« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »

2019年3月

2019年3月31日 (日)

曽田本その2を読み解く9英信流詰合之位9の3岩浪

曽田本その2を読み解く
9、英信流詰合之位
9の3岩浪
参考
古伝神傳流秘書
詰合
3本目
岩浪:拳取の通り相手より拳を取りたる時我よりも前の如く取り我が太刀を放し右の手にて敵のひぢのかがみを取り左脇へ引たおす
業附口伝
詰合之位
3本目
岩浪:詰合て坐する也前の如く左の足一足引てさかさまに抜合せ敵よりすぐに我右の手首を左の手にてとる也、我其侭敵の右の手首を左の手にて取り右手を添へて我左脇へ引倒す也、刀を合せ血振ひ納刀(遣方右手を添える時刀を放し直に相手のひぢをとるなり 曽田メモ)
3本目岩浪の線画はありません。
第19代福井春政先生の教えを記述した嶋専吉先生の業附口伝詰合之位
3本目
岩浪:姿勢及構へ 仕太刀、打太刀共に帯刀の儘前同様の姿勢にて詰め合ひ対座
業、前と同様に抜合せたる後、打太刀左膝を跪き左手にて仕太刀の右手首を把る、仕太刀も亦之に応じて打太刀の右手首を捉へ右手に在る刀を放ち右拳を(稍々内側に捻じる心地にて)対手の掌中より奪ひ之を内側より相手の右上膊部に添へて己が左脇へ投倒すなり。  
 次で刀を合はせ左跪坐にて血振ひの後納刀すること前と同様なり。
 古伝の「我が太刀を放し右の手にて敵の肘の屈みをとり左脇へ引き倒す」、業附口伝は「・・右手を添へて我が左脇へ引き倒す也」と最もポイントとなる所を曖昧にしています。
 嶋先生のメモでは「・・右拳を対手の掌中より奪ひ之を内側より相手の上膊部に添へ己が左へ投げ倒す」とやや具体的です。
 「抜合せたる後、打太刀左膝を跪き左手にて仕太刀の右手首を把る」で体を低く双方対していますから、立位での取り合いとは違います。相手の肘の屈み、又は上膊部に右手を添えて引き倒すには良さそうです。
 この引き倒しの仕方について、第21代福井聖山先生は、打太刀は「仕太刀より同時に右手拳を取られ腕を下より助け握られ仕太刀の左脇へ引き倒さる」、仕太刀は「・・右手を打太刀の右腕の下より助け握り、左足を引くと同時に打太刀の腕を捩じ廻す様にして我が左脇へ引き倒し、水月に当身する」と複雑です。
 相手の右手を左手で制しておいて、相手の右手肘の屈みに右手を添え体を開けば容易ですが、福井先生の方法では中々業が決まりません。
 武術はより簡単で効果的な方法を見出すために「習い・稽古、工夫」するものでしょう。

 









| | コメント (0)

2019年3月30日 (土)

曽田本その2を読み解く9英信流詰合之位9の2拳取

曽田本その2を読み解く
9、英信流詰合之位
9の2拳取
参考
古傳神傳流秘書
詰合
2本目
拳取:如前楽々足を引抜合我左の手にて相手の右の拳を取り刺す也
曽田本その2
業附口伝
詰合之位
2本目
拳取:(仕打納)是も同じく詰合て坐しさかさまに抜合すこと前同様也、我其侭左の足を踏み込み敵の右手首(拳ならん 曽田メモ)を左手にて押へる也、後同断
 古伝も、業附口伝も似たようなもので、双方同時に下へ抜き付け相打ち、仕は左足を踏み込み、打に付け込み打の右手拳を制する。この制する事はどの様にするのか不明です。
 仕は、打の胸に刀尖を付けて、残心納刀は現代居合の詰合によく見かける方法でしょう。
 「後同断」ですが1本目に八相で相手に上段から打ち込み、相手は其れを十文字受けして、刀を合わせて終わっています。さて、ここは相手の体を崩しただけです。「後同断」はあり得ません。
 戦時下にもかかわらず、昭和17年5月嶋専吉先生は高知に赴き第19代福井春政先生に太刀打之位と詰合之位の指導を請けられています。
 その内容が「無雙直伝英信流居合術形乾」に纏められています。
「業附口伝第2詰合之位2拳取 姿勢及構へ 仕太刀、打太刀共に帯刀の儘前と同様の姿勢にて詰合ひて対座す 業 発早の場合と同様に双方抜合せ続いて仕太刀は迅速に左足をその斜左前即ち対手の右側に踏み込み(右足直に之を追ふ、右膝は地に跪き、稍や体を開き)その瞬間左手にて打太刀の右手首を逆に捉へ之れを己が左下方に引き寄せ相手の態勢を崩しつつ、右拳の刀を打太刀の水月に擬し(柄を把れる右拳を己が右腰に支へつゝ刃を右にし)、互に刀を合はせ原位置に復し血振ひ納刀をなす。」
 高知ではこの様に詰合を演じていたのでしょう、メモ書きですから業附口伝其の儘ではないので却ってよくわかります。
 曽田本その2の拳取りの情景です。
Photo
* 
 第21代福井聖山先生は詰合之位のビデオを残されています。一方で手附も書かれ以下の様です。
 「極意之形 詰合之位 作法は大江先生の作法に大差はありません。発声について記述が あり「打つ・斬る時「エイ」の発生をする。
打太刀
1、立膝より左足を引き抜き合す
2、仕太刀より右拳を握られ体を前に引き付けらる
仕太刀
1、立膝より左足を引き抜き合わす2
2、直ちに立ちて左足を打太刀の右足外側に踏む込み、打太刀の右拳を取るや右膝を跪き引きよせ残心を示す(手首を握って肘で押える)
 発声については業附口伝にも古伝にもありません。武術は静かに演じる事も学ぶものでしょう。
 気合を入れる様な発声は、大江先生の英信流居合の型でも「イーエイ」の発生を要求されていましたが、兵士を速成して戦場に送り込み、掛け声を上げて奮い立たせ、死に向かわせる日本軍の養成方法がチラつき、嫌な気分にさせられます。
 打の拳を制する方法は、特に指定はありませんので、夫々工夫されて、其の儘相手の左下に引き落とす、相手拳を返して右下に引き込むとかされている様です。
 残心の方法はビデオでは嶋先生と同じ様です。
 この業は、相手に附け込んで制する事を覚えさせるもので、まず相手にグット接近する事がポイントでしょう。

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2019年3月29日 (金)

曽田本その2を読み解く9英信流詰合之位9の1発早

曽田本その2を読み解く
9、英信流詰合之位
9の1発早
参考
曽田本その1
古伝神傳流秘書
詰合(重信流也 従是奥之事 極意たるによりて格日(確実)に稽古する也
1本目
発早:楽々居合膝に坐したる時相手左の足を引下へ抜付るを我も右の足を引て虎の一足の如く抜て留め打太刀請る上へ取り打込み勝也
参考
曽田本その1
業附口伝
詰合之位
1本目
八相:(仕打納刀 口伝に発早とあり 曽田メモ)
是は互に鞘に納めて詰合て相向ひに右膝立て坐する也、互に左足を一足引きて倒様に抜合する也(互に右膝へ抜付ける)、其侭ひざをつき仕太刀はかむりて面へ打込也、此の時打太刀は十文字に頭上にて請け止むる也、互に合せ血振ひ足を引き納刀
 古伝神傳流秘書と曽田先生による第16代五藤正亮先生と曽田先生実兄土居亀江の師谷村樵夫自庸先生による口伝をまとめた「業附口伝」との違いは先ず、古伝は業の総称「詰合」です。
 これに対し業附口伝は「詰合之位」と総称に「・・之位」を付け足されています。「・・之位」は、古伝に在りません。東北地方の元禄時代の伝書にも「・・之位」は見当たりません。
 天明8年1788年の秋田藩の林崎流居合の伝書では「居合目録次第」として「向之次第」、「右身之次第」で「・・之次第」が使われています。
 明治44年1911年の新庄藩の林崎新夢想流も「表次第」の様に「・・次第」であって、「・・之位」はありません。
 信州に伝わった無雙直伝流にも「・・之位」が見当たりません。恐らく江戸末期に土佐藩内に幾つかの剣術流派がありましたから、それらのどれかに使用されていた「・・之位」を適用したのでしょう。
 「詰合」というより「詰合之位」、「太刀打之事」というより「太刀打之位」と云った方が、格が高く思え、響きも良かったのかも知れません。
 古伝を知れば、月並みな付け足しに思えるのも不思議です。土佐の居合は、武士の心得であっても決して上級武士のものでは無いでしょう。格上に見せるのは明治以降の様に思います。
 次に、古伝は「・・相手左の足を引下へ抜き付けるを、我も右の足を引て虎一足の如く抜きて留め」であって、相打ちとは思えません。
 業附口伝は「互に左足を一足引きて倒様に抜合する也」と、同時に抜き合うわけです。是では、チャンバラごっこでしょう。同時進行ですから、双方の刀は双方の中間で打ち合ってしまいます。同時に足を引いている為、少しでも坐する位置が遠ければ、双方の切先は双方の膝に届かない可笑しな演武がまかり通っています。
 居合の虎一足では、相手の切り込みを請け太刀となって請け留めていますから相手の剣先は、我が右足に届く位置で請け留めているのです。
 次の所で古伝も業付口伝も、詳細は無いので、古伝などは打が受け太刀の形を作った上に打込むように錯覚します。此処は、先に切り込んだが受け留められてしまった打は即座に上段に振り冠り再度打込まんとするに仕が機先を制するか、仕が打の刀を摺り上げつつ上段に振り冠って打ち込むのを打は請け留めるかでしょう。
 Img_0449
曽田本その2の原本です。
業附口伝と同じものになります。
 古伝神傳流秘書は、曽田先生から写しを直接もらわなければ、門外不出で伝授された個人のもので一般には知りえないものでした。
 河野百錬先生は昭和30年1955年の「無双直伝英信流居合兵法叢書により活字本として発行されたのです。そこで初めて古伝「神傳流秘書」の詰合が判りました。
 それ以前のもので詰合を知るものは、同じく河野百錬先生の「無雙直傳英信流居合道」昭和13年1938年発行の活字本に依ります。
 この「無雙直伝英信流居合道」に掲載された「詰合」は」「詰合之位」であって、この時期河野先生が曽田先生に文通したりの交友があって、それから知り得たものをすぐに当用された様です。
 「詰合之位」(以下記す所は當流古傳の略述にして文責筆者に在り)と断られています。
1、八相(口伝に発早とあり)
打太刀、仕太刀共も納刀より始む。互に鞘に納めて詰合ふて相向ひ右膝を立てゝ坐するなり、互に左足を一歩退きて逆まに抜き合す(互に右膝に抜き付ける)、其の儘膝をつき仕太刀は冠りて面に打込む、此時打太刀は十文字に頭上にて請け留むるなり。互に合わせ血振ひし足を退きて納刀す。
 古伝神傳流秘書の詰合の発早(八相)と文言も気勢の有り様も異なると思います、曽田先生が昭和の初めに書き込まれた業付口伝です。
 詰合の運剣動作は知り得ても、古伝の発早(八相)の心は伝わりません。従って切先の届かない双方の中間で刀を合わせて約束事をこなすばかりになってしまいます。
 私は、一本目の手附にある「「相手左の足を引下へ抜付るを我も左の足を引て虎一足の如く抜て留め」の心が詰合の1本目から5本目まで貫かれているからこそ、八相・拳取・岩浪・八重垣・鱗形まで同じ様に打ち込まれて受けて、返す業が続くと思うのです。
 組太刀以外でも相手の攻撃を跳ねのけていく業が幾つも見られます。行きつくところは「受けた時には斬って居る時」を極意とする事が理解出来ればと思っています。
参考に第19代福井春政先生直伝の嶋専吉先生の覚書を稽古して見ます。
無雙直傳英信流居合術形乾
詰合之位
1本目
発早(口伝に発早とあり、八相とも録す)
姿勢及構へ:仕太刀、打太刀互に刀を鞘に納めたるまゝ詰め合ひて相向ひに右膝を立てゝ坐す。
業:双方左足を一歩後方に退きて立ち上ると同時に互に対手の右脛に斬付くる心にて(剣尖を下方に)抜き合はす。
 次てその儘左膝を地につくと共に仕太刀は振冠りて上段より打太刀の正面に打込む、此の時打太刀は剣尖を右に頭上にて十文字に之れを請け止むるなり。
 次て互に刀を合はせ適当の位置に復し双方左膝を跪き血振ひ右足を退きて納刀す。
 嶋専吉先生の覚書も曽田先生の業附口伝の域を出ていません。第19代も曽田先生の業附口伝で学ばれた様です。
 或いは古伝を知っていたが古伝は抜けが多く対応が難しかった為、安易な業附口伝に従ったのかも知れません。

 

 

 

| | コメント (0)

曽田本その2を読み解く8英信流居合の形8の8終礼

曽田本その2を読み解く
8、英信流居合の形
8の8終礼
大江先生
英信流居合の型
終礼:刀を納めたれば互に右足より出で、四尺の距離を取りて左足を右足に揃へ直立し、同体にて正座し、右手にて腰の刀を抜き前に置き、板の間に両手をつきて礼を行ひ、更に刀を右手に持ち竪立とし左手に持ち換へ、左腰部に当て右手は右膝の上に乗せ、其まゝ右足より立ち左足を右足に揃へ、互に三歩退り直立となり神殿に向ひ礼を行ひ対向し三歩づゝ退り黙礼を行ひて左右に別る。(終り)
 古伝は、特に終礼についての事は記述されて居ません。大江先生の英信流居合の型は、演武会や奉納演武の際の出し物として作り上げたのでは、と思ってしまいます。
 武道は礼に始まり礼で終わるをしかと受け止めているのでしょう。それはそれで、そのように思われる時はきちんとすればよいのですが、稽古業としての考え方が出来ていない様です。形に捉われてそれだけになってしまうと、武的踊りに過ぎません。
 力任せで早ければ武術だと勘違いした様な、YouTubeにアップされている動画を見ていると手慣れた動作とは思いますが、何の感動も覚えないのは、其処には磨き上げられたものが見られないからなのでしょう。
 手打ちであったり、恐る恐る打ち合っていたり、上手いだろうと見せるばかりのものでは意味はありません。
 無双直伝英信流の高段者で、古伝の太刀打之事も解らずに十段を允可されたとか、なんたる事なのでしょう。
 詰合はおろか、大小詰、大小立詰など見た事も無い、手附を渡されてもどうして良いかわからない、など何をやって来たのでしょう。
 古伝には太刀を持っての仕組みは、大剣取によって奥居合の裏をとる極意形もあり、無刀を知る機会も有るものです。小太刀之位などは是非稽古したいものです。
 棒術や和(やわら)もこの流には、読むことが出来る伝書があるのです。居合抜しか出来ない、他流の事も知らない高段者が、私にこのブログで云いたい放題云っていて迷惑だからやめさせろと云っています。
 所属を離れてやめた所で、云いたい放題を辞めれるわけにいかないでしょう。曽田虎彦先生が、戦前戦後を通じ必死で求めて来た土佐の居合のルーツを手許にして、眠らせて置く事は出来ません。却ってはっきりものを云うばかりです。
 河野百錬先生も、曽田先生の古伝の写しを元に「無双直伝英信流居合兵法叢書を世に出し、後世の者が古伝をもっと集めて、研究する様にされています。
 全剣連の居合ですが英信流の岩田憲一先生も、対敵意識の古伝に注目して現代居合を見直すべきと述べておられます。
 曽田本その1をお読みになった方は、土佐の居合の求める事を理解されたと思います。無雙直伝英信流の各派や夢想神傳流の各派も土佐の居合を見直し本物の研究をする時期だろうと思います。
 大江正路先生のお陰でこの土佐の居合はここまで引き継がれてきた事は間違いないでしょう。大江先生ですら手にすることが出来なかった古伝を、大江先生の方法を元にしながら学びたいものです。
 次回から「曽田本その2を読み解く」は英信流詰合之位となります。

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2019年3月28日 (木)

