« 道歌6塚原卜伝百首6の73もののふのよるの寝巻 | トップページ | 道歌6塚原卜伝百首6の75もののふの被ける笠の »

2020年10月13日 (火)

道歌6塚原卜伝百首6の74もののふの夜の枕に

道歌
6、塚原卜伝百首
6の74もののふの夜の枕に

もののふの夜の枕に鼻紙を
     布きて寝るこそ教へなりけり

 武士が夜寝る時には、枕の下に鼻紙を敷いて寝るのは、昔からの教えである。

 この教えも、卜伝の家系故に納得できる教えかもしれません。現代では安価なティシューを箱ごと、寝ながら手を伸ばしてとる事も出来ます。寝ている時でも身だしなみを整え、見苦しい態度を晒さない事を門弟達にも語って聞かせていた歌かも知れません。
 卜伝の廻国修行に従って行った門人も、武士としての心得を持たなければ、ただ強いだけでは将来仕官するなり一国一城の主になるには不足だったと思います。

 

|

« 道歌6塚原卜伝百首6の73もののふのよるの寝巻 | トップページ | 道歌6塚原卜伝百首6の75もののふの被ける笠の »

道歌6卜伝百首」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 道歌6塚原卜伝百首6の73もののふのよるの寝巻 | トップページ | 道歌6塚原卜伝百首6の75もののふの被ける笠の »