« 曽田本その2を読み解く32スクラップ土佐が生んだ天下の剣豪川崎範士32の6 | トップページ | 曽田本その2を読み解く32スクラップ土佐が生んだ天下の剣豪川崎範士32の8 »

2019年9月11日 (水)

曽田本その2を読み解く32スクラップ土佐が生んだ天下の剣豪川崎範士32の7

曽田本その2を読み解く
32、スクラップ土佐が生んだ天下の剣豪川崎範士
32の7昭和19年5月17日高知新聞掲
関脇を足搦めで屠る 東京大相撲甲府巡業中の珍話

 日清戦争の最中に広島の仮議事堂で天覧試合をしたことがあった、その後川崎氏は土佐へ帰っていた当時の土佐の剣客には馬淵桃太郎、小松孫四郎、馬詰栄馬などがいた、かくて川崎氏は明治33年の春山梨県巡査教習所の剣道教士を仰付かって甲府に行った、時の山梨県知事は後に高知県知事にもなりまた文部次官になった石原謙三、書記官が例の西久保弘道、それから警察部長が後に北海道長官になった岡田文次の諸氏で何れも剣道は今の三段位の腕前であったので、当の川崎氏は非常に優遇されたものだ、
 その頃東京大相撲の常陸山一行が巡業に来て雨でニ三日休みになった、或日道場へ力士が多勢見物に来た、ところが関脇の稲川が“俺も一本やってみる”といひ出した、何しろ素人と言へ二十七、八貫もある図体でそれに力稼業の男だ、うっかり相手になって痛い目にあふのは厭だからみんな尻込して結局川崎氏に廻ってきた、「さうかよろしい、やらう」と云っている処へ噂を聞いて西久保書記官が常陸山と一緒にやってきた、常陸山は非常に意気込んでいる稲川に「よせ、よせ、相撲取りが撃剣をするといふのは道にないことだ、道にないことはよせ」斯ういって制めたけれども稲川は元気を煽られているのでどうしても承知しない、すると西久保書記官が「面白い、では俺の道具を貸すからやってみろ」といふことになり川崎氏も道具をつけて道場に出た、川崎氏は東京に修行しているとき逸見宗助先生から「筋肉をきたえているものを相手にするときは尋常では駄目だ、脉を打たんといけない」とかねがね教はっていたので面倒になれば腕の内側に一本見舞って痺れあげさせてやる覚悟であった、
 さて立合になると稲川はいくら打たれてもいい、相手の身体に竹刀をあてさへすれば勝だといふのでまるで牛が突きかかるやうに飛び込んで打ちかかってきた、それをニ三回受け流すと川崎氏は例の足搦みで稲川を道場の真中にドスンと倒した、慌てて起き上がるや否やまた足搦みでさすがの稲川兜を脱いだ。
 明治36年の5月には八王子甲府間の鉄道が開通することになった、さて開通式の当日は甲府はじまって以来の賑ひで近郊近在から見物人が集まって町がはちきれさうな人出であった、開通式も滞りなく終ると祝賀の大宴会があり、宴会が済んで町へ出た時はもう夜になっていた町の混雑は絶頂に達している、川崎氏は渡辺千春と連れだって家へ帰らうとしたが途中の交通整理を消防の人々がやっている、腕には刺青をチラチラさせていた、そして今日はお上の手伝いをしているといふので特に意気が高かった、ところが喧嘩好きな千春は人混みを歩くうちにあっちこっちでぶつかっては喧嘩をはじめた、消防が制めるのだが、その制め方が生意気だといふので腹を立て、それから消防の姿を見るとポカンと殴りつける。
 川崎氏は何分人に揉まれながら歩いているのでそんなことはちっとも気がつかずに平気で悠々と歩いて春日町まで来ると千春に別れて家に帰った、そして寝ようかと思っていると門口をドンドン叩くものがある、出て見ると近所のお内儀さんが血相変へて「いま露地の口で消防が集まって、ここだ、ここだ、川崎の家はここだ、と騒いでいる」といふ、また近所の男が駆けつけて来て「五十人ばかりの消防が手に手に鳶口を持って相手は剣術使ひだから油断すな」とのことだといふ、当の川崎は一向に訳がわからないので「何も消防から喧嘩を売られる覚えはない」と平気でいたけれども近所の男は心配して荒井警察部長のところへ注進に行った、川崎氏は話がわからぬうちに殴り込まれるといけないと思って戸をしっかりとしめて様子を窺っているとドヤドヤと押しかけてくる足音がする、「叩きのめせ、殴り殺せ」いきまいており今にも戸を打破って雪崩れこまうとする気配だ、川崎氏はそんな理不尽なことをすれば覚悟があると決心して身構へをしていた、
 そのとき、急を聞いて駆けつけた荒井警察長の話によって事の顛末がのみこめた、それは千春が乱暴したことを川崎氏がけしかけたと誤解したのである、兎に角かうして無事に済んだけれども一時は血の雨が今にも降るかといふ大騒ぎだった。
 

|

« 曽田本その2を読み解く32スクラップ土佐が生んだ天下の剣豪川崎範士32の6 | トップページ | 曽田本その2を読み解く32スクラップ土佐が生んだ天下の剣豪川崎範士32の8 »

曾田本その2を読み解く」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 曽田本その2を読み解く32スクラップ土佐が生んだ天下の剣豪川崎範士32の6 | トップページ | 曽田本その2を読み解く32スクラップ土佐が生んだ天下の剣豪川崎範士32の8 »