« 月之抄を読む11、習之目録之事11の98位を定ると云心持之事 | トップページ | 月之抄を読む11、習之目録之事11の100太刀拍子持処之事 »

2021年3月 1日 (月)

月之抄を読む11、習之目録之事11の99かく拍子之事

月之抄を読む
11、習之目録之事
11の99かく拍子之事

11の99かく拍子之事
父云、是は違えたる拍子なり。序を切り懸る序の内を一拍子敵と違え勝心持を欠く拍子と云。違い拍子也。
亡父の録に理りなし。

 父云、是は違えたる拍子である。初めの切り懸り、序の内を一拍子敵と違えて勝つ心持ちを、欠く拍子と云うのである。違い拍子である。
 亡父の録には理りなし。
 石舟斎の「新陰流截相口伝書亊」の「角にて闕拍子之事(すみにてかくひょうしのこと)」との習いが表示されています。

 月之抄の「かく拍子」の「かく」にどの様な漢字をあてがうか、此処で判断できません。「敵と違え勝」の文章に従って、敵に逢わせない、欠くとして見ました。新陰流の勢法の中では敵の打込みを外した時が打った時の「くねり打ち」などを思い描いても見ました。全くの当て外であっても心持にはさしたる違いはないと思います。

|

« 月之抄を読む11、習之目録之事11の98位を定ると云心持之事 | トップページ | 月之抄を読む11、習之目録之事11の100太刀拍子持処之事 »

月之抄を読む」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 月之抄を読む11、習之目録之事11の98位を定ると云心持之事 | トップページ | 月之抄を読む11、習之目録之事11の100太刀拍子持処之事 »