« 曾田本その2を読み解く43直心影流兵法目録次第 | トップページ | 曾田本その2を読み解く44神道無念流居合44の2神道無念流(立居合12本)1本目 »

2019年10月 1日 (火)

曾田本その2を読み解く44神道無念流居合44の1敬礼

曾田本その2を読み解く
44、神道無念流居合
44の1敬礼

敬礼
1、開始の場合と帯刀
第1、右手に刀を堤げ正面に対し立礼し、堤刀は刀刃を上方にし栗形の下方を持ち(此際指は鍔にかけざるものとす)体に並行して約45度の位置にする。
第2、右足より三歩前進し、両踵を揃へ蹲踞し(此際刀を右腰にし鍔を体の中心前とす)左手を地につく如くして敬礼す。
第3、右手を以て刀を体の中央前膝の線に刀背を前方にし垂直に立つ。
第4、左手を以て下緒を「スゴク」如くして鐺の附近を持ち両手を以て帯刀する(この時左手の拇指を鍔の右内側より前方に押し鯉口を切り食指を以て刀の抜けざる様、左外側より後方にひき鍔は概ね体の中央前にある)
第5、起立して右足より三歩後退す(起立せる時右手は自然に垂れる)

2、終止の場合の脱刀
第1、右手を以て刀を脱し大腰に持ち来たって蹲踞して敬礼す(開始の場合と同じ)。
第2、起立して右足より三歩後退して立礼す。

刀の納め方
1、前の足を後足に引き付ると同時に刀を左肩に擔ぐ如く持ち来り左手は鯉口を持ち鞘を正しくす。
2、左手の拇指と食指とにて「はばき」の近くを挟み右手の拇指は縁頭の近くを其の他の指は下より鍔及柄を持つ
3、左足を後方に一歩引くと同時に右手を以て刀身を前下方に引き刀尖を鯉口の処に持ち来る。
4、右足を左足に引付つゝ刀身を鞘に納る。


 神道無念流の居合の手附を何処から手に入れたのでしょう、土佐の居合とどの様に関連付けてこの手附を曽田本その2に書き加えられたのか分かりません。
 単純に貴重な資料を手に入れたので覚書として書き留めて置いたのかも知れません。土佐の居合との違いを研究してより磨きをかけようとされたかもしれません。
  土佐の居合も谷村派だ下村派だとかその違いがよくわからないまま語られ、最近は大江先生以後の宗家筋に異論を持つのか分派が林立し、更に連れ立って何とか連盟などと云う意味不明の集合体を作ったりしています。大江居合に過ぎないくせに、業技法の形程度のことで分派するなど愚かなもので、そこそこ稽古を重ねれば一人一人の考え方や癖は強く出て来るものです。分派に至るのは業技法の考え方よりも宗家だ代表だと云う権威を手に入れた者が、箸の上げ下げ迄俺に従えと云う権力者になった様に錯覚し、共に歩んできた仲間を排除しようとしたり、無理やり自分の形に押し込めようとする事が原因かもしれません。小さな井戸の中で居場所を争って自己満足に浸っているようなものでしょう。
 分り合う事もせず一方的では嫌気もさすでしょう。異論を唱えられると権力者は暴力的になるものです。
 本物を求める意識も知恵もなく、まして年を取って自己主張ばかり強くなると、どうでもいいと投げやりになるかが目立ちます。話し合い理解し合う事を怠る、怠け者の集団の分裂に過ぎない様に思えて仕方が有りません。
 曽田先生は自流の本道を知ってしまったのですから、当然他流の研究も芽生えて来たのかも知れません。

 神道無念流も地域道場によっては、業技法が違う事もあり得るでしょう。神道無念流は夢想神傳流の育ての親中山博道先生の剣術であったと記憶しています。そこで中山博道先生の神道無念流居合に関する書籍から訪ねたのですが、曾田本その2の居合とは聊か抜方が違っています。
 神道無念流は信州飯綱権現で活眼して始祖となった福井平右衛門より始まると聞いています。享保20年1735年の事だそうです。
 敬礼および納刀法は大江居合とは異なりますが、文章を忠実に実行すれば簡単に出来てしまいますので解説は省略します。

 但し、納刀の方法については「前の足を後足に引き付ると同時に刀を左肩に擔ぐ如く持ち来る」は中山博道口述集の立居合初伝では「左足又は右足(後方に在った場合)を必ず前足につけると共に、諸手で刀を自分の前に垂直に刀尖を下にしてから左肩に刀峯を付けてかつぐ様にして、右手を逆手に持ち変えて左手を鯉口にして刀を前から納めるのである」と解説されています。
 「右手の拇指は縁頭の近くをその他の指は下より鍔及び柄を持つ」の文章とは少々違和感があります。が逆手には違いありません。抜けている部分を自分の力量の範囲で補うのも古伝を研究するのに役に立ちますが、やり過ぎは別のものになってしまいます。
 居合に就いては一本ずつ稽古して見たいと思います。

 

|

« 曾田本その2を読み解く43直心影流兵法目録次第 | トップページ | 曾田本その2を読み解く44神道無念流居合44の2神道無念流(立居合12本)1本目 »

曾田本その2を読み解く」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 曾田本その2を読み解く43直心影流兵法目録次第 | トップページ | 曾田本その2を読み解く44神道無念流居合44の2神道無念流(立居合12本)1本目 »