道場訓

2014年4月 1日 (火)

下村派行宗貞義記録写「誓約」

故行宗貞義先生記録写

夫れ居合術は独技独行なるが故に其之を演ずるに当たってはまず己が胸中に敵を作り敵の己に加えんとする機に先んじて以って勝を制することを学ぶべし

Δ 誓約

 第一 師の指導すに従順なるべし

 第二 礼儀を重んじ長序の別を正し諸事軽薄の行為なきを要す

 第三 猥りに他人の技芸を批評すべからず常に己が技芸の不足を反省すべし

*曽田本その2の書き出しは、曽田先生の師故行宗貞義先生の言われた事を記録したものと言います。

居合と云うものは、一人で技を演じ、一人で行うものである故に、是を演ずるに当たってはまず己の胸中に仮想敵を作って敵が己に加えようとする害意を察しその機に先んじてその動作を制して勝を制することを学ぶべきである。

*胸中に敵を作るのであって、修行が充ればおのずから仮想敵が現れるなどと思うのはおかしなことです。そんなことが起これば妄想の病に侵されているかも知れません医者に診てもらう必要があるでしょう。

敵の動作を想定してそれに応ずる様に稽古をするもので、攻防のドラマを組み立てる様にしなければただの棒振り運動にすぎません。
そのためには、形の稽古をするとか、格闘技を研究するとか人の動きを押しはかる知識や経験値を豊富に学ばなければならないでしょう。

*次の誓約の文言は行宗先生が曽田先生に伝えたものか、何処かにあったものをここに書いたのかわかりません。
同じような文言が、どこぞの道場の壁に貼られていましたが、剣道の雑誌から抜粋したと言っていました。
恐らくこの曽田本その2にあった誓約を誰かが雑誌に転載したのでしょう。
出典が明らかではないのは困りますが、曽田本は戦後の昭和23年に河野先生に曽田先生自ら送られています。
岩田先生には太田先生の御弟子さんの中田先生から写しが送られていますのでその辺から雑誌に出たのかも知れません。

行宗先生の様な下村派の十五代宗家の言葉ならば「師の指導すに従順なるべし」も幾分か理解できますが、戦前の軍人勅諭を思わせるもので時代を感じます。
宗家でもない道場主が「俺の作った道場だから」と生半可な事で之を掲げたのでは重すぎます。
行宗先生の下村派には、業についての手附はなく、師弟一対一の稽古で口伝口授が全てであった様です。
従って、正しく流派の業を習得するには「師の指導に従順なるべし」以外に方法は無いものです。
しかし、その後の流派の技の趨勢を追っていますと、師の教えそのままに従っていたとは思えないのです。更に、ある時期から師を変えて自らの業の極致を求める事も頻繁です。

同じ下村派の第14代下村茂市に師事した行宗居合と細川居合を追ってみても異なる所作を感じます。指導法に違いがあったのか、力量の差なのか、事理の違いか不思議です。

習い覚えたものを正しく伝承するには、正しく伝える技術も、文章力も必要ですし、出来るだけ癖のない動画なども有効でしょう。

正しく習ったとしても、そこから守破離によって己の武術をみがきあげるものでしょう。

文武両道の扱いもままならない人は武道は口伝口授の世界と云って嘯いています。

この道場訓は曽田本その2にあるもので2014年3月5日に掲載したものです。
カテゴリーを「道場訓」として転載しておきます。

| | コメント (0)

2013年11月11日 (月)

研修館道場訓

夢想神伝流の檀崎友影先生は昭和32年に研修館を建てられています。
その道場に掲げられている道場訓を揚げて置きます。

武道修行を志す者の心すべきは師弟の道を尊び長幼の序を弁え礼節の尊厳を守るに有り
霊器日本刀を尊崇し至誠以て師の教に従い流祖の本流を体し正しい此の道に精進修得するを大事とす
森羅万障に感謝の念を持し謙譲の美徳を養い斯道を通じて健全なる心身の錬磨人格の向上につとめ完成の人と成るを期す             館長

壇崎友影先生は本名壇崎質郎、明治40年1907年生まれ平成15年2003年96歳の長寿をもって死去されています。

宮城県名取郡(名取市)出身伊勢ヶ浜部屋の大相撲力士で四股名は桂川質郎
昭和2年1927年20歳初土俵
昭和9年1934年入幕
昭和17年1942年35才引退
前頭筆頭まで昇り詰めています。
身長170cm、体重88kgですから現代日本人ならば普通の体でしょう。
昭和19年1944年37歳徴兵

居合暦
昭和13年1938年中山博道先生の有信館に入門
居合道範士九段・杖道範士七段・剣道教士七段

*「師の教えに従順あるべし」(2013年10月7日)のある道場の壁紙に見られた「誓約」
と同じでしょうか。

ある道場の壁にこんな誓約が張られています。

誓約  
第1 師の教えに従順あるべし。
第2 儀礼を重んじ長序の別を正し、諸事に軽浮の行為なきを要す。
第3 猥りに他人の技芸を批判するべからず。常に己が技芸の不足を反省すべし。

檀崎先生の道場訓は、何を目的としての心得と志ざしなのか、そして期する事が明確で道場訓として見事でしょう。
大衆化カルチャー化したお稽古事のような、自分に都合のよいことだけを以って、都合のよい生徒を求めるような事とは違うものをひしひしと感じるのです。


「然し、師と仰げる人に出会えることはとても難しい事です。寧ろ出合えぬまま悶々とした日々を送り道を離れなければならない事も多いかと思います。

本物の師匠はこの様な道場訓など掲げる必要は無いし、いたずらに兄弟子を崇める事を要求する事でも無いでしょう。誓約など上から目線では、直に襤褸が丸見えになります。

武術は人と人の共感を導き出し和する為の素晴らしいコミュニケーションを学ぶ事の出来るものです。
闘争の技術ばかりで明け暮れたり、心無しの上下関係を求める様な道具に使うようでは武術を学ぶ心得としてはお粗末としか言い様は有りません。

今日の僅かな時間に、師の心に触れ、弟子の思いに眼を覚まされ、良い一日が過ごせた喜びを味わいたいものです。(2017年7月26日追記)

| | コメント (1)

2013年10月 3日 (木)

弟子たる者師匠の出来ぬ事でもやらねばならぬ

このところ何故だかお能の本が集まります。
能楽堂に連れて行かれてあの心地よい世界に引き込まれ舞台の正面で居眠りをさせてもらってから何年たったでしょう。

「眠らせないのも芸のうち、眠らせるのも芸のうち、せめて前の晩は充分睡眠をとっておいでください」と挨拶されて苦笑いをする私。傍で家内は恐縮しっぱなしでした。

武道館で私に懇切丁寧にお能の足運びを教授してくれた御婦人には暫く会っていないなーと懐かしく思い出されます。

足運びと言えば、私に無理やり竹刀スポーツの爪先に力を入れる摺り足を教えようとして肘鉄を食らわせた先輩はこの頃道場に顔を見せないなーと懐かしんでも居ます。

医者で執筆家其の上お能を嗜み、無双直伝英信流を心得ておられる村木泰仁先生の「ノーと言わない能」を読み終えたら忽ち「続ノーと言わない能」が送られてきました。

「続ノーと言わない能」平成8年発行著者村木泰仁 株サンライズ企画

とにかく乱読・速読手当り次第もようやく納まりつつあるこの頃なのに再び眼を覚まされたように、日に3、4冊を同時に読み漁っています。

其の中に居合の師匠大田次吉先生との事がありました。少々長くなりますが、引用させていただきます。

「この偉大な先生に薫陶を受けたのだが、不肖の弟子は、先生がご他界遊ばされたのを期に止めてしまったが、兄弟弟子や相弟子は、今も精進して立派になっている。習い初めは、早く数々の技を覚えたくて、満足に他人の技を見ようともせず、盲滅法に刀を振り廻していた。ある日のこと、大田先生が道場に見えられ、「人の稽古をよく見なさい」と言われた。
上手な人を見るのは良いが、人の稽古を見るよりは、その分、稽古に励んだ方が効率がよいと思い、「はい」と変事だけで、棒振りに勤しんでいると、兄弟子の、「稽古止めい」の号令。「これから大田先生のお話がある」
曲がった腰をピンと直された先生は眼光炯々として、しっかりした口調で申された。「諸君等は、見取り稽古をしなさ過ぎる・・・人を見て己の足らざるを補え・・・下手を見ても・・・そこから学べ!」目から鱗が落ちる思いだった。

「門前の小僧、習わぬ経を読む」の諺がある。何事も慣れてくるとばかにして甘く見て、初心を忘れてしまう。これが油断大敵で学問、武道、芸道なんでも同じである。
昔は筆者の本業の医者の世界でも、なかなか大きな手術をさせてくれない。満を侍しているのに先輩にお鉢が回るばかりで、いつも見取り稽古、頭の中では完璧に手術はできているが、それでもさせてくれない。さて、何年かたって初めて執刀したが、思いの外に手が動いた。今の合理的な教育といずれが良いのか判断が難しい。しかし、いずれも教わるより自分で工夫して、人の技を盗むしかない。教わるよりも慣れよ!である。

学問も芸も同じである。

苦労して覚えたものはなかなか忘れないから、甘やかされて教わる素人はいつまでたっても駄目な訳である。
稽古の時でも、自分の稽古が終ればさっさと帰ってしまう。俺より下手な流友の練習なんか見たって仕方がないと思いがちだが、その不心得を大田先生は叱責した。下手を見たらどこが駄目なのか研究して、自分のために役立てよ、と戒めた。

ある酒宴の席で先生が、「弟子たる者は、師匠のできないことでも、やらねばならぬ!」とおっしゃった。
はて、先生ともあろう者が、随分、理屈に合わないことを言うもんだ、と酒に酔った先生の赤ら顔を見つめていた。「良いか、師匠たる者、自分が出来なくても、これはやらねばならぬと思ったことは、弟子に教育するのが師たる者の務めである」と断言され、筆者は不明を恥じた。

師匠の背中を借りて、それを凌駕するのが師への恩返しである、と。これだけの見識と気宇壮大さを持つ師匠は滅多にいない。
学問の世界でも、弟子の芽を摘んだり、利用する先生はいても、本当に弟子の前途を考えてくれる人格者は少なくなった。

専門職は一流だが人格は二流、専門職は二流だけれど人格は一流、いずれをえらぶかと問われれば、筆者は躊躇せずに後者を推す。専門も人格も一流ならば文句は無いが、そんな人はなかなかいない。

道元禅師はおっしゃる。
「良き師に会えたなら、自己の修業の半ば、達成されたと思え」
まさに、至言である。ただ、例外もある。かく言う筆者のように、良師にめぐり会っても、この態たらくで努力しなければ、良い先生も「猫に小判」と、もったいない話しで終ってしまうから、暇があったら師匠や先輩の芸を見取り稽古して励みましょう。」

いかがでしょう。

この項を無断で拝借いたしました。居合を業ずる者がふとめぐり合った一文に引かれてうなずいていました。
教わる者も教える者も今一度初心に帰ってみるのも良いのではと思います。お許しください。

2012年12月8日に掲載したものですが、ある道場の張り紙に「師の教えに従順あるべし」と言う、情けない事を張り出しているのを見て、この昨年の記事を再び期日を変えて掲載いたしました。

| | コメント (3)

その他のカテゴリー

介錯口伝・他・神妙剣 | 女剣士 | 居合兵法の和歌15-7 | 居合兵法極意巻秘訣15-6 | 居合兵法極意秘訣15-3 | 干支を読む | 幻を追ってその7 | 幻を追ってその8 | 幻を追ってその9 | 文化・芸術 | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 書を楽しむ | 曽田本その2を読むの2 | 曽田本その2を読むの3 | 曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く始めに | 曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く1抜刀心持引歌 | 曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く10夏原流和之事 | 曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く2居合兵法伝来 | 曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く3大森流居合之事 | 曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く4英信流居合之事 | 曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く5太刀打之事 | 曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く6坂橋流棒 | 曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く7重信流1詰合 | 曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く7重信流2大小詰 | 曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く7重信流3大小立詰 | 曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く8大剣取 | 曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く9抜刀心持之事 | 曽田本その1の1神傳流秘書原文1抜刀心持引歌 | 曽田本その1の1神傳流秘書原文始めに | 曽田本その1の1神傳流秘書原文10夏原流和之事 | 曽田本その1の1神傳流秘書原文2居合兵法伝来 | 曽田本その1の1神傳流秘書原文3大森流居合之事 | 曽田本その1の1神傳流秘書原文4英信流居合之事 | 曽田本その1の1神傳流秘書原文5太刀打之事 | 曽田本その1の1神傳流秘書原文6坂橋流棒原文 | 曽田本その1の1神傳流秘書原文7重信流1詰合 | 曽田本その1の1神傳流秘書原文7重信流2大小詰 | 曽田本その1の1神傳流秘書原文7重信流3大小立詰 | 曽田本その1の1神傳流秘書原文8大剣取 | 曽田本その1の1神傳流秘書原文9抜刀心持之事 | 曽田本その2を読む | 曽田本その2を読むの4 | 曽田本スクラップ土佐の居合 | 曽田本スクラップ居合 | 曽田本スクラップ戦時下 | 曽田本免許皆伝目録15-11 | 曽田本業附口伝15-10 | 白石元一居合術手引 | 神傳流秘書14-10英信流目録小太刀之位 | 神傳流秘書14-1序 | 神傳流秘書14-2引歌及び伝来 | 神傳流秘書14-3大森流・英信流・太刀打 | 神傳流秘書14-4棒 | 神傳流秘書14-5詰合 | 神傳流秘書14‐6大小詰・大小立詰 | 神傳流秘書14‐7大剣取 | 神傳流秘書14‐8抜刀心持之事 | 神傳流秘書14‐9夏原流和之事 | 秘歌之大事 | 稽古の日々 | 英信流居合目録秘訣15-4 | 英信流目録15-8 | | 道場訓