« 曽田本その2を読み解く24スクラップ土佐居合に就いて24の1竹村静夫 | トップページ | 曽田本その2を読み解く24スクラップ土佐の居合の為に24の3曽田虎彦 »

2019年8月 2日 (金)

曽田本その2を読み解く24スクラップ土佐の居合術に就而24の2谷村秀喜

曽田本その2を読み解く
24、スクラップ土佐の居合術に就而
24の2日本刀荘谷村秀樹

 無雙直傳長谷川英信流の本場たる土佐国に於ては、現在土佐出身の自分等は当流を内訳して(中西流)と(穂岐山流)の二派としております。同じ土佐の英信流であって前記二派の異なる点を一言にして曰ひ現さしむれば、穂岐山流は形としては美練され観る目誠に華やかなる形其ものである。
 然るに中西流は率直で然も機敏であり、真剣味充実し理論徹底し自ら鬼気迫る実戦其ものの技である。
 一例を挙るに穂岐山流では抜刀から刀が鞘に治まる迄総而の形が裕長にして動静が大きく華やかなるを特徴とす。中西流に於而は総而の形が敏捷にして動静は穂岐山流に比してやゝ小さく生気漲りて敵を斃すを目的とし、然も理論的に研究され、利剣其ものである。中西流の抜刀は刀身が今正に鞘を払はんとして切先三寸鞘に残りたる時切先に気力を充実さして体をヒネリて刀身を撥出して敵を弾力斬にするのである。弾力斬とは例へば一本の竹の根本と先を両手にて握り、之を円形に引枉て(ひきまげて)一方を放ちたる際の弾力気分を言ふ。即ち此気分る以而敵を斬り付けるのである。形が技であり技が形である居合術の総而の動静が理論徹底して居なければならぬ。
 一例するに大森流の五本目八重垣の形に於而抜付に敵の首或は胴を斬りて次に面を割る、而て血振りをなし刀が鞘に治まりかけて残心を入らんとする時、倒れたる敵は半ば起きあがりて自己の右足を払ひに来れるにより、更に刀を抜付けて敵刀を撥き返し、直に間髪を入れず敵の面を割る。此の処までは両派共大同小異であるが、此処に於而理論の異る点である。此場合穂岐山流では其場に於而左脚を屈すると同時に敵の面を割る。中西流に於而は其場より更に左足を一歩踏出すと同時に右脚を屈して面を割る、此の左足一歩踏出す点が中西流として理論の徹底したる点である、何故なれば自己の最前方に出たる右足を敵が払はんとする時には自己と敵との間隔は敵の刀身と延びたる敵の腕との長さの間隔があることは何人と雖も言を俟たざる(またざる)ところである。然らば敵と自己との間隔は少くとも五尺位の間隔はあるのが当然である。故に前述穂岐山流の如く其場に於而左脚を屈して斬付けたる処で、剣先は敵に届き憎い理論となる。故に中西流では右足を一歩踏出して斬付けるのである。斯くすれば完然に自己の剣先は敵に達し、目的を果たし得べきである。斯くの如く中西流は無雙直伝長谷川英信流表形四十二本、番外三本共此の理論が徹底致して居ります。
 尚一言して置きたいのは当流には表形の他に裏形が更に四十二本ある事をご参考迄に申添て置きます。
 =居合刀種々あり=市電細工谷停留所前 日本刀荘

 穂岐山流と中西流と云っていますが、その居合の演武を見る機会はすでになく、穂岐山流はゆったりと大きく華やかだけれど理論が今一と云う。中西流は形が敏捷でやゝ小さいが理論的だと述べています。刀屋さんの両者の見立てですが、中西流の軍配を思わせます。
 穂岐山流は大きくゆったり美麗と中西流の率直で機敏が見た目の違いで、理論の違いは想定の違いと言えるのでしょう。八重垣の動作の違いで其の事は明らかです。然し現代居合の形だけが全ての人には中西流は理解できないかもしれません。
 中西流も相手はこうあるだろうと言う思い込みが強すぎれば土佐の居合の真似をしただけの異なるものになってしまうのです。
 表の形四十二本には裏の形が更に四十二本あるそうですが、全く知りません。太刀打之事10本、詰合10本、大小詰8本、大小立詰7本、大剣取11本はあっても裏の形として現代居合で42本の話題や手附に就ての話は聞いたことはありません。其の他に古伝坂橋流棒13本、夏原流和54本、更に小太刀之位6本を加えれば119本になります。裏とは表の業の返し業のイメージがありますがどの様なものだったのでしょう。この辺の処も古伝を知らないだろう谷村秀樹氏の聞きかじりが膨らんだのでしょう。
 土佐の居合の古伝の凄い所は、根元之巻に記されている柄口六寸に勝つ極意にあってそれに至る初歩の稽古業が目録に在る業名に過ぎないのです。
 其の心持ちは「ガッサリと明けて敵は只一打ちと打込まする様に振る舞う事、構は如何にも有れ我と互に打ち下ろす頭にて只我は一図に敵の柄に打込む。先ず我が身を土壇と為して後自然に勝、その勝所は敵の拳なり」すでに失伝した奥義と言えます。
 曽田先生のスクラップはその出典が記載されていないものがほとんどです、これも何を切り抜いたのか解りません。然し居合の心を伝えてきます。

|

« 曽田本その2を読み解く24スクラップ土佐居合に就いて24の1竹村静夫 | トップページ | 曽田本その2を読み解く24スクラップ土佐の居合の為に24の3曽田虎彦 »

曾田本その2を読み解く」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 曽田本その2を読み解く24スクラップ土佐居合に就いて24の1竹村静夫 | トップページ | 曽田本その2を読み解く24スクラップ土佐の居合の為に24の3曽田虎彦 »