曽田本その2を読み解く8英信流居合の形8の7真方

曽田本その2を読み解く
8、英信流居合の形
8の7真方
大江先生
英信流居合の型
7本目
真方:(打八相、仕上段)(伝書による打込なり、之れは打込のことを記せり 曽田メモ)
打太刀は其儘にて左足を出して八相となり、仕太刀は青眼のまゝ左足より小さく五歩退き上段となり、右足より交叉的に五歩充分踏込みて、打太刀の真面を物打にて斬り込む、打太刀は右足より五歩出で仕太刀を斬り込むと同時に左足より右足と追足にて退り、其刀を請留めるる、互に青眼となり打太刀は一歩出で仕太刀は一歩退り、青眼のまゝ残心を示し互に五歩引き元の位置に戻り血拭ひ刀を納む。
 曽田先生の補足メモですが、(打八相、仕上段)は打八相で良いのですが仕は「仕太刀は青眼のまゝ」となっています。
 (伝書による打込なり)との曽田メモを検証します。
参考
古伝神傳流秘書
太刀打之事
10本目
打込:相懸又は打太刀待処へ遣方より詰(請)て打込み勝なり
参考
業附口伝
11本目
打込一本:(伝書になし口伝あり、留の打込なり):双方真向に物打にて刀を合はし青眼に直り退く
 古伝は、上段か下段か八相かも指定しません。相懸かり、又は打が待つ処へ、仕より詰めて打込む。それでは相懸かりなのに、仕の動作が読み切れません。
 そこで、相懸かり、又は打が待つ処へ、仕はつかつかと歩み寄る、打は真向から打ち込んで来るのに応じて打込み勝。とすればこれは、新陰流の「合し打」か、一刀流の「斬り落とし」となります。
 双方の中間で物打ちを合わせ、ご苦労様では、ただの武的踊りの締めに過ぎません。業附口伝は江戸末期の第16代五藤正亮先生の口伝を元に曽田先生が書き込んだ業附口伝ですから、古伝とは言えません。
 曽田先生は大江先生の真方を伝書に在る「打込」と云っていますが、全く違う動作ですからこの解釈は間違いでしょう。動作の違いはあっても、心持ちはどうかと問われれば、所詮、受け太刀でしょう、と返すばかりです。
 明治以降に剣術各流派の業技法が失伝しています。無双直伝英信流も、多かれ少なかれ似たようなものです。失伝しっぱなしならば伝書が残って居れば、誰かが提唱したでしょうが、大江先生が、業名も業も、動作まで独創してしまったので、その弟子によって独創したものが優先権を得た様に現代まで引き継がれてしまいました。
 おかしなものは、訂正する勇気が現行の高段者には無く、昔はこうだったとか、先師の教えはこうだったとか嘘をつかない様に勉強すべきでしょう。

 

 

 

 

| | コメント (0)

2019年3月27日 (水)

曽田本その2を読み解く8英信流居合の形8の6請流

曽田本その2を読み解く
8、英信流居合の形
8の6請流
大江先生
英信流居合の型
6本目
請流:(納刀、立姿)(大江先生独創のものなり、之れは秘書にはなし尚伝書口伝にもなし)
刀を腰に差したるまゝ、静に出で打太刀は刀を抜きつゝ左、右と踏み出し上段より正面を斬り、体を前に流す、仕太刀は左足を右足の側面に出し、刀を右頭上に上げ受け流し左足を踏み変え右足を左足に揃へて体を左へ向け打太刀の首を斬る、仕太刀は左足より左斜へ踏み、打太刀は左足より後へ踏み、退きて青眼となり次の本目に移る。
参考
大江先生
大森流居合
6番目
請け流し(足踏は三角形とす):(右斜向にてもよし)右向きとなりて正座し敵が頭上に切り込み来るのであるから右斜め横に左足を踏み出し中腰となりて刀尖を少し残して左膝に右黒星を付け抜き、右足を体の後に出すと同時に残りが刀尖を離れて右手を頭上の上に上げ、刀を顔面にて斜とし刀尖を下げて請け流し、右足を右横へ摺り踏みて左足に揃えへ、左斜向に上体を変へ前に屈し、刀は右手にて左斜の方向に敵の首を斬り下し、下す時左手を掛ける。血拭ひは、斬り下したる体勢の足踏みより左足を後方へ引き、右足は稍前方に屈し膝頭を前に出す、其膝上に刀峯を乗せ右手は逆手に刀柄を握り構へ、其儘静に刀を納む、刀を納むるとき刀を鞘に納めつゝ体を漸次下へ下し、刀の全く鞘に納まるや之と同時に左足の膝を板の間に着けるなり。
参考
大江先生
奥居合立業の部
18番目(立業の10番目)
受け流し:(進行中左足を右足の前に踏出し身を変して請流す)
左足を出す時、其左足を右斜に踏み出し、中腰となり、刀の柄元を左膝頭の下として、刀を抜き直に其手を頭上に上げ、刀を斜とし、体を左斜前より後へ捻る心持にて受け流し、左足を踏みしめ、右足を左足に揃へ、右拳を右肩上に頭上へ廻し下し、上体を稍や前に屈めると同時に真直に左斜を斬る、揃へたる足踏みより後へ引き、血拭ひ刀を納む。
参考
古伝神傳流秘書
抜刀心持之事
21本目
弛抜:前の如く歩行敵より先に打を体を少し開き弛して抜打に切る。
 大江先生は奥居合も独創されていますから恐らく、大森流の「請け流し」を基にして、奥居合立業の「受け流し」を組み立てたのではないでしょうか、其処から英信流居合の型の「請流」へと展開された様な気がします。
 古伝抜刀心持之事には「弛抜」の業が存在し、之は相手の打込みを体を躱して(開いて)抜打ちにする訳で刀を抜いて受け流すことはしないものです。
 是は、相懸かりに、相手が先に抜刀するや、真向上段から斬り込んで来る、我は左足を右足の前に斜め右に踏込み、刀を上に左肩を覆う様に抜き上げ、右足を左足のやや斜め前に踏込み体を右に開き、左足を右足後ろに摺り込むや、敵刀を弛し右片手で相手の首から肩へ抜打つ。
 或いは、左足を稍々左前に踏込み、刀を抜き上げ、相手が打ち込んで来るや、右足を左足の後方左に摺り込み、体を左に開くや相手の刀を外し抜き打つ。
 体を躱す方法はこの外に、幾つも有るでしょう、例えば右足前の時刀を上に抜き上げ、相手の打ち込みに左足を後ろに引き、右入身となって我が側面に相手刀を外し抜き打つ。
 左足前ならば、刀を抜き上げ乍ら右足を左足に引き着け、相手の切り込みを左足を後方に退いて右入身となって外すや、抜き打つ。
 古伝の弛抜を稽古する場合、相手の刀を外してから抜き打つよりも、これらの体裁きで相手の切り込んで来る柄口六寸に打込むべきでしょう。
参考
第21代福井聖山先生
無雙直伝英信流之形(平成3年発行の冊子)
第6本目
受流:双方納刀のまま静かに前進し、間に至るや打太刀は抜刀し上段より仕太刀の真向を斬下す。
註 打太刀は左手を鯉口に把りながら右足より前進し、左足を進めつつ柄に右手をかけるや右足を進めて刀を抜きかけ、次に左足にて抜きとりて上段となり右足を踏み込みて斬り下す。
仕太刀は右足、左足、右足と出で柄に手をかけるや左足を右足の右側に大きく踏出しながら刀を抜き、右足を左足の右後方に踏込み上体を左に披きながら打太刀の刀を受流す。
註 上体を剣先と共に左に廻しながら後に反らせ前額上に刀表を上にして斜に構え敵刀を摺落す。
 仕太刀は敵刀を受流すや諸手となり、右足を左足の位置に踏揃え(体を左斜に向ける)中腰にて打太刀の首に斬下す。次に元に復しつつ中段となり五歩後退す。(納刀せず)
 大江先生の「受け流し」を、忠実に復元されています。大先生の打太刀は受け流されて「体を前に流す」の文言が福井先生の受流に見られません。
 居合の真向打下しの稽古で「体を前に流す」は上体を俯けるもので忽ち、ダメ出しが出てしまいます。受流されると意識して打込むわけでは無いでしょうから、居合の真向打下しを受流されて体を前に流すでしょうか。やらせの稽古では役に立ちません。

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2019年3月26日 (火)

曽田本その2を読み解く8英信流居合の形8の5鍔留

曽田本その2を読み解く
8、英信流居合の形
8の5鍔留
大江先生
剣道手ほどき
英信流居合の型
5本目
鍔留:(伝書による月影なり、之れは月影のことを記せり 曽田メモ)
(打は中段仕は下段の構)互に青眼のまゝ小さく、五歩を左足より引き、打太刀は中段となり、仕太刀は其まゝ下段となる、互に右足より三歩出で、打太刀は右足を左足に引き上段に冠り真直に打下し、仕太刀は右足を左足へ引き上段となり、右足を出して打下して互に刀合す、仕打鍔元を押し合ひ双方右足を後へ引き左半身となり、刀は脇構として刀尖を低くす、打太刀は直に上段より右足を踏み込み仕太刀の左向脛を切る、仕太刀は左足を充分引き上段となり空を打たせ上段より頭を斬る、打は二歩出で、仕は二歩退り青眼となり互に小さく五歩退り、血拭ひ刀を納む、(打太刀は仕太刀の左膝を打つときは、中腰となり上体を前に流す)
曽田先生はこの業は伝書の太刀打之事の5本目月影だと云っています。
参考
古伝神傳流秘書
太刀打之事
5本目
月影:打太刀冠り待つ所へ遣方右の脇に切先を下げて構へ行て、打太刀八相に打を切先を上て真甲へ上て突付て留め、互に押相て別れ、両方共車に取り相手打をはつす上へ冠り打込み勝
参考
業附口伝
太刀打之位
5本目
月影:(仕下段・打八相)是も同じく抜て居る也、相懸りにても敵待かけても不苦、敵八相にかたきて待ちかくる也、敵八相に打つ処を出合て互に押合、又互に開き敵打込む処を我左足を引き立ち直りて打込み勝也
 大江先生の鍔止めのもとの業は古伝の月影の様です。業附口伝は手附が不十分ですが、古伝の方が不十分でも解かりやすい様です。
 大江先生は、双方一旦上段に冠ってから真向に打ち下し、双方の中間で物打の鎬付近で相打ち、です。新陰流の「合し打ち」を思わせませますが、何を意図したのか理解できません。合し打ちを指導出来る人は、居合に何人いるでしょう。仕は切り落とされない様に受太刀になるべきでしょう。頭上に当たらない間合いで打ち合ったり、手を下げてしまったり、中間で打ち止めするなど、その醜さは大江先生の組太刀の欠点です。
 鍔押し合いをして、双方車に別れて出直しするわけですから、ここで合し打ちをする意味はないでしょう。
 古伝は、打が上段から真向に打込んで来る処、、仕は右下段から打の喉元を突き上げる様にして打の打ち下す刀を摺り上げて鍔元で請け、拳を合わせ押合い、双方車に別れ、打が打ち込んで来るのを左足を退いて外し、打の真向に打込む。
 業附口伝も古伝と同じような一刀目の攻防ですが、「出合て互に押合い」の文言がどのように出合うのか、不明です。双方上段に振り冠って打ち合うでは、大江先生の様なおかしなものになります。仕の下段からの応じ方が問題提起となります。業附口伝には、古伝と対比してみると幾つか疑問点が見られます。この月影もその一つです。
 車に別れてからの、打の斬り込み部位は、大江先生は左向脛ですが、括弧書きでは「膝」です。すぐ傍ですから大目にみましょう。
 古伝も業附口伝も、打の攻撃部位は「相手打」・「敵打込」で最も打ちやすい部位と云うのでしょう。やはり「膝附近」かなと云う所ですが、左肩、左腰、左膝あたりでしょう。
 この月影のバリエーションはとことん研究して見る所です。
 大江先生は鍔留の業名ですが、中山博道先生は鍔留、鍔押はしないで出来る事であって真剣勝負では疑問と云っています(日本剣道と西洋剣技より)。其の通りでしょう。
 斬られる事も無い竹刀競技では矢鱈鍔押しがめだちます。

 

| | コメント (2)

2019年3月25日 (月)

曽田本その2を読み解く8英信流居合の形8の4独妙剣の2

曽田本その2を読み解く
8、英信流居合の形
8の4独妙剣の2
 前回に大江先生の英信流居合の型4本目独妙剣を稽古し、現代居合では第21代福井聖山先生の「無雙直伝英信流之形」4本目独妙剣を稽古して見ました。
 大江先生の独創された業と思えますが、曽田先生はこの独妙剣は伝書の「請流」のことであると言っています。
 扨、どうでしょう。
古伝神傳流秘書
太刀打之事
3本目
請流:遣方も高山相手も高山或は肩へかまえるかの中也、待処へ遣方歩行右の足にて出合ふ、打込を打太刀請、扨打太刀の方より少し引て裏を八相に打を左足に出合ふて留、相手又打たんと冠るを、直に其侭面へ突込み相手八相に払ふをしたがって上へ取り右の足にて真甲へ勝。
曽田本その1
業附口伝
3本目
請流:是は敵も我も八相の構にて行真向へ討込也(敵は待て居ても相懸りにても不苦)、敵十文字に請て、又八相にかけて打込也、我其時左の足を一足踏み込て裏を止ると、敵又引きてかむる処を、我其侭面へ突込也、敵其時横に払ふ也、其処を我体を開きかむり後を勝也(又最後に首根に討込み勝もあり)
古伝も業附口伝も、表現の仕方は違っても同じ様な動作だろうと判断できます。双方八相に構えて、仕は打の待つ所へ、左・右・左と歩み行き、古伝は右足を踏み込み打の左面に斬り付ける、打は左足を退いて仕の斬り込みを請ける。
 業附口伝は八相から上段に振り冠って、右足を踏み込み打の真向に斬り付ける、打は左足を退いて之を十文字に請ける。
 次に、打は右足を退いて逆八相から右面に斬り付けて来る、仕は左足を踏み込んで裏に止める(逆八相に止める)。
 打は又打ち込まんと上段にかむる処、直ぐに右足を踏み込んで打の面に突き込む、打は左足を退き仕の突きを右横に払って来る。
 仕は払われるに従って左足を左斜め前に踏込み体を左に開き請流し右足を踏み込み打の真向へ打込む。
大江先生は英信流居合の型4本目独妙剣の業を独創するに当たり、古伝の請流を基に創作した様に、曽田先生は思われた様です。
 八相に構えて二度打ち合うのはともかく、打が上段に振り冠る所を仕は面に突き込む。この突き込む事が独妙剣の基礎にある、突きを払い落としたが、落すに従って受け流され打込まれる。此処も突きを払われても、この様に応じられるよと警告して、独妙剣では打の突きを打ち払わずに、振り冠ながら摺落して勝つのだ、と云うのでしょうか。
 曽田先生の言われる、4本目独妙剣は、古伝の3本目請流の事とは言えないでしょう。大江先生の英信流の型4本目独妙剣は善い業ですが、打が突き込むのに、体を前に屈めて、「さあ、お斬りなさい」という様な突きは見苦しいばかりです。
 

| | コメント (0)

2019年3月24日 (日)

