« 曾田本その2を読み解く20スクラップ無雙直傳英信流居合術20の5居合術業書奥居合居業ノ部2脛囲 | トップページ | 曽田本その2を読み解く20スクラップ無雙直傳英信流居合術20の5居合術業書奥居合居合業之部4戸脇 »

2019年6月20日 (木)

曾田本その2を読み解く20スクラップ無雙直傳英信流居合術20の5居合術業書奥居合居業之部3戸詰

曾田本その2を読み解く
20、スクラップ無雙直傳英信流居合術
20の5居合術業書
奥居合居業之部3戸詰

 正面に向ひて立膝に座し、例の通り柄に手を掛けると同時に右足を右斜前に踏込みて右片手にて切りつけ、直ちに左膝頭を中心として左斜前に向き右足を踏み双手上段にて切り付け、刀を血振ひして納むる事前に同じ。

 この業及び業名は、古伝神傳流秘書では抜刀心持之事の4本目両詰の替え業になります。
 両詰:「抜て片手にて左脇を突き直に振向いて右脇を切る。右脇へ抜打に切り付け左を切る。」

 古伝英信流目録秘訣の上意之大事両詰:是又仕物などを言付られ又は乱世の時分などにわ使者などに行左右より詰かけられたる事間々これ有也、ケ様の時の心得也、尤其外とても入用也、左右に詰かけられたる時一人宛切らんとするときは、おくれを取るなり故に抜や否や左脇の者を切先にて突、すぐに右を切るべし、其のわざ唯手早きに有。
 亦、右脇の者に抜手を留らるべきと思ふ時は右を片手打に切りすぐに左を切るべし。

 江戸時代末期にこの両詰がどのように稽古されていたかは不明ですが、土佐の居合「無雙神傳英信流居合兵法」は、両脇を敵に詰め寄られる状況を想定した業であったのです。戸詰などと云う意味不明の業名では無かった、それを大江先生によって戸詰と戸脇に分けられてしまい、戸詰めは右片手打ち、左は諸手上段から斬る業とし、戸脇は左後ろを刺突し、右前の敵を双手上段から斬り込む、二つの業に変えられて中学生に指導したのでしょう。その後の宗家筋の先生に依って、戸詰は左右に戸襖があり我は敷居の外側から室内に切り込む業と、場の想定が表立ってしまいました。戸脇などは右戸襖の後に居る敵と左戸襖の前、我の斜め後ろに敵が居る可笑しな想定をしかとして稽古しているのです。
 それも稽古としてはよく考えたと云えるでしょう。然し、対敵意識を優先すれば違った角度からの攻防が見えてくるはずです。我を取り巻いて360度に敵が居る想定に応じる稽古をしたいものです。

 大江先生の奥居合4本目戸詰:(右を斬り左を斬る)抜き付け、右の敵を右手にて切ると同時に右足を右斜に出す、其の右足を左斜横に踏み変へて上段にて左斜を真直に斬る。

 我が右の敵と言われれば我が右脇を想定しますが、動作は「右の敵を右手にて切ると同時に右足を右斜に出す」のですからこの右とは「右斜前」なのでしよう。真右を斬るのに右足を右斜に出すでしょうか。片手抜打ちの斬撃力を増す為稍々右斜めに右足を踏み込むのはあり得ます。
 真左の敵は双手上段からの切り下ろしならば、右足は真左に踏み込むでしょう。大江居合には戸詰の業名ですが戸を意識した動作が感じられませんが、それが右足を斜め右に踏み込み右敵を斬る、左敵も戸を越して左を斬る、これでは業名に拘ってしまい過ぎで標準仕様とは云えません。

 細川義昌先生系統の梅本三男先生による「居合兵法無雙神伝抜刀術」の英信流奥居合之部5本目両詰:「(左右に座して居る者を斬る)正面に向ひ居合膝に座し、例により鯉口を切り右手を柄に掛けるなり、腰を伸し(右へ掛かると見せて)右足を少し右へ踏出し、其方向へ刀を引抜き、咄嗟に左へ振向き(右片手にて)左側の者の胸部を突き、直ぐ右へ振返へりつつ諸手上段に引冠り右側の者へ切込み刀を開き納め終る。」

 細川先生は下村茂市の弟子で大江先生の兄弟子に当たります。大江先生の独創は主として奥居合に集中しています。明治維新の際大江先生は16才でした。20歳の時には士分を解かれ失業、其の上26歳の時には下村茂市は他界されています。どう見ても明治維新の混乱期で居合の稽古を十分できたとは思えず、明治30年に五藤孫兵衛の後を引き継ぐに当たって、すでに45才でした。奥居合の改変は仕方なかったかもしれません。土佐の居合の伝承者として技技法において妥当だったかは疑問ですが、当時外に人材が得られたかは更に疑問です。従って、土佐の居合がさ迷ったままであったのもやむおえなかったでしょう。見直す時期に来ていると思いますが、高齢の指導者に其の機はあり得ないでしょう。側近の方にしても、習い覚えたものを変える気力体力は難しそうです。現代居合として大江居合を完成させた河野居合を学ぶ道と、古伝に戻り日本文化の継承の道と二つの道を同時進行して行く事が当面の課題でしょう。古伝によって現代居合を否定する必要はなくそれは其れ、竹刀スポーツを剣道と呼び、古流剣術は古武術で良いのでしょう。共に日本文化なのです。

 

 

|

« 曾田本その2を読み解く20スクラップ無雙直傳英信流居合術20の5居合術業書奥居合居業ノ部2脛囲 | トップページ | 曽田本その2を読み解く20スクラップ無雙直傳英信流居合術20の5居合術業書奥居合居合業之部4戸脇 »

曾田本その2を読み解く」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 曾田本その2を読み解く20スクラップ無雙直傳英信流居合術20の5居合術業書奥居合居業ノ部2脛囲 | トップページ | 曽田本その2を読み解く20スクラップ無雙直傳英信流居合術20の5居合術業書奥居合居合業之部4戸脇 »