« 曾田本その2を読み解く44神道無念流居合44の2神道無念流(立居合12本)7本目 | トップページ | 曾田本その2を読み解く44神道無念流居合44の2神道無念流(立居合12本)9本目 »

2019年10月 9日 (水)

曾田本その2を読み解く44神道無念流居合44の2神道無念流(立居合12本)8本目

曾田本その2を読み解く
44、神道無念流居合
44の2神道無念流(立居合12本)
8本目

(意義)
勉めて敵に接して抜打するも敵後退するにより追詰めて切倒すなり。

(動作)
第1、其場にて抜刀右足一歩出し正面を切る
第2、左足より二歩前進して切る
第3、二本目第4動の如く切り返し
 二本目第4動:両手で刀刃を上にし刀刃を以て敵の刀を払流し(此の時刀尖は其位置にて左拳を刀尖より稍上ぐ)同時に左手を中心に右肩より冠りつゝ左足を左前に踏み右足を左足の後に引き敵の右肩より八相に切り下ぐ
第4、納刀
*
 この8本目も抜けが有って解りずらいのですが、対敵は正面から歩み来て我はその場で「勉めて敵に接し」て、抜き打つのか、双方歩み行く時「勉めて敵に接し」間に至るのでしょう。
 稽古では左足前右足爪先を左足土踏まず附近に置き、その場で右足を踏み込み横一線に「抜打」する、あるいは上に抜き上げ上段に振り冠って敵の正面に「抜打」する。
 次に、敵引く処左足を踏み込み上段に振り冠右足を踏み込んで真向に切り下す。
 切下すや敵の反撃を受けて、切り下ろした切先を残し「その位置にて」刀刃を上に向け左拳(左柄手)を切先より稍々高くして下から払い上げる様に受け流し、「左手を中心に」右肩より振り冠つゝ「左足を左前に踏み右足を左足の後に引き」逆八相となって「敵の右肩より八相(逆八相)に切り下げる。
 剣尖を青眼に戻し残心、左足を引いて右足に踏み揃え刀の棟を左肩に添え、左手を鯉口に執り刀の鍔元を拇指と人差し指で挟み、右手を逆手に持ち替えると同時に右足を引いて、刀を斜め右前に引き切先が鯉口に入るや刀を鞘に納めつつ右足を左足に踏み揃えて納刀す。
 ちょっと違うかな、英信流っぽくなったかもしれません。

|

« 曾田本その2を読み解く44神道無念流居合44の2神道無念流(立居合12本)7本目 | トップページ | 曾田本その2を読み解く44神道無念流居合44の2神道無念流(立居合12本)9本目 »

曾田本その2を読み解く」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 曾田本その2を読み解く44神道無念流居合44の2神道無念流(立居合12本)7本目 | トップページ | 曾田本その2を読み解く44神道無念流居合44の2神道無念流(立居合12本)9本目 »