« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »

2020年1月

2020年1月31日 (金)

道歌3田宮流居合歌の伝と曾田本居合兵法の和歌3の1規矩準縄5我気にて

道歌
3、田宮流居合歌の伝と曾田本居合兵法の和歌
3の1規矩準縄
5我気にて

田宮流歌伝口訣
我気にて己が身をつかふものそよし
      業にこゝろを奪ひ取らるな

曾田本居合兵法の和歌
 この歌は居合兵法の和歌にはありません。
  新庄藩の秘歌之大事にも有りません。

「我が気にて己が身を使うものぞ良し業に心を奪い取らるな」。直訳すれば、我が体は状況に応じた気(こころ)で使うもので、業手附に拘って心を奪い取られてはならない。と戒めています。
 現代居合の教本を読んで見ても、組太刀の手附を読んでみても明治以降から年数が新しくなればなるほど、形の有り様や、足の運びまで委しく書かれています。
 指導者による指導も、教本丸暗記の指導を越えて来ません。中には教本の読み違いや、師伝の認識違いでおかしな指導も山ほどです。初心の頃は何も分からないものですから、それでも素直に言われた通り、直された通りに学ぶのが一番です。教本を手に入れ貪るように暗記し、宗家のビデオに釘付けとなって形を学びました。
 お陰様で、演武大会などでは良い成績を得られたものです。

 然し、打ち込んで来る相手に、二呼吸半とか一呼吸半とかの間を取っていたのでは頭上に打ち込まれ一瞬気が遠くなりそうです。見事な抜付けをしたらそこで一瞬の居付きが出来て第二の敵に応じられません。右足から踏み出し、左足踏み出しながら刀を抜き出し、右足踏み込んで斬り付けようとして刀に乗ったつもりで前懸りしたら、その前に頭を打たれたり。送り鞘をしっかり取ったら小手を打たれたり。
 その流の形を覚えても、何も役に立ってくれません。この歌心は業の順番や決まり事ばかりに捉われていては、状況に応じた気による攻める体の使い方が疎かになり死に物の剣術踊りになってしまうよ、と戒めています。

 妻木正麟著詳解田宮流居合「田宮流伝口伝より」この歌の解説を読んでみます。
「身の構へはヶ様、足の踏みやうはこの様と業に拘泥する時は、気が次になって、此の身を自由に使うことならず死物のごとくなる。心気は一身の主宰なれば、心の如く体はいかやうにも使うべき也。たとへば気に行んと欲すれば、体も行く、其の如く気強剛なる時は、発する技も自ずから強い。」

 居合抜ばかりを稽古している人は、相手を想定して抜き付けていれば少しは役に立ちそうですが、その仮想敵も自分に都合の良い動作で応じる想定ばかりでは、稽古にすらならず、居合体操「一本目前」になってしまいます。
 設対者によって間と間合いを身に付けるのには、組太刀の太刀打のことや詰合などが初心には有効ですが、是とて型にはまった稽古で、相手も自分に都合の良い何時もの相手では打太刀が相当力量が有れば別ですが、形は「かたち」だから位の認識では剣舞よりお粗末でしょう。

 古流剣術のかたちは非常によくできていると思います。そうでなければ弟子は皆斬られてしまいます。現代は其の形が何とかできれば良いだけの指導ですから武術とは程遠いのは当たり前です。それでも本物は求めればその中にもある筈です。

 
 

 

| | コメント (2)

2020年1月30日 (木)

道歌3田宮流居合歌の伝と曾田本居合兵法の和歌3の1規矩準縄4居合とは心の上手下手

道歌
3田宮流居合歌の伝と曾田本居合兵法の和歌
3の1規矩準縄
4居合とは心の上手下手

田宮流歌伝口訣
居合とはこゝろの上手下手なれ
      刀をぬくは下手と知るべし

曾田本居合兵法の和歌
 「居合とは」で始まる歌は6本ありますが、この歌は曾田本居合兵法の和歌にはありません。
  新庄藩の秘歌之大事にも見当たりません。

 田宮流歌伝口訣に残されたこの歌は、「居合とは心の上手下手なれ」という上の句の云う上手・下手をどの様な基準で計るのかですが、下の句では「刀を抜くは下手と知るべし」と断定的に言って居ます。刀を抜いたのでは下手だというわけです。
 刀を抜かないで、相手を制することが出来なければ下手なのでしょうか、このままでは読み解けません。妻木正麟著詳解田宮流の規矩準縄に、)(田宮流伝書「口伝」より)、としてこの歌を解説されています。抜粋させていただきます。
 「凡そ技芸の道に心の上手業の上手と云う差別有り。居合の上にて云わば、長き刀などを立派に抜き放してハデなる技をするを技の上手と号る也。今世の居合の術を見るに大抵此の如のもの多き也。然るに居合の術は刀室(さや)の内にかちみは有るもの故に、心が上手なればいつにても勝つの理也。
 されば前にも論ずる如く抜付一本にて勝つの教えゆへに敵合に臨んで気を修め、ジリジリと詰寄せ四寸の鉄の塩合にて初霜の目附をあやまたず抜き放つ時は必ず勝つの理有るなり。さるほどに心気をゆりすえ昏迷せざる時は目附をあやまたず抜き付けるべき也。
 これを心の上手と号る也。心の上手云々なれとは居合は心の上手こそ居合の上手でこそあれと云亊也。技が上手でも心が下手なれば勝つ事はならぬ也。さるほどに長い刀を立派に抜くなどゝ云うは第二第三の事にて下手の仕事じゃと云亊也。」

「心気をゆりすえ昏迷せざる」心のありようを上手、刀を抜いて技に拘るのを下手と取れます。さらに深く捉えれば場に臨んでの心のありようの上手、下手も有り得るでしょう。そして形ばかりの指導者による演舞向け居合を論外の下手と云うのでしょう。 

| | コメント (0)

2020年1月29日 (水)

道歌3田宮流居合歌の伝と曾田本居合兵法の和歌3の1規矩準縄3物をよく習い納

道歌
3、田宮流居合歌の伝と曾田本居合兵法の和歌
3の1規矩準縄
3物をよく習い納

田宮流歌伝口訣
物をよく習ひ納むとおもふとも
       心懸けずばみな廃るべし

曾田本居合兵法の和歌
物をよく習納むと思ふとも
       心掛ずば皆すたるべし

この歌は、田宮流も無雙神伝英信流居合兵法も文字の違いが有っても全く同じ歌です。直訳すれば「物を良く習い納めたとしても、常に心掛けていなければ、忘れてしまうでしょう」というものです。
 居合で云えば「居合の目録を得られるまで習い納めたとしても、何時も心掛けて稽古して居なければ習い覚えた運剣動作を忘れてしまうよ」と云うので、更に奥深く免許皆伝の根元之巻を得られたとしても同様でしょう。
 それは居合に限らず何事でも、十分修得したと思っても、稽古を続けていなければ、咄嗟には習い覚えた業技法は出てこないものです。体で業技法を十分修得しその理合も十分納得して居ても、状況によって自然に手足が応じてくれるには毎日の稽古の積み重ねを怠れば、まず応じられないでしょう。
 年を重ねて来れば、習い覚えた動作では、衰える体力とのアンバランスが単なる繰返しの稽古では効果を発揮してくれないものです。腕力や早いばかりの無駄無理な運剣動作を、全身を使ったゆるゆるとした無理のない動きに変えて行き、更に力と速さで応じたものをゆるゆると見えてもコンパクトな動作で拍子の見事に合った無理のないより早いものに変化させなければならないでしょう。若者に負けるような武術は武術を修業しているとは言えないかもしれません。

 

| | コメント (0)

2020年1月28日 (火)

道歌3田宮流居合歌の伝と曾田本居合兵法の和歌3の1規矩準縄2天芸を願はゞ

道歌
3、田宮流居合歌の伝と曾田本居合兵法の和歌
3の1規矩準縄
2天芸を願はゞ

田宮流歌伝口訣
天芸を願はゞこゝろ一筋に
      師教の道をふかくしんぜよ

曾田本居合兵法の和歌
同じような歌は見当たりません。

 天芸とは修行成就して天下に並びなき達人を謂うのだそうで、それに到達しようと思うならば師匠の教えを迷うことなく信じなさい。という事を歌っています。天芸を得た達人と、一般的には師匠は同レベルの人なのでは無さそうです、と云うと「当たり前だ」と帰って来るかしら。
 師匠には天芸を得た人と、トレーナーや監督、世話役と分けて考えた方がいい場合もありそうです。それを段位制で一括りにするとおかしな現象が起こるのでしょう。
 前回は田宮流歌伝口訣は「師に問いていかで大事を悟べきこゝろを盡しねんごろに問へ」、曾田本居合兵法の和歌は「師に問わず如何に大事をおしゆべし心をすまし懇に問へ」でした。師に分からない事は聞きなさい、さすれば答えを得られるだろう、と言う歌心でした。この歌は教えられたことを一途に信じて修行しなさい、と云っています。
 ここで気になるのは、前回では問うべき人であるか否かが気がかりであり、今回も師は天芸に達した人なのかが気がかりです。
 聞くべきでもない人に聞いてみても疑問も迷いも晴れない、同様に天芸になって居ない人に指導されても天芸は望めないと思うのは、もともと貴方が天芸に至る修行者の心が不足していると思えて仕方が有りません。
 そのような人は、もともと人の師であるべき人としての資格がないのに、弟子を取り指導者ぶっているニセモノに従っている程度に過ぎないのでしょう。 
 すでに曾田本居合兵法の和歌で学びましたが「下手こそは上手の上の限りなれ返すかえすも誹りはしすな」と有りました。下手こそは上手に成る為のお手本なのだと歌心は歌っています。
 天芸に至らずとも、或いは名人上手でなくとも、時が来れば師範と為り得ることは日頃いくらでも見聞きするはずです。それでも「会う人皆我が師」という思いがあれば輝いて見えるものです。そして、連盟の段位などで着飾った人が、権威をバックに権力を振りかざすのを見れば、求める道が違うだけにすぎず、よくぞそこまで名誉のために頑張ったね、金も時間も惜しまずにと感心するばかりです。
 この歌を、修行の心得として考えるならば、頭越しのパワハラ師匠からは、志が違うならば早々に失礼しませんと無駄な時間ばかりかかってしまいます。

 天芸を身に着けていない人でも「弟子たる者師匠の出来ない事でもやれ」と仰ったという初代関東地区連盟の太田次吉先生の言葉を思い出します。最近は世界に通用するマラソンの選手を育てられた小出義男監督などが偲ばれます。
 問うべき人、学ぶべき人とは、修行中にふと迷いに陥った時、共に考え、自分では思いもよらなかったアイデアを出してくれるような人でしょう。それは肩書きによる師では無いかも知れません。

  参考に阿部鎮著「歌伝「剣道の極意」から幾つか
・師もいかで問わぬに大事を教ふべき
         心をつくしねんごろに問へ

・案内する人をたよりにわけ入らば
         いかなる道か踏み迷うべき

・ともすれば悪き道にぞ引れ行く
         心の胸に手綱ゆるすな

・よき技を教えられても皆癖の
         つたなきところを習う人かな

・稽古をば疑う程に工夫せよ
         解きたるあとが悟りなりけり

 弟子も師匠も色々で面白いですね。両方ちゃんと見て師につく事も武術の修行なんでしょうね。
 中国のことわざに「三年勤め学ばんより三年師を選ぶべし」
 道元禅師は「正師を得ざれば学ばざるにしかず」
 師たるもの常に学び進歩していなければ師たる資格はない、と云えば師は辛いものです。
 一刀流兵法仮字目録に師之教之事には、師の教えを学ぶとしても、形だけ真似て其の本意を自分のものにしないと意味はない琴柱を膠でつけて音を出すようなもので愚かな事である。師が業技法のやり方を得たままに教えるのを自ら心得なければ教えられることにはならない。
 無外流では始祖は業手附を残さず、形は人に依り変化する為、形の心を無外流真伝剣法訣の十剣秘訣に残し稽古の指針とされたとしています。
 
 
 

| | コメント (0)

2020年1月27日 (月)

道歌3田宮流居合歌の伝と曾田本居合兵法の和歌3の1規矩準縄より1師に問いて

道歌
3、田宮流居合歌の伝と曾田本居合兵法の和歌
3の1規矩準縄
1師に問いて

田宮流歌伝口訣
師に問いていかで大事をさとるべき
        こゝろを盡しねんごろに問へ

曾田本居合兵法の和歌
師に問はず如何に大事をおしゆべし
        心をすまし懇に問へ


 田宮流歌伝口訣の和歌「師に訊ねて何とかして大事な事を悟べきものです、心を尽くして念入りに問いなさい」

 曾田本居合兵法の和歌「師に問う事も無いのにどうして大事な事を教えねばならないのだろう、心を清めて念入りに問いなさい」

 下の句では、同じ様に心を籠めて知りたいことを念入りに尋ねるのですよ、と云っています。上の句は田宮流は師に問う事で大事な事を悟のです、と云っています。
 曾田本の方は、師に問う事もして来ないのに大事な事を教えられませんよと、何が知りたいのかも言って来ずに教えられませんよ、と言うのでしょう。
 言い回しが違いますから、別の事を云っている様に思えますが、師匠は一方的に大事な事を押し付けては来ないのだから、自分から理解したいことは聞きなさいと云うのです。
 
 田宮流の方は曽田本と云ってもお判りでは無いでしょう、少し解説しておきます。現在の無双直伝英信流や夢想神傳流の古伝を昭和初期に集められて手書きで写された曽田虎彦先生の写本です。この写本の原本をそのまま無双直伝英信流の第20代宗家河野百錬先生は無双直伝英信流居合兵法叢書を昭和30年に非売品でとして発行されておられます。1700年代中期に土佐に江戸から持ち込まれた無雙神傳英信流(重信流)居合兵法となります。土佐藩士の第九代林六太夫守政のメモなどもあって江戸時代中期以前の大森流、英信流は基より、棒術、太刀打の形、和術などの総合武術を書き残されています。とあるご縁でミツヒラの手に巡ってまいりました。業技法のありようは現在の田宮流と異なり略現在の無双直伝英信流の古伝として認識しています。それは時代経過による変化というより大森流・英信流を土佐の居合は取り込んだために変わったと云えるかもしれません。奥居合の古伝に田宮流との関係を匂わす業技法がどこかにあろうかと思うのですが検証しておりません。田宮流歌之伝と曾田本居合兵法の和歌は同じ歌心であろうと思われ、田宮平兵衛業政の歌と奥書されています。

 稽古を始めた時に幾つもの大事な事を、教えられて居ても、力量不足では理解できず、やがて理解出来た時には何故と言う疑問が湧き出て来ます。
 問えば流派の掟の所作と答えるばかり、ひどいのは「こう習った」でおしまい。形ばかりに拘って何故そうするかも考えた事も無い様な師なら聞いても意味はないものです。
 無雙神傳英信流居合兵法の大小詰の一本目は抱詰「楽々居合膝に詰め合いたる時、相手両の手にて我が柄を留める時、我両の手を相手の両肘に懸けて体を浮上がり引きて其の侭左の後の方へ投げ捨てる」
 此の時、何故相手は我が柄を留めに来たのかの問いに、相手は「我が刀の柄を取って抜き出して我を制しようとした」のでしょうか、此処は文章をしっかり読めば、「我が柄を留める」ですから、我が抜刀せんとする機先を制して柄を留めたのでしょう、ですから我は相手の肘を決めて体を崩して投げ捨てたはずです。それも遠くへなど投げれば相手は「しめたとばかり」に我が柄を握ったまま飛んで我が刀を抜き出し斬り込んできてしまいます。我れが相手を切ろうとするので相手は留に来た、我は相手を切り捨てる覚悟をしていたのですから目的は果たすべきでしょう。手附は始末の仕方まで書き込んではいないものです。
 聞くべき師に師事しなければ業一つも満足に身に付けられないものです。

| | コメント (0)

2020年1月26日 (日)

道歌3田宮流居合歌の伝と曾田本居合兵法の和歌3の1規矩準縄より 前書き

道歌
3、田宮流居合歌の伝と曾田本居合兵法の和歌
3の1規矩準縄より
前書き

曾田本に記述されている「居合兵法の和歌」は32首有りました。
奥書
田宮平兵衛業政之歌 
干時文政4年1821年辛巳歳秋七月吉日書之 
坪内長順
山川幸雄自先生傳

 山川幸雅より坪内長順に伝えられた田宮平兵衛業政の歌である、と記されています。田宮平兵衛業政は妻木正麟著「詳解田宮流居合」では林崎甚助重信の「神夢想林崎流」の直門である田宮平兵衛業正で業政と業正の違いがあります。
 東北地方に残された伝書は林崎甚助源重信公資料研究委員会による「林明神と林崎甚助重信」の「江戸時代の伝書より」に写真入りで現存する伝書を掲載されています。
 津軽藩元禄4年1691年ころ 林崎新夢想流 林崎甚助重信ー田宮平兵衛照常ー長野無楽齋槿露
三春藩元禄7年1694年 林崎流 林崎甚助ー田宮平兵衛業正ー長野無楽齋槿露
新庄藩元禄14年1701年 林崎新夢想流 林崎甚助重信ー田宮平兵衛照常ー長野無楽齋槿露
秋田藩天明8年1788年 林崎流居合 林崎甚助重信ー長野無楽槿露
秋田・仙台藩寛政2年1790年 林崎夢想流 林崎甚助重信ー永野天楽斎正次
新庄藩寛政3年1791年 林崎新夢想流 林崎甚助重信ー田宮平兵衛照常ー長野無楽齋槿露
新庄藩寛政12年1800年 林崎新夢想流 林崎甚助重信ー田宮平兵衛照常ー長野無楽齋槿露
二本松藩文化10年1813年 林崎神流 林崎甚助重信ー永野無楽入道槿露
秋田藩角館 弘化3年1846年 林崎流 林崎甚助重信ー永野無楽齋正次
秋田・仙台藩 安政2年1855年 林崎夢想流 林崎甚助重信ー永野無楽齋
新庄藩 明治44年1911年 林崎新夢想流 林崎甚助重信ー田宮平兵衛照常ー長野無楽齋槿露

 林崎甚助重信が生まれたのは天文11年1542年と林崎明神社霊験記に記されています、徳川家康の生誕と同じころとなります。元和3年1617年林崎甚助奥州へ旅立ち再び不帰と有りますから、田宮平兵衛との師弟関係は永禄2年1559年から元和3年1617年の間の事でしょう。田宮平兵衛業正の名前は三春藩の林崎流に見られますが、他は田宮平兵衛照常となっています。妻木先生の「神夢想林崎流」は奥羽地方の現存する伝書には見られませんので、江戸時代以前、若しくは林崎甚助重信と別れた後の流名かも知れません。
 
 曾田本に依る土佐の居合は、居合兵法伝来では「目録には無雙神傳英信流居合兵法とあり、是は本重信流と言うべき筈なれども長谷川氏は後達人なる故之も称して英信流と揚られたる由也」と有ります。これも「重信流」と云いますが奥羽地方の伝書は「林崎」の姓を使用して重信は見られません。
 木村栄寿先生が「林崎抜刀兵法夢想神傳重信流」と伝書集の流名を「夢想神傳流」にふさわしく流名「無雙神傳英信流居合兵法」を改変された様に時代と共に、或いは地域ごとに相応しい流名に改変されてきたものかも知れません。

 幕府や大大名のお抱え剣術師範として名を成さない限り、市井の剣客の生歿や流名は伝統はぼやけてしまってもやむおえないものでしょう。

 歌に戻ります、田宮流歌傳口訣や田宮流居合歌の伝と曾田本による居合兵法の和歌には田宮平兵衛業正(業政)の歌として伝えられています。妻木正麟著「詳解田宮流居合」から曾田本の居合兵法の和歌、および新庄藩の「秘歌之大事」などを対比しながら歌を以て伝えようとされた居合の奥義を振り返ってみます。
 ミツヒラは田宮流を指導されたわけではありませんので、手附に従って形は演じられたとしても口伝口授に依る田宮流の奥義を得ることは難しいと思います。歌の伝から思いを馳せて見たいと思いますので、田宮流の先生方からのご指摘をいただければ幸いです。妻木正麟先生も快くお許しいただけると信じています。
 尚、田宮流についてより詳しく知りたい方は妻木正麟著詳解田宮流居合をお読みになるか、田宮流に入門されるかでしょうから、此処では居合道歌のみに絞らせていただきます。
 居合や古流剣術を齧った人以外にはたとえ国文学に精通されていても居合道歌は理解できないだろうと思います。言い過ぎでしたら理由をお聞かせください。武術は体で覚え心で応じるもので、武術書を精通されても理解できないものです。居合をされる方は形を辿るだけの実技ばかりではより深いものは読み取れないかもしれません。
 歌も居合も進めば進んだなりに理解が変わるだろうと、今ある自分を出すばかりです。

| | コメント (0)

2020年1月25日 (土)

道歌2古伝神傳流秘書より抜刀心持引歌2の28鞠を蹴る8極楽は

道歌
2、古伝神傳流秘書より抜刀心持引歌
2の28鞠を蹴る
8極楽は

敵色々と有りて我を騙すとも油断する事勿れ例えば鞠を蹴るに同じ我が鞠と人の鞠との色を良く見る事也

極楽ははるか二遠く聞き之かど
      唱へて至る所なりけり

居合心持引歌終

読み
「極楽は遥かに遠く聞きしかど唱えて至る所なりけり」極楽ははるか遠くにあるものと聞いていたのだが(南無阿弥陀佛・南無阿弥陀佛と)唱えれば極楽に至る所である。
 敵に対すれば、相手の打込みを躱せずに切られてしまい、死んでしまうのだろうなどと、死を恐れ、相手を恐れて居すくんでしまうものです。
 居合兵法極意巻秘訣では神妙剣に「他流にて心を明にしめ敵の働を見よと云とは大に違えり、生死の境なれば平気とは異なり、然れども忘るまじき事一つ有り。則ち柄口六寸也、柄口六寸実は抜口の事に非ず、極意にて伝える所は敵の柄口六寸也、構は如何にも有れ敵と我と互に打ち下ろす頭にて只我は一図に敵の柄に打込也。
 先我身を敵にうまうまと振うて右の事を行う事秘事也、是神明剱也」
 無雙神傳英信流居合兵法、現代の大江居合による無双直伝英信流の古伝が語る「一図(一途)に敵の柄に打込む」極意です。この極意は新陰流にも同様な「合し打ち」、「十文字打ち」を思い描きます。如何なる部位に打ち込まれようとも迷うことなく相手と正対して中心線に打ち下すものと言えます。将に南無阿弥陀仏の唱えて極楽浄土に至ると教えた時宗のご詠歌そのものとも思えます。
 極楽浄土に至る事なのですが、相手との死闘に打ち勝つ事が武術そのものの最終目的で勝てば極楽と云えるかどうかは、人としてどうあるべきかにおいても、正しいと信じた事は寸分も曲げずに貫き通す人に、曲げてでも従えと迫られた場合だけに与えられるものが武ど云えます。南無阿弥陀仏と称える心で打ち下ろし、たとえ勝を得られても心は晴れるとは言い切れません。更に求められるのは、武術を行使せずに相手と和する事が出来た時、将に極楽浄土に至ったと云えるのでしょう。曾田本の最終章にある神妙剣の教えで「相手の怒りの気を見て治る亊」なのです。
 
 古伝神傳流秘書より抜刀心持引歌を改めて読み直してみました。神傳流秘書の巻頭を占めるこの歌の教えは、何時詠んでも難関でした。しかしこの難問を巻頭に掲げた上で大森流居合之事、英信流居合之事、太打之事、坂橋流之棒、詰合、大小詰、大小立詰、大剣取、抜刀心持之事、夏原流和之事と亊(業)が進んで行きます。夏原流和之事によって無刀に至る所まで辿り着き、そこからは武器に依る戦いの形から、戦う以前の心持ちに至り、神妙剣に至る一連のパノラマが書き込まれていたのです。
 
 此の抜刀心持引歌は江戸勤番の折に修行した第九代林六太夫が師匠の第八代荒井勢哲清信から伝授されたのでしょうか、或いは第七代長谷川英信より伝承したのでしょうか。もしそうであれば、市井の剣客にあり得るであろうかと思えるほどの、広い知識と此の流の根元を紐解いた高さは並のものでは無いと改めて感じてしまいました。
 田宮平兵衛業政の歌として伝承された歌とは立ち位置が違いますがこれ等を合わせ、棒振り踊の枠から、武術の根元を見直すことは、居合を修業する者の使命かも知れません。

 この項を以て古伝神傳流秘書より抜刀心持引歌を終了します。

 表題は「抜刀心持引歌」でしたが何故か「居合心持引歌」で「終」でした。

 
 

| | コメント (0)

2020年1月24日 (金)

道歌2古伝神傳流秘書より抜刀心持引歌2の27鞠を蹴る7唱うれば仏も

道歌
2、古伝神傳流秘書より抜刀心持引歌
2の27鞠を蹴る
7唱うれば仏も

敵色々と有りて我を騙すとも油断する事勿れ例えば鞠を蹴るに同じ我が鞠と人の鞠との色をよく見る事也

唱うれハ仏も我も無かりけれ
      南無阿弥陀佛の声計りして
読み
「唱うれば仏も我も無かりけれ南無阿弥陀佛の声ばかりして」お経を唱えてみても仏も我も何処にも無い、南無阿弥陀佛の声ばかりするよ。歌心は神仏を頼みに唱えて見ても、仏も我もどこにも見いだせない、お経の声しか聞こえないよ、無心になる以外に道は開けない。こんな歌心と読んでみましたが、へそ曲がりですから私などは仏に頼る事など考えた事はないのです。とことん稽古するとか勉強して場に臨んでは無心になる以外に己を導く方法など思いつかないのです。
 
 この歌は時宗の一遍上人が修行の際、「唱うれば仏も我も無かりけれ南無阿弥陀佛の声ばかりして」と歌えば、師の心地覚心禅師はまだまだと突っ返してきた。次に「唱うれば仏も我も無かりけれ南無阿弥陀佛なみあみだぶつ」と歌えば「出来た」と許されたという一遍語録にある歌です。
 仏と我が個々に独立した歌は、前の歌で我も仏も一体となって唱えるのが後の歌とされています。仏も我もでは無く我其のものが仏となり一心不乱に無心となる事を示唆しているものです。この歌心を古伝神傳流秘書は居合心のあるべき心としているのです。
 神も仏も日常の生活からいつの間にか、遠のいてしまった様な現代社会においても、様々な場面で学び修行した事が自然に行われるには、頭で考えてから行動するとか、習い覚えた事だけで、頭が一杯になって場に不都合なのに無理やり対処するのでは解決できるわけはありません、どの様な場面でも閃くなかで自然に応じられる修業が求められるのでしょう。
 

| | コメント (0)

2020年1月23日 (木)

道歌2古伝神傳流秘書より抜刀心持引歌2の26鞠を蹴る6兎に角に

道歌
2、古伝神傳流秘書より抜刀心持引歌
2の26鞠を蹴る
6兎に角に

敵色々と有りて我を騙すとも油断する事勿れ、例えば鞠を蹴るに同じ我が鞠と人の鞠との色をよく見る事也。

兎二角二言ふへき様ハなかりけり
       九重の堂の上のあし志ろ
読み
「兎に角に言うべき様はなかりけり九重の堂の上のあししろ」兎に角言うべきさま(よう)ではない、九重の堂(塔)の上の足代。
 あれやこれやと言うものでは無いでしょう、九重の塔の上に掛かっている工事用の足場ですよ。直訳しましたが、足場は建築が終われば最終的には取り払われるものです。九重の塔の良し悪しをあれこれ言うものではないのです。
 相手は足場を掛ける様にして攻め口を見せて来り、隙を見せてきたりするのですが、本当にやろうとすることは、その奥にある相手の本心でしょう、それを騙されずに読み取るものですよ。

 この歌心を、大江居合の正座之部一本目前で演じるにはどのように、一本目の前を想定するでしょう。
 古伝神傳流秘書の大森流居合之事の一本目初発刀:
「右足を踏み出し向へ抜付け打込み扨血震し立時足を前に踏み揃え右足を引て納る也」

 谷村亀之丞自雄による英信流目録の大森流居合之位一本目初発刀:
「平常の如く坐し居る也右の足を一足ふみ出し抜付打込亦左の足を出し右に揃え血ぶるいをして納むる也血ぶるいの時立也右足を引納る也」

 剣道手ほどきより大江居合の大森流居合一番目前:
「我体を正面に向け正座す、右足を出しつつ刀を抜付け前の敵首を切り更に上段になり同体にて前面の頭上を真直に切り、血拭い刀を納む」

 居合読本より中山博道居合の大森流居合1、初発刀:
「(意義)互に四尺位離れて対座せる時、急に敵の目の附近を横薙に切り付け、相抜きの場合は敵の抜つけし拳に切り込む、倒るる所を直ちに上段より斬る業である。(動作)徐かに両足尖を爪立てつつ左手拇指にて鯉口を切り僅かに外方に傾け右手を以て鍔より五分離して握る。次に右足踵が左膝頭附近に来る如く踏み著来ると同時に刀を抜く、・・・略す」

 河野居合は無雙直傳英信流居合術全より正座之部一本目前:
「正面に正座し十分気の充ちたる時、左手を鯉口に取り拇指にて鯉口おば切る、右手の全指を延したる儘柄に掛けて握り、柄を少し中央に寄せる様にし腰を左にひねりて刀を抜きつつ両足先を爪立て、膝を延び切るや右足を前に踏み出すと同時に刀を抜き払い、・・。略す」

 河野居合の10年後は大日本居合道図譜の正座の部一本目前:
「(意義)正面に対座する敵の害意を察知するや機先を制して其の抜刀せんとする腕より顔面にかけ斬付けんとす・・以下略」

 政岡居合は無雙直傳英信流居合兵法地之巻大森流一本目正面(初発刀):
「(目的)正座して対座せる敵の殺意を感じたので、先んじて「こめかみ」目がけて一文字に抜きつけ、真甲から切り下す動作・・略す」

 相手の心を読めと云うのですが、現代居合の教本は、河野先生の大日本居合道図譜以降は相手の殺意を察して一方的に横一線に相手の腕なり顔面に抜き付けています。然しこれでは害意也殺意であって、相手はまだ何も起していないかもしれません。相手の力量が上であれば、殺意がある如き素振りを、目や肩などに「ふっ」と見せれば我は「ここぞと」柄に手を掛けてしまいそうです。相手は我が動作をゆっくり見ながら、柄頭で相手の中心線を攻めるそぶりの瞬間、我に一瞬で抜き付けて来る筈です。むしろ読まれてしまうものです。ひどいのは、我が「十分気の充ちたる時、左手を鯉口に取り」などであれば、笑いながら斬られてしまうでしょう。

 形(かたち)の稽古ばかりに終始していたのでは、古伝の伝承者には程遠い者と云えるかもしれません。神傳流秘書の構成は、初めに抜刀心持引き歌で居合の何たるかをズバリと教えて来ます。次に業技法、所謂居合の形を見せ、それを十分一人で形通りに抜けるようになったところで、武術的素養を仕組みと称する組太刀で習わせ、無刀に至る体裁きを身に付けさせる構成になっています。補足は寧ろこれが奥義と云える極意を伝えて来ます。従って、抜刀心持引歌は初心の者は当然のことながら、には棒振りの順番を習っただけですから、歌の詠まれている意味は読み取っても、其の居合心に至れるかは稽古の仕方を考えて自得する以外に無さそうです。 
 

| | コメント (0)

2020年1月22日 (水)

道歌2古伝神傳流秘書より抜刀心持引歌2の25鞠を蹴る5引きよせて

道歌
2、古伝神傳流秘書より抜刀心持引歌
2の25鞠を蹴る
5引きよせて

敵色々と有りて我を騙すとも油断する事勿れ例えば鞠を蹴るに同じ我が鞠と人の鞠との色を良く見る事也

引よせて結へば柴の庵尓て
     解れハ本の野原なりけり

読み
「引き寄せて結べば柴の庵にて解ければ元の野原なりけり」引き寄せて束を結べば柴の庵になるのだが、解けてしまえば元の野原ですよ。人の縁も結ばれている時は家族であったり親子で会ったりしますが、縁が解けてしまえば元の野原同前になるものです、縁とはそのようなものです。と歌っています。
 夫婦であれ、どちらかが亡くなってしまえば己一人となってしまいます。頼るべきものもないものです、無心になって相手の心を読み取って我が身一つで応じるばかりです。歌心はこんな風に聞こえて来ます。親子夫婦であれば、その思いは亡くなっても強く思い出されますし、こんな時はあんな風に考えてこうするだろうと想像もされるでしょう。然し一時の集まりでの事ではそうもいかないもので、よほど心に残る事も無ければ、柴の庵かも知れません。
 とやかくして守りを固めて見たとしても、相手の仕掛けで守りが解けてしまえば無に帰すばかりですよ、無心になって相手の仕掛けに自然に応じたらいかが、と聞こえてきます。
 

 

| | コメント (0)

2020年1月21日 (火)

道歌2古伝神傳流秘書より抜刀心持引歌2の24鞠を蹴る4打解けて

道歌
2、古伝神傳流秘書より抜刀心持引歌
2の24鞠を蹴る
4打解けて

敵色々と有りて我を騙すとも油断する事勿れ例えば鞠を蹴るに同じ我が鞠と人の鞠との色をよく見る事也

打解けてねるが中なる心古そ
      誠の我を顕はしにけり

読み
「打ち解けて寝るが仲なる心こそ誠の我をあらわしにけり」打ち解けて心を許し合って寝る様な仲になって初めて本当の自分を見せる事が出来るものだ。

 この歌の上の句の意味を、男女の仲ととらえて寝る様な仲とするのでは、艶めかしい気がして「はてな?」ですが、それも誠の心をあらわす仲の事でもあるでしょう。比喩としては解りやすいが、違う方向に気が行ってしまいそうです。
 此処では、敵、味方の区別なく心を無心にして立合うことが出来れば、誠の我を晒す事も出来て相手の心も読めて来る。と歌うのでしょう、前書きの「我が鞠と人の鞠との色をよく見る事」とは相手の「誠の心の色を読め」という事でしょう。
 それには、この居合の心持ちとして「我が身を先ず土壇と為して後、自然に勝有り」とあります、その居合心持肝要之大事で「敵と立合い兎やせん角やせんと企む事甚だ嫌う。況や敵を見こなし、彼が角打出すべし其の所を此の如く勝たんなど巧む事甚だ悪しゝ、先ず我が身を敵の土壇と極め、何心なく出べし。敵打出す所にてチラリと気写りて(移りて 原本)勝事也。常の稽古にも思い案じ企む事を嫌う。能々此の念を去り修行する事肝要中の肝要也」
 此処でも、沢庵の云う「事理を極め無心になる」思想が垣間見られます。順番通りの形稽古に明け暮れていても上手な武的演舞は出来ても武術にはなりそうにも有りません。
 術理を極め、業技法に精通し、状況に応じて自然に技が繰り出されるには、無心にならざるを得ないでしょう。日常の生活の中にも大なり小なり自然に行われている事でもありますが、武術と構えてしまうと、情けないほど未熟です。

 

| | コメント (0)

2020年1月20日 (月)

道歌2古伝神傳流秘書より抜刀心持引歌2の23鞠を蹴る3吹けば鳴る

道歌
2、古伝神傳流秘書より抜刀心持引歌
2の23鞠を蹴る
3吹けば鳴る

敵色々と有りて我を騙すとも油断する事勿れ例へば鞠を蹴るに同じ我が鞠と人の鞠との色をよく見る事也

吹けば鳴る鳴かねば鳴らぬ笛竹の
     聲の主とハ何を言うふらん

読み
「吹けば鳴る鳴かねば鳴らぬ笛竹の声の主とは何をいうらん」
「吹けば鳴る鳴かねば鳴らぬ」では意味が通じません。此処は木村栄寿本に依る「吹けば鳴る吹かねば鳴らぬ」が正しそうです。吹けば鳴り吹かなければ鳴らない竹笛の当たり前の事ですが、その鳴った時の音聲の主は何を言うのであろうか。こちらが仕掛けなければ応じて来ない相手、或いは相手の仕掛けに応じる我のその主は何だと問われている様です。
 主は笛竹です、剣術試合では主は我其のものです。相手から見れば相手そのものです。仕掛けるのは相手の心が為せるもの、無心な相手を動かすには「誘い」でしょう。然し相手を知らなければ相手の誘いに乗せられて我は騙され斬られてしまう。
 この様に、解釈して見たのですが、今の力量では此処までが精一杯です。修行を積みこの歌を理解出来る時が来るのでしょうか。林六太夫守政が江戸からもたらした「無雙神傳英信流居合兵法」は、此処まで奥深く示唆されているとは、現代居合の指導者は何処まで理解出来ているのでしょう。
 他の武術でも、相手は初心者か我が門弟に過ぎず、勝って見てもそれは、架空の亊、全く知らなかった相手に我が術はかかるのでしょうか。得意げに指導者として形を演ずるだけでは、事理の両輪は遠いものです。

| | コメント (0)

2020年1月19日 (日)

道歌2古伝神傳流秘書より抜刀心持引歌2の22鞠を蹴る2本来の事

道歌
2、古伝神傳流秘書より抜刀心持引歌
2の22鞠を蹴る
2本来の事

敵色々と有りて我を騙すとも油断する事勿れ、例えば鞠を蹴るに同じ、我が鞠と人の鞠との色をよく見る事也

本来の事より出て亊二入り
      あわれ知らばや事のふかさハ

読み
「本来の事より出でて事に入り哀れ知らばや事の深さを」。本来の事はこの様にするものと覚えてはみたが、それだけでは本来の事を果たす事さえできないと知って事の深さに気が付いて、何も知らなかったと嘆いています。
「 本来の事」の「事」とは何かの解説がありません。「亊」は「わざ」とも読まれます。恐らく口伝が有ったとも思われるのですが、沢庵が柳生但馬守に与えた不動智神妙録に「理の修行 事の修行と申す事の候」の一節が有ります。「亊の修行を不仕候らえば 道理ばかり胸に有りて 身も手も不働候」とあって、「理を知りても事の自由に働かねばならず候 身に持つ太刀の取りまわし能く候ても 理の極り候所の暗く候ては 相成間敷く候 事理の二つは車の輪の如くなるべく候」と結ばれています。
 理とは「唯一心の捨てようにて候」ですから「とらわれない心」と言う事になります。
 「本来の亊」は「亊」は「わざ」、剣術の業と捉えれば良いのでしょう。沢庵や柳生但馬守の時代は寛永の頃(1624年~1643年)徳川三代将軍家光の頃です。従って事は業と読んで見れば、歌の意味が見えて来る様です。
 本来習い覚えた業の形より始まり、更にその形の変化を相手が打ち出せば元の業も変えざるを得ません、次々に相手の打出す業の変化に手も足も出ないものです。免許皆伝は教えた事が出来ただけで得られたもの、そこから始まる奥深さに唖然とさせられるものなのです。
 然し「本来の亊」は恐らく大森流居合之事や英信流居合之事の一本目初発刀、及び横雲の亊(業)を意味するでしょう。そこから始まり更に事(業)が複雑に深まっても「本来の事」で身に付けた事が基となると云うのでしょう。
 「形だから習った通り打て」とばかりに一つ覚え、挙句は脚の幅から歩数迄整えて見ても何も意味するものは得られそうも有りません。
 亊(業)と理は人それぞれの得て不得手や、癖、或いは哲学に及ぶでしょう。その奥深さもそれぞれです。何が打ち出されるかは己を無にして応じられる迄修行するものなのでしょう。
 
 

| | コメント (0)

2020年1月18日 (土)

道歌2古伝神傳流秘書より抜刀心持引歌2の21鞠を蹴る1鞠と思いて

道歌
2、古伝神傳流秘書より抜刀心持引歌
2の21鞠を蹴る
1鞠と思いて

敵色々と有りて我をたますとも油断する事勿れ例へハ鞠を蹴る二同之我が鞠と人の鞠との色を見る事也

敵をたゞ鞠と思いて皆人の
     つめひらきせバいかににがさん

読み
敵色々と有りて我を騙すとも、油断する事なかれ、例えば鞠を蹴るに同じ、我が鞠と人の鞠との色を見る事也

敵をたゞ鞠と思いて皆人の詰め開きせば如何に逃がさん

 抜刀心持引歌の最終章は、敵には色々の人が居て、我を騙す者も居るが油断する事が無いようにしなさい。例えば鞠を蹴るに同じと思い我が鞠と人の鞠との色合いを見る事なのだ。と前置きして歌が8首並んでいます。前段は色んな人が居るけれど騙されるなと言う事ですが、後半は人の鞠と我が鞠を見分けろと云うのですが、なぞなぞの様です。
 1首ずつ解きほぐしながら前書きを紐解いてみます。
 その1首目が、敵を単なる鞠と思って皆で、詰めたり開いたりしていれば、如何にしても逃げられてしまうよ。と歌っています。鞠には心が無いのですから、鞠の思いで動くわけは有りません。相手は人です如何にこの場を有利にしようかと考え行動するのですから、その思いを察して応じるものでしょう。
 其の色を察するのは、相手をよく理解する事で、相手が我ならば如何にするかだけでは読み切れません。そこには、我が騙される意図せざる行動もあるものでしょう。

| | コメント (0)

2020年1月17日 (金)

道歌2古伝神傳流秘書より抜刀心持引歌2の20瀧落

道歌
2、古伝神傳流秘書より抜刀心持引歌
2の20瀧落

瀧津瀬の崩るゝ事の深けれバ
     前に立添ふ者もなき哉

読み
「瀧津瀬の崩るゝ事の深ければ前に立ち添う者もなきかな」
 瀧のような急流が深い瀧坪なっていれば、その前に立ちはだかる者も居ないだろう。直訳すればこんなところかとも思えるのですが、ズキンと胸に響いてきません。

 瀧落の古伝神傳流秘書の手附
「刀の鞘と共に左の足を一拍子に出して抜て後を突きすぐに右の足を踏込み打込み開き納る、此事は後ろよりこじりを押っ取りたる処也故に抜時こじりを以て當心持有」


 座している処、後から鐺を取られたので、立ち上りながら左足を退き、鐺を上にあげ、左足を右足の前に踏込み出し柄を右胸に引き付け相手の鐺をつかむ手をふりもぐ。
 右足を一歩踏み出して柄を下げ後方の相手を鐺で打ち付けて刀を前方に抜き出し、その足踏みのまま左廻りに後ろに振り向くや相手を刺突する、右足を踏み込み上段から斬り下し、刀を右に開き納刀。
 古伝の手附から想像しながら演じるとこんなところでしょう。
「俺の教わったのと違う」って吠えてもそれ以上は書いてありません。

 大江居合の瀧落「後を向き、徐ろに立ちて左足を後へ一歩引き鞘を握りたる左手を其の儘膝下真直に下げ鐺を上げ後方を顧み、右手を膝上に置き同体にて左足を出し、右手を柄に掛け胸に当て右足を前に進むと同時に抜き、刀峯を胸部に当て、同体の儘ひだりへ転旋して、体を後向け左足を前となし、その体の侭胸に当てたる刀を右手を伸ばし刀は刃を右横に平として突き左足を出しつつ上段に取り、左膝を着き座しつつ頭上を斬る、血拭い刀を納む」

 中山博道居合の瀧落の意義「敵が我が鐺を握ろうとするのを、之を避けて立ち上がったが、尚ほ追い迫るを以て再び之を避け、遂に抜刀して振り向きつつ敵を突き刺し、尚ほ追撃する業である」
 鐺を取られたのではないそうですが、これでは長谷川英信流居合とは違ってしまうのですが、それは我慢しても、後方の相手が鐺を取ろうとする素振りを前を向いたままよくできるものです。修行が足りないと笑われそうです。

 瀧落の歌として、「瀧津瀬」は瀧のような急流で、水は川底を滑り落ちて来るのです。この業は手附の動作を演じると技が一つずつぶつぶつ切れそうで、一拍置いて次の動作に移ったのでは間抜けな隙だらけになってしまいます。滑らかな上に緩急を織り交ぜるもので、まさに瀧津瀬を滑り落ちる水の雰囲気が欲しいものです。
 瀧落をイメージし過ぎてなのか術理としてどうなのか、檀崎先生や山蔦先生の夢想神傳流の瀧落の後方刺突の動作が「・・引手をきかせて上から落すように敵の胸部に刺突し・・」の文言が気にかかります。

 歌の下の句「前に立ち添う者もなき哉」は上の句の「崩るゝ事の深ければ」を受けているのでしょうが、瀧のような急流から緩い川底に至れば瀧坪も出来ます。急流のように緩急織り交ぜてスルスルと敵手を外し、抜刀しながら相手を一打ちし後方に振り向けば、相手はそこに無防備に立って居るばかりです、右手を相手に差し込めば刺突は容易です。こんな瀧落しのイメージが浮かんできます。 

| | コメント (0)

2020年1月16日 (木)

道歌2古伝神傳流秘書より抜刀心持引歌2の19鱗返・浪返

道歌
2、古伝神傳流秘書より抜刀心持引歌
2の19鱗返・浪返

 鱗返:瀧津浪瀬上る鯉の鱗は
        水せき上て落る事なし
 浪返:あかし波瀬戸越波の上にこそ
        岩尾も岸もたまるものかわ
(参考 下村先生の本には「波返」、「鱗返」と有り従て(此歌は前後ならんかと自雄▢)との特に註あり。・曽田メモ)

 読み
「瀧津波、瀬上る恋の鱗は、水堰き止めて落ちることなし」滝や瀬を登る鯉は 水をせき止める様にしながら上って行くよ。
「明石波瀬戸越す波の上にこそ岩尾も岸も堪るものかわ」明石の海峡を行く波は岩も岸も乗り越えてしまう。

 古伝神傳流秘書英信流居合之事
 鱗返:左脇へ廻り抜付打込ミ開き納る(秘書には岩波と同じ事を記しあり口伝口授のとき写し違へたるならん 曽田メモ

 波返:鱗返二同し後へ抜付打込ミ開き納る後へ廻ると脇へ廻ると計相違也

 どちらの歌も、相手を圧して制する迫力ある強さを示しています。
 我が左側にこちらを向いて坐す相手の機先を制する抜刀は相手が見えているだけに、気の違い以外に相手を制する事は出来そうにも有りません。
 後に座す相手に対するものも同様ですが、相手の気を察するや、静かに左向きになり、そこから怒涛の如く攻め込んでいく気勢が必要でしょう。

 

| | コメント (0)

2020年1月15日 (水)

道歌2古伝神傳流秘書より抜刀心持引歌2の18岩波

道歌
2、古伝神傳流秘書より抜刀心持引歌
2の18岩波

行舟のかぢ取り直春間もなきは
       岩尾の浪の強く當れバ

 読みは「行く舟の舵取り直す間も無きは岩尾の浪の強く当たれば」
 手漕ぎの小舟は、海面近くに出ている岩に当たる波に翻弄されて舵を取り直す暇もない。と歌っています。
 海面に出た岩に波が当たれば、たちまち押し返され、次に来る波と挟み撃ちになって、高く跳ねあがるのもあって、見ている分には楽しいものです。
 静かな海面でもうねりが少しでもあれば、海底に岩や、断層などが有れば波だって来ます。サーファーが好んで行く海岸はそんな処なのです。
 この歌も英信流の岩浪の業名称の岩と波の文字がある歌として作られたのか、昔からあったのか解りませんが岩浪の業の雰囲気が頭の中に浮かんで来るから面白い。

 古伝神傳流秘書の英信流居合之事岩浪:左へ振り向き左の足を引刀を抜左の手切先へ添へ右の膝の外より突膝の内に引後山下風の業に同。

 河野居合の岩浪の意義:我が左側の敵が我が柄を制せんとするを、其機先を制して胸部を刺突して勝の意なり。

 中山博道の長谷川英信流居合岩浪の意義:我が左側に接近して坐せる敵の季動部を刺突し直ちに敵を引き倒して後、斬る業である。

 右に座せる相手への対応は「颪」、左敵への対応は「岩浪」で左右の違いばかりの事ですが、颪は相手を打突して抜き付ける、岩浪は相手の伸ばして来る手を摺り切る動作で退かせておいて、その隙に振り向き抜刀して刺突する。
 颪と同様の動作を以て左からくる相手を制する事も可能です。岩浪はややこしい運剣動作を要求して居るようですけれど、抜刀して右に向きを変える動作と、刺突が独特なのです。 
 歌心を読み取って見れば、我が左側に座す相手が、我が柄を制しようと、右に向き直り身を乗り出して我が柄を掴もうとする、その機先を制して刀を前に抜き出し、牽制し、相手が引かんとすると同時に、我は左向きに転じ刺突する、その相手が向きを変える間もなく、我は向きを変えて刺突する、とでも読めば良いのでしょう。

| | コメント (0)

2020年1月14日 (火)

道歌2古伝神傳流秘書より抜刀心持引歌2の17山下風

道歌
2、古伝神傳流秘書より抜刀心持之事
2の17山下風

 高根より吹下す風の強けれバ
      麓の木々ハ雪もたまら春


読み「高峰より吹き下ろす風の強ければ麓の木々は雪もたまらず」高峰から吹き降ろして来る風が強ければ、ふもとの木々には雪も積もる事はない。所謂、山颪、颪を歌った歌でしょう。

 古伝神傳流秘書英信流居合之事5本目「山下風」
 右へ振り向き右の足と右の手を一所尓て打倒し抜付後同前但足は右足也 浮雲と足は相違也

 歌心より古伝の「山下風」の手附の動作が読み取れません。
 「右へ振り向き」ですから、相手は我が右に座すのでしょう。相手が仕掛けて来たのか、我から仕掛けて行くのか、手附は語らずですから「右へ振り向き右の足と右の手を一所にて打ち倒し」ではどうする。河野居合では相手の害意を察して機先を制するのですが、相手が抜刀して斬ろうと柄に手を掛けるなら、相手の仕掛けです。話の合間に相手から殺意を感じて動作をするならば我からの仕掛けです。

 河野居合から「颪」の意義:我が柄を取らんとするを我れ柄頭を敵の顔面に当てる、敵退かんとするを直に其胸部に斬込み右に引き倒して上段より胴を斬下して勝つ」(大日本居合道図譜より)

 中山博道の長谷川英信流居合山下風の意義:右側面に坐せる敵が抜刀せんとするを取り敢えず刀柄を以て其の手瀬を強打しヒルム所を抜刀して斬りつけ、其の殪(たお)るゝを再び正面より胴部に向ひ切り下す業である。居合読本より。

 細川義昌居合と思われる広島の梅本三男「居合兵法無雙神伝抜刀術」の英信流表之部山下風:(右側に座して居る者を斬る)正面より左向き居合膝に座し、例に依り左手を鯉口に執り腰を伸ばしつつ右膝を立て、体を右へ廻し正面へ向くなり右足を引付けると同時に柄を右胸部へ引上げ右手を柄に逆手に掛け右足を踏出すと共に鍔にて対手の左横顔を打ち、直右足を引寄せる。同時に鯉口を腹部へ引付け刀を右真横へ引抜き(切先き放れ際に)左膝を左へ捻り正面より左向きとなり、対手の胸部へ(切先き上りに手元下りに)斜に抜付け、更に体を右へ捻り戻しつつ・・。」

 大江居合の颪:左向き腰を浮めて右斜めに向き、柄止め、直に左へ足を摺り込み、其踵へ臀部を乗せ右斜向体となり、斜刀にて筋変へに打ち其形状にて左手は刀峯を押へ・・。剣道手ほどきより。

 明治以降の動作は既に古伝から飛躍し始めて居ますから、その様な教えが伝承されていた、と信じて、それも有りとするのがおおらかでいいでしょう。相手が我が柄を取りに来る、相手が抜刀しようと柄に手を掛ける。何れもありでそれに応じる業としておきます。

 歌心は、相手が我が柄を取りに来るので、それを左に外し、即座に柄にて相手顔面を強打する、或いは相手抜刀せんとするを、即座に其の柄手を我が鍔で強打する、更に我は抜刀して相手に斬り付ける。この一連の動作は、静から動へ一気に吹き降ろす山風の如き激しさを求めたのでしょう。是では打たれ斬り込まれたものは堪らず成すがままに引き倒され胴を切られる。歌心を描きながらこの業を演じるとすれば、相手の手を外して打ち突く動作は一拍子で、打ち突や抜刀して斬り付け、引き倒すもので、一連の動作は素早いもので間を開けないとも思えるものです。

 
 

| | コメント (0)

2020年1月13日 (月)

道歌2古伝神傳流秘書より抜刀心持引歌2の16浮雲

道歌
2、古伝神傳流秘書より抜刀心持引歌
2の16浮雲

麓より吹上られし浮雲ハ
     四方の高根を立つゝむなり

 読み「麓より吹き上げられし浮雲は四方の高峰を立ち包むなり」山の麓から吹き上げられてくる浮雲に依って、四方の山々は包まれていく。

 古伝神傳流秘書英信流居合之事4本目浮雲
 「右へ振り向き足を踏みもぢ彳腰をひねり抜付左の手を添へて敵を突倒春心尓て右の足上拍子に刀を春ねへ引切先を後へはね扨上へ冠り膝の外へ打込ミ後同前、又刀を引て切先を後へはね春して取って打込事も有」

 大江居合では我の右側に二人が同列上に並び、その一人置いた二人目の敵が我が刀の柄を取りに来る想定とされています。古伝はその様な事は言って居ません。大江先生の師匠下村茂市の弟子でもあった細川義昌に指導された植田平太郎系統の広島の『居合兵法無雙神伝抜刀術」では「右側に座して居る者を斬る」であって、敵が横並びで二人とも、その二人目の敵とも言って居ませんが、「右側に座して居る者を斬る」ですから、敵二人とも一人とも取れるかもしれません。然し明らかに敵二人で一人置いた二人目にすべき運剣動作は細川居合も大江居合にも見られません。
 
 
 浮雲の歌心は、右側の相手が我が柄を取りに来るのを察して、我は「左向き静かに立ち、中腰となりて左足を後へ少し引き、刀を左手にて左横に開き、・・大江居合」この部分の立ち上がる姿に、麓より吹上られてくる浮雲を連想したのでしょう。浮雲の業を修得した者が謡ったというよりも、既に、誰かが詠んだ歌を持って来たような気もします。浮雲の運剣動作は敵手を外した後に怒涛の如く斬り込んで、引き倒すすさまじい業と認識していますので、違和感を覚えてしまいます。

| | コメント (0)

2020年1月12日 (日)

道歌2古伝神傳流秘書より抜刀心持引歌2の15稲妻

道歌
2、古伝神傳流秘書より抜刀心持引歌
2の15稲妻

諸共二光と知れと稲妻の
    跡なる雷の響知られす

 読みは、「諸共に光と知れと稲妻の後なる雷の響き知られず」。
 お互いに、稲妻の閃光を知り得ても、その後に来る雷鳴を知り得るだろうか。と直訳して見ました。

 この歌は英信流居合之事の3本目稲妻、大江居合では立膝の部3本目稲妻でしょう。
 古伝神傳流秘書の英信流居合之事3本目稲妻
 左足を引き敵の切て懸る拳を払ふて打込ミ後同前
 英信流は相手の斬り込みを、立膝に座した状態で腰を上げ、左足を引くと同時に抜刀して相手の小手に斬り込み、上段に振り冠って真向に打込み、刀を右に開き、右足を退きつつ納刀する。
 其の歌心は、諸共とは相手と我でしょう。相手は上段から真向に打ち下ろさんとする、その刀尖の光も相手の拳に抜き付ける我が刀の閃きをも互に知り得ても、雷鳴を聞くことは(相手は)出来ないだろう。雷鳴とは相手の崩折れる事を意味しているのでしょう。

 

 

| | コメント (0)

2020年1月11日 (土)

道歌2古伝神傳流秘書より抜刀心持引歌2の14虎一足

道歌
2、古伝神傳流秘書より抜刀心持引歌
2の14虎一足

虎一足

猛き虎の千里の歩み遠からず
     行より帰る足引

「猛き虎の千里の歩み遠からず行より帰る足引き」。猛き虎は千里の道のりもものともせずに行くのだが、引き足の速さには驚かされる。剣術の鉄則の一つにゆっくりとした歩み足で前に進み、間を外して下がる時は速やかに退く事を聞かされています。
 この歌は、大江居合の無雙直傳英信流の立膝の部二本目虎一足、古伝神傳流秘書の英信流居合之事の二本目虎一足の業歌の様ですから古伝の虎一足の業手附を紐解いて、「敵太刀打かたき我に切て懸るに早く抜き合せんとすれば必ず負ける事有 能く工夫有るべし」との関係を考えてみます。
 
 古伝神傳流秘書英神流居合之事虎一足「左足を引き刀を逆に抜て留め扨打込み後前に同じ

 現代の大江居合では「正面に座す、静かに立ちながら左足を引きて刀を抜付くと同時に膝を圍う、此の圍は体を左向き中腰となり、横構にて受止める事、此体形にて刀を上段に冠り正面に向き座しながら斬り下すなり」

 後の大江居合の穂岐山先生指導による河野居合では「正面に対座する敵が我が右足の方向より斬付け来るを之に応じ其の退かんとするに乗じて上段より斬下して勝つの意なり。
 中腰になり乍ら抜きかける。右足(左足の誤植)を一歩後方に退き腰を捻るや抜付けて刀棟を以て敵刀を反撃す。左足をつきつつ右手を頭上に把り剣先を下げたるまま運びて上段にならんとす。註 諸手上段となりつつ右足に左膝を進め真向に斬り下し血振り納刀する事一本目に同じ。

 細川居合では「正面に向い居合膝に座し、例により鯉口を切り、右手を柄に掛けるなり立ち上がり、左足を一歩後へ退く、同時に刀を引抜き(刀尖放れ際に)左腰を左後へ捻り、体が左向きとなるなり(対手が向脛へ薙付け来る)差表の鎬にて強く張受に受止め、左膝を右足横へ跪きつつ諸手上段に引き冠り、更に右足踏込んで斬込み、刀を開き納め終る」細川居合は香川の剣道家植田平太郎の教えに依るもので尾形郷一貫心による梅本三男先生に伝授されたものです。

 この、虎一足の業手附けと、「早く抜き合せんとすれば必ず負ける」の歌心は、河野居合の「中腰になり乍ら抜きかける」に表されています。更に虎一足の下の句の「行より早く帰る足引き」は斬り込んで来る相手の太刀を張り受けに受ける細川居合に「左足を一歩退く退き同時刀を引抜(尖放れ際に)・・以下の手附に引き足と張り受け」のポイントを示しています。
 相手太刀を受け留めれば相手は反撃しようと前に攻めるか、後に引くかですが、その動きを張り受けた刀を以て圧するように、ぐいと攻め込み左膝を右足踵に引き付け乍上段に振り冠り、相手が引く処を、更に右足を踏み込んで切り下す。気の位勝とも云えるところでしょう。ここの心持ちは、この歌の上の句に於ける虎を思わせる処なのかとも思えます。
 
  

 

| | コメント (0)

2020年1月10日 (金)

道歌2古伝神傳流秘書より抜刀心持引歌2の13横雲

道歌
2、古伝神傳流秘書より抜刀心持引歌
2の13横雲

横雲

深山には嵐吹くらし三吉野の
     花か霞か横雲の空

 この歌は抜刀心持引歌のそれぞれにあった前書きが有りません。
 前回の「敵太刀打かたき我に切て懸るにはやく抜合せむとすれば必ず負事有能く工夫有るべし。 歌に、 居合をば知ったふりしてつかるゝな居合の道を深く問うべし。 身の曲尺の位を深く習ふへし留めねど留る事ぞふしぎや」の次の行に突然書き込まれています。
 この、心得を歌に託したと云うのが横雲・虎一足・稲妻・浮雲・山下風・岩波・鱗返・浪返・瀧落の9首の歌が続きます。歌の題は英信流居合之事は10本ですから此処に無いのは現代の大江居合では「真向」所謂「抜打」の歌が無いだけです。歌の順番と業の順番では7首目と8首目の順番が入れ替わっています。
 前回の「敵太刀打かたき我に切て懸るにはやく抜合せむとすれば必ず負亊有能く工夫有るべし」の教えを念頭に置いて、それに英信流居合之事の業手附を合わせて解読してみます。
 その前に、古伝神傳流秘書の英信流居合之事の前書きに「是は重信翁より段々相伝の居合、然るものを最初にすべき筈なれども先ず大森流は初心の者、覚え易き故に是を先にすると言えり」とあります。
 現代居合では大江先生の改変で「立膝の部」となっていますので「英信流」と云うと長谷川英信の改変した居合と思ってしまうのですが、英信流は重信流が伝承されて来たものなのでしょう。
 古伝神傳流秘書の「居合兵法伝来」という道統が始祖林崎神助(甚助の誤認)より書かれている後付けに「目録には無雙神傳英信流居合兵法とあり、是は本重信流と言うべき筈なれども長谷川氏は後の達人なる故之も称して英信流とあげられたる由なり」とあります、従って英信流は重信流が元になって伝承されたと、第9代林六太夫守政は述べています。長谷川英信が改変したので英信流というのでは無さそうです。

 英信流居合之事一本目横雲「右足を向へ踏み出し抜付け打込み開き足を引きて先に座したる通りにして納る」
 これだけですから、英信流を知らない人には何が何だか分からない手附です。簡単に一本目を手付け通りに演じれば、右足を前に踏み出し正面に座す相手に、横一線に抜き付け、上段に振り冠り真向に斬り下し、刀を右横に開き、右足を左足に引き付けつつ納刀、本の座した姿勢となる。というものです。
 この歌が「深山には嵐吹くらし三吉野の花か霞か横雲の空」三吉野の奥山では春嵐が吹いているのだろうか、山の端にサクラが散ってなのか春霞なのか横雲が掛かった様に見える。桜の季節の心地よい長閑な風景を詠んでいます。横雲という横にたなびくように見える雲の語句を業名と合わせてみたというだけかもしれません。英信流の歌は総て業名に由来するので、歌心が居合の業と会うかは疑問ですが、違和感があっても合わせて見ます。
 武的歌心を、無理やり思い描くならば、相手の気を察し、圧して来るに乗じて、横一線に抜き付けろ。とでも解釈すればいいのでしょう。

| | コメント (0)

2020年1月 9日 (木)

道歌2古伝神傳流秘書より抜刀心持引歌2の12身の曲尺

道歌
2、古伝神傳流秘書より抜刀心持引歌
2の12身の曲尺

敵太刀打かたき我二切て懸る二はやく抜合せむと春れハ必す負事有能く工夫有へし 歌に

居合をば知ったふりしてつかるゝな
      居合の道を深く問ふへし

身の曲金の位を深く習ふへし
      留めねど留る事ぞふしぎや

「敵太刀うちかたぎ我に切って懸るに早く抜き合わせんとすれば必ず負ける事有り能く工夫有るべし」。敵は太刀をうち担ぎ我に切って懸るのに、早く抜き合わせ様とすれば、必ず負ける事有、能く工夫有るべし 歌に
 敵が太刀を上段に振りかぶって、我に切って懸る場合に、早く抜き合わせて請け太刀になろうとすれば必ず負ける事である、と云い切っています。
「抜合せむ」ですから、打ち込まれるのを抜き請けに請けようとすると解釈して見ました。竹刀剣道や木刀での太刀打などでは安易に打ち合わせて居ますが、真剣勝負では好ましいと云えません。間を外すとかの工夫は居合の稽古業にもあるもので心すべきものでしょう。

 「居合をば知ったふりして突かるゝな居合の道を深く問うべし」この句の難問は「つかるゝな」の処かも知れません。相手が青眼に構えて間境に達する時、来るなら来いとばかりに、居合抜きで倒そうなどと思う事は、相手に「突かれ」てしまうよ、居合の道を深く考えて見なさい。という解釈も有るでしょう。「つかるゝ」は「疲弊する」とも読めます。
 勝負の戒めでは無く、居合の事を、少し習った程度で知った振りして得意になっていると、ひどいめにあう、居合の道はそんな程度のものではないのだから、十分この道を会得できるようにするべきです。この様な解釈の方がすっきりします。
 竹刀剣道や格闘技などをやって来た者が、居合を習い数年で出来たつもりで得々として論じているのを見ていますと、先ず嫌われて相手にされなくなって演武会などにも呼んでもらえなくなったりしています。
  習い覚えた事は自分の中にしっかりしまって置く、其の上で新しい流派の業を磨く、それから自分の武術を作り上げること。論理性と実技に叶う事でも誹謗中傷するのを何とも思っていないようですから始末に負えません。
 此処では業じゃないよ磨くのはと、読めるでしょう。

 「身の曲尺の位を深く習うべし留めねど留る事ぞ不思議や」この歌は前の歌の解説とも取ることが出来そうです。上段から相手が打ち込んで来ようと接近して来る時、何時何処へ抜き付けるかは「身の曲尺」を間合いと取れば、稽古では相手の太刀が打ち込まれる間合いを如何なる状況でも応じられるように十分習い覚える事。「留めねど留る」は相手の太刀を受けた時は切っている、いや切った時には相手の太刀は筋を外されているとも云えると考えます。
 

| | コメント (0)

2020年1月 8日 (水)

道歌2古伝神傳流秘書より抜刀心持引歌2の8義公御歌

道歌
2、古伝神傳流秘書より抜刀心持引歌
2の8義公御歌

 居合も太刀打も敵と吾と立合といなや是道(危道・・木村栄寿本)なくては勝亊なし 然共上を打たんとして下を打つ様成る事にてなし まつ春く耳行間移行是道(危道)有り此処詞にのへ難し 数月数年の亊(業・・木村栄寿本)修行の功にて合点行へし 能く能く日夜修行有へき亊なり
 義公(義経公・・木村栄寿本)御歌 古歌に

きおひくる敵にさりなくであふな
      あひしらひしてしほをぬかせよ

 「居合も太刀打も敵と吾と立合うといなや是の道(危道)無くては勝事なし」居合も太刀打も立合うや否や危道(普通とは変わった方法)で無くては勝つことはない。然れども上を打たんとして下を打つ様なる事にては無い。真直ぐに行き間を移して行く危道がある。此の處は言葉に述べ難い。数月数年の亊修行の功にて合点行くべし、能々日夜修行有るべき事也 義公御歌 古歌に」
 居合も太刀合も敵と我とが立合う時は、当たり前の事をして居たのでは勝事は出来ない、けれども上を打とうとして下を打つような事ではない。真直ぐに行き間を移しながら行のは危道である。(あるいは、ここは「先ず直に行き、間を変えて行くのも危道である」)この処は言葉では述べ難い。数月数年の事修行の功を積んで自ら合点するものだ。能々日夜修行すべきものである。
義経公の歌 古歌に
 「気負い来る(勢い来る・・木村栄寿本)敵に然り無く(さりなく)出合うな、あいしらいして潮を抜かせよ」気負って来る敵に其のままに出合ってはならない、取りさばくようにして機会を見て抜きなさい。

 嵩にかかって行くのではなく、あしらいながら機を見て抜き付けろと云うのです。現代居合も竹刀剣道も、やたら元気よく相手の事など気にもせずに抜き付け打込むのが良いと思われて居る様で、是では年寄りは若者の強い早いの動作に打ち負けてしまっている様です。教えは理解出来ても実行できる人はまれでしょう。だからこそ修行の意味があるのでしょう。若者にコロコロ負ける様なら飛び道具でも持って居た方がましです。

 

| | コメント (0)

2020年1月 7日 (火)

道歌2古伝神傳流秘書より抜刀心持引歌2の11組合の時

道歌
2、古伝神傳流秘書より抜刀心持引歌
2の11組合の時

組合の時太刀抜様は敵組付とはや我身二付て抜事と知れ 歌に

身に付けて抜習有人ハたゞ
     組付かぬ間二切とこそ聞け

居合とは刀一つに定まらす
     敵の仕懸を留る様有り

「組み合うの時の抜き様は敵組み付くと早や我が身に付けて抜く事と知れ 歌に」相手と古伝神傳流秘書では敵と云わない相手と云うと言っておきながら「敵」が出てきてしまいましたが、歌からの連想と思えば良いのでしょう。
 組み合う時の抜き方は相手が組み付いて来るや否や刀を身に添え刀刃を内側に向け敵の組み付く手を摺り切ればいい、と云います。この業は組太刀の大小詰8本目山影詰に有ります。
 「これは後より相手組を刀を抜き懸其手を切ると一拍子に我も共に後へ倒るゝ也」

「身に付けて抜く習いあり人はただ組み付かぬ間に切れとこそ聞け」身に付けて切る教えを習ったのだが、他所の人は、ただ単に組み付かれぬ前に切るものだと言って居る。理屈はそうで、組み付こうとする気配を感じて応ずるもの、などと、いかにも武的なかっこいい事ですが、まず組み付かれた時の抜刀の仕方をしっかり身に付けるべきでしょう。

 「居合とは刀一つに定まらず敵の仕懸けを留る様有り」居合と云うのは刀で相手を抜き打ちに切り倒すばかりの事ではない、敵の仕懸けて来る業を止める事も学ぶものです。現代居合は刀を抜くばかりの稽古をさせられ、この歌の教えなどとんと聞かされたり、やって見せられる事も無い。古伝神傳流秘書には大小詰、大小立詰の業手附が残されています。それらをマスターして居合、相手と居合う時の武術になるのです。
 その上で、更に決着を求めるのが双方立合っての稽古が組太刀となる場合もあるのです。

| | コメント (0)

2020年1月 6日 (月)

第25回・26回古伝研究会

土佐の居合 古伝神傳流秘書による古伝研究の集い
第25回・26回古伝研究の集い
 無双直伝英信流、夢想神傳流の古伝神傳流秘書を曽田虎彦先生の直筆本から読み解いて江戸時代中期の居合を研究しています。
 今年は、主として古伝抜刀心持之事(古伝の奥居合)を研究いたします。
 師伝が如何様であろうとも、古伝をご存知の方は少ないものです。ご参加いただいた方が、夫々「我が師」である事をご認識頂き、ご自由な意見を出され共に学ぶ研究会です。俺の指導に従えと云う武道にありがちな事とは異なります。

      記
1、期日
 25回・令和2年1月23日(木)
 15:00~17:00鎌倉体育館

 26回・令和2年2月13日(木)
 15:00~17:00見田記念体育館
    ・令和2年2月27日(木)
 15:00~17:00鎌倉体育館
2、住所
鎌倉体育館
248-0014鎌倉市由比ガ浜2-9-9
TEL0467-24-3553
見田記念体育館
248-0014鎌倉市由比ガ浜2-13-21
TEL0467-24-1415
3、アクセス
 JR横須賀線鎌倉駅東口下車徒歩10分
 (駐車場 鎌倉体育館に有り)
4、費用:会場費等割勘つど 500円
5、参加申込み 直接会場へお越しください
 Email:sekiun@nifty.com
6、研究会名:無雙神傳英信流居合兵法
  湘南居合道研修会 鎌倉道場
7、御案内責任者:ミツヒラこと松原昭夫

  令和2年1月6日 松原 記

 

| | コメント (0)

道歌2古伝神傳流秘書より抜刀心持引歌2の10行違の太刀

道歌
2、古伝神傳流秘書より抜刀心持引歌
2の10行違の太刀

行違の太刀抜亊古人大事と言へり 工夫有べし 歌に

夏日向冬日の影と歩むへし
     独り行二ハさわる人なし

行違ふ敵の足二目を付希与
     手ハ自ら留るもの也

行き違う時太刀を抜くには古人大事な事があると云えり 工夫有るべし 歌に

「夏は日に向かい冬は日の影と歩むべし 独り行には障る人はいない」。夏は太陽に向かって歩く事、冬は太陽を背にして自分の影と一緒に歩み行けば、障る人はいない。直訳すればこんな所でしょう。夏は太陽は高い所にあるから、お日様に向って歩けば行き違いの際横を通る者の動きが見える。冬はお日様を背中にして自分の影とともに歩けば、後より来る者の動作が影になって見えるので対処しやすい。

「行き違う敵の足に目を付けよ手は自ずから留まるもの也」行き違う時は敵の足に目を付けてすれ違えば、その足捌きに依っては手は自ずから鯉口に掛かるものだ。この様に歌心を読んでみたのですが、果たしてどうでしょう、すれ違う相手の動きが足を見ているだけで読めるのでしょうか。敵の仕掛ける動きは気で感じると云うのは簡単ですが、目で見る訓練もやって見なければ解かりません。
 古伝神傳流秘書抜刀心持之事10本目行違「行違いに左の脇に添えて払い捨て冠って打込也」の業を切られるのが我で稽古して見ます。

| | コメント (0)

2020年1月 5日 (日)

道歌2古伝神傳流秘書より抜刀心持引歌2の9抜かば切れ

道歌
2、古伝神傳流秘書より抜刀心持引歌
2の9抜かば切れ

居合と申は第一に太刀抜かぬ以前に勝亊大事也 歌に

抜は切れ抜すバ切な此刀
     たゝ切る事二大事こそあれ

あまた尓て勝れざりしと聞しかと
     心明剱の太刀を楽しめ


居合と申すのは第一に太刀を抜かぬ以前に勝亊が大事である 歌に

「抜かば切れ抜かずば切るなこの刀ただ切る事に大事こそあれ」この歌は我なのか相手なのか首を捻ってしまいます。この歌の上の句の別な歌い方に「抜かば切れ抜かずば切れよこの刀ただ切る事に大事こそあれ」とあると曽田先生は追記しています。
 
 神傳流秘書の巻末に居合兵法の和歌として田宮平兵衛業政の歌として次の歌が有ります。
「居合とは心を静ずめ抜く刀抜けばやがて勝を取るなり」
「居合とは人に切られず人切らず唯受け止めて平らかに勝」
「居合とは心に勝が居合也人に逆うは非刀としれ」
「居合とは刀一つに定まらず敵の仕掛けを留る用あり」

 これらを読んでいると、居合道歌は矛盾している様に思えるのですが、「抜かば切れ抜かずば切れよ・・」では相手が抜くならば切れ、抜かなくとも切れ・・。となって是は人殺しでしょう。もっとひどいのは、敵と決めつけて、一方的に抜いて切ってしまえ、抜かなくとも切るんだ・・。としたらどうなあるのでしょう。
 下の句の「・・ただ切る事に大事こそあれ」は、切り付けるならば遮二無二切る事、抜き始めて躊躇するなと云うのでしょう。そうでなければ、田宮平兵衛業政の歌が死んでしまいます。
 相手が抜いて来るならば切れ、抜く気配がないなら切るな、居合は抜けば躊躇なく切るものだ、と云うのだろうと私は思います。
 歌の読みはそれでいいかも知れませんが、「居合と申すは第一に刀を抜かぬ以前に勝亊也」の心持ちはもっと考えてみるべきものだろうし、第九代の江戸から持ち込んだこの居合の抜刀心持の解釈にはなり切れません。古伝神傳流秘書の「神妙剣」を思い出すものでしょう。
 
 次の歌は「数多にて勝たれざりしと聞くのであるが、(その時には)心明剱の太刀を楽しめ」です。敵が複数では勝事は難しい、多ければ勝てない、と言われている、その様な状況では「心明剱」の太刀を楽しみなさい。
 戦う事ばかりを思い描く者を戒めている歌で、文字は違いますが「神妙剣」の事だろうと思います、「彼れ怒の色見ゆるときは直に是を知って怒りを抑えしむるの叡智あり、唯気を見て治むる事肝要中の肝要也、是戦に至らしめずして勝を得る也。彼の気を先に知ってすぐに応ずるの道を神妙剱と名付けたるなり」私はこの教えを取りたい。
 業の術理や動作は、先天的な器用さや、武的身体操作の出来ている者は容易に目録位には達せるでしょう。戦わずして勝事は心の修行によるもので、古伝神傳流秘書の随所にその心を教えているのですが、「我と敵」ばかりを描いて演武してしまうのが現実です。「相手と我」という使い方は何を意味するのかでしょう。
 正座の部大森流居合之事も立膝の部英信流居合之事も、我が動作ばかりを稽古させ相手の動作は想定に任せているので初歩の段階での居合抜ばかりを知っている師匠に指導を受けると「相手」は「敵」とイコールになってしまい「相手と我」でもなく、「人と人」ではなくなってしまうかも知れません。
 相手と云い始めるのは「太刀打之事」からです。これは「遣方と相手又は打太刀」、「仕方と打方」、「仕太刀と打太刀」として組太刀の用語となっています。何故「敵と我」とは言わないのでしょう。
 稽古形なので打太刀は上位者で仕太刀は下位の者が指導を受けるからとばかりに思うのも一つですが、術理の稽古形は本来実戦に即応できるもので、演武会の出し物や、居合の間と間合いを覚える程度のレベルのものではない筈です。常に同じメンバーで仕打も決まっている稽古ばかりしている武的演舞好きはそれで良しとしても、仕打の入れ替わりは勿論、相手を変えて稽古しなければ稽古にはならないものです。
 古伝神傳流秘書は「相手」と呼んでいますが、江戸末期の谷村亀之丞自雄の伝書では「敵と我」と変わっています。
 曽田先生による五藤孫兵衛正亮伝来の業附口伝も「敵と我」となってしまっています。
 「敵」という呼び方がイメージさせるものは我を害するものであって、憎むべきものなのでしょう。
 「相手」は我と同じ「人」であって我との違いは人としての哲学の違いや、其の人の守るべき環境をイメージします。第9代林六太夫守政のもたらした居合の根底に流れる武術の思想がうかがえる気がします。

 第7回違師伝交流稽古会は大小詰、大小立詰でした、手附に依って夫々素晴らしい術をお見せいただいたのですが、小手返しなど腕を逆手に固めたり、其の侭投げれば骨折も有り得るもの、業が終了してから斬り倒したり、命を奪う動作を補完されているのを見たり、これ見よがしに複雑な技を演ずるのを見ていて是は違うと感じてしまいました。相手を傷めずに、するりと持ち込める業が出来なければ古伝神傳流秘書の奥義には程遠い者に過ぎないと強く感じたものです。
 
 「心明剱」の文字によるものでは「先ず我が身を敵にうまうまと振るまうて、敵と我と互に打ち下ろす頭にて只我は一途に敵の柄に(柄口六寸に)打込むなり」という極意をも指しています。まさに古流剣術の極意業です。

 また、多勢との戦いでは「敵大勢我一人の時は敵を向へ一面に受くる良し。大勢は向こう両脇より掛かる、我其の時右の敵に合うよしに見せて左の敵に合う、左の敵に掛かる由にて右の敵を打つべし、働く内に我が左の敵に付きて廻すべし。されども敵大勢故前後左右に取り廻さんとす。我其の時は知るべし。敵追って来る事大勢故、一同に来たらず先き立ち来る敵を、或は開きて打つ、或は伏して打つべし、又逃ぐる良き間を考えるべし」と大道之事に書かれています。

 どの様に戦ったらよいのかを教える歌とも取れるし、戦わずして勝つ心の修行を求める歌とも取れるものです。

| | コメント (0)

2020年1月 4日 (土)

道歌2古伝神傳流秘書より抜刀心持引歌2の7沈成体に勝

道歌
2、古伝神傳流秘書より抜刀心持引歌
2の7沈成躰に勝

敵太刀打かたき切て掛るに沈成躰に勝有亊の位にて教へし工夫有へし古語に 寸の虫かゞむも身をのひん可為 歌に

長からむさゝげの花は短くて
      短き栗の花の長さよ

(沈成躰→敵に対し我が体を低くすること也、気を落ちつけること也)

右の心尓て工夫有るへし みな陰合〆陽に出る位有へし 古人も心は之内二てき有りとのたもふ也 ものとしたる事二勝負の位知る事なし 深く工夫有へし この沈成躰心よりよく敵の心見ゆるもの也
兵法に曰 端末いまだ見ざる人能く知ること莫れ と有り 歌に

悟り得て心の花の開けなば
      たづねん先二花ぞ染むべき

霜うづむ葎の下のキリギリス
       有かなきかの声ぞ聞ゆる

 敵が太刀打の難しい切懸けをして来るのを、沈成体(身を低くして外して勝事がある)、その事にて教えるべき工夫が有る。
 古語に「寸の虫屈むも身を延びんがため」一寸ばかりの小さき虫でさえ、身を屈めるのは、おおきく伸びあがる為である。歌に
 
 「長からんささげの花は短くて短き栗の花の長さよ」長いささげの実なのに花は短い、反面短い栗の花は長いものだ、長いものは短く、短いものは長くの様に、気を沈めて応じるものだと歌います。
 この心掛けの工夫をすることは、どれも陰で合せ、陽にて出ることである。古人も心の内にこの様な敵ありというものである。漠然とした中には勝負の優劣を知る事は出来ない。深く工夫有るべきものである。
 この心を落ち着けることに依り敵の心もよく見えるものである。
 兵法に言われる、心の端末を未だ見えざる人には、良く敵を知る事はあり得ない、とある、歌に

 「悟りを得て心の花が開けるならば、訪ねる先に花が染まって見えるものだ」

 「霜が降って葎を埋める様であっても、その下にいるキリギリスの有るか無いかの声でも聞こえるものだ」

 心を落ち着かせ、体を沈める事で、難しい太刀打ちに応ずる業が出せるものだと云うのでしょう。

| | コメント (0)

2020年1月 3日 (金)

道歌2古伝神傳流秘書より抜刀心持引歌2の6止ると思はば其所に止れよ

道歌
2、古伝神傳流秘書より抜刀心持引歌
2の6止ると思はば其所に止れよ

居合抜覚へるとはやく抜せす故に詰合の位能く執行有へし只太刀を抜くと計り思ふへから春抜春して勝の利あり是亊の位にて教ゆへし 人の我をとらへて抜かさしと春る時必す抜まし我をとらゆる人を此方より取りたおすへし或ハ先に(とられてもかつこともあり)とられぬ位在るべし 敵の仕懸により春く二とゞまり勝亊も有り 或ハ其気をさけて勝事も有り みな敵の仕懸に依るなり
工夫有るへし 歌に

止ると思はゞ其所に止れ与
      行と思はゞとくとくと行け

あだとのみ人をつらしと何か思ふ
      心与我を憂きものと知れ

右の心にて工夫あるべし 然れ共剛力或ハ色々と理屈を云うふ人有らば皆我敵と知れ 然れ共夫々に心を取られ迷ふ亊勿れ 歌に

無用なる手詰の論を春へから春
      無理な人二ハ勝て利はなし

「居合抜覚えると早く抜かせず、故に詰合の位よく執り行う事有るべし」この文章は何を云いたいのかよくわかりません。原書の写し違いなのかですが、曽田先生は「・・早く抜かせず」ですが写し書きの際「・・早人抜かせず」として「く」を「人」と書かれているのを迷って「く」と決められています。
 木村栄寿先生は林崎抜刀術兵法夢想神傳重信流傳書集及び業手付解説」ではここを「・・早人抜かせす」と読まれています。行草連綿の江戸期の書体、それも当時は余程の能筆で役所の決まりごとに依る字体を持たない市井の人での書は厄介です。「く」は「久」の崩し字か、「く」でしょうから「人」の崩し字は使う文章を理解出来ていないと泣かされます。
 ついでに河野先生の「無双直伝英信流居合兵法叢書」ではこの部分で「・・・執行有へし」を「・・執行省へし」と曽田先生の「有」の草書を「省」に読んでいます。
 此処は、読んだ人がこの全体の文章の流れから、想像しなければならない処でしょう。何処で文章を区切るのかも句読点は無いので想像せざるを得ません。
 「居合抜覚えても直ぐに抜くばかりを考えてはならない、従ってお互いに詰め合って座す時の位取り(位置)をしっかり学ぶ事です」私はこの様に解釈します。「詰合の位」と有るのですぐに組太刀の「詰合」を思い描くのはいいのですが、その「詰め合う」意味を考えるべきでしょう。棒振りばかり思い描かない事です。ついでに、古伝は「詰合」であって「詰合之位」とは言って居ません。
 次の文章は「ただ太刀を抜くとばかり思うべからず、抜かずして勝の利あり、是は事(業)の処で教えるべきである」ここでの「位」は「位置付け」でしょう。
 「人の我を捕えて抜かさじとする時、必ず抜くまじ、我を捕らゆる人を、此方より取り倒すべし。或は先に捕られぬ位(方法、業技法)有るべし。(捕られても勝事も有り)」この教えは、敵が我を羽交い絞めするなり、の柄を押さえるなり、ぬかんとする手を取るなり、古伝の大小詰や大小立詰で基本的な業と業手付が古伝神傳流秘書には示されています。その敵の抜かせないようにする防禦を脱するには、無理に抜こうとしないで相手を、取り倒してしまえというのです。「取り倒すべし」ですから相手を逆に倒して押さえなさい、という事で切り捨てろなどと云ってはいない事を考えて置くべきです。武術は敵を殺す事が目的ではない、土佐の居合の教えを思い出すべきでしょう。
 「敵の仕懸けに依り、(直に抜刀して斬ろうとする心)を留める事で勝事も有る、或いは其の気を避けて勝事も有る、皆敵の仕懸けに依るのである、斬り倒すばかりに思いを寄せずに、工夫有べきでしょう。 歌に」この項の教えを読み解きますと、土佐の居合は、コミュニケーションの食い違いを、武力で解決するなよ、先に武力で仕懸けて留められても、振りほどいて更に相手の出方を見て和する心を持ちなさい、と神傳流秘書の巻頭の「抜刀心持引歌」で既に語っているのです。

 武力行使の戒めを語っているのですが、歌にはそうであっても、やらねばならない時はやりなさいと歌っています。
「止まると思うならば、止まりなさい、行くべきと思うならば速やかに行きなさい」
「憎むべき人に情けを何故か思う事もある、我が心の憂いは有るものです」
「右の心にて工夫あるべし、然れども、剛力、或いは色々と理屈を云う人もあるならば、皆我が敵と知るべきでしょう。然れども、いろいろの事を考えて心を取られて迷う事はダメです。歌に」
「無用な小手先の理屈を云い合うべきでは無い、無理やり(自分に有利にしようとする)人と口論で勝っても何の利するものも無い」

 土佐の居合の根底に流れている武術哲学が語られています。武術論を棒振りのみと考えていたのでは、竹刀剣道を50年やってきた人が「若い人に勝てない」などと云って嘆くのと何ら変わらないでしょう。武術を修業する事の意味を考えさせられるところです。

| | コメント (0)

2020年1月 2日 (木)

道歌2古伝神傳流秘書より抜刀心持引歌2の5乗り得ても心ゆるすな

道歌
2、古伝神傳流秘書より抜刀心持引歌
2の5乗り得ても心ゆるすな

偏二大海を渡る二陸尓て行けは命を失ふ、故二舟二乗りて行也、居合柄口六寸の大事偏二彼の舟の心持としるへし。然れ共舟尓てかなら春渡海春と思ふへからす 歌に

乗り得ても心ゆる春な海士小舟
     浪間の風の吹かぬ日ぞなき

右浪間の風能く合点しては舟ものら春 古歌に

有となしと堺を渡る海士小舟
     釘も楔も抜希果てにへり

此の心尓てよく工夫有へし 口伝


一途に思い込んで、大海を渡ろうとする時、陸にて行けば命を失う、故に舟に乗って行くのである。と、云うのですが海を渡るのに陸からばかリ行く事など出来るわけもないのですから、船に乗らざるを得ないのは道理です、其の上陸から遠回りすれば危険が一杯と云うのでしょう。
 だから舟に乗って真直ぐに行く、居合の「柄口六寸」の教えの大事は、敵の斬り込みに対し一途に敵の拳に切り込む、十文字勝の心得は舟に乗って行く心持ちと悟るべきものである。
 然し船にて必ず渡海出来ると思ってはいけない、歌に「乗り得ても心許すな海士小舟浪間の風の吹かぬ日ぞなき」と一途に拳へ打込んでも間と間合いが合わなければ目的は果たせない、浪間に風が吹いて、海が荒れてしまえば思い通りに目的が果たせない事もある。
 この浪間の風を十分に知らなければ舟に乗る事も出来ないのである。敵との間と間合いに対する心得を身に着けなければ「柄口六寸」の教えは果たせないのです。
 浪間の風の有る無しに拘わらず、渡海する海士小舟も、状況判断を誤れば、舟の釘も楔も抜けて沈没してしまうよ。この心得を知って良く工夫すべきでしょう。

 現代居合は仮想敵相手の一人演武が指導されます、それも自分に都合の良い想定です。或は想定などお構いなしの形だけがほとんどでしょう。此処での想定は、敵が黙って斬られるような都合の良い状況では無さそうです。敵の害意を察して、こうするなどの勝手な妄想に依るのではないでしょう。
 敵が我が肩、胴、足いずれにでも斬り込んで来る、その敵の心の動きと同時にほんのわずかな動作を知って、拳に遮二無二打込んで「柄口六寸」の勝を制する極意業への心構えを歌い上げていると解釈できます。

 十文字勝については敢えて解説しませんが、敵の刀を受けてから斬り込むのではなく、また、外して斬り込むのとも異なります。敵の「柄口六寸」に打ち込んだ時が切った時であり、敵の刀を外した時と云えるでしょう。
 土佐に持ち込まれた居合は、抜刀術がメインでは無く、総合武術としての教えを秘めています。

| | コメント (0)

2020年1月 1日 (水)

道歌2古伝神傳流秘書より抜刀心持引歌2の4敵に従う

道歌
2、古伝神傳流秘書より抜刀心持引歌
2の4敵に従う

敵に従って可勝心持ち 春風を切ると云ふ 古歌

風吹は柳の糸のかたよりに
     なびくに付て廻る春かな

強身尓て行當るをは下手と知れ
     まりに柳を上手とそいふ

敵と出合ふ時かならず討勝と思ふへからす況や恐るゝ古となし間に不加豪末雷電石火の如くちらりと我が心二移時無二無三に打込亊居合の極意也然れ共只打込でなし是に柄口六寸の習なり此習を以敵の場へふん込み討つ也


敵に従って勝つべき心持ち、春風を切ると云う 古歌
風吹けば柳の糸の偏りに
    靡くに付きてめぐる春かな
強みにて行き当たるをば下手と知れ
    まりに柳を上手とぞ云う

敵に従って勝つ為の心得は、春風を切ると云う事である。古歌にある。
 風が吹けば柳の糸の様な枝が風の吹いて行く方に靡いて偏る様に、春の訪れは其処から感じられる。
 この歌は金葉和歌集にある白河院の歌を当てている様です。風を受ける柳のように風を往なす心持ちで敵に対すれば、やがて勝口が見えて来ると教えているのでしょう。
 力一杯に斬り込むなどは下手と思いなさい、まりが当たった柳の枝が逆らわずに靡くのを上手と云う。
 次の歌は、斬り込むにしても力一杯に力んで斬り込むなど下手の証拠のようなものだ、まりが柳の枝に当たっても何の抵抗も無く元の姿に戻っているよと云うのでしょう。強みに頼るものではないとの教えです。
 敵と出合う時に必ず打ち勝つと思うものではない、況や恐れて居すくむものでも無い、身を土壇にして、無心に間に至れば雷電石火の如く「ちらり」と打つべき瞬間が見えて来る、其の時無二無三に打ち込むのがこの居合の極意である。
 然れども、ただ打込むのではなく「柄口六寸」相手の拳に打込むのである。この教えを以て敵の場に踏み込んで打つのである。敵が我が肩なり胴、足に打ち込んで来れば、何も考えずに、上段から真直ぐに打ち下ろして敵の拳に勝つ、新陰流の十文字勝の気分でしょう。
 

 

| | コメント (0)

道法自然

道法自然

 新年あけまして

    おめでとうございます

Img_2305

令和二年庚子元旦

道法自然は老子の象元二十五にある言葉で「人法地 地法天 天法道 道法自然」によります。
道は天地に先だって生じていた、「人は地に法り、地は天に法り、天は道に法り、道は自然にのっとる。」従って根元たる「道」を基として自然であれと云う事です。
地球温暖化の影響で今年も自然の猛威には逆らえないかもしれません。
それだけに、平和で争いの無い自由な毎日であってほしいものです。

| | コメント (2)

« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »