« 曽田本その2を読み解く20スクラップ無雙直傳英信流居合術20の5居合術業書奥居合居業之部6棚下 | トップページ | 曽田本その2を読み解く20スクラップ無雙直傳英信流居合術20の5居合術業書奥居合居業之部8虎走 »

2019年6月24日 (月)

曽田本その2を読み解く20スクラップ無雙直傳英信流居合術20の5居合術業書奥居合居業之部7両詰

曽田本その2を読み解く
20、スクラップ無雙直傳英信流居合術
20の5居合術業書
奥居合居業之部7両詰

 正面に向ひて立て膝に座し、例に依りて柄に手を掛け同時に腰を延し刀を前方に引抜き直ちに右足を前に踏み込みて刀を突込み、其突込たる刀を引き抜く気持にて拳を体に引きつける気味合にて直ちに双手のまゝ上段に冠りて真向を割りつけ、血振り納刀する事前に同じ。

 大江先生の剣道手ほどきによる両詰:(抜放け諸手にて真向を突き斬る)座したる處より右足を少し出して、刀を抜き、柄元を臍下に当、右足を踏み出して、前方を諸手にて突き、其姿勢のまゝ、上段にて前面を真向に斬る。

 細部はともかくとして、河野先生の両詰と大江先生の両詰は同じと云えそうです。但し、刀を抜き出す際、大江先生は腰を上げ右足を少し出して居ます。更に抜き出した刀の切先を前に向け、柄頭を臍下にあてて、右足を踏出し刺突します。上段になる際河野先生は、刺突した柄手を体に引き付けてから上段となるのです。
 大江先生の手附で「抜放け」「柄元」の意味は「抜放し」、「柄頭」だろうと思いますがさてどうでしょう。

 この業名は「両詰」ですがどの様な状況における居合なのか動作ばかりなのでつい、業名の両詰から、左右を敵に詰め寄られる、あるいは左右が戸障子や壁で狭い場所なので抜付けずに刺突すると想像してしまいます。
 
 大江先生の兄弟子細川義昌先生系統の梅本三男先生の「居合兵法無雙神伝抜刀術」では両詰の業名の手附は「左右に座して居る者を斬る」業で:正面に向ひ居合膝に座し、れいにより鯉口を切り右手を柄に掛けるなり、腰を伸ばし(右へ掛かると見せて)右足を少し右へ踏み出し其方向へ刀を引抜き、咄嗟に左へ振向き(右片手にて)左側の者の胸部を突き、直ぐ右へ振返りつつ、諸手上段に引冠り右側の者へ斬込み刀を開き納め終る」
 であって、この業は古伝の業名で古伝の動作そのものです。大江先生の「両詰」は古伝の「向詰」なのです。何処でどのような理由があって業名をいじったか不明ですが間違ったまま、現代居合とし無双直伝英信流」の夫々は両脇が狭い場所での攻防として演じています。

 梅本先生の「向詰」:(対座して居る者を斬る)正面に向ひ居合膝に座し、例により鯉口を切り、右手を柄に掛け、両膝を立つなり右足を少し右前へ踏出し、其方向へ刀を引抜き、右足を引戻すと共に、刀尖を向ふへ、柄頭を腹部へ引付け諸手となり(刀を水平に構へ)体を少し前へ進め、対手の胸部を突き、更に左足を進ませつつ諸手上段に引冠り右足を踏込んで斬込み、刀を開き納め終る」

 向こうは、正面を意味するもので、正面の敵です。
 古伝神傳流秘書抜刀心持之事両詰:「抜て片手にて左脇を突き直に振向いて右脇を切る」

 細川居合と同じ、業名と動作です。それでは大江、河野居合の両詰と同じ動作では古伝神傳流秘書では向詰:「抜て諸手を懸け向を突打込也」

 細川居合が古伝を伝承しています。大江先生に依って業名や動作が変えられる事は明治維新と云う混乱の為せる技と思いますが、理由も無く変えられ、本当のことを知っても其の儘と云う事はおかしい事です。心ある人は事実を知ってしまえば本物を求めるのは当たり前でしょう。

 奥居合の向詰は正面の敵を刺突する業で、大森流の一本目前や英信流の一本目横雲が英信流独特の横一線の抜付けを無双直伝英信流の極意業としていながら奥居合では同様の場及び対敵との想定に刺突を付け加えたのでしょう。

 現代居合では「両詰」は敵に左右から詰寄られるのではなく、両脇が壁などの障壁のある狭い場所での抜刀及び刺突を教え、横一線の抜き付けでは壁などに打ち当て不覚を取るので突きに限るとします、尚且つ血振、納刀も体から大きく出さないと云って業名に拘っています。

 

 

 

 

|

« 曽田本その2を読み解く20スクラップ無雙直傳英信流居合術20の5居合術業書奥居合居業之部6棚下 | トップページ | 曽田本その2を読み解く20スクラップ無雙直傳英信流居合術20の5居合術業書奥居合居業之部8虎走 »

曾田本その2を読み解く」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 曽田本その2を読み解く20スクラップ無雙直傳英信流居合術20の5居合術業書奥居合居業之部6棚下 | トップページ | 曽田本その2を読み解く20スクラップ無雙直傳英信流居合術20の5居合術業書奥居合居業之部8虎走 »