« 道歌6塚原卜伝百首6の61もののふの足踏み延べて | トップページ | 道歌6塚原卜伝百首6の63もののふの勝負の場(にわ)に »

2020年10月 1日 (木)

道歌6塚原卜伝百首6の62もののふの児(ちご)や女に

道歌
6、塚原卜伝百首
6の62もののふの児(ちご)や女に

もののふの児(ちご)や女にたわむれて
       心おくれぬ事はあらじな

 武士が子供や女に遊び興じていては、心が臆する事にはならないか。

 卜伝は生涯独身で、家督は養子を迎えて継いだとされています。兵法家として何時でも力を発揮するには、後髪を引かれる生き方を自分に、許さなかったのでしょう。
 兵法者としての誰にも勝負では負けないと云う誇りが先に立って、何の為に兵法を志すのかの目的意識が柳生石舟斎宗厳とは違った生き様をして来たのかも知れません。
 卜伝(延徳元年1489年生まれ)より19年ほど遅れて生まれた上泉伊勢守信綱(永正5年1508年生まれ)は、上州箕輪城落城が56歳(永禄9年1564年)でした。武将としての半生を、敗北の人生として過ぎ、兵法家として踏み出した第二の人生だったのでしょう。卜伝は、その時75歳、第三回廻国修行中でした。
 其の2年後上泉伊勢守は柳生石舟斎宗厳(38歳)に新陰流影目録を印可しています。
 
 卜伝は元亀2年1571年第三回の廻国修行から戻ってすぐに没しています。82歳でした。生涯兵法者であり続けようとしたのかも知れません。

|

« 道歌6塚原卜伝百首6の61もののふの足踏み延べて | トップページ | 道歌6塚原卜伝百首6の63もののふの勝負の場(にわ)に »

道歌6卜伝百首」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 道歌6塚原卜伝百首6の61もののふの足踏み延べて | トップページ | 道歌6塚原卜伝百首6の63もののふの勝負の場(にわ)に »