曽田本その2を読み解く8英信流居合の形8の4独妙剣

曽田本その2を読み解く
8、英信流の形
8の4独妙剣
大江先生
英信流居合の型
4本目
独妙剣:打太刀は、其ままにて八相となり、仕太刀は青眼にて五歩下りて八相となる、仕太刀は左足より三歩出で、右足を踏み出し、打太刀は左足を引きて三本目の如く打合せ、左右と二度打合せ、三度目に左足より、右足と追足にて一歩づつ退き、刀を青眼とす、打太刀は右足より追足にて仕太刀の刀を摺り込みて突を施し、上体を前に屈む、仕太刀は突き来ると同時に左足を左斜へ変じ上段に取り、右足を踏み変へて打太刀の首を斬る、互に青眼となり、打太刀は三歩出で、仕太刀は三歩退り、互に構へるなり。
*
 「三本目の如く」と云うのは、三本目絶妙剣でしょう。業手附ですから省略せずに全部書かなければ、前の業に戻って書き直さなければなりません。
 「仕太刀は八相のまま左・右・左と三歩出で、右足を踏出し打の右面を斬る、打太刀は左足を引きて仕の太刀と打合す。
 仕は左足を踏み出して打の左面を斬る、打は右足を退いて仕の太刀と打合す。
 三度目に仕は右足を踏出し打の右面を斬る、打は左足を退いて仕の太刀と打合す。仕打共に右足前となっています。
 次に、双方右足左足と追足に一歩ずつ退いて、青眼に刀を合す。仕打共に右足前で一歩づつ退いたことになります。
 打は、右足を踏込み左足も追い足に、上体を前に屈んで仕の刀を摺り込んで突きを入れる、仕は摺り込まれるや左足を左斜め後ろに踏み変え、右柄手を右肩を覆う様に摺り落して上段となり、右足を踏み込んで、打の首を斬る・・・。この突き込まれてからの仕の足捌きは「左足を左斜へ変じ上段に取り」で斜め後ろか、斜め前か指定して居ません。間合いによって調整しろと云うのでしょう。それによる右足の捌きも微妙です。
 独妙剣の大江先生の不備な手附を河野先生が大日本居合道図譜で改め、後21代福井聖山先生が無雙直伝英信流之形として教本を冊子にしています(平成3年)
福井先生
独妙剣:打太刀、仕太刀相八相より前進し、間に至るや絶妙剣と同理合いにて二度切り結び、ー(絶妙剣:間に至るや打は上段となり、右足を踏込みて仕の左面に斬込むを、仕機先を制して上段から右足を踏み込みて打の左面に斬込み相打となり物打の刃部にて刀を合わす。打は、仕の気に圧せられて右足を退かんとするを仕之に乗じて左足を踏込み打の右面に斬込む。打は右足を退き、上段より仕の太刀を受ける。)ー三度目に仕太刀は打太刀の退くところをその左面に斬込む。
 打太刀は二刀目と同様に之を受け、互に左足を退きて十分なる同等の気位にて中段となる、  打太刀は機を見て左足、右足と追足にて刀を左に傾け、摺込みて仕太刀の胸部を刺突す。
 註 打太刀は突きたるとき上体を流す。(前に屈むる)
 仕太刀は左足を左に踏出し(右足の左斜前))体を右に披きつつ手元を上げて敵刀を捲き返す。(敵刀を、己が右斜下に裏鎬にて摺落す。)
 仕太刀は打太刀の刀を右斜下に摺落しながら右足を左足の方向に退きつつ上段となるや右足を踏み込みて打太刀の首より肩にかけて斬下す。
註 退く右足はゆかに留まらぬうちに前に進めて斬込む。
 次に打太刀は三歩出で、仕太刀は三歩退きながら中段となりつつ元の位置に復し、双方五歩後退す。(納刀せず)
 福井先生は河野先生の業手附其の儘ですが、八相から上段に取り直して双方左面に斬り込む、次も右面に、その次もに左面に上段に構え直して斬り込んでいます。大江先生は八相から一刀目は右面を斬り込みますから上段から逆八相になるでしょう。次も左面、次も右面、ですから上段に取っているでしょうか。帝国剣道型が制定された頃ですから、真似ざるを得なかったかも知れません。
 打が突きを入れるに当たり、福井先生は「刀を左に傾け」ですから刃を左に向けて胸部を刺突するのでしょう。大江先生の手附は「仕の刀を摺り込みて突きを施し」です。第18代穂岐山先生の弟子で大江先生の居合も眼の前で見ていたであろう、野村條吉先生は、「互に青眼に構えるや敵刃を我刀にて圧しつゝ敵の喉を突く」ですから、刀刃は下を向けたまま咽を突いたと思われます。
 いずれにしても、仕は突きを摺り落す事を学ぶのであって、体を左へ逃がすばかりでは摺り落せません。
 曽田先生は大江先生の独妙剣を「伝書の請流なり、之れは請流しのことを記せり」と云っていますが、どうでしょう。
 次回に、伝書の太刀打之事の3本目請流をもう一度稽古して見ましょう。
 
 
 
 

| | コメント (0)

2019年3月23日 (土)

曽田本その2を読み解く8英信流居合の形8の3絶妙剣

曽田本その2を読み解く
8、英信流居合の形
8の3絶妙剣
大江先生
剣道手ほどきより
英信流居合の型
三本目
絶妙剣:(相八相)(伝書による請込也 是は請込のことを記せり 曽田メモ)
打太刀は其のままにて左足を出して體を斜向きに八相となり、仕太刀は青眼より左足を出して八相となる、仕太刀は八相のまま右足より五歩交互に進み出て、同体にて右足を踏み出して、右面を斬る、打太刀は八相より左足を引きて仕太刀の太刀と打合す、仕太刀は左足を出し打太刀は右足を引きて、前の如く打合せ、打太刀は左足を引きて上段構えとなりて斬撃の意を示す、之と同時に仕太刀は右足を出して體を右半身とし、中腰となりて、左甲手を斬る、静かに青眼になりつつ打太刀は、三歩出で、仕太刀は三歩退る。
 是は古伝の4本目請込(請入)だろうと云っています。チョット違いますが参考にして作られた業だろうと推測できます。
 この大江先生の絶妙剣は、折角八相に双方構えて、仕は右・左・右・左と進み出て、八相から上段に振り冠って右足を踏み込み、打の右面に斬り込んでいます。
 この八相から上段への振り冠は打の右面に斬り込むため行う動作ですが、打も八相ですから其の侭打の左面に斬り込めます。恐らく竹刀剣道の形を意識した打込みでしょう。
 一刀目、打は打ち込まれるので左足を退いて、仕の真向打込みを八相に受けています。
 二刀目、仕は打に受け止められ、上段に振り冠って左足を踏み出し打の左面に斬り込みます、ここは仕は上段ですから真向打ちでもいいでしょう。打は八相に受けた体制で右足を引いて逆八相に仕の斬り込みを請け留る。
 三刀目、打は請け留めるや左足を退いて上段に構える、同時に仕は右足を踏込み右半身になって中腰から打の左甲手を斬る。
 大江先生の手附も抜けがあって、抜けた部分を補修しながら演じなければなりません。
 大江先生は仕の打込みは上段から打ち込ませていますが、八相の儘古流剣術は運剣していると思います。仕が八相から上段に振り冠る際、私なら、仕の上段になろうとする隙に八相から打ち込みこの業を不成立にしてしまいます。
 もう一つ、仕の一方的な斬り込みに打は退きながら受けに回っています、中学生向きの組太刀ですからそれも有りかとも思いますが、打は退きながら仕の隙に打込む事は容易です。
 古伝を知らず、古流剣術も知らない現代居合人では明治の中学生と同等なのでしょう。
参考
古伝神傳流秘書
太刀打之事
4本目
請入(請込):前の如く打合相手は八相に打を前の如くに留又相手より真甲を打を体を右へ開きひじを切先にて留勝。
前の如くとは、3本目請流になります。やって見ましょう。
参考
請流:遣方も高山相手も高山或は肩へかまへるかの中也、待処へ遣方歩行、右の足にて出合ふ、打込を打太刀請、扨、打太刀の方より少し引て裏を八相に打を左足にて出合ふて留め、(相手又打たんと冠るを直ぐに其侭面へ突込み相手八相に払うをしたがって上へ取り右の足にて真向へ勝・・( )は請流の部分)」
*
 高山は上段ノ構えです、肩へかまえるは八相の構えですからどちらでもよいと云っています。但し打込みは上段から八相に打ち込むか、八相から其の侭打込みます。
 古伝のポイントは、仕は前へ出ていますが、打は退きながら仕に攻め込んでいます。大江先生と違う所でしょう。
参考
業附口伝
4本目
請込(請入):(仕打八相)之も同じく相懸りにても敵待かけても不苦、請流の如く八相にかたきスカスカト行て真向へ討込也、敵十文字に請て請流の如く裏より八相に打、其処を我も左の足を出し、請流の如く止むる也、敵其時かむりて表より討たんとする所を其侭左の肘へ太刀をすけるなり。
参考
請流:是は敵も我も八相の構にて行真向へ討込也、(敵は待ちて居ても相懸りにても不苦)敵十文字に請て又八相にかけて打込也、我其の時左の足を一足踏み込て裏を止ると(敵又引きてかむる処を我其侭面へ突込也、敵其時横に腹払ふ也、其処を我体を開きかむり後を勝也(又最後に首根に討込勝もあり 曽田メモ))・・( )内は請流の部分。
*
 仕打八相の構えで相懸りか、打が待つ所へ仕はスカスカト行き八相の構えから上段に振り冠って真向へ打込みます、打は其れを右足を踏み込んで十文字に請け留める。
  打は右足を退きながら逆八相から仕の左面に打ち込んできます、仕は左足を踏み込んで逆八相に受け留める。
 打は左足を退いて上段に構えるところ、仕は右足を稍々右に踏み込み、左足を右足後ろに摺り込み半身になって体を低くして打の左肘へ下から掬う様に斬り込む。
 大江先生と異なる処は、古伝と同様仕は、前に出て、打は退きながら攻めてきます。
 古伝と略同じ動作と読めるだろうと思います。大江先生は何故仕の攻撃を打は請けるばかりにしたのでしょう。中学生向きとして手心を加えたのでしょうか。打の下がり乍ら斬り込むのは多少難しく、仕の攻める姿勢で防禦するのは難しいとされたのでしょうか。
 業名の絶妙剣も古伝は請入で、相手の攻撃に退かずに攻める姿勢である「請入・請込」の当を得た業名を変えています。古伝太刀打之事には8本目に絶妙剣の業名を持つ組太刀があります。
 太刀打之事絶妙剣
「高山に構へ行て打込み、打太刀より亦打込を請て、相手の面へ摺り込み、相手肩へ取る(請くる時は切先に手をそへ頭の上にて十文字に請け留るあり)」
 大江先生は古伝を知らなかったか抹殺してしまう意図があったのでしょうか、心あれば元の組太刀の業名を盗用しなかったでしょう。

| | コメント (0)

2019年3月22日 (金)

曽田本その2を読み解く8英信流居合の形8の2拳取

曽田本その2を読み解く
8、英信流居合の形
8の2拳取
大江先生
英信流居合之形
2本目
拳取):(立姿)(納刀)・傳書に因る附込なり・之れは附込みのことを記せり(曽田メモ)
1本目と同様虎走りにて出て、膝にて抜き合せ、仕は左足を打の右足の側面に踏み込み、左手にて打の右手頸を逆に持ち下へ下げる、打は其侭にて上体を稍前に出し、仕は夫れと同時に右拳を腰に當て刀尖を胸に着け残心を示す、仕は一歩退く、打は一歩出て青眼の構となる。(仕は五歩青眼にて退り打は其侭にて位置を占む)
参考
古伝神傳流秘書
太刀打之事
2本目
附入:(附込とも云う 曽田メモ)前の通り抜合せ相手後へ引かむとするを附入左の手にて拳を取る右の足なれ共拳を取る時は左の足也
参考
曽田本その1
業附口伝
2本目
附込:(仕打納、附入共云う 曽田メモ)、是も出合の如く相懸りにて右の足を先にして場合にてさかさまに抜合せ敵の引かんとする処を我左足を一足付込左の手にて敵の右の手首を取る此の時は左下に引きて敵の体勢を崩す心持にてなすべし、互に刀を合せ五歩退き八相に構へ次に移る也
 出合と刀を抜合わせる処まで、それぞれに同じです。
1、
大江先生:「仕は左足を打の左足側面に踏込む」相手の動きは関係なく附け込んでいます。
古伝:「相手後へ引かんとするを附入る」
業附口伝:「敵の引かんとする処を我左足を一足付込」
相手が退かんとするのに付込んで左足を踏み込むのが、附け込みの鉄則でしょう。双方の刀は右足を踏み込んで抜き合されています。相手の刀をどちらかが受け留めていれば、双方の右足は触れ合わんばかり近いこともあり得ます。
形だからと遠間で、双方の刀が相手に届かない位置で抜合わせるなどありえません。我が出足を越して相手の右足側面にスット踏込む。
2、
大江先生:「左手にて打右手首を逆に持ち下へ下げる」おまけは「打は其侭にて上体を稍前に出し」てくれる。
 「打の右手首を逆に持ち」は文章からは読み取れません。
 相手の右手首を外側に捻じってみたり、内側に捻じって見たり、思いつくまま好きにやればいいのでしょうが、附け込みが浅ければ、大江先生の「右手頸を下に下げ」我が左身の内に引き落とせば相手の体勢は崩れます。深ければ相手の手頸を押さえて其の侭下に引き落とせば崩れるものです。
 いたずらに逆手に取って相手の手頸を制しておいてから崩す必要はないでしょう。大男のでかい手首など簡単に逆手に取れません。左足を踏み込み附入ると同時に相手を崩すことがポイントです。
古伝:左の手にて拳を取る・・拳を取る時は左足也。右足前で抜き合せているけれど拳を取る時には左足を踏み込んで、附入って拳を取れと云っています。
業附口伝:左足を一足付け込み左の手で敵の右手首を取り左下へ引き体勢を崩す。
3、
大江先生:右拳を腰に当て刀尖を相手の胸に着けて残心。
古伝:特に記載はありません。
業附口伝:敵の体勢を崩すで終わっています。
 此処は、大江先生の残心の心持ちは参考にすべきところでしょう。相手を崩し引き倒すとか後ろに押し倒すとかしない場合は、右手の刀を有効に活用するのは当然でしょう。切先は相手の胸か水月にいつでも刺突できる様に向いているものです。
 時代を経て昔の教えの抜けて居る所を補うのはよしと云えるかもしれませんが、其の為にやるべき事がたった一つになって、武的踊りになる事は要注意です。
 大江先生の英信流居合の型を現代風にまとめられているのは、河野百錬先生の大日本居合道図譜でしょう。一部訂正して借用しているのは21代福井聖山先生の平成3年の「無雙直伝英信流之形」でしょう。
参考
拳取:出会の要領にて虎走りで前進し、同じく膝の処にて斬結ぶ。打太刀圧せられて退かんとするを仕太刀すかさず」左足を打太刀の右足の斜め右方に踏込み、右足を大きく後に体を右に披くや打太刀の右手を左手にて上より逆に握り(中指は手首関節部に拇指は手の甲に)左下方に引きて打太刀の体勢を右に崩し、右手の自由を奪い、己の右手を腰部に把り、刃を外に向けて剣先を打太刀の胸部につくる。(胸部を刺突する)
 {我左に転じて、敵の体勢を崩し其胸部を刺突す。(古伝には敵刀の下より刺突する)} この{ }の部分河野先生の拳取より削除されている。
 仕太刀、右足より右に元の位置に復しつつ双方中段となり互に五歩後退す。(納刀せず)
河野先生の仰る古伝とは何か不明です。
*
3月19日からブログのリニューアルとかで、閲覧不能が続いています。
せっかくアクセスいただきながらご覧になれない様で申し訳ありません。
リニューアルされたシステムにも不慣れで悪戦しています。
原稿は先の方まで書き終わっていますので今しばらくご容赦下さい。
2019年3月22日 ミツヒラこと松原昭夫
 

| | コメント (0)

2019年3月21日 (木)

