« 月之抄を読む11、習之目録之事11の39天地之種子之事 | トップページ | 月之抄を読む11、習之目録之事11の41水月之事付り其影之事・盗位心持之事 »

2021年1月 2日 (土)

月之抄を読む11、習之目録之事11の40十二因縁

月之抄を読む
11、習之目録之事
11の40十二因縁

11の40十二因縁
無明行識名色六入蝕受愛取有生老死自然と云う事。
自は自性、自は本体、然れば本体は処と云う心ぞ。自は天にも付かず、地にも付かず、独とり立たる物なり。自然は法性なり。草木は人も極まらずに出で来るは自然に似たると譬へたる心ぞ。
例えば其の人に逢いたきと思いたるに心為らず、約束もせざるに行き逢う時、自然に逢いたると云うは自然に似たると云う心ぞ。
魏々万住尊、秋水家々月、彼此の出家児、礼亦不可缺(ふかけつ)、三界唯心万法唯識、是に叶う歌
さびしさに宿をたちいでながむれば いづくも同じ秋の夕暮れ

この十二因縁も読み下しのみとします。自然の法に興味のある方はご研究下さい。

 

|

« 月之抄を読む11、習之目録之事11の39天地之種子之事 | トップページ | 月之抄を読む11、習之目録之事11の41水月之事付り其影之事・盗位心持之事 »

月之抄を読む」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 月之抄を読む11、習之目録之事11の39天地之種子之事 | トップページ | 月之抄を読む11、習之目録之事11の41水月之事付り其影之事・盗位心持之事 »