« 曾田本その2を読み解く20スクラップ無雙直傳英信流居合術20の4居合術業書正座之部10追風 | トップページ | 曾田本その2を読み解く20スクラップ無雙直傳英信流居合術20の5居合術業書立膝ノ部1横雲 »

2019年6月 7日 (金)

曾田本その2を読み解く20スクラップ無雙直傳英信流居合術20の4居合術業書正座之部11抜打

曾田本その2を読み解く
20、スクラップ無雙直傳英信流居合術
20の4居合術業書
正座之部11、抜打

正面に向ひて正座し、左手を鯉口取り拇指にて鯉口を切り、右手を柄にかけつゝ両膝と其爪先にて膝を伸ばし、右斜前に刀を引き抜き左肩側に刀先を突込む様に雙手上段に振冠りて切り込み、刀を右開くと同時に左手は左腰に取り後鯉口を握り刀を納めつゝ臀部を踵の上におろして納め終る。

 大江先生の「剣道手ほどき」大森流居合11番抜き打ち:正面に座す、対座にて前の敵を斬る心組にて其正座の儘刀を前より頭上に抜き、上段に冠り、身体を前に少しく出し、前面の頭上を斬る。血拭ひは中腰の同体にて刀を納む。

 河野先生も大江先生も対座する敵の害意を認め、「直ちに其真向より抜打ちにして勝の意」がこの抜打の意義なのでしょう。「害意」です。古伝神傳流秘書大森流居合之事の抜打:座して居る所を向より切て懸るを其の儘踏ん伸んで請流し打込み開いて納る 尤も請流に非ず此所筆に及ばず。
 古伝は敵が既に刀を抜いて真向に斬りかかって来る緊急事態の業でしょう。従って刀を抜き乍ら伸び上がる様に踏ん張って相手の打ち込む刀を左肩を覆う様に抜き上げた刀で請けるや摺り落して上段に振り冠って、受け流された相手の真向に打込むのです。「害意を認め」の解釈は対敵の運剣を意識しない様な抜打ちは、一方的な切り込みにすぎません。動作や形は同じでも全く違う業なのです。

 河野先生の大日本居合道図譜でも「正面に対座する敵の害意を認むるや直ちに其の真向より抜打ちにして勝つの意なり」の意味不明な意義を以て抜き打っています。但し其の動作は「腰を上げ乍ら刀刃を少し外向け右斜前にスット物打辺り迄抜き出す。右拳を上に上げつゝ抜きとり剣先は下げて左肩側より体を囲ふ様に把り(敵斬込むとも之を受流す心)で上段になる・・」ですが、古伝の様に「向より切て懸る」では無く心持ちに過ぎません。河野先生の抜き上げた写真は請け流す一瞬を示す様な写真ですが、「形」に過ぎません。

 細川先生系統の梅本三男先生の居合兵法無雙伝抜刀術抜打:対座して居る者を斬る・・。これでは、我の一方的な切り込みになってしまいます。全居連の刀法の二本目に無外流の連を元にした前後切があります。この意義は「敵我が真向に斬込み来るを受流すや顔面に双手上段から斬付け、直ちに後敵の真向に斬下し、更に前敵の真向に斬下して勝つ」のであって、まず敵に斬り込まれているのです。同じ事が抜打ちにもある事を意識した運剣が望まれているのです。飛び上がったり、どんと音を立てたり、意味の無い事を「いかにも」と演ずるのではありません。

|

« 曾田本その2を読み解く20スクラップ無雙直傳英信流居合術20の4居合術業書正座之部10追風 | トップページ | 曾田本その2を読み解く20スクラップ無雙直傳英信流居合術20の5居合術業書立膝ノ部1横雲 »

曾田本その2を読み解く」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 曾田本その2を読み解く20スクラップ無雙直傳英信流居合術20の4居合術業書正座之部10追風 | トップページ | 曾田本その2を読み解く20スクラップ無雙直傳英信流居合術20の5居合術業書立膝ノ部1横雲 »