« 曽田本その2を読み解く5長谷川流奥居合座業抜方5の7暇乞 | トップページ | 曽田本その2を読み解く5長谷川流奥居合座業抜方5の9棚下 »

2019年3月 1日 (金)

曽田本その2を読み解く5長谷川流奥居合座業抜方5の8虎走り

曽田本その2を読み解く
5、長谷川流奥居合座業抜方
5の8虎走り
古伝神傳流秘書
抜刀心持之事
従是立事也
立業
9本目
虎走:居合膝に坐して居立って向へ腰をかがめつかつかと行抜口の外へ見へぬ様に抜付打込納 又右の通り腰をかがめ後へ引抜付打込也
古伝神傳流秘書はこの業は立業だと云っています。
行宗先生
長谷川流奥居合座業抜方
8本目
虎走り:虎走り
大江先生
奥居合
8番目
虎走り:(中腰となり、走り抜斬又後ざりして抜斬る)座したる處より柄に手を掛け、稍や腰を屈め、小走りにて数歩進み出で、右足の踏み出したる時抜き付け、同体にて座して斬る(血拭ひ刀を納むるや)刀を納めて二三寸残りし時屈めたる姿勢にて、数歩退り左足を退きたる時中腰にて抜付け上段となり座して斬る。(座抜き終り)
 古伝は、虎走は立業だと云っています。座して居ても、立って斬るので立業でしょうか。
 古伝は「つかつかと行く」、大江先生は「小走りに数歩進み出」です。行宗先生は「虎走り」だそうです、何も解説されていません。行宗居合は大江居合を超えても居なければ過去に戻っても居ない。
 想像ですが、行宗居合は大江居合に同調して古伝を捨てた。或は奥居合は習っていなかった。
 古伝は「抜口が外へ見えぬ様に抜付」ですが大江先生は、小走りに敵に接近する様ですから、抜口は丸見えかも知れません。現代居合は周囲に気を留めていません丸見えですから
そうでしょう。
 追掛けて斬り、退き下って斬る、古伝と大江先生の虎走りは似ていますが、何をすべきか、何をしてはいけないのか大江先生は理解出来ていなかったのかも知れません。
 抜口が外へ見えない様に抜き付けるのは、追われた敵も、其の場に居合わせた者にも見せずに斬る事を意味しています。
 是は上意討ちを示唆しているのです。命じられた事には絶対に仕損じることが出来ない
武士道精神がなせるものなのです。
 大江先生というより筆者の堀田捨次郎先生によるものかも知れません。大江先生の「剣道手ほどき」は大正7年1918年発行です大江先生は嘉永5年1852年生まれで66歳の頃の発行です。昭和2年1927年亡くなられています75歳でした。
参考
曽田本その1
英信流居合目録秘訣
上意之大事
虎走:仕物抔云付られたる時は殊に此心得入用也其外とても此心得肝要也、敵二間も三間も隔てゝ居る時は直に切事不能、其上同坐し人々居並ぶ時は、色に見せては仕損る也、さわらぬ躰に向ふへつかつかと腰をかがめ歩行内に抜口の外へ見へぬ様に体の内にて刀を逆さまに抜きつくべし虎の一足の事の如しと知るべし、大事とする所は歩みにありはこび滞り無く取合する事不能の位と知るべし。
参考
細川義昌先生系統の梅本三男先生(居合兵法無雙神伝抜刀術より)
英信流奥居合之部
9本目
虎走(次の間の者を斬り、退る処へ追掛け来る者を斬る)正面へ向ひ居合膝に坐し、左手を鯉口に、右手を柄に執り抱へ込む様にして立上り、上体を俯け前方へ小走に馳せ往き腰を伸すなり右足踏み込んで(対手の右側面へ)抜付け、左膝を右足横へ跪きつつ諸手上段に引冠り、更に右足踏込んで斬込み、刀を開き納めたるまま立上り、又刀を抱へ込む様に前へ俯き小走に退リ腰伸すと同時に、左足を一歩後へ退き、追掛け来る者へ(右側面へ)大きく抜付け、又左膝を右足横へ跪きつつ、諸手上段に引冠り、右足踏込んで斬込み刀を開き納め終る。
 細川先生も大江先生と同様の様です。古伝の心持ちは失われています。「居合も形だから心持など不要」でしょうか。
 「つかつかと腰をかがめ歩み行く」
 「抜き口が外に見えない様に」
 「刀を逆さまに抜き突くべし」
 その理由は、色に見せては仕損じるからでしょう。
 江戸末期に既に武術は武士の習いごとに過ぎず、兵法などと云えないものだったのでしょうか。
 心得とすべきことが、秘されて伝わらないのでは、おかしな動作が横行しても誰も「何故」と問わずに現代居合は今日も稽古されているのです。
 道場の端から端まで、虎走りの稽古と称して駈足したり、ドタバタ音を立てたり、意味不明な足捌きを要求したり。
 

|

« 曽田本その2を読み解く5長谷川流奥居合座業抜方5の7暇乞 | トップページ | 曽田本その2を読み解く5長谷川流奥居合座業抜方5の9棚下 »

曾田本その2を読み解く」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 曽田本その2を読み解く5長谷川流奥居合座業抜方5の7暇乞 | トップページ | 曽田本その2を読み解く5長谷川流奥居合座業抜方5の9棚下 »