« 曾田本その2を読み解く20スクラップ無雙直傳英信流居合術20の5居合術業書立膝ノ部5颪 | トップページ | 曾田本その2を読み解く20スクラップ無雙直傳英信流居合術20の5居合術業書立膝ノ部7鱗返 »

2019年6月13日 (木)

曾田本その2を読み解く20スクラップ無雙直傳英信流居合術20の5居合術業書立膝ノ部6岩浪

曾田本その2を読み解く
20、スクラップ無雙直傳英信流居合術20の5居合術業書
立膝ノ部6岩浪

 正面より右向に立膝に座し例に依り右手を柄にかけると同時に低腰に立上がり、直に左足を少し後に引き刀を抜き左手を刀尖に當て右足を軸として左に廻り、左膝をつくと同時に右足を少し踏み込み左手の四指を刀の棟に當て敵の胸に突通し、左膝頭にて右に廻りつゝ敵を横に押倒し、(顔は正面)左手の四指を刀の腰に添へ右手を突出し、右足を踏み出しながら刀を後にはね返し双手を突出し、左膝を右足の後に送り体を更に正面に向け雙手上段より真向に切込み刀を開き納め終る。右の場合敵の胸に刀を突込む時は、右手を後方に十分引き延ばす事。

 大江先生の剣道手ほどきの長谷川流居合左身の部6岩浪:右に向き、左足を後へ引き、刀を体前に抜き直に左手にて刀尖を押へ、右膝頭の處へ着け、左足を右足に寄せ、体を正面に直し、左手と右手とを水平とし、其右足を其儘一度踏み全体を上に伸し、直に体を落し、左膝をつき右手を差伸ばし、左手は刀尖を押へたる儘、伸ばして刀を斜形として敵の胸を突き、右足を右へ充分引き変へ体を右向きとし、両手にて刀を横に引き、敵を引き倒し、其姿勢にて刀を振り右肩上にかざし、上段に取ると、同時に左足を後へ引き、右足を前にて踏み替へ正面に向ひて上段より斬る。(左の敵の胸を突く)

 大江先生の岩浪は「左の敵の胸を突く」と明瞭ですが、河野先生は想定が充分見えません、動作から判断するのです。刀を抜いて左廻りに敵に向かう際大江先生は「刀を体前に抜き直に左手にて刀尖を押へ、右膝頭の處へ着け、左足を右足に寄せ、体を正面に直し」ています。河野先生は
「刀を抜き左手を刀尖に當て左足を軸として左に廻り、左膝をつくと同時に右足を少し踏み込み左手の四指を刀の棟に當て敵の胸を突通す」ですから、ここで動きが止まってしまい、何処を向くんだ、敵は何処だ、どうしたらよいか判らなくなります。つづいて敵を刺突するのですがその動作が全く欠如しています。
 
 河野先生が第18代穂岐山先生に師事したのは昭和2年1927年8月、この業書は昭和7年1932年以前に穂岐山先生から指導されたものの覚書を纏められたと推察できます。当時河野先生が高知に出向くにしても、穂岐山先生が大阪に出向くにしても月一回は無理だったでしょう。その間大阪の先輩から指導されたとしても曖昧なものだったと思われます。
 
 このスクラップは昭和8年1933年5月に「無雙直傳英信流居合術全」として小冊子の活字本になって居ます。その複製版を「本書の複製に際して」と題して昭和44年1969年5月故岩田憲一先生が書かれています。:「この書は末尾にも記してあるように第18代宗家穂岐山波雄先生が大阪八重垣会を指導されていた時第20代宗家河野百錬先生に記録させたものでその製本された時18代宗家が山本宅治先生を訪問し本書を提示されたもので丁度居合わせた中西岩樹先生と三人で致道館に行き正座業一本目より読み上げつゝ演武して先ずは大江正路先生(第17代)教示のものして足りるものと三名の意見が一致したものだそうであります。(山本宅治先生)
 河野百錬先生も非常に若い折りでもあり穂岐山先生教示のまま記されたものと考えられ、それを穂岐山先生が監修されているので現在第17代大江正路先生の技法を追及したり亦正流の技法の根本に触れんとすれば簡明に記録された本書が一番適当なものと考え同好の各位に領布する次第です。・・」

 岩田先生の賛辞ですが、河野先生は明治31年1898年2月19日生まれ、昭和8年1933年には35歳になられていますので年齢としては若いとは言えません、剣道は明治45年1912年14才から始められていますから21年の経験者です。昭和9年1934年には大日本武徳会錬士となって居ます。
 居合は正式に手ほどきを受けたのは昭和2年からで、それも時々顔を出された穂岐山先生の居合でしょう。5年程の経験でしょうから正座の部はともかく立膝の部は、穂岐山先生の教示をメモされた内容はお粗末です。それでもメモすら取れない最近の初心者から見れば雲泥の研究心です。
 無雙直傳英信流居合術全の内容にご自分でも不満だったのでしょう、その後昭和13年1938年無雙直伝英信流居合道を発行されて不足部分を補完され、それまでに集められた居合に関する多くの教えを示されています。更に昭和17年1942年44才の時大日本居合道図譜を発行され無双直伝英信流正統会のバイブル的存在でしょう。

 古伝神傳流秘書英信流居合之事岩浪:「左へ振り向き左の足を引刀を抜左の手切先へ添へ右の膝の外より突膝の内に引後山下風の業に同じ」

 古伝は簡明です。グダグダ言わずストレートです。現代居合を身に着けた者にはこの文章だけで今の岩浪との違いを感じられるでしょう。最も極端なのは敵の害意を察して即座に敵の方に振り向く事です。

 河野先生の大日本居合道図譜より岩浪:「意義-我が左側の敵が我が柄を制せんとするを、其機先を制して胸部を刺突して勝つの意なり。 右向きに座し、左足を退きつゝ刀を剣先部迄抜く。左手の食指に剣先部の落つるや、拇指にて挟む様にして、右手を下げつゝ右足を軸として左に向く(正面になる)
 註1、右足の後方に左足を運ぶ。 
 註2、左手の運びが大きくならぬ様に最短距離を運ぶ事。
 構ゆる 
 註1、右膝は十分に屈める。 
 註2、右手は伸ばし。
 註3、剣先部を食指と拇指の基部挟さみ、剣先は膝より出さぬ事。
 刺突す 構えたる所から右膝を少し伸ばして体の反動をつけ、左膝を下に着けると同時に剣先を少し上げて敵の胸部を刺突す。以下颪の要領に同じ。」
 

|

« 曾田本その2を読み解く20スクラップ無雙直傳英信流居合術20の5居合術業書立膝ノ部5颪 | トップページ | 曾田本その2を読み解く20スクラップ無雙直傳英信流居合術20の5居合術業書立膝ノ部7鱗返 »

曾田本その2を読み解く」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 曾田本その2を読み解く20スクラップ無雙直傳英信流居合術20の5居合術業書立膝ノ部5颪 | トップページ | 曾田本その2を読み解く20スクラップ無雙直傳英信流居合術20の5居合術業書立膝ノ部7鱗返 »