曽田本その2を読み解く8英信流居合の形8の1出合

曽田本その2を読み解く
8、英信流居合の形(大江先生独創)
8の1出合
参考
古伝神傳流秘書
太刀打之事(鞘木刀也 立合之事也)
1本目出合:相懸りにかゝり相手より下へ抜付るを抜合せ留めて打込相手請る右足也
大江先生(曽田本その2曽田先生剣道手ほどきより写す)
英信流居合の型
1本目
出合:(立姿)(納刀)打太刀は柄に手をかける、仕太刀も打太刀の如く柄に手を掛け、双方体を少し前方に屈し虎走りにて五尺の距離に出て、右足を出したる時、膝の処にて打は請け、仕は抜打にて刀を合す、仕は直に右足左足と一歩摺り込み、上段より真直に打ち込む、打は左足より右足と追足に退き刀を左斜にして受け、仕は二歩退り打は二歩出て、中段の構となり残心を示す、之れより互に五歩退き元の位置に帰り血拭ひ刀を納む
 古伝太刀打之事の一本目は「出合」です。大江先生の英信流居合の型の一本目も「出合」。
 同じ業名である事は、大江先生の守備範囲から想定すれば古伝の太刀打之事を以前に見知っていて、土佐の居合の形を取り入れつつ改変したものと推定できます。
 古伝は抜けだらけですが、武術の素養さえあれば動作は出来るものです。大江先生は稍々丁寧な手附ですから古伝とポイントを探ってみます。
1、
双方:刀を鞘に納めて立ち合う。
2、
大江先生:相懸かりに虎走りの要領で、柄に手を掛け、稍や腰を屈め、小走りにて数歩進み出る。 
古伝:相懸りに、立って向へ(双方相向かい合って)つかつかと行く(抜刀心持之事虎走りでは腰を屈めつかつかと行く)
3、
大江先生:右足を出したる時、膝の処にて打は請け、仕は抜打にて刀を合わす。この文章は意味が読み取れません、無理に考えれば、打は膝の処で請けていますから仕が抜打ちに打の膝に抜き付けたので打に受け止められた、と読む事も出来ます。
もう少し突っ込んで想定し「仕は抜打にて刀を合す」を強調すれば打が先に抜いて膝に切り込もうとしてきたが、仕は機先を制して打の膝に抜き打ったが打に請け止められた。となりそうです。
 どちらにしても、打に受け止められて刀をあわせることになって、是は相打ちでは無いと云う事です。
古伝:「相手より下へ抜付るを抜合せ留めて」ですから、明らかに打が先制攻撃し抜き付けて来たので仕は受け止めた、大江先生と逆の動作となっています。打ち込まれた部位は「下」です。
4、
大江先生:「仕は直ぐ右足左足と一歩摺り込み、・・打は左足より右足と退き」ですが、仕は右足を踏み込んで打に抜き付け刀を合わせているならば、右足から摺り込むのは、打が先に退いてくれないと難しい、一般的には、左足を右足に引き付け相手を圧して右足を踏み込むのが良さそうです。
古伝:「留めて打込む」仕は打の切り付けを受けていますから、即座に反撃に移る必要があります。相手の刀を摺り上げながら摺り込み、追い込んで打ち込むとも読めます。
5、
大江先生:打は後足の左足から半歩下がり、右足を追い足に引いて、仕の打込みを「刀を左斜にして受け」ています。
 この文章から「刀を左斜」とは、切先が左であるべきでしょう。見ていますと大方柄を左に切先は右斜め上です。何処で変わったのでしょう。
古伝:打は仕の打込みに「相手請る右足也」ですから左足右足と追い足で下がり右足前で「請る」でしょう。請け様は指定せずです。相手の打込みが充分読めていれば、切先左に刃を上左手を物打ち下に添えて顔前頭上で請ければ、其処から反撃も可能でしょう。
参考
曽田本その2の曽田先生記述
業附口伝
太刀打之位
1本目出合:是は互に刀を鞘に納めて相懸りにてスカスカと行、場合にて右の足を出しさかさまに抜き合せ、敵引く処を付込みて左足にてかむり右足にて討也、此の時敵一歩退き頭上にて十文字に請け止むる也、互に中段となり我二歩退き、敵二歩進み改めて五歩づつ退く也納刀。
 業附口伝は河野百錬先生の昭和13年発行の「無雙直伝英信流居合道」の第五節居合之形之部にあるものと同じ文面になります。曽田先生の書写された業付口伝を記載したもので「以下記し所は當流古伝傳の略述にして文責筆者に在り}とされています。曽田先生に敬意を払っていると思われます。
 昭和30年発行の「無双直伝英信流居合兵法叢書」には古伝神傳流秘書が全巻記載されこの業付口伝は先に発行した「無雙直伝英信流居合道」以外に在りません。
この業附口伝の出合
1、
互に刀を鞘に納め
2、
相懸りにてスカスカと行であって、虎走りの走り込みはしていない。
3、
さかさまに抜き合わせる、この文章は意味不明ですが、古伝から類推すれば双方刃を下に向け膝に抜き付けるのでしょう。
4、
敵引く処を打込む、仕は左足を踏み込み上段に冠リ、打が退く処を、右足を踏み込んで打ち込んでいます。
5、
相手頭上にて十文字に請け止むる。刀で刀を受ける場合十文字請けと云われますが、刀の運用は様々です。
 ここは、敵は、相打となった抜き付けから、直ぐに間を切って退いています。仕の打込みを予測すれば、刃を上に、切先を左に左手を物打ち下に添え、顔前頭上で十文字に請けるべきでしょう。
 この十文字受けは、次の打の反撃が予測されるものとなります。
 次いでですが、左手を添えた十文字受けの左手の添え方は、左掌を斜め左前で上向けにし、拇指は内側にして、相手側で人差し指の付け根に刀の峯を当て、小指下の膨らみにも峯が当たる様に掌で刀の峯を支える心持で添えるべきでしょう。
 拇指と人差し指の股で支えるべきものではありません。多くの教本が拇指と人差し指の股に刀の峯をのせて添わせていますが、上段からの斬撃は強く真剣でやるべき事とは言えません。
 尚、詰合などの組太刀では十文字受けした刀を摺り落して詰める展開が見られ、この出合でしっかり稽古しておくべきものです。
 従って大江先生の、意味不明ですが「刀を左斜」にして受けるだけの応じ方は進められるものではありません。
 打はあくまでも仕を導く上位者であるべきでしょう。かつて師匠に習ったからなどと云っている人が居ますが、現代居合の師匠ですか・・組太刀の精通者に出合ったことがありませんのでそこに拘るのはどうでしょう。
 もう一つ、仕の打込みに打が後ろへそっくり返って受けているのを見る事があります。いくつかの教本に見られますが、ありえない、あってはならない動作でしょう。
 そうならない体裁きが打に在るべきもので、組太刀の一本目に意味不明な踊りを踊っていてもおかしいだけです。
 打に受け止められて力押しで押しつぶす様にするのですか、いい加減に可笑しなチャンバラはやめたいものです。

| | コメント (0)

2019年3月20日 (水)

曽田本その2を読み解く8英信流居合の形8発声

曽田本その2を読み解く
8、英信流居合の形
8発声
大江先生
英信流居合の型
発声:発生は相互の打合せ、或は受け又は打ち込みたるとき、其業毎にイーエーと長く引きて声を掛け合ふなり。
 発声について、大江先生、堀田先生の「剣道手ほどき」では「イーエー」と掛ける様に書かれています。
 大江先生の独創による「英信流居合の型」ですからこの型を打つ場合は、この「イーエー」と掛けるのは当然です。
 英信流の仕組(組太刀)はすべてこの「イーエー」の掛け声を掛けるものと思われている方もおられる様です。
 古伝神傳流秘書には太刀による型(形)は太刀打之事・詰合・大小詰・大小立詰・大剣取の5種の形があります。
 古伝の形で掛け声を出せと云っているのは一つもありません。大江先生の7本の英信流居合の型で「イーエー」と言ってその方達は学んで来たのでしょう。太刀打之事や詰合でもイーエーとやっています。
 中学生に指導したり、徴兵にとられて兵士として統一的に訓練される場合は、掛け声も有りかと思いますが、古伝は無言です。
 武術は相手に起こりを見せない、まして相対するものを威嚇する様な発声は不要です。打ち込む際、呼気と同時に声が出てしまうのすら心すべきものでしょう。
 発生を奨励するならば居合抜其のものでは何故発声しないのですか。その上、鞘鳴りも嫌い、足音も立てない、対敵相手の勝負は、静かな中に始まり終わるものです。気は修行により発せられるもので、それも相手にも、まして周囲の者に感じさせないものです。
 江戸末期に古伝が変形されてきた一つに、五藤先生、谷村先生による「業附口伝書」なるものを、曽田先生の実兄土居亀江及び田口先生(不明)から曽田虎彦先生と竹村静夫先生が指導を受けられたと曽田メモが残されています。
 古伝の簡潔な文章では不明な部分があって余程武術を修錬した者でないと読みこなせませんが、この「業附口伝」は古伝の書かれていない部分を想定した手附ですから、学び易いものになります。
 この「業附口伝」は原書は、不明です。恐らく高知の空襲などによって焼失したか、実兄土居亀江が五藤先生、谷村先生から口伝で受けものを、曽田先生に口伝され、曽田先生が書き留めたものであろうと思われます。
 この「業附口伝」が最初に世に出たのは曽田先生から、写しを譲られた河野百錬先生が昭和13年1938年に発行した「無雙直傳英信流居合道」の第五節居合形之部第二太刀打之位から第三詰合之位、第四大小詰、第五大小立詰にそっくり載せられ、「以下記す所は當流古傳の略述にして文責筆者に在り」とされています。河野先生40歳大日本武徳会居合道錬士の頃のことです。
 この「無雙直伝英信流居合道」の業附口伝が広まって古伝の形が稽古されたと思われ、古伝の形は神傳流秘書の形を忘れっぱなしにしてしまったと思われます。
 土佐の居合の形である古伝神傳流秘書太刀打之事及び曽田先生記述の業附口伝太刀打之位何れも、発声については記載されていません。
 次回から、英信流居合之型を一本ずつ読み解いていきます。
 参考とする資料
曽田本その2より英信流の形
大江先生の剣道手ほどきより英信流居合の型
曽田本その1より古伝神傳流秘書の太刀打之事
曽田本その1より業附口伝太刀打之位
嶋 専吉先生無雙直伝英信流居合術形乾より太刀打之位
河野先生の大日本居合道図譜無雙直伝英信流居合道形
福井聖山先生の無雙直伝英信流之形太刀打之位
山本宅治先生の英信流居合之形
政岡壱實先生の無雙直傳英信流居合兵法地之巻より太刀打之位
野村條吉先生の無双直伝英信流居合道の参考より英信流居合形
その他

| | コメント (0)

2019年3月19日 (火)

曽田本その2を読み解く8英信流居合の形8作法

曽田本その2を読み解く
8、英信流居合の形
8作法
大江先生
英信流居合の形
(元来居合術は敵を斬る形なり故に居合には形と云うものあるべからず伝書に示さるゝ詰合之位、太刀打之位と云うべきなり  曽田メモ)
 古伝は、太刀打之事、詰合、大小詰、大小立詰、大剣取という様な呼称の呼び方をしており、曽田先生の言われる様な、太刀打之位、詰合之位という云い方は、曽田先生が谷村派第16代五藤正亮先生、谷村亀之丞自雄先生の「業附口伝書」を演じるに当たり自ら詳述した業附口傳に・・・位と付けられています。
 この五藤正亮先生の業付口傳書は実在せず、曽田本では曽田先生の業附口伝となります。
 江戸時代後期の組太刀(土佐では仕組)は、古伝を基に手を加えられ、古伝の趣は失われ始め、形となってしまい、武的感覚に乏しい様です。
 たとえば、太刀打之事と太刀打之位の手附を読んでみます。
古伝1本目出合:相懸りにかゝり相手より下へ抜付るを抜合せ留て打込相手請る右足也
業附口伝1本目出合:是は互に刀を鞘に納めて相懸りにてスカスカと行、場合にて右の足を出しさかさまに抜き合わせ敵引く処を付込みて左足にてかむり右足にて討也此の時敵一歩退き頭上にて十文字に請け止むる也、互に中段となり我二歩退き、敵二歩進み改めて5歩づつ退く也納刀。
 古伝と江戸末期の文章の違いは大きく、動作の順番は確かに業附口伝が判りやすい。然し何を目的にこの業を稽古するかは古伝の「相手より下へ抜付けるを抜合せ留て打込」であって、業附口伝は「相懸りにすかすかと行、場合にて右の足を出しさかさまに抜き合わせ敵引く・・」是では、双方の中間で刀を合わせている、相打ちです。
 古伝は相手が先に打ち込んで来るのを受け止めています。そこから勝負に出ます。
 抜き合せただけの相打ちで無い処が読めたかどうかでしょう。
 ・・之位という呼び名は何処かの流派の借り物だろうと思います。古伝は「形」と云う送りすら用いていない事にこの流の素晴らしさが秘められていると思います。作法に戻ります。
作法:刀は左手にて鞘を持ち親指にて鍔を支へ其の握りを腰部につけ45度の傾斜に下げ、右手は横腹につけ不動の姿勢となり、互に十尺ほどの距離を取り対向し一礼を行ひ、更に五尺の距離に進み神殿に向ひ黙礼をなす。
 更に向ひ合ひ静に正座す、刀を右手に持ち代へ前に五寸程離して置き互に両手をつき礼を行う(之は刀に対する礼ならん 曽田メモ)、一応両手を膝の上に置き右手に刀を持ち腰に差し、再び両手を膝の上に置き、更に左手にて鞘を握り拇指を鍔に添へ、右手は其侭右足を前に出し其の足を左足に引き揃へ直立す。
 次に左足より互に五歩退り、止まる時は右足を前に左足は約五寸程引踏む、此の構にて互に進み出でて第一本目を行う。
第20代河野百錬先生
無雙直伝英信流居合道形(太刀打の位)
作法:
1)相互の礼、道場の末座にて約5尺を隔てゝ対座す。註、正座の姿勢と同様に端坐して刀は右脇に刃を内に向け鍔を膝の線に置く。
2)次にお互いに礼をなす。
3)神殿に礼、居合と同要領にて刀を左手に提げて立ち、静かに道場の中央に進み互に10尺を隔てゝ神前に向ひ右手に刀を取替へて神座に最敬礼を行ふ。
4)坐礼、立礼のところにて向ひ合ひて黙礼し静かに進み約5尺を隔てゝ対座す。刀を前に置き居合の要領にて坐礼をなす。
5)帯刀、帯刀す。次に左手の拇指を鍔にかけて鞘を握り右足を踏込みて立上り其足を左足に退きつけて直立し、互に左足より5歩後進して対向す。之より業に移る。
 良く整理された作法です。是もどこかの借り物でしょう。古伝にはこの様な作法は何処にも記述されていません。
 古伝を学ぶとは対敵相手の武術を学ぶのであって、演武会のかっこいい演舞をするためでは無かったはずです。

| | コメント (0)

2019年3月18日 (月)

曽田本その2を読み解く8英信流居合の形8初めに

曽田本その2を読み解く
8、英信流居合の形
8初めに
 この英信流居合の形は、大江先生、堀田先生による共著「剣道手ほどき」にある組太刀で土佐では仕組などと云うものです。
 古伝の稽古の順番は、大森流居合之事、英信流居合之事、と居合抜の稽古を進め、仮想敵相手の一人稽古から相手を設けて打ち合う太刀打之事(鞘木刀也 立合之事也)と進んで行きます。
 居合では得られない、相手との間と間合いを知ることが出来るものとして剣術の基本を学ぶものであったと思われます。
 防具を付けた竹刀剣道が江戸時代後半から盛んになって、形は本来の姿を隠してしまい形骸化した打ち合いの形に終わっています。
 第20代河野百錬先生は、大日本居合道図譜に於いて「形は之に依りて姿勢を正確にし、眼を明かにし、技癖を去り、太刀筋を正しくし、動作を機敏軽捷にし、剣撃を正確にし、間合をしり、気位を高め、気合を錬るなど甚だ重要なるものなり。
 形を演ずるに当たりては十分に真剣対敵の気を罩(こ)め、寸毫の油断なく、一呼吸と雖も苟(いやしく)もせず、居合の法則に従ひ確実に演錬すべし。
 形に最も重んずべきは単に其の動作のみならず実に其の精神にして、気合充実せず、精神慎重を欠かば、如何に軽妙に之を演ずるとも一の舞踊と択ぶ所なし。学者の心すべきところなり」と大上段に振り冠って斬り込んできます。
 大江先生の「英信流居合の形」では術と云えるほどのものはありませんが、本来江戸時代前期までに完成していた各流派の形は、形ばかり真似ができても、その流の「術」が全うできなければ唯の、チャンバラごっこに過ぎないものです。
 打太刀が打たせてくれたので其処を打ったでは術にならないのです。まして力強く素早く打ってみたところで、軽く往なされてしまうのが落ちでもあり、意味不明の打ち合いに終始して無駄な時間を過ごす事にもなります。
 居合から始めた者も、竹刀剣道から始めた者も、古流剣術の妙は奥深いものです。
 大江先生の、英信流居合の形を、河野先生が「太刀打の位」との括弧書きしてしまいましたので、古伝「太刀打之位」と同程度に思われる、無双直伝英信流の連盟や道場も有る様です。
 曽田本その2を読み解きながら、大江先生の中学生向きに改変された「英信流居合之形」を稽古して見ます。
 曽田先生は「自分昔中学時代に三四指導を大江先生より受けたる際に単に長谷川流の形と云て居たり 明治37年頃)」と添え書きされています。なお「無雙直伝英信流伝書の業付とは全部これ合わず 大江先生の独創ならん」と書かれています。
 近年ミツヒラブログによって誰でも、古伝に触れて読むことが出来るようになってきました。
 現代居合や大江先生の組太刀が何とか打てれば古伝の簡単な解説によっても出来そうなことに触発され、ミツヒラブログの実証を木村栄寿先生の林崎抜刀術兵法夢想神傳重信流や、河野先生の無双直伝英信流叢書によって確認されて、土佐の居合の組太刀や棒、和(やわら)などの古伝が顧みられる様になってきました。
 居合も表と裏を修業した上で武術の領域に入って行かれるものです。曽田本その1が本命ですが、曽田本その2も多くの気付きを与えてくれました。 読み進んで行きます。
 
 

| | コメント (0)

2019年3月17日 (日)

曽田本その2を読み解く7長谷川流奥居合その他7の2業名対比

曽田本その2を読み解く
7、長谷川流奥居合その他
7の2業名対比
土佐の居合の奥居合の業名を古伝・行宗先生・大江先生・細川先生の順に並べて対比しておきます。
 
 1、向払(古伝、細川)、霞(行宗、大江)
 2、柄留(古伝、細川)、脛囲(行宗、大江)
 3、向詰(古伝、細川)、両詰(行宗、大江)
 4、両詰(古伝)、両詰(細川)、戸詰・戸脇(行宗、大江)
 5、三角(古伝、細川)
 6、四角(古伝、細川)、変形四方切(行宗、大江)
 7、棚下(古伝、細川、行宗、大江)
 8、人中(古伝、細川)、壁添(行宗、大江)
 9、行連(古伝)、行連(細川、行宗、大江)、
10、連達(古伝)、変形連達(細川)、行違(行宗、大江)
11、行違(古伝、細川)、変形袖摺返(行宗、大江)
12、夜ノ太刀(古伝、細川、行宗、大江)
13、追懸切(古伝、細川)、変形虎走(行宗、大江)
14、五方切(古伝)、五方斬(細川)、惣捲(行宗、大江)
15、放打(古伝、細川)、惣留(行宗、大江)
16、虎走(古伝、細川、行宗、大江)
17、抜打(古伝、細川)、暇乞(行宗、大江)
18、抜打  同上
19、抜打  同上
20、抜打(古伝、細川)
21、弛抜(古伝)、馳抜(細川)
22、賢之事(古伝手附なし)
23、クゝ捨(古伝手附なし)
24、軍場之大事(古伝具足心得)
 古伝の業を古伝の業名を以って、概ね行っているのは、細川先生系統の梅本三男先生居合兵法無雙神傳英信流抜刀術に残されているようです。現代居合では広島の貫汪館森本邦生先生の様です。此処でも、古伝の変形及び替え業が存在します。時の流れとは、進化なのか失念なのか現実です。
 現代居合は、対敵意識の乏しい形の追及に拘って「昔はこうだった」という嘘はつかない方が良さそうです。対敵意識を失えば武術がスポーツ化して、演武が演舞になってしまいます。
 形のみ追及していきますと、歳を取って体力も腕だけの強さや、柔軟性や速さも衰えるものですから、若い時に培った形も見劣りして無残なものです。
 武術は歳を取っても有効でなければ意味はありません。若い時の思い出では意味の無いものになります。対敵相手の業技法の研鑽が求められ、業が進化していかなければならないのです。
 その、進化は、いつから学び如何にすべきかは対敵意識をもった武的思考が、現代居合に疑問を持った其の時かも知れません。
 人それぞれであり、その領域に踏み込まない限り訪れる事も無く、役にも立たないへぼな踊りで終わるのでしょう。
 武術は居着く事を嫌います。それは業技法にも、心にも求められるものと思います。去年と違う者でありたいものです。
 昨日よりは今日、今日よりは明日を目指して・・・・。

| | コメント (0)

2019年3月16日 (土)

曽田本その2を読み解く7長谷川流奥居合その他7の1虎走

曽田本その2を読み解く
7、長谷川流奥居合その他
7の1虎走
参考
古伝神傳流秘書
抜刀心持之事
13本目(立業6本目)
追懸切:抜て向へ突付走り行其侭打込也
16本目(立業9本目)
虎走:居合膝に坐して居立って向へ腰をかがめつかつかと行抜口の外へ見へぬ様に抜付打込納又右の通り腰を屈め後へ引抜付打込也
* 
 古伝の追懸切は大森流の虎乱刀(是は立事也幾足も走り行く内に右足にて打込み血震し納る也但し膝を突けず)の様ですが、追懸切は既に抜刀して追い掛ける所が違います。相手に切先を突き付け追いすがるや上段から打ち込むわけです。どちらも上意討ちなどの心得に相当するものでしょう。
 追懸切は走り行きますが、虎走は抜き口が見えない様に腰を屈めつかつかと行のです。
行宗先生
長谷川流奥居合座業抜方
8本目
虎走り:虎走り (手附はありません ミツヒラ)
行宗先生
長谷川流奥居合立業抜方
9本目
追懸切:大森流10番に同じ(是も霞みてかかり右足にて突き真向を打つ也 曽田メモ)
行宗先生は虎走りを第14代下村茂市から伝授されていたのか曽田本その2からは、習っていなかった様に思えてしまいます。
お二人の出合いと別れの年表を確認して見ます。
嘉永3年1850年  行宗貞義生まれる
明治23年1890年 曽田虎彦生まれる
この年行宗先生40歳
明治36年1903年 曽田虎彦高知二中入学13歳
この年行宗先生に師事す、行宗先生53歳
明治41年1908年 曽田虎彦高知武徳殿助教師18歳
この年行宗先生58歳
大正3年1914年 行宗貞義没す64歳
この年曽田虎彦24歳
大江先生
長谷川流奥座業抜方
8番目
虎走り:(中腰となり走り抜斬又後しさりして抜斬る)座したる処より柄に手をかけ稍腰を屈め小走りにて数歩進み出て右足の踏出したる時抜き付け同体にて座して斬る(血拭い納刀するや)刀を納めて2、3寸残りしり時屈めたる姿勢にて数歩退り左足を退きたる時中腰にて抜付け上段となり座して斬る
参考
細川義昌先生系統の梅本三男先生
居合兵法無雙神傳英信流抜刀術より
英信流奥居合之部
9本目
虎走:(次の間に居る者を斬り 退る処へ追掛け来る者を斬る)正面へ向ひ居合膝に座し、左手を鯉口に右手を柄に執り抱へ込む様にして立ち上がり、上体を俯け前方へ小走に馳せ往き腰を伸すなり右足踏込んで(対手の右側面へ)抜付け、左膝を右足横へ跪きつつ諸手上段に引冠り、更に右足踏込んで斬り込み、刀を開き納めたるまま立上り、又刀を抱へ込む様に前へ俯き小走に退り腰伸すと同時に左足を一歩後へ退き、追掛け来る者へ(右側面へ)大きく抜付け、又左膝を右足横へ跪きつつ諸手上段に引冠り右足踏込んで斬込み、刀を開き納め終る。
 大江先生と細川先生の虎走りは同じ様な業でしょう。下村派第14代下村茂市から伝わっているのでしょう。古伝神傳流秘書の抜刀心持之事虎走は現代居合にも伝わる事は出来ました。
 但し、足捌きなどの細部に時代が経ると尾ひれがついて、意味不明な動作が入り込むのはやむおえないでしょう。
 見直して、「かたち」では無い居合心を見直すべきでしょう。
 三豊蘆洲会の故岩田憲一先生は曽田先生の曽田本を読まれ次のような文章を残されています。
参考
 第九代林六太夫守政 口授
 第十代林安太夫政詡 誌
 居合兵法極意訣
古書の技法を推察して
 古書の教示は、その時代に於ける種々な居合兵法的技法を考えたものであろうが現在我々の演武するものは、第17代大江正路先生が研鑽され纏められたもので、二百年の年代的間隔によって技法そのものにも非常に近代化されたものと思はれる。
 即ち二百年前の技法は主として兵法を考えて、それぞれの場合に即応した或は即応し得る様に誘導した対敵技法であり、現代のものは全くその実用性の無い時代故、大江先生が古技法を守りつつ体育的現代感覚を多分に加味して創案し、存続せんとされたものであろう所に両者の全く異なる点がある。
 亦、古書の技法は身命を賭して必勝を期した体験的戦力としての技法であるが、現在のものは技法の末葉を形に重きをおいて、それぞれ異なるものを作為した形の領域を多分に保有する技法である。
現代技法に対する状況の明確化
 ・・現代技法に対する状況が余り明確でないものが間々有る故に、これ等の技法に対しても古書に基き明確化する事が必要であろう。
 岩田先生は、太田次吉先生の御弟子さん(土佐英信流の打太刀を勤められた中田敏之先生)から曽田本の写しを譲られ、古伝のご研究をされています。
 曽田本を手にされたのが遅すぎたと云える先生です。「土佐英信流旦慕芥考」などでは語ろうとして語り切れないままであったろうと思われます。

| | コメント (0)

2019年3月15日 (金)

曽田本その2を読み解く6長谷川流奥居合立業抜方6の11暇乞

曽田本その2を読み解く
6、長谷川流奥居合立業抜方
6の11暇乞
古伝神傳流秘書
抜刀心持之事
17本目抜打
18本目抜打
19本目抜打
(暇乞三本 曽田メモ):格の低き者に対する黙礼の時。等輩に対する礼の時。目上の者に対する礼の時。(曽田メモ)
 抜刀心持之事には(暇乞三本)は存在しません。曽田先生が「抜打」として付け加えたのではないかと思います。或は下村派の第14代下村茂市からの伝授かもしれません。証明のしようはありません。
 「抜打」の名称をあてています。「抜打」:歩み行中に抜打に切先に打心也。
 歩み行くので、現代居合の「暇乞」とは思えません。
行宗先生
長谷川流奥居合立業抜方
暇乞:存在せず
大江先生
長谷川流奥居合立業抜方
奥居合 立業の部
19番(11番 立業):(黙礼)(頭を下げ礼をする)正座し両手を膝の上に置き黙礼し右手柄に掛けるや刀を斜に抜き付け上段にて斬る。
暇乞
20番(12番 立業):(頭を下げ礼をする)両手を板の間に付け、頭を板の間近く下して礼をなし、両手を鞘と柄に同一に掛け直ちに上に抜き上段となり、前面を斬る。
暇乞
21番
暇乞(13番 立業):(中に頭を下げ右同様に斬る)(極意の大事 曽田メモ)両手を膝上に置き黙礼より稍や低く頭を下げて礼をなし、右手を柄に掛け刀を斜に抜き上段にて斬る。(止め)(立合終り)
 (之れは座業にて抜くべきものならん? 曽田メモ)。座業でしょうが、「止め」「立合終り」と云う事で長谷川流奥居合座業、立業の最後に大江先生は持ってきたのでしょう。
 暇乞の業は、古伝に無いのに一見有る様に曽田先生は抜刀心持之事の後ろの方に書き込んでいます。
 木村栄寿先生の「林崎抜刀術兵法夢想神傳重信流伝書集業手付解説」では「坪内清助長順 花押 右之通諸事手付不残令相伝者也 干時天保十二辛丑之年仲春 島村右馬亟(丞)殿」
 抜刀心持之事に暇乞に相当する抜打は存在しません。大江先生の独創に為るものだろうと思います。
 暇乞21番の曽田先生の添え書きに「極意の大事」と有ります。英信流居合目録秘訣の極意之大事一項目に「暇乞」の極意が述べられています。
 「暇乞:仕物抔を云付られたる時抔其者之所え行て四方山の咄抔をして其内に切べし隙之無のときは我が刀を取て又近日と立さまに鐺を以て突き倒し其侭引ぬいて突也 又は亭主我を送て出る時其透間を見て鐺にて突たおして其侭引ぬいて突くべし」
 大江先生の暇乞とは繋がる雰囲気は、動作からは感知しがたいものです。大江先生の19番目の暇乞を、考察する場合、状況の捉え方はいくつかあるでしょう。
一つは、黙礼するや相手の害意など無くとも、黙礼しながら体を起しつつ一方的に抜打ちする。
一つは、我が黙礼に合わせ乍ら、相手が一方的に斬り込んで来るので、刀を斜めに抜き上げ摺り落して打込む。
 この二つの動作は、20番、21番も同様でしょう。礼の仕方の浅いか深いかの違いに過ぎません。
 現代居合は頭の下げ様から、第22代池田先生の無雙直伝英信流居合道解説から
前提は、主命を帯びての上意討ちの際機先を制するものです。
暇乞その1:僅かに頭を下げて黙礼するや両手を刀に掛ける
暇乞その2:先ず頭をさげ、左手を着き上体を前に屈めつつ右手を着かんとして指先床に触れるや、その瞬間両手を刀に掛ける。
暇乞その3:両手を着き、最敬礼の要領にて頭が床に着かんとする処まで下げるや、直ちに上体を起こしつつ抜刀
 大江先生の暇乞は前提となる想定が不十分です。その上21番の順序は是で良いのか疑問です。
 暇乞は一方的な我からの攻撃で騙し討ちとされ、演武会での演武を現代居合の正統会ではご法度としていますが、上意討ちの際、相手の害意を察して機先を制するとしながら、騙し討ち、不意打ちは無いでしょう。
 礼の仕方の上中下に応じた抜打ちであり、「刀刃を左外に向け倒しながら右柄手を顔前を通して刀を己が上体の左外前方に抜き懸ける」、とされていますから、相手の斬り込みが早くとも摺り落せる技法を述べられています。
演武会での演武まかりならぬなど、あり得ぬものでしょう。
大江先生は特別に暇乞として「剣道手ほどき」の長谷川流奥居合の最後に置かれていますが、大森流の抜打、英信流居合立膝の部の真向によって抜打は稽古されています。
暇乞の状況下での礼の際の運剣法としてそれらの替え業に過ぎません。
細川義昌先生の系統の梅本三男先生、居合兵法無雙神傳抜刀術より
英信流 奥居合之部
20本目
抜打(対座して居る者を斬る):正面に向ひ対座し、刀を鞘なり前腹へ抱へ込む様に横たへ両手を前につかへ、頭を下げ礼をして俯きたるまま、両手引込め鯉口と柄へ執り、急に腰を伸しつつ、刀を右前へ引抜き刀尖を左後へ突込み、諸手上段に引冠りて斬込み、刀を開き納めつつ、両足の踵上へ臀部を下すと共に、納め終り、爪先立てたる足先きを伸し正座して終る。
 是は明らかに暇乞の運剣です。細川先生は、第14代下村茂市からこの抜打を伝授されていたのでしょう。大江先生も独創では無く伝授されていたものを伝えていたのかも知れません。
 しかし、それは江戸時代後期の替え業に依るもので、第9代林六太夫守政が土佐に持ち込んだ神傳流秘書の抜刀心持之事とは異なるものです。
「格を放れて早く抜く也 重信流」の「格を放れて」の教えに依るのかも知れません。

| | コメント (0)

2019年3月14日 (木)

第19回古伝研究の集い

土佐の居合 古伝神傳流秘書による古伝研究の集い

第19回古伝研究の集い

 無双直伝英信流、夢想神傳流の古伝神傳流秘書を曽田虎彦先生の直筆本から読み解いて古の居合を研究しています。今年は、主として大小詰・大小立詰を研究いたします。師伝が如何様であろうとも、ご参加いただいた方が、夫々「我が師」であることをご認識いただければ幸いです。

                                                     記

1、期日

   ・平成31年4月11日日(木)

  15:00~17:00 見田記念体育館

 ・平成31年4月25日(木) 註

  13:00~17:00 鎌倉体育館

 ・平成31年5月9日(木)

  15:00~17:00 見田記念体育館

 ・平成31年5月23日(木)

  15:00~17:00 鎌倉体育館

2、住所

  見田記念体育館

  248-0014

  神奈川県鎌倉市由比ガ浜2-13-21
    Tel 0467-24-1415

  鎌倉体育館

  248-0014

  神奈川県鎌倉市由比ガ浜2--9  

    Tel 0467-24-3553

3、アクセス

  JR横須賀線鎌倉駅東口下車徒歩10分

  (駐車場 鎌倉体育館に有)

4、費用:会場費等の割勘つど 500円

5、参加申込み 直接会場へお越しください

  または、ブログへコメント下さい

6、研究会名:無雙神傳英信流居合兵法

湘南居合道研修会 鎌倉道場

7、御案内責任者:ミツヒラこと松原昭夫

    E-Mail sekiun@nifty.com

 

 平成31年3月14日 記

 

※ 第18回最終

  平成31年3月28日

  15:00~17:00

  見田記念体育館

 

 

| | コメント (0)

曽田本その2を読み解く6長谷川流奥居合立業抜方6の10受流

曽田本その2を読み解く
6、長谷川流奥居合立業抜方
6の10受流
古伝神傳流秘書
抜刀心持之事
21本目(13本)
弛抜:如前歩み行敵より先に打を体を少し開き弛して抜打に切也
行宗先生
長谷川流奥居合立業抜方
受流の業に当たるものなし
大江先生
長谷川流奥居合立業抜方
18番(10番 立業)
受け流し:(進行中左足を右足の前に踏み出し身を変して請流す)
(此の「受流し」は大江先生の独創のものにて伝書にはなし 曽田メモ)
左足を出す時其足を右斜に踏み出し中腰となり、刀の柄元を左膝頭の下として刀を抜き、直に其手を頭上に上げ刀を斜とし、体を左斜前より後へ捻る心持にて受け流し、左足を踏みしめ、右足を左足に揃へ、右拳を右肩上に頭上へ廻し下し、上体を稍や前に屈めると同時に真直に左斜を斬る、揃へたる足踏みより左足を後へ引き、血拭ひ刀を納む。
 曽田先生は、大江先生が奥居合立業の「受け流し」は独創したもので、古伝にも無い、行宗先生から習ってもいないと云うのでしょう。
 古伝は、「弛抜」で相手の斬り込みを体を開き躱して抜き打つもので、刀で受けて受け流すのとは違います。
 大江先生の奥居合の「受け流し」は大森流の「請け流し」を立業に変えものです。古伝の「体を少し開き弛して打込」のは土佐の居合の中で最も難しい業となります。仮想敵相手に勝手に演じれば、形はそれらしくとも技が決まるかどうかです。
 前進中前方より真甲に斬り込んで来るので、左足を踏み込むや柄を正中線を通して左肩を覆う様に抜き上げ、抜刀すると同時に右足を稍々右に踏み込み、右半身となり右肩上から八相に打ち込む。
 もっと際どいのは、左足を踏み込み刀を上に抜き上げ、右足を踏み込み同時に体を右に開き敵刀を外しながら抜き打つ。
古伝の「弛抜」も大江先生の「受け流し」も細川義昌先生系統の居合兵法無雙神傳英信流抜刀術には存在しません。

| | コメント (0)

2019年3月13日 (水)

曽田本その2を読み解く6長谷川流奥居合立業抜方6の9壁添

曽田本その2を読み解く
6、長谷川流奥居合立業抜方
6の9壁添
古伝神傳流秘書
抜刀心持之事
8本目
人中:足を揃へ立って居る身にそへて上へ抜き手をのべて打込む納るも躰の中にて納る
行宗先生
長谷川流奥居合立業抜方
17本目(9本目立業)
壁添へ(人中のこと):四囲狭き所にて切る
大江先生
長谷川流奥居合立業抜打
17番目(9本目立業)壁添(人中の事):(進行中立止り両足を揃へ上に抜き直下に斬下し竪立に刀を納む)中央に出て体を直立とし両足を揃へ刀を上に抜き上段となりて趾先を立てゝ直立に刀尖を下とし斬り下し其の体の侭刀尖を下としたる侭血拭ひ刀を竪立として納む。
 行宗先生、大江先生は同じとしておきましょう。
 但し行宗先生は「四囲狭き所にて切る」と云うので、左右は当然の事、前後も狭い所ではこの運剣も、上段から振り下す際切先が背後の障害物に当たり、切り下ろす時は手元斬りしなければ是又切先が前の障害物に当たってしまいます。
 それより敵は目の前に居る事になり、爪先だって不安定な立ち方による斬り下しでは手元切りでも難しそうです。
 この業は古伝の「人中」の業を両側壁で狭い所での攻防を意図して、前方の敵を真向に斬る業に仕立てています。
 古伝は、前方に敵を見て、四囲に人が居るような場所で敵以外に疵を追わせない様に、刀を上に抜き上げ、左肩から体に添わせながら上段に冠って前方の敵に打ち込み、納めるのも、切先を上に上げ、体の巾を出ないようにして、鯉口に執り納刀するのです。
 爪先立つ事は古伝は強調して居ませんが、切り下ろす際斬撃力が増すならば在り得るものでしょうが、現代居合では爪先立ったまま抜いてその姿勢で上段に冠其の爪立ったまま斬り下して居ますから意味の無い動作でしょう。
 爪先立ちは、切り下ろす際踵を下ろすか、切り下ろす際に踵を上げるかでしょう。それよりも腰、膝をえます方が遥かに有効です。
細川昌義先生の系統の梅本三男先生の居合兵法無雙神傳英信流抜刀術
英信流 奥居合之部
十本目人中:(群衆中にて前の者を斬る)正面に向ひ直立の儘(刀は落差に)鯉口を切り、右手を柄に掛けるなり、刀を真上へ引抜き(左より背部へ廻し)素早く諸手となり、前者へ斬込み(両足の間へ斬下す)、其儘刀を開き、柄を上へ引上げ(刀尖を真下に釣下げる様にして)納め終る(体は直立の儘動かさぬ事)
 細川先生の人中は古伝の教えの通りでしょう。何故大江先生にはこれも伝わらず、おかしな業にしてしまったのでしょう。
 前々回の15本目袖摺返という是も群衆をかき分ける業にしてしまいましたから、この人中は壁添とせざるをえなかったのでしょうか。
 土佐の居合は大森流の順刀を介錯としたり、行違を袖摺返としたり、人中を壁添としたり大江先生以降はおかしすぎます。
 そろそろ本物の武術の伝承を考える時期でしょう。
 曽田本その1の英信流居合目録秘訣の上意之大事8項目に壁添があります。
壁添:壁に限らず総じて壁に添たる如の不自由の所にては、抜くには猶以って腰を開きひねりて体の内にて抜き突くべし、切らんとする故に毎度壁に切りあてかもいに切あてゝ仕損じるなり、突くに越したる事なし、就中体の振り廻し不自由の所にては突事肝要。
 狭い所では突く事と云っています。そのくせ古伝の人中は真向斬り下しですから、矛盾しています。
 人中の攻防では上段から切る方に分があるのでしょうか。そんな事はあり得ません、研究課題です。
 

| | コメント (0)

2019年3月12日 (火)

曽田本その2を読み解く6長谷川流奥居合立業抜方6の8門入

曽田本その2を読み解く
6、長谷川流奥居合立業抜方
6の8門入
参考
古伝神傳流秘書
抜刀心持之事
門入に相当する業見当たらず。
曽田本その1
英信流居合目録秘訣
上意之大事
5項目
門入:戸口を出入するの心得也戸口の内に刀をふり上て待つを計知ときは刀の下緒のはしを左の手にて取り刀を背負いてうつむきとどこおり無く(滞り無く)走り込むべし我が胴ちゅうに切かくるや否や脇指を以抜つけに足をなぐべし。
居合心持肝要之大事
9項目
獅子洞入・獅子洞出:是以戸口抔を入るの習也、其外とても心得あるべし、或は取籠者抔戸口の内に刀を振上て居るときは容易に入る事不能、其時刀を抜て背に負たる如くに右の手にて振り上げ左の手にて脇差を提げうつむきて戸口を入るべし、上より打込めば刀にてふせぎ、下をなぐれば脇差にて留る、向ふ足をなぐべし、獅子洞出是を以って同出入の心得を知らする也。
行宗先生
長谷川英信流奥居合立業抜方
門入に相当する業見当たらず。
大江先生
長谷川英信流奥居合立業抜方
奥居合立業の部
16番(立業8番目)
門入:(進行中片手にて前を突き後を斬り前を斬る)右足を出したる時、刀を抜き、左足をだして、刀柄の握りを、腰に当て刀峯を胸に当て、右足を出して、右手を上に返し、刀刃を左外方に向け、敵の胸部を突き、其足踏みのまゝ体を左へ振り向け、後へ向き、上段にて斬り、直ぐに右へ廻り前面に向き上段にて斬る。
参考
細川義昌先生系統の梅本三男先生の居合兵法無雙神傳英信流抜刀術
英信流 奥居合之部
門入に相当する業見当たらず。
 大江先生の門入は古伝にも細川先生にも見当たりません。大江先生の独創と判断していいかも知れません。獅子洞入・獅子洞出からの創作居合が替え業として演じられた可能性もあります。
 現代居合では、伝承された業の如く、指導され演じています。
 大江先生の門入りの特徴的部分は、抜刀して「刀柄の握りを腰に当て刀峯を胸に当て」の刺突の構えにあります。柄が腰、峯が胸ですから切先上がりで、体は左入身になります。
 刺突の手の内が「右手を上に返し、刀刃を左外方に向け、敵の胸部を突き」です。
 この刺突の際、現代居合では、第22代池田聖昂先生の無雙直伝英信流居合道解説では、抜刀時「切先鞘離れの瞬間、切先鯉口の先に出でざる事」であり、刺突時「右柄手は我が乳の高さ位にあり刀刃を右真横に向け、切先やや下がり気味に実施する」
 大江先生は刀刃は左外方で、池田先生は刀刃は右真横(右外方)になります。大江先生の刺突の際、右柄手が上向きになります。
 この刺突の手の内の可否は相手に上から叩かれれば刀を取り落とす可能性も高く、柄を前腕下にして突く方が安定します。
 この刺突の手の内は、英信流立膝の部9本目瀧落も同様で刀刃は右外方を池田先生は指導されています。
 大江居合は明治以降の大江先生独自の方法と云うより、大江居合は堀田捨次郎先生の「剣道手ほどき」以外に書き付けられたものはありませんから、その堀田先生の看取り違いも有ろうかと思います。
 
Img_0445

| | コメント (0)

2019年3月11日 (月)

曽田本その2を読み解く6長谷川流奥居合立業抜方6の7袖摺返し

曽田本その2を読み解く
6、長谷川流奥居合立業抜方
6の7袖摺返し
参考
古伝神傳流秘書
抜刀心持之事
10本目
行違:行違に左の脇に添へて払ひ捨冠って打込也
行宗先生
長谷川流奥居合立業抜方
8本目
袖摺返し(伝書にはなし):人をおしわけて切る(左足にてかむり右足にて切る)
大江先生
長谷川流奥居合立業抜方
7本目(15番目)
袖摺返し(伝書にはなし):(進行中抜き放ち刀を左の身に添へ群衆を押開き進みつゝ斬る)
右足の出たる時刀を静に抜き直ちに右手は上へ左手は下へ胸の処にて組み合せ足は左右と交叉的に数歩出しつゝ両手肘に力を入れて多数の人を押し分ける如くして左右に開き直に上段に取りて中腰にて右足の出たる時前面を斬る(両手を開く時は両手を伸ばす肘の処を開くこと)。
 現代居合では「肘の処を開く」ではなく拳を開いている様です。
参考
細川義昌先生系統の梅本三男先生の居合兵法無雙神傳英信流抜刀術より
英信流 奥居合之部
13本目
行違:(摺違ひに左側の者を斬る)正面へ歩み往きつつ(右側を通り)鯉口を切り左足を踏出しながら右手を柄に掛け、右足踏出すなり刀を向ふへ引抜き、左足踏出しつつ(刃部を外へ向け)左腕外へ突込み、更に右足踏出すと共に摺違ひに刀を向ふへ摺抜き(対手の左側を軽く斬り)直ぐ左斜に振返へりつつ、諸手上段に振冠り、右足踏込んで斬込み、刀を、開き納め終る。
*
 吉宗先生、大江先生の袖摺返しは群衆の中に居る正面の敵を「人を押し分けて切る」と云う。
 古伝は、すれ違う際に刀を抜いて、相手の左側面を払い切り、振り返って斬り下ろします。
 刀の抜き方、左右の手の交叉はどちらも同じ様ですが、人を押し分けるか、行き違い様に払い切るかの違いから業が大きく変わります。
 「袖摺返し」「の呼称は古伝に有りませんから、下村派14代下村茂市から行宗先生、大江先生は奥居合は学ばなかったと思えます。
 若し後に谷村派16代五藤正亮に習ったとすれば谷村派に有った「行違」「の替え技を取り込んだのでしょう。
 行宗先生、大江先生の「袖摺返し」は、仮想群衆をかき分けるのが見事で無ければ、演武会の出し物としても見られたものではありません。
 大江先生の奥居合には古伝をもじって作られた替え業が正統正流の如く存在します。居合文化の伝承にこれでいいのか考えさせられる業の一つです。
 群衆の中で抜刀する業は奥居合立業に「人中」と云う業があり、現代居合では之を「壁添」と云う業に変えられ演じています。
 古伝の「行違」は、仮想敵相手に一人稽古で運剣を磨き、相手を設けて抜刀のタイミングを充分稽古する必要があります。
 古伝無雙神傳英信流を復元される場合は特に奥居合の各業に、運剣の妙技、や心得の認識が大切です。
 古伝「行違」を伝承されておられる方は、現代では広島の貫汪館森本邦生館長でしょう。
 
 

| | コメント (0)

2019年3月10日 (日)

曽田本その2を読み解く6長谷川流奥居合立業抜方6の6行違

曽田本その2を読み解く
6、長谷川流奥居合立業抜方
6の6行違
参考
古伝神傳流秘書
抜刀心持之事
10本目
行違:行違に左の脇に添へて拂ひ捨て冠って打込也
9本目
連達:歩行内前を右の拳にて突其侭に左廻りに振返り後を切り又前へ振向て打込也
行宗先生
長谷川流奥居合立業抜方
13本目
行違:柄頭にて前をつき振り返りて切る
大江先生
長谷川流奥居合立業抜方
14番目
行違:(進行中正面を柄頭にて打ち后を斬り又前を斬る)右足の出たる時(敵の面を柄頭にて)左手の鞘と鍔を拇指にて押へ右手は柄を握りたるまゝ前方に伸はし柄當てをなしその足踏みの侭体を左へ廻して後方に向ひつゝ抜付右手にて斬り(片手斬り可?)直に前方の右へ振り向き上段にて切る。

大江先生、行宗先生の行違は、古伝の9本目連達の業の様です。この業も大江先生は業名を改変してしまった様です。
 古伝は、連達ですから前後に敵に挟まれ、同じ方向に歩み行く時、我は機を見て、前の敵を右拳で打突き、左回りに振り返って後ろの敵を抜き打ちし、右廻りに元に戻って前の敵を斬る。
 敵と我は我を挟んで同一方向に歩み行のです。前の敵を拳で打ち付けていますが、ここは柄で打ち付けても良い所でしょう。
 大江先生は「右足出たる時(敵の面を柄頭にて)」柄当てしています。是では敵は我が進行方向から二人が歩いて来て、前の一人が我と行き違う時、我から二人目の者に柄当てする事になります。
 我を避けて通る為、右側を通過するならば、我は右足を右に踏込み柄当てする。左側を通過するならば左に踏み出し柄当てするのでなければ理に合わない。
 稽古では、筋を替らず其の侭相手の顔面に柄当てしています。柄当てと、左回りに振り向きざま抜き打つ、右廻りで斬り込む体裁き足捌きによる運剣の稽古であれば、おおらかに稽古し、上手に成ったら変化に応じる想定を独創すればいい事でしょう。
 業名をいじると動作に影響が出てしまうのはやむおえないでしょう。大江居合の可笑しなところです。行宗先生は自叙としての業手附けを曽田先生に示さなかったのでしょうか、それとも大江先生に右へ習いでしょうか。
 細川義昌先生系統の梅本三男先生の居合兵法無雙神傳英信流抜刀術
英信流 奥居合之部
12本目
連達(前後の者を斬る):正面へ歩み往きつつ、鯉口を切り右手を柄に掛けるなり抜打に(前の者へ)斬付け、直ぐ(左廻りに)後へ振帰りつつ諸手上段に振冠り、右足を踏込んで(後ろの者へ)斬込み刀を開き納め終る。
 是では、敵の立ち位置が前後に代っただけの古伝の両詰の変化業を立って行っただけです。
 この前の業は12本目行違(左右の者を斬る)で右の者へ抜打、左へ振返へり諸手上段に振冠り右足踏み込んで(左の者へ)斬込み・・。
13本目
行違(摺違ひに左側の者を斬る):正面へ歩み往きつつ(右側を通り)鯉口を切り左足踏出しながら右手を柄に掛け、右足踏出すなり刀を向ふへ引抜き、左足踏出しつつ(刃部を外へ向け)左腕外へ突込み、更に右足踏出すと共に摺違ひに刀を向ふへ摺抜き(対手の左側を軽く斬り)直ぐ左斜に振返へりつつ、諸手上段に振冠り、右足踏込んで斬込み、刀を開き納め終る。
 是は、古伝の「行違」でしょう。細川先生は古伝を14代下村茂市から伝授されていた様で、江戸末期の変化はあっても、行宗先生、大江先生ほどの違いは認められません。この違いは、何なのでしょう。
 想像ですが、行宗先生、大江先生の武士としての身分の違いによる稽古の内容の違いがあった、そんな事は無く平等であったとすれば、入門時期が遅かった為下村茂市先生の直伝では無く兄弟子から習った為正規のものにならなかった。
 江戸末期から明治初期には下村茂市先生も指導出来る環境ではなくなってしまった。など憶測しますがどうでしょう。興味の有る方に真実の追及をお任せします。

| | コメント (1)

2019年3月 9日 (土)

曽田本その2を読み解く6長谷川流奥居合立業抜方6の5信夫

曽田本その2を読み解く
6、長谷川流奥居合立業抜方
6の5信夫
参考
古伝神傳流秘書
抜刀心持之事
11本目
夜ノ太刀:歩み行抜て体を下り刀を右脇へ出し地をパタと打って打込む闇夜の仕合也
行宗先生
長谷川流奥居合立業抜方
14本目
信夫(闇打 夜太刀):切先を床につけ敵をおびきて切る
大江先生
長谷川流奥居合立業抜方
13番目
信夫(闇打ち 夜ノ太刀):左足より右足と左斜方向に廻りつゝ、静に刀を抜き、右足の出たる時、右足を右斜に踏み、両足を斜に開き体を稍右横へ屈め、中腰となり、其刀尖を板の間につけ、左足を左斜に踏み込みて上段より真直に斬る、其まゝ中腰の体勢にて、血拭ひ刀を納む。
 行宗先生の手附は相変わらず無に等しい。是は大江居合と同じと云うつもりなのか意味不明です。
 大江先生の手附は判りにくい動作の仕方です、正面に向って歩みつつ、左足を正面斜め左に踏み出し爪先を正面に向け、其の左足の前に右足を正面に向けて踏み出しながら、静かに刀を抜き出し、右足を右斜めに踏み出して、「両足を斜に開」とは右足先は斜め前向き、左足先は正面向きの足踏み状態を云うのでしょう。体は斜め右半身です。その状態から中腰になってやや右に体を開き、刀の先を板の間に付け、左足を左斜め前に踏み込んで上段となり、真っ直ぐに斬り下ろす。「左足を左斜に踏み込みて」は何処かおかしい、相手の位置が想定されていませんので、足踏みの方向がおかしくなって何処を切ったのか、不思議な手附です。
 現代居合から、右斜めから斬り込んで来る敵を斬ったのだろうと推察するのですが、困ったものです。是では大江居合のバブルにはなり得ない。
 無双直伝英信流の夫々の指導者が勝手な想定をしていじくりまわすのもやむおえません。
 古伝の地をパタと打つ動作は、現代居合では闇夜で敵を認識できない、敵の存在を感知して、先ず左足を進行方向から外して、敵の攻撃を避け、我が存在場所を地をパタと打った位置と思わせ、斬り込んで来る敵に上段から斬り込む。何ともあやふやな業となっています。
 英信流居合目録秘訣の夜之太刀に「夜中の仕合にわ我は白き物を着るべし、敵の太刀筋能見ゆるなり、場合も能知るゝものなり、放れ口もなり安し・・。と云い却って目立ち相手の状況も見やすいと云っています。是も彼我ともの白い着衣ならいざ知らず、おかしいな教えです。現代では、かなり人里離れて灯りも無く、月や星も無い、ありえない真っ暗闇などなかなかないようです。
 しばらく、闇に目を慣らせば大方見当がつく状況でしょう。
細川義昌先生の系統の梅本三男先生の夜之太刀を居合兵法無雙神傳抜刀術から勉強して見ます。
英信流 奥居合之部
14本目
夜太刀(暗夜に斬込み来る者を斬る):正面に歩み往き止まりて、左足を左へ大きく披き、体を右へ倒し低く沈め、正面より来掛かる者を透し見つつ刀を引抜き向ふへ突出し、刀尖で地面を叩き、その音に斬込み来るを、急に右足諸共体を引起しつつ諸手上段に冠り、(空を斬って居る者へ)右足踏込んで斬込み刀を開き納め終る」
 大江先生と似たようなものですが、相手の状況や方向性が読み取れ、動作はこのほうが演じられます。
 恐らく江戸時代末期の夜太刀はこの様な業であったであろうと思います。然し古伝神傳流秘書の「・・刀を右脇へ出し地をパタと打って打ち込む」のは、相手も我が存在を感知して状況がつかめているが、抜き打つきっかけがつかめない時、「パタ」と地を打つ音に触発され打込む体制を整え其の機を発せさせることがこの夜ノ太刀の教えであろうと思います。
 古伝神傳流秘書に大剣取と云う組太刀があります。現在は之を打たれる方は極稀で知らない高段者も多々あります。
 其処にある、4本目鉄石:是も前の如く坐し是は廻り寄りて切らんと心得て抜かざる時、行なりに小太刀にて地をハタと叩いて気をうばうて入りてさす」
と云う、形では無い武術の奥義を示した業が存在します。
 我が相手の切り間に入っても、直ぐに斬って来ない、それ以上近寄れば斬られる可能性が高い、其処でハタと地を打ち、その瞬間に踏込み抜き手を制して、刺突する。ハタと叩いてももたもたして居れば脛に打ち込まれてしまいます。

| | コメント (1)

2019年3月 8日 (金)

曽田本その2を読み解く6長谷川流奥居合立業抜方6の4惣留

曽田本その2を読み解く
6、長谷川流奥居合立業抜方
6の4惣留
参考
古伝神傳流秘書
抜刀心持之事
15本目放打:行内片手打に切納ては又切数きはまりなし
行宗先生
長谷川流奥居合立業抜方
19本目(奥居合の最終 ミツヒラ)惣留(惣どめ 曽田メモ):放し討ちのこと
大江先生
長谷川流奥居合立業抜方
12本目惣留め(放し討 曽田メモ):(進行中三四遍斬ては納む)右足を出して刀を右斜に抜き付け、左足を出して抜き付けたる刀を納む、以上の如く四五回進みつゝ行ひ、最後の時は其まゝにて刀を納む。
 行宗先生の惣留(放し討ち)の手附が記述されていません。古伝の「放し討ち」知ってるよ、と云うのでしょうか。
 この業は、現代居合は大江先生の惣留として稽古されています。
 第22代池田聖昂先生の無雙直伝英信流居合掟技剣理集より
 惣留:狭き板橋或いは堤等の両側に自由に躱せぬ細道の場合、前面より仕掛け来らんとする敵を、その胸部に斬り付け一人ずつ仆して勝つ意也。
 第18代穂岐山波雄先生に指導を請け大江先生とも交流があった野村條吉先生は無双直伝英信流居合道の参考では「12番惣留:暗夜細道にて敵に遭いたる心地にて右足を出し、中腰のまゝ体を左へ捻り刀は前に抜き打ち、左足を千鳥に前に出して(交叉)体は低く刀を納む、以上の動作を三、四回繰り返し、最後に体を正面に直し血拭い納刀」
 大江先生直伝の政岡壱實先生は無雙直伝英信流居合兵法地之巻では奥居合立業「3本目惣留:「・・この動作は、右手をかたのたかさから大きく斜に切っていたものが、早くするため、次第に低く切り下ろす事に変化し、その結果色々な想定がなされている。
 曰く
1、伏兵を次々に切る。
2、階段を降りつつ、登って来る者を次々に切る。
3、立て並べた試物を次々に切る。
4、暗夜に細道で出合った者を次々に切る。
5、狭い板橋又は土手などで出合った者を次々に切る。
6、せまい道を一列縦隊で進んで来る者を次々に切る。
 政岡先生は、この業の解説に、「惣留の想定は出合頭に袈裟切りに抜刀してパチンと納めて行きすぎるものである。この動作に格をつけるために、抜打ちを数回繰り返し、最後は他の業と同様に右に披いて納刀して終る」と愚考する。
 一人切る毎に納刀する意味がわからない、最初の者を抜打すれば納めるまでもない。両手で次々と切る事が当然である。
 と書かれています。其の通りでしょう。惣留はもと「放打」で片手抜打ちの稽古業でしょう。
 片手打ちに切って開き納刀する、それだけの業を、しっかり身につけなさいと組み込まれた業と思います。場の状況などは夫々が勝手に想定すればいい、形にして固定すべき業とは思えません。如何に無駄なく一刀で抜打ちできるか工夫研鑽する稽古業でしょう。
 細川義昌先生の系統梅本三男先生の居合兵法無雙神傳英信流抜刀術より放打
英信流 奥居合之部
17本目
放打(右側へ来掛る者を一々斬る):正面へ歩み往きつつ、鯉口を切り左足踏出したる時、右手を柄に掛け右足踏出し、右前へ抜付け、左足を右前足に踏揃へる、同時に刀を納め、又右足踏出して抜付け、左足を右前足に踏揃へるなり刀を納めする事数度繰返し(三回位して)刀を納め直立の姿勢となり終わる。
 
 

| | コメント (0)

2019年3月 7日 (木)

曽田本その2を読み解く6長谷川流奥居合立業抜方6の3の2惣捲り

曽田本その2を読み解く
6、長谷川流奥居合立業抜方
6の3の2惣捲り
参考
細川義昌系統の梅本三男先生の居合兵法無雙神傳英信流抜刀術
英信流 奥居合之部
五方斬:(前方に立って居る者を斬る)
正面へ歩み往きつつ、鯉口を切り左足踏出し、右手を柄に掛け右足踏出す、同時に刀を引抜き刀尖を左後へ突込み、頭上より右肩へ執り対手の左大袈裟に斬込み、其刀を右上より振返へし頭上より左肩に執り対手の右大袈裟に斬込み、又、其刀を左上より振返へして右腕外へ執り、腰を低めて対手の左腰より横一文字に斬込み、甲手を返へして左腕外へ執り、更に腰を下げ対手の向脛を横に払ひ腰を伸しつつ、諸手上段に振冠り(真向幹(乾)竹割に)斬下し、刀を開き納め終る。
参考
古伝神傳流秘書
抜刀心持之事
14本目
五方切:歩み行内抜て右の肩へ取り切り又左より切又右より切又左より切段々切下げ其侭上へ冠り打込也
 古伝は刀を抜いて右肩へ取り切る、ですから一刀目は左面か左袈裟切りで斬り始める。左面から始めれば、段々切り下げて右袈裟、左胴、右腰、左大腿、右脛、右から振り冠って真向。
 細川先生の五方斬は、刀を抜き、右肩へ執り左大袈裟、左肩へ執り右袈裟、刀を返して左上より上段になり切先を右横に倒し右腕外、所謂右腰車に執って、体を低め相手の左腰から横一文字に斬り込む、更に甲手を返して更に低く腰を下げて左腰車から相手の向脛を右から左に切り払う、我が右から上段に腰を伸ばしながら上段に冠り真向に斬り下ろす。
 古伝は運剣法を詳しく述べていませんから、最も無駄の無いスムーズな運剣を自得すべきでしょう。
 たとえば、右肩へ取りは、八相の構えですから、八相から相手の左肩に斬り込むのが左袈裟切り、八相に切ると云う事になります。
 現代居合も竹刀剣道の運剣法を余儀なくされた為、一旦上段に構えて袈裟掛けに切る際に上段から八相に運剣しつつ袈裟に切る、おかしな運剣が何の疑問も無く行われています。頭上を通り道にして八相ならばまだ理解できますが、敢えて上段に構えてから八相に直して袈裟切りは無いでしょう。
 体を正面に向け、直線的に、手打ちで左袈裟、右袈裟と斬るなど、重たい真剣ではすべきではない。
 八相からの袈裟切りは、体を変わりながら斬る事を忘れれば、手打ちとなり斬撃力は低く、刀は腰の入った円運動により斬り込むべきでしょう。
 亦、相手に致命傷を与えられなければ真向から打ち込まれる事も想定し、半身となって筋は変わるべきでしょう。
 明治の末期から大正にかけて、竹刀剣道の学生への指導要領から、流派の運剣法は消えてしまい統一理論から竹刀剣道としての運剣法を真剣刀法に無理やり強要して来たきらいがあります。
 竹刀スポーツと真剣刀法は同一のものでは無い、かと言って形に拘るものでもない。
 五方切を学ぶに当たり、現代居合の大江先生の形を本来の真剣刀法を以って稽古しなければ古伝を学ぶ事にはならないでしょう。

| | コメント (0)

2019年3月 6日 (水)

曽田本その2を読み解く6長谷川流奥居合立業6の3惣捲り

曽田本その2を読み解く
6、長谷川流奥居合立業抜方
6の3惣捲り
参考
古伝神傳流秘書
抜刀心持之事
13本目
五方切:歩み行内抜て右の肩へ取り切又左より切又右より切又左より切段々に切下げ其侭上へ冠り打込也
 現代居合の惣捲りは古伝の五方切が相当します。
 曽田本その2で紹介した、英信流居合目録秘訣の外之物ノ大事に「惣捲形十」と云う教えがあります。
 「惣捲形十:竪横無尽に打振て敵をまくり切る也故に形十と有也、常に稽古の格には抜打に切り夫より首肩腰脛と段々切り下げ又冠り打込也」
行宗先生
長谷川流奥居合立業抜方
15本目
惣捲り(五方切):惣まくり、五方切りとも云う
大江先生
長谷川流奥居合立業抜方
11本目
惣捲り:(進行中面、肩、胴、腰を斬る 五方切共云う)右足を少し出して刀を抜き、其の足を左足に退き寄せ、右手を頭上へ廻し右肩上に取り左手をかけ稍中腰にて(右足より左足と追足にて)敵の左面を斬り、直に左肩上に刀を取り追足にて敵の右肩を斬り、再び右肩上段となり敵の左胴を斬り、再び左肩上段より右足を踏み開き敵の右腰を目懸け刀を大きく廻し体を中腰となして敵の右腰を斬り、中腰の侭上段より正面を斬る。
 行宗先生の惣捲りは業名称だけで内容がありません。大江先生の惣捲りと同じと云う事でしょうか、不明です。
 大江先生の惣捲りは、左面・右肩・左胴・右腰と切り下げます。
この際刀の振冠りと斬る部位は次の様です。
右肩上(右八相)から左面
左肩上(逆八相)から右肩
右肩上段(?)から左胴
左肩上段(?)から右腰
上段から正面
右肩上段の意味が解りません。
現代居合ではどうなっているでしょう。
池田聖昂先生の無雙直伝英信流居合道解説より
剣理:対敵、正面より斬り込み来るを、我れ抜刀しつつ一歩退きて敵刀を摺り落しつつ双手上段となり、対敵の退く処を左面、右袈裟、左胴、腰車、と追撃して勝つ意なり。
術理の注に、敵の切り込みに応じる池田先生の業の心持ちが伝わります。読ませてもらいます。
「本業を、単に前進し来たれる敵が我に斬り付け来るに対応して行う如くに解される向きも多きも、私は、対敵と互に前進し間合いを計りて互に斬り合わんとするに、一瞬敵の作動早き為、我刀を物打ち手前迄しか抜けず、抜き放つに放てず、故に我一歩退りながら敵の斬り込み来る刀を摺り落とす事により、敵の先の先を取らんとする気構えが必要な業にして、初めから後の先を取らんとする業に非ずと考える」
 この、想いはご自分で考えた事を書かれているもので、業の動作の奥にあるものを意識する、考える居合を教えていると思います。
 この教本は居合だけでなく剣術を学ぶ者が充分読み込んでみるべきものと思います、これ以上に克明に業の有り方を示された教本には他流も含めお目にかかった事はありません。
 さて、大江先生の不十分な教本の内、池田先生はどのような構えから何処を斬っているか見て見ましょう。
双手上段から左面
双手上段から右袈裟に斬り付け(敵の右肩から左胴へ)
双手上段から左胴
双手上段から腰車から腰を斬り払う
双手上段から真向
 全て双手上段からの作動となります。この刀の操作法は帝国剣道型の運剣法に依ったものと思われます。
 左面を斬るのに上段から八相に左面に斬り込むわけで、大江先生のように、右肩上に八相に構えて其の侭切り込めばいいと思います。
 二本目の右袈裟なども同様でしょう。
 三本目などは、双手上段から左胴を斬るですが、体を正面に向けたまま上段から左胴を切っても手切りになりかねません。
 古流剣術の体を替え乍ら斬る動作は、竹刀剣道も現代居合も忘れてしまった斬撃動作です。古伝を学ぶ者はもう一度初歩から学ぶ必要が有る所でしょう。
 とは言え、昇段審査や演武競技では現代の直線歩行の上段からの斜め斬りを演じざるを得ません。
次回は、細川先生の五方斬を勉強して見ます。
 
 

| | コメント (0)

2019年3月 5日 (火)

曽田本その2を読み解く6長谷川流奥居合立業抜方6の2連達

曽田本その2を読み解く
6、長谷川流奥居合立業抜方
6の2連達
古伝神傳流秘書
抜刀心持之事
10本目
連達:歩み行内前を右の拳にて突其侭に左廻りに振返り後を切り又前へ振向て打込也
行宗先生
長谷川流奥居合立業抜方
10本目
連達:左をつきて右を切る(立業両詰 曽田メモ)
大江先生
長谷川流奥居合立業抜方
連達:(進行中左を突き右を斬る)右横へ右足を踏み体を右に避け刀を斜に抜き左横を顧みながら刀を水平として左を突き右へ体を変して上段にて斬る
 古伝神傳流秘書の抜刀心持之事9本目行連が、行宗先生、大江先生の連達でした。従って、行宗先生、大江先生の教えは改変された現代居合の業名となります。
 古伝の連達は現代居合では行違に見られる動作になります。これは又別の項目で読み解きます。行宗・大江先生の連達の手附に相当する古伝の業は存在しません。
 座業で稽古した両詰の変化業、立業では行連の変化業です。通常はこの様に「詰め掛けられたる時は一人宛て切らんとする時は遅れを取る也、故に抜くや否や左脇の者を切先にて突き直ぐに右を切るべし」と土佐の居合のルーツ無雙神傳英信流居合兵法は心得を述べています。但し「右脇の者に抜手を留らるべきと思う時は右を片手に切り直に左を切るべし」と云って状況変化にも即座に対応する様に教えています。
 細川義昌系統の梅本三男先生の居合兵法無雙神傳英信流抜刀術では細川先生はどの様に指導されたのでしょう。
英信流奥居合之部
11本目
行連:(左右の者を斬る)正面に向ひ、歩み往きつつ、鯉口を切り右手を柄に掛け、右へ振向くなり、抜打ちに(右の者へ)斬付け、直ぐ左へ振返へりつつ諸手上段に振冠り、右足踏込んで(左の者へ)斬込み、刀を開き納め終る。
12本目
連達:(前後の者を斬る)正面へ歩み往きつつ、鯉口を切り右手を柄に掛けるなり抜打に(前の者へ)斬付け、直ぐ(左廻りに)後へ振返へりつつ諸手上段に振冠り、右足踏込んで(後ろの者へ)斬込み、刀を開き納め終る。
 細川先生の行連は行宗先生、大江先生と同じ想定でしょう。連達は行連の敵の位置が前後と云う変化業の様です。この想定は、細川先生独特のもので古伝にも見当たりません。
 しかし、古伝の抜刀心持之事9本目行連の「立って歩み行内に抜て左を突き右を切る両詰に同じ」が立業に見当たりません。
 座業の処に「両詰」の業があって、すでに読み解くに乗せていますがもう一度読み直してみましょう。
「両詰:(左右に座して居る者を斬る)正面に向ひ居合膝に座し、例により鯉口を切り右手を柄に掛けるなり、腰を伸し(右へ掛かると見せて)右足を少し右へ踏出し、其方向へ刀を引抜き、咄嗟に左へ振り向き(右片手にて)左側の者の胸部を突き、直ぐ右へ振返へりつつ、諸手上段に引冠り右側の者へ斬込み、刀を開き納め終る」
 この、両詰を立居合で演じれば、現代居合之連達に成るでしょう。
 現代居合の中興の始祖と云えるかもしれない、大江正路先生の残された手附は動作だけを抽出したものですから、居合心迄は示せなかった。書いたのは堀田捨次郎先生なので剣道の教本は書かれていても、居合心迄は至れなかったと思うしかありません。
 恐らく大江先生に直に指導を受けた生徒らは、口伝口授で技の動作の奥にある居合心迄指導を受けられたであろう、と思いたい。
 政岡壱實先生の無雙直伝英信流居合兵法地之巻を拝見しながら、大江先生を慕う心持が政岡先生の手附文章ににじみ出て来る時があります。
 居合の動作一つでも、自分の思いを伝えるには、譬え居合抜動作の順序の手附であってもご自分で書かれて居れば、もっと違った現代居合になっていたであろうなど、へそ曲がりは思うのです。
 河野先生の大日本居合道図譜も池田先生の無雙直伝英信流居合道解説などもご自分の言葉で、先師の教えを辿りながら書かれた教本には、それが古伝とはアンマッチであっても現代を生きる者の指標には十分すぎるものです。
 何度も読み返すうちに私の書架の中で、是等は最も手ずれが激しいものです。

| | コメント (0)

2019年3月 4日 (月)

曽田本その2を読み解く6長谷川流奥居合立業抜方6の1行連

曽田本その2を読み解く
6、長谷川流奥居合立業抜方
6の1行連
参考
古伝神傳流秘書
抜刀心持之事
従是立事也
9本目(立業)
行連:立って歩み行内に抜て左を突き右を切る両詰に同事也
4本目(座業)
両詰:抜て片手にて左脇を突き直に振向いて右脇を切る
行宗先生
長谷川流奥居合立業抜方
9本目
行連:右へぬきつけ左を切る
大江先生
長谷川流奥居合立業抜方
9本目
行連:(進行中右に斬付け又左を斬る)直立体にて正面を向き右足より数歩出て道場の中央にて左足を左横に踏み上体を稍左横に寄せ右足を右横に踏み出す時中腰にて抜き付け上段にて右を斬る(此處考るべし合点行かず 曽田メモ)、其足踏みの侭左横に体を返して上段にて中腰て斬る。
 古伝の9本目行連は「立って歩み行内に抜て左を突き右を切る」ですが、同じ業名なのに行宗先生、大江先生とも、右へ抜き付け左を斬る。古伝の左を突き右を斬る、とは異なります。
 行宗先生、大江先生の「右へ抜き付け、左を斬る」動作は、古伝太刀打之位には正規には存在しません。
 しかし、座業の両詰の替え業にあります。両詰「右脇へ抜打に切り付け左を斬る」是の立業として遣えば良いのでしょう。
 曽田本その1の英信流居合目録秘訣に行連を解説しています。
外之物ノ大事
行連:(左右 右を片手打に左を諸手にて切るも有是□は皆気のりにてする心持也 曽田メモ)歩み行く中ちに(うちに)刀を抜我が左の方を突其侭冠て右の方を切、是は敵を左右につれたち行く時の事也、或我を左右より取こめんとする時抔の事也。
 上意之大事に両詰を解説しています。既に両詰で解説済みですが、参考に。
両詰:是又仕物抔言付られ又は乱世の時分抔にわ使者抔に行左右より詰かけられたる事間々之有る也、ケ様の時の心得也、尤其外とても入用也、左右に詰かけられたる時一人宛切らんとするときはおくれを取るなり、故に抜や否左わきの者を切先にて突すぐに右を切るべし、其わざ唯手早きに有。
 亦、右脇の者に抜手を留らるべきと思ふ時は右を片手打に切りすぐに左を切るべし。
 と云うわけで、曽田本その2は明治以降の改変された奥居合立業によって始まります。この行宗先生、大江先生の行連は古伝の行連の変化業であったわけです。
 ついでに、それでは行宗先生、大江先生の古伝「左を突き右を切る」が居合心を示す技ならば、現代居合にも残っていなければならない筈です。
 幸いにも、行宗先生、大江先生と共に長谷川流奥居合立業抜方10本目連達に伝承されています。
 次回は、連達を読み解いていきます。
 

| | コメント (0)

2019年3月 3日 (日)

曽田本その2を読み解く5長谷川流奥居合座業抜方5の10両詰

曽田本その2を読み解く
5、長谷川流奥居合座業抜方
5の10両詰
参考
古伝神傳流秘書
抜刀心持之事
4本目
両詰:抜て片手にて左脇を突き直に振向いて右脇を切る(右脇を抜打に切り付け左を斬る)
5本目
向詰:抜て諸手を懸け向を突打込也
行宗先生
長谷川流奥居合座業抜方
両詰:存在せず
大江先生
長谷川流奥居合座業抜方
7番目
両詰(向詰の誤りならむ 曽田メモ):抜放し諸手にて真向を突き斬る)座したる処より右足を少し出して刀を抜き、柄元を臍下にあて、右足を踏み出して前方を諸手にて突き、其姿勢の儘上段にて前面を真向に斬る。
 行宗先生の手附には両詰も向詰も記載されていません。にもかかわらず、大江先生の両詰は、向詰でしょうと曽田先生はコメントをしています。
 確かに、古伝神傳流秘書の抜刀心持では、大江先生の業手付では向詰になります。
 向こうは正面ですから、正面から詰め寄られた場合、抜いて諸手突きして真向に斬り下ろすのだと云う業に相当します。
 古伝の両詰は、左右から詰寄られた時の攻防です。
 大江先生の奥居合座業では、戸脇(左を突き右を切る)・戸詰(右を斬り左を斬る)業に変えられてしまっているのです。
 ここでは、曽田先生は、「大江先生、業名が違いますよ」と云っている様です。
参考
細川義昌先生系統の梅本三男先生(居合兵法無雙神傳英信流抜刀術より)
5本目
両詰:(左右に座して居る者を斬る)省略します。
3本目
向詰:(対座して居る者を斬る)右手を柄に掛け、両膝を立つなり右足を少し右前へ踏み出し、其方向へ刀を引抜き、右足を引き戻すと共に、刀尖を向ふへ、柄頭を腹部へ引付け諸手となり(刀を水平に構へ)体を少し前へ進め、対手の胸部を突き、更に左足を進ませつつ諸手上段に引冠り、右足を踏込んで斬込み、刀を開き納め終る。
 細川先生も古伝の向詰でした、大江先生は何故、両詰の業名を此の業に付けたのでしょう。
 何もその辺のことを記述したものがありません。
 大江先生の監修があったかどうかですが、共著者の堀田捨次郎の誤記か誤植かも知れませんが、大江先生の改変という相場に随います。
 向詰が両詰になったため現代居合では、その由来も知ってか知らずか「我が両側に障害ありて、刀を普通の如く自由に抜き得ざる場合に、刀を前方に抜き取りて前の敵を刺突して勝つ意也」(第21代池田聖昂先生無雙直伝英信流居合道解説より)となって狭い場所での業を演じています。此の理合いは、文章共に既に昭和18年の第20代河野百錬先生から引き継がれたものです。

| | コメント (0)

2019年3月 2日 (土)

曽田本その2を読み解く5長谷川流奥居合座業抜方5の9棚下

曽田本その2を読み解く
5、長谷川流奥居合座業抜方
5の9棚下
古伝神傳流秘書
抜刀心持之事
7本目
棚下:大森流逆刀の如く立って上へ抜打込む時体をうつむき打込是は二階下様の上へ打込ぬ心持也
行宗先生
長谷川流奥居合居業抜方
棚下:なし
大江先生
長谷川流奥居合座業抜方
6番
棚下:(頭を下げて斬る)坐したる処より前方へ頭を下げ稍腰を屈め右足を少し出しつゝ刀を抜き上体を上に起すと同時に上段となり右足を踏出して真直に斬り下す
 棚下の業が行宗先生の手附に在りません。なぜ、行宗居合に棚下が無いのか解りません。
 古伝は「大森流逆刀の様に立って上へ抜」ですから、相手が正面から切って来るので、刀を上に抜き上げ相手刀を摺り落す様にするのでしょう。そして前に体を屈めて相手を斬る。切先が二階や棚に当たらない様に打込む心持ちだと云います。
 曽田本その1の英信流居合目録秘訣の上意之大事9番目に棚下が解説されています。
 棚下:「二階下、天上の下抔に於て仕合ふには上へ切あてゝ毎度不覚を取物也、故に打込む拍子に膝を突いて打込むべし、此習を心得るときはすねをつかずとも上へに当てざる心持有」
 居合の業と云うより天井などが低い所での攻防における心得であり、刀を抜き上げるや膝或いは脛を床について打込むわけです。奥居合居業では更に上体を屈めて打込むと云うのです。
 大江先生の棚下は、逆に棚下で上体を前に屈め右足を滑り出しながら刀を抜き、棚下を抜け出すや上体を起こすと同時に上段になって更に右足を踏み込んで真直ぐに斬り下ろす。
 相手は同じ棚下に居るのではなく、棚下の外に居る想定です。古伝の動作と二階下、棚下を抜け出す、相手も棚下にいないというものなのです。この様な状況もあるかもしれませんが、稽古としては、棚下での抜刀の仕方と打ち下す運剣法を身に着け、相手に勝てよと云う古伝の教えが消えてしまったものになりました。現代居合も大江先生の可笑しな棚下の想定で稽古しています。
参考
細川義昌先生系統の梅本三男先生(居合兵法無雙神伝英神龍抜刀術より)
英信流 奥居合之部
8本目
棚下:(上の閊へる所にて前の者を斬る)右手を柄に掛け体を前へ俯け腰を少し浮かせ左足を後へ退き伸し其膝頭をつかへ、刀を背負ふ様に左頭上へ引抜き、諸手を懸け前者へ斬込み、其まま刀を右へ開き納めつつ体を引起し右脛を引付けるなり、左踵上へ臀部を下し納め終る。
 「左足を後へ退き伸し其膝頭をつかへ」の所で右足を前にせり出すのではなく、左足を後ろに引いて其膝頭がそれ以上行かない処で、刀を抜いて諸手を懸けて斬り込むのだと云うのでしょう。この動作は古伝の教えの上に刀が閊える場所での抜刀法と斬撃の方法を示しています。
 細川先生は奥居合を下村派14代下村茂市より習ったが、行宗先生、大江先生は習っていないように思える部分の一つなのかもしれません。
 
 
 

| | コメント (0)

2019年3月 1日 (金)

曽田本その2を読み解く5長谷川流奥居合座業抜方5の8虎走り

曽田本その2を読み解く
5、長谷川流奥居合座業抜方
5の8虎走り
古伝神傳流秘書
抜刀心持之事
従是立事也
立業
9本目
虎走:居合膝に坐して居立って向へ腰をかがめつかつかと行抜口の外へ見へぬ様に抜付打込納 又右の通り腰をかがめ後へ引抜付打込也
古伝神傳流秘書はこの業は立業だと云っています。
行宗先生
長谷川流奥居合座業抜方
8本目
虎走り:虎走り
大江先生
奥居合
8番目
虎走り:(中腰となり、走り抜斬又後ざりして抜斬る)座したる處より柄に手を掛け、稍や腰を屈め、小走りにて数歩進み出で、右足の踏み出したる時抜き付け、同体にて座して斬る(血拭ひ刀を納むるや)刀を納めて二三寸残りし時屈めたる姿勢にて、数歩退り左足を退きたる時中腰にて抜付け上段となり座して斬る。(座抜き終り)
 古伝は、虎走は立業だと云っています。座して居ても、立って斬るので立業でしょうか。
 古伝は「つかつかと行く」、大江先生は「小走りに数歩進み出」です。行宗先生は「虎走り」だそうです、何も解説されていません。行宗居合は大江居合を超えても居なければ過去に戻っても居ない。
 想像ですが、行宗居合は大江居合に同調して古伝を捨てた。或は奥居合は習っていなかった。
 古伝は「抜口が外へ見えぬ様に抜付」ですが大江先生は、小走りに敵に接近する様ですから、抜口は丸見えかも知れません。現代居合は周囲に気を留めていません丸見えですから
そうでしょう。
 追掛けて斬り、退き下って斬る、古伝と大江先生の虎走りは似ていますが、何をすべきか、何をしてはいけないのか大江先生は理解出来ていなかったのかも知れません。
 抜口が外へ見えない様に抜き付けるのは、追われた敵も、其の場に居合わせた者にも見せずに斬る事を意味しています。
 是は上意討ちを示唆しているのです。命じられた事には絶対に仕損じることが出来ない
武士道精神がなせるものなのです。
 大江先生というより筆者の堀田捨次郎先生によるものかも知れません。大江先生の「剣道手ほどき」は大正7年1918年発行です大江先生は嘉永5年1852年生まれで66歳の頃の発行です。昭和2年1927年亡くなられています75歳でした。
参考
曽田本その1
英信流居合目録秘訣
上意之大事
虎走:仕物抔云付られたる時は殊に此心得入用也其外とても此心得肝要也、敵二間も三間も隔てゝ居る時は直に切事不能、其上同坐し人々居並ぶ時は、色に見せては仕損る也、さわらぬ躰に向ふへつかつかと腰をかがめ歩行内に抜口の外へ見へぬ様に体の内にて刀を逆さまに抜きつくべし虎の一足の事の如しと知るべし、大事とする所は歩みにありはこび滞り無く取合する事不能の位と知るべし。
参考
細川義昌先生系統の梅本三男先生(居合兵法無雙神伝抜刀術より)
英信流奥居合之部
9本目
虎走(次の間の者を斬り、退る処へ追掛け来る者を斬る)正面へ向ひ居合膝に坐し、左手を鯉口に、右手を柄に執り抱へ込む様にして立上り、上体を俯け前方へ小走に馳せ往き腰を伸すなり右足踏み込んで(対手の右側面へ)抜付け、左膝を右足横へ跪きつつ諸手上段に引冠り、更に右足踏込んで斬込み、刀を開き納めたるまま立上り、又刀を抱へ込む様に前へ俯き小走に退リ腰伸すと同時に、左足を一歩後へ退き、追掛け来る者へ(右側面へ)大きく抜付け、又左膝を右足横へ跪きつつ、諸手上段に引冠り、右足踏込んで斬込み刀を開き納め終る。
 細川先生も大江先生と同様の様です。古伝の心持ちは失われています。「居合も形だから心持など不要」でしょうか。
 「つかつかと腰をかがめ歩み行く」
 「抜き口が外に見えない様に」
 「刀を逆さまに抜き突くべし」
 その理由は、色に見せては仕損じるからでしょう。
 江戸末期に既に武術は武士の習いごとに過ぎず、兵法などと云えないものだったのでしょうか。
 心得とすべきことが、秘されて伝わらないのでは、おかしな動作が横行しても誰も「何故」と問わずに現代居合は今日も稽古されているのです。
 道場の端から端まで、虎走りの稽古と称して駈足したり、ドタバタ音を立てたり、意味不明な足捌きを要求したり。
 

| | コメント (0)

« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »