« 道歌6塚原卜伝百首6の13馬はただ普通に強き肝ぞよき | トップページ | 道歌6塚原卜伝百首6の15乗り下りとまた扱いの »

2020年8月14日 (金)

道歌6塚原卜伝百首6の14癖有れど強き馬

道歌
6、塚原卜伝百首
6の14癖有れど強き馬

癖有れど強き馬こそよけれとて
      進まぬ癖の馬を乗るぞよ

 癖は有るけれどとにかく逞しく強い馬が良いだろうと手に入れたが、進めと指示しても膠着して動かない馬に乗ったのでは困ったものだ。

 馬の癖に「膠着」といい、「馬が物を見たり、異常に緊張して、動かなくなってしまった状態をいう。馬場に出た後、騎手の指示にもかかわらず動かなくなったり、ゲートが開いても発進しないケースがある。」JRAより。
 大きい、強い、逞しい、速いばかりでは、普段は問題なくとも、いざ戦闘開始という時周囲の歓声や雰囲気に「膠着」して動けないのでは機を逸してしまうわけでしょう。
 「癖有れど」歌い出しですから、馬の癖にある、グイッポ、咬癖、蹴癖、身つ食、その他の習癖は兎も角として、膠着したりあとびきでは困ったものです。
 
 


 

|

« 道歌6塚原卜伝百首6の13馬はただ普通に強き肝ぞよき | トップページ | 道歌6塚原卜伝百首6の15乗り下りとまた扱いの »

道歌6卜伝百首」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 道歌6塚原卜伝百首6の13馬はただ普通に強き肝ぞよき | トップページ | 道歌6塚原卜伝百首6の15乗り下りとまた扱いの »