですが、業の雰囲気を全く無視して「八重垣」とはどの様な状況によって変えたのでしょう。
 この頃大江先生も職が無く中学校の剣道の先生との話が出て其の校長辺りから、中学生向きに業名変更を突き付けられ応じたものかも知れません。
 八重垣の業名は、大江先生が置き捨てた組太刀の詰合の4本目に「八重垣」の業名が存在します。
 是は「双方下に抜き合わせたる時相手打込むを我切先に手を懸けて請け又敵より八相に打を切先を上にして留又上より打つを請け相手打たんと冠るを直に切先を敵の面へ突詰める」という大技です。立ったり座ったりの繰り返し動作が陰陽進退と雰囲気が似ているとして引用したかも知れません。
 大江居合は古伝の剣術を捨ててしまったとしか言いようのない行為です。
 戻りますが、古伝の陰陽進退は「・・開き納又引て抜付跡・・」です。第二の敵が来たとも、最初の敵が死力を奮って斬り込むとも、斬り込みを受け払って切るとも言っていません。この場面は自分で想定して稽古しろ、とでも言うのでしょう。
* 
 曾田本その1に谷村派第15代谷村亀之丞自雄による「英信流目録」があります。大江先生の先代16代五藤孫兵衛正亮の師なのですがその陽進陰退「陽進刀是は正座に坐する也右の足一足ふみ出し立也に抜付左を踏み込み討込む也すぐに右脇へ開き其侭納む也。陰退刀其侭左の足を跡へ引其時亦抜付打込み血ふるひの時立左の足を右に揃へ納る時右を一足引也」とあります。
 この手附は古伝を解説した文章とはとても思えません。陽進はともかく、陰退の「其侭左の足を跡へ引、其時亦抜付打込み・・・」で之では古伝の儘に過ぎず参考になりません。これは谷村派の陽進陰退ですから中山博道先生の陰陽進退と思えます。 
 中山博道先生はこの陰陽進退の意義をどの様にしたか。
「互に対座せる時急に初発刀の如く切りつけたるも、敵逃れしを以って直に追いかけ之を斬り倒し、刀を納めんとせし時、再び他の敵より斬りつけられたるを以って直に之れに応じて敵の腰を斬る」
 現在の夢想神傳流の業となります。
 細川義昌系統の梅本三男先生の陰陽進退も中山博道先生と同じと云えるでしょう。
「陰陽進退」前方を斬り又薙付け来る者を斬る。
「正面に向ひ正座し、例により鯉口をきり右手を柄に掛け、抜きつつ膝を押をのばし右足踏み込んで(対手の右側面へ)抜付けたるも剣先が届かぬ為、急に立上り左足を右足の前へ踏越しつつ刀を引冠りて正面へ斬込み刀を右へ開き、刀を納めつつ右膝を跪き納め終りたる所へ(別人が向脛へ薙付け来る)急に立上り左足を一歩退くと同時に刀を前へ引抜き切先放れ際に左腰を左へ捻り、体は正面より左向きとなり刃部を上に向け差表の鎬にて張受けに受け止め体を正面に戻しつつ左足を右足横へ跪きながら刀尖を左後へ突込み右諸手上段に引冠り更に右足踏込んで斬込み血振ひして刀を納め終る」
 古伝の陰陽進退から倒した敵が再び斬り付けて来り、新たな敵が来たり、恐らく替え業は幾つも横行したのでしょう。手附が不十分であれば、その順序に従って抜けた部分は如何様にも想像できるのが、仮想敵相手の居合なのです。
 行宗、細川、大江の各先生とも下村派の下村茂市の同門です。大森流は一対一の攻防を主としている様ですから、新たな敵が斬り込み来るは疑問ですが、現在にも生きて居る業となります。
 新たな敵が向こう脛に斬り付けるのも立って来る新たな敵が向こう脛ですか?それより一刀目で不充分な抜きつけが気にいりません。どうせなら柄か抜き懸けた刀で敵に受けてもらいたかった。
 脛に斬り付けられた際、刀の刃で受けるか、表鎬か、棟かいずれにしても柄握りの妙が無ければ刃、又は刃の平で受けてしまいます。
 この業は「柄口六寸」の極意を学べる業と云えそうです。敵刀を受けるのではなく小手に抜き付ける・・・。

| | コメント (0)

2019年2月 3日 (日)

曾田本その2を読み解く2大森流居合抜方3の4當刀

曾田本その2を読み解く
2、大森流居合抜方
3の4當刀
古伝神傳流秘書
當刀:左廻りに後へ振り向き左の足を踏み出し如前
行宗先生
後身(當刀・後刀):後向きゟ正面に抜き付け冠りて切る也
大江先生
後:後へ向き正座す、刀を静かに抜きつゝ両脚先にて左へ廻り正面に向ひ左足を出して首に抜付け同体にて上段より前体頭上を斬る血拭ひは左足を後方に引き刀を納む。
 當刀の意味が解らずにいます。後ろに座す敵に左廻りに振り向いて左足を踏み込んで抜き付け、上段に冠って打ち込むのだろうと、推測します。
 何故左廻りなのか、右廻りでは不可なのか、右廻りも左廻りも既に左刀・右刀で稽古済みです。どちらも難なく演武出来るはずです。特に右廻りですから古伝の右刀や行宗先生、大江先生の左刀(右)、右刀(左)で九十度の回転を習っています。古伝の二本目左刀が左足を正面の敵に踏み込んで抜き付けるのであれば、右刀と當刀は九十度右廻りと百八十度左廻りで納得できます。
 行宗先生、大江先生は左廻りを九十度と百八十度の二度稽古するわけです。回転角度の違いを認識する為と云うのも一理あるでしょう。それならば、右廻り百八十度も正規の業としてあっても良さそうなものです。
 古伝は、そんな事を考えるならば自分で稽古の時にやればいいでしょう、と笑われそうです。正座の右廻りは容易ですが、立膝の右廻りは厄介ですよ。是は相当稽古が必要です。
 大江先生の後の回転の仕方で「・・両脚先にて左へ廻り正面・・」の文章は「右膝を軸とし左廻り・・」でしょう。右の場合「右足の膝にて左へ廻る」、左の場合は「左足膝にて右へ廻り」と稽古させています。両足爪先立って回転するのは困難です。軸となる膝若しくは左足先で回転しなければ廻れません。その際左足を踏み込むのは更に難しいものです。
 大江先生の居合の手附を堀田捨次郎先生が書かれて大江先生の監修があるやに何かで読んだような気もしますが、大江先生は読まれていないとしか思えません。
 何故、くだくだ、くだらない事を書くかと云う事ですが、古伝神傳流秘書の當刀は「左廻りに振り向き左の足を踏み出し・・」と有るばかりで、どの様に廻るのかなどは口伝、口授であったと思えるのですが、其れよりもこの手附で、結果を出すには如何にあるべきかを考えさせようとしている様に思えて仕方がありません。
 しかし、現代居合が、形に拘り物差しで計るような指導に疑問を覚えてしまいます。初心の者に手ほどきする形ならば納得ですが、それを十段ともあろう人が真面目な顔をして演じているのも不思議です。

| | コメント (0)

2019年2月 2日 (土)

曾田本その2を読み解く2大森流居合抜方3の3右刀

曾田本その2を読み解く
2、大森流居合抜方
3の3右刀
古伝神傳流秘書
右刀:右足を踏出し右へ振り向抜付打込血震納る
行宗先生
右身:左向ゟ正面に抜き付け冠りて切る也
大江先生
左:左に向きて正座し、左足膝にて右へ廻り右足を出して首に抜付け上段に取り、直に頭上に斬り下す、血拭ひは右足を後方に引き刀を納む。
 古伝の右刀の文章は「右へ振り向き右足を向へ踏出し打込」でしょう。「右足を踏出し右へ振り向」でも可能ですが、左向きに座して、右足を踏出したのでは、右に廻るのに右足が邪魔になります。
 ここは大江先生の手ほどきが判りやすい。そんな事は十分承知している様でも初心者には何だか解らないものです。行宗先生の抜けだらけの文言では、現代居合の動作を引合いに出さなければ演じられません。
 大江先生は敢えて右、左を古伝や吉村先生と逆に捕え、演武する者が道場の正面に対し右向きを右、左向きを左とされて対敵意識を無くしてしまいました。現代居合の無双直伝英信流が是を引き継いでいます。
 夢想神傳流は、我に対する敵の位置を優先しています。武術ですから、大江先生の業呼称は演武会向けのものと思われ違和感を覚えます。稽古するにも対敵意識の乏しい考え方は疑問です。大江先生が明治から大正にかけて平和への願いを込めて居合を、武術から武的踊りに昇華しようと意図したとの話は聞いたことがありません。古来からの業名を改変した意図が判りません。
 細川義昌系統の梅本三男先生の右刀では「右側に座して居る者を斬る」とされ、下村茂市定の教えは細川義昌にも行宗貞義にも大江正路にも同様であったと思われます。
 参考に中山博道先生の右刀の手附を読んでみましょう。
「三本目右刀:右側面に対座せる敵に対し、初発刀と同意義に於いて行ふ業なり。」と意義を述べています。動作は「左膝を軸として90度右に旋回すると同時に・・。」
当然の事、二本目左刀は「左側面に対座せる敵に対し、初発刀と同意義に於いて行ふ業なり」です。
 業名についてはとやかく言わず「おおらかに」何でもいいよと、云うのもありかも知れませんが、武術流派にはそれなりの伝書があって、目録も明示されるのですから守るべきものは守る姿勢も武術文化伝承の一つとして大切にしたいものです。それでなければ伝統文化などと云う事がおこがましいと考えます。

| | コメント (0)

2019年2月 1日 (金)

曾田本その2を読み解く2大森流居合抜方3の2左

曾田本その2を読み解く
2、大森流居合抜方
3の2.左刀
古伝神傳流秘書
左刀:左の足を踏み出し向へ抜付け打込み扨血震して時足を前の左の足へ踏み揃へ左足を引て納る以下血震する事は足を立替へ先踏出したる足を引て納る也
行宗先生
左身(左刀):右向きゟ正面に抜き付け冠りて切る也
大江先生
右:我体を右に向け正座す左足を出しつゝ右(左の誤植でしょう)敵首を切る心組にて抜付け、同体にて上段となりて前面真直に敵の頭を斬る。
 此左足を出したる時は右足の膝にて左へ廻る意を以て右足に体の重心を乗せ、左足を軽く出す事に注意すべし、血拭ひは一番と同じ要領にて行ひ、左足を後部へ引き刀を納むる事。
 大森流居合の二本目は「左刀」です。この場合古伝は「左足を踏み出し向こう(正面)へ抜き付け」ています。左刀の「左」は左足を踏み込むと、読む事も出来ます。
神傳流秘書から
一本目の初発刀が「右足を踏出し向へ抜付け」です。
二本目の左刀は、「左の足を踏み出し向へ抜き付け」で足を正面に踏み出す左右の足捌きの違いを言っている様に読み取れます。
 従って、初発刀も左刀も敵は我が前に対座して我の方を向いている想定で良さそうです。敵が我が右側とも左側にとも云っていない、右廻りとも左廻りとも動作を指定もしていません。
 山川久蔵幸雅が書き写す際誤って抜け落ちたとも思えそうにありません。ただ、正面向きに座し左足を向へ踏込んで抜き付ける動作はこの左身以外に見当たりません。
 正面の敵に抜付けるに当たり、右足または左足の状況による可不可の判断は敵の何処にどの様に抜付けるかによるもので、横一線の抜付けだけの現代居合では、寧ろ右足を踏出した方が左腰の捻りが有効で、抜き付けた右手が右に抜けない、切先に力のこもる体勢でもありそうです。
 亦、斬り下しも現代居合は真向上段からの打込みばかりですが、右からの八相の斬り下しを思うと、左足を踏み出し下からの斜め右への抜き付け、右から左への八相の打込みは可といえるでしょう。
 文言の過ちと捉えるか、発想を豊かにしてとことん稽古して見る価値はありそうです。
 吉宗先生と大江先生の違いは、動作に於いては無さそうです。業名の左身と右の違いは、行宗先生は、敵が我の左脇に我が方を向いて坐す、対敵意識を優先している様で、演武として場の正面右向きに座すと解されます。
 大江先生は、演武の場取りが先行して座す心組と思われます。ここでも「左足を出しつゝ左敵首を切る」と理解不能な文言になっています。
 ここは「左に振り向き左足を出しつゝ抜付け」るでしょう。しかしこれでは「左に向き直ってから、左足を出しつゝ抜付け」となっておかしい。此処は「左に振り向きつゝ刀を抜き出し、左足を踏み出すや抜付け」でしょう。言葉も、動作も理に叶わなければ武術が見えなくなります。

| | コメント (0)

« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »