居合兵法極意巻秘訣15-6

2015年7月12日 (日)

居合兵法極意巻秘訣29.神心八相事5軍中首取様の事

居合兵法極意巻秘訣

29.神心八相事

 5、軍中首取様の事 

軍中首取様の事敵の首を取るに咽の方へ刀をやりかき切るときは切れぬ物也切れても手間を取るなり先錣(しころ)を上へ押上げうなじより刀を突立首の大骨を突切って後刀を踏てふみ切て一方の肉をかき切るべし故に上手の掻きたる首は二刀に切目手際に切れて有るとぞ

*軍中で首を取り様の事は、敵の首を取るのに咽の方へ刀をやり、搔き切る時は切れないものである。
切れても手間取ってしまうものである。まず錣を上へ押し上げうなじより刀を突き立首の大骨を突き切って、その後、刀を踏んで踏み切って一方の肉を搔き切るのである。
故に上手の掻きたる首は二筋に切れていて切れ目が手際よく切れているという。

この首の取り様については「組討心持」として既に同様な事が書かれて居ます。2015年4月14日
「師伝に云軍中にて敵と組打の時下に成りても早指副を抜草摺をたゝみ上差通よし一刀指と必よわるもの也さて首を早く捕る傳は敵之首の骨に刀を突き立我が足にて刀の宗をつよく蹴て踏切るべし此の如くすれば早し咽の下より刀にて首をかき落すと思ふ人は頬當のすがに刀かゝり埒明申さず候深秘すべき也」

*神心八相事にはこの後に絵図が残され、柄口六寸、手裏剣、軍馬剱が示されています。
文字によるものの方が解り易いと思います。
現代では文字より写真、それも連続写真や動画を優先される傾向にありますが、武術はモデルの先生の癖が表面に出過ぎたりして参考にしてもそれ以上では無いと思います。
書いた先生の思いは文字に有るもので、思いを実現できないのがほとんどでしょう。
書いてある事とやって居る事が違うものです。山本宅治先生の直弟子で関東の大田次吉先生の名言があります。

「弟子たる者は、師匠のできないことでも、やらねばならぬ」

以上

居合印可口授之覚終

ここまでで、「居合兵法極意巻秘訣 印可部 従是兵法術嗜之ヶ条迄先生御註訳」を終わります。

| | コメント (0)

2015年7月11日 (土)

居合兵法極意巻秘訣29.神心八相事4虎乱剱

居合兵法極意巻秘訣

29.神心八相事

4、虎乱剱

虎乱剱事山野幽谷を通るとき虎狼抔或は手負獅子抔我を目懸てかゝり来るとき場を見合せ前一方明て三方ふさがりたる穴の如くの所に寄って膝を組刀を抜き切先を向ふにし右脇へ引付て構べし猛獣飛でかゝれば己れと貫かるゝ也柄を腹へ當てゝ真向ふに構る事なかれ猛獣のいきおいにて腹へ強く當り不覚と成る也

*虎乱剱の事、山野、幽谷を通る時、虎狼など或は手負いの獅子など我を目掛けて懸って来る時。
場を見て、前方一方が明いて三方が塞がっている穴のような所に寄って、膝を組み、刀を抜き切っ先を前にして右脇に引き付けて構えるのである。
猛獣が飛び掛かって来れば自ずと刀に貫かれるのである。柄を腹に当てて真向に構える事はしてはならない、猛獣の勢いによって腹に強く当たり不覚を取るであろう。

愉快な教えです。虎、獅子など我が国に居ませんが、秀吉の朝鮮の役が語られていたかも知れません。
刀を右脇に構えるのでは、脇をしっかり締めてもどうでしょう。
うまい具合に場取り出来るか、膝をどのように組めばいいのでしょう。
おとぎ話で、楽しい工夫をさせてくれる一時です。

| | コメント (0)

2015年7月10日 (金)

居合兵法極意巻秘訣29.神心八相事3手裏剱

居合兵法極意巻秘訣

29.神心八相事

 3、手裏剱

 手裏剱也他流にて敵に刀を投付たるを手裏剱と云當流にて云所は別也敵の透間を見てかた手をはなして敵の面に突込むなり亦互にゆき合に我は片手をはなしのりてすぐに突込む也躰は自然にひとえ身に成る也敵太刀を下すと云へども我太刀にてからりと避る心持あり鎗に突手なし剱術に切手なし云是也大い(?)事故に諸流共々突手は仕組にあらわさざるなり手裏剱と軍場の剱似たれ共心に甚違ふ

*手裏剣のことである。他流では刀を投げるのを手裏剣と云う、当流で云うところはそれとは別である。
敵の透間を見て片手を離して敵の面に突き込むのである。
亦、相懸りに行き合う時、我は片手を離すや直ぐに突き込むのである、体は自然に一重身になるのである。
敵が太刀を振り下して来ても、我はからりと一重身になって筋を外して避ける様な心持である。槍に突き手なし、剣術に切手なしと云うのであって、是は大事である。
それ故に、諸流共々突き手の業は、仕組(組太刀の形稽古)に業としてのせて居ないのである。
手裏剣と軍場の剱は突く事は似て居るが、心構えが全く違う。

此の手裏剱の教えは良くわかりません、「思いつくままに」解釈して見ます。
土佐の居合の手裏剣は、上段から片手突きの技を云うので刀を投げつけるのではない。
軍場の剱は、身を守る良い甲冑を身に着け、少々切られて相打ちであっても面に突きを入れるものです。
この手裏剣は上段から、一重身になって片手突きするわけで、敵は思わぬ遠間からの突きを受ける事、一重身になり相手の槍も刀も筋変えに避けてしまうのです。その心持ちは甚だ違うでしょう。

なお新陰流に「手字手裏見」という教えがあります。敵と正対してその太刀と十文字に合して上太刀となって勝つ技です。その時敵の太刀を執る手の内を見る。それが「手裏見」。

| | コメント (0)

2015年7月 9日 (木)

居合兵法極意巻秘訣29.神心八相事2軍場太刀

居合兵法極意巻秘訣

29.神心八相事

 2、軍場太刀

*これは表題だけで何も書かれていません。口伝だったのでしょうか。

軍場之大事として神傳流秘書抜刀心持之事にあります。2014年12月31日
「具足のゆるきを取り押上る心得肝要也故に着料の具足は押上られてものどにつかへざる様に仕置べきなり高き所などより飛ぶ時おのづとのどにつかゆる事有るもの也心得に有儀なり」

*これは具足の着方を工夫しろ、さもないと戦の最中にも不都合が起こるぞと言っています。

居合兵法極意巻秘訣の中夭之事に軍場の剱があります。2015年7月7日
「軍場の剱麁相(そそう)なる革具足は格別惣じて甲冑は切っては中々切れ難し況や心懸の武士は甲冑の札(さね)堅きを撰て着する故に切っては却ってまけを取るべし我も能き鍛の甲冑にて身をふさぎたれば少しも恐無く少々切られてなれども我は敵の面に突込べし相下しに下す所にて切先は面に残しすぐに突込むべし返々我は切られて敵をば突合点肝要也」

*これは具足は良いものを着れば少しも恐れることは無いといいます。それ故に少々切られても、相懸りに打ち込んで切っ先を相手の面に残して甲冑の無い顔面に突き込めと心得を教えています。

「軍場太刀」の軍場につい捉われますが、軍場とは甲冑を着けての攻防を指しているのでしょう。

| | コメント (0)

2015年7月 8日 (水)

居合兵法極意巻秘訣29.神心入相事1柄口六寸事

居合兵法極意巻秘訣

29.神心入相事

 1、柄口六寸事    

 敵の柄口也

*神心入相事とはどのように読むのでしょう。
そしてその意味はどのようなものなのでしょう。

土佐の居合の極意は、柄口6寸の事で、それは敵の柄口六寸に斬り付け、戦意を喪失させて真向から斬り下し勝を取るものです。

柄口六寸についての解説は、居合兵法極意巻秘訣の中夭之大事に解説されています。

2015年4月25日雷電・霞八相
「雷電霞の二ヶ条當流極秘中の秘にして大事此外に無
請流に心明らかにして敵の働きを見と云教有れ共當流には雷電の時の心亦霞ごしに見るが如くの心の所に大事の勝ある事を教る也
夢うつゝの如くの所よりひらりと勝事有其勝事無疵に勝と思うべからず我身を先づ土壇となして後自然に勝有
其勝所は敵の拳也委しき事は印可に有
八相は四方八方竪横自由自在の事也故に常に事形の修練熟せされば時に臨て其習い出る事無し」

2015年4月27日詰合は二星
「詰合は二星につゞまる敵の拳也二星一文字と云時は敵のこぶしを抜払ふ事也惣じて拳を勝事極意也」

2015年5月11日十文字
「敵と打合すれば輪と成り十の形となる互に打合せたる所は是十の形ち也其十の形に成たる所にて手を取れは勝也手の内の輪内十文字は別の事ならず皆一つに唱る事なり外の事にはあらず拳を取れと言う事の教也」

2015年6月26日兵術嗜之事
「・・是は唯た一に帰せよと云う事なり千変万化もついには一に帰す修行鍛錬してよく其一を守るの外無し其一とさす物は雷電刀柄口六寸の勝也當流に主とする所は此外に無しと知るべし」

2015年7月4日雷電剱
「雷電剱諸流の剱術の教皆以我心を明かにして勝を取事を肝要とす當流の極意は表裏の違也敵に向かえば如何なる人も心はくら闇となるなり其まほうくらやみの所にて一つ行ふべき事有則柄口六寸の勝也是當流の極意也雷電刀は惣名にして変じては神妙剱となり軍場の太刀となるなり」

2015年7月5日柄口6寸の勝
「柄口六寸の勝行ふ心持常の修行に習覚には手近云へば仕組の打太刀の心になるべし打太刀より遣方に非を入れよく見ゆる者也故にかさにかゝるを嫌う也がっさりと明て敵は只一うちと打込まするやふにふるまう事大事也かさに掛るの気はつかい形の気となるなり工夫肝要なり心明鏡の事」

2015年7月6日神妙剱
「神妙剱他流にては心を明に〆敵の働を見よと云とは大に違へり生死のさかいなれば平気とは異り然れども忘るまじき事一つ有り則柄口六寸也柄口六寸実は抜口の事に非ず極意にて伝る所は敵の柄口六寸也かまえは如何にも有れ敵と我と互に打下ろすかしらにて只我は一図に敵の柄に打込也先我身を敵にうまうまと振ふて右の事を行ふ事秘事也是神明剱也」

*土佐の居合の極意は、敵の柄口六寸に打ち込んで勝事の様です。
それでは、敵の柄口六寸とは何処なのでしょう。
然も「我が身をうまうまとふるまふて、かまえは如何にも有れ敵と我と互に打ち下ろすかしらにて、只我は一図に敵の柄に打込」是は神明剱と云って居ます。
これでは、柄口六寸は柄なのか、拳なのかなぞなぞです。
神明剱は神妙剱なのかはたまた心明剱なのか雷電刀なのか、軍馬の太刀となると云うのは何なのでしょう。

土佐の居合の根元の巻きには「以腰刀三尺三寸勝九寸五分事柄口六寸勝之妙不思議之極意」と有ります。
東北地方の新庄藩の伝書では「腰刀以三尺三寸勝九寸五分表六寸而勝之妙不思議之極位」です。
庄内藩の伝書では「腰刀之三尺三寸以九寸五分勝事柄口六寸勝之妙不思議極意」で「表」は「柄口六寸」で土佐と同じ表現になります。

柄口六寸はどうやら、敵の柄を握る拳を斬る極意と判断できます。現代居合にどこまでその業技法が伝承されているか、伝承されずとも現代居合の抜刀法でそれを再現することは容易でしょう。要は仮想敵を制する想定の心がけでしょう。

尾張柳生の柳生兵庫の始終不捨書に「六寸之事」という項目があります。
これは、「吾が太刀先三寸を以て敵の拳の三寸を打つ事也、吾が太刀先三寸と、敵の拳三寸と合すれば六寸也、因って六寸と云ふ」

林崎甚助重信と塚原卜伝、上泉伊勢守信綱との糸は何処かにあったかも知れません。

| | コメント (0)

2015年7月 7日 (火)

居合兵法極意巻秘訣28.中夭之事11軍場之剱

居合兵法極意巻秘訣

28.中夭逝之事

 11、軍場之剱

 軍場の剱麁相成革具足は格別惣じて甲冑は切っては中々切れ難し況や心懸の武士は甲冑の札(さね)堅きを撰て着する故に切っては却ってまけを取るべし我も能き鍛の甲冑にて身をふさぎたれば少しも恐無く少々切られてなれども我は敵の面に突込べし相下しに下す所にて切先は面に残しすぐに突込むべし返々我は切られて敵をば突合点肝要也

*軍場の剱については「麁相成革具足は格別」、鹿で作られた革具足は別格であるが、総じて甲冑は切っても中々切れない、まして心有る武士は甲冑の札(さね)は堅いものを撰んで着用するので、切っても却って負けてしまうのである。
我も良く鍛えられた甲冑で身を守っていれば、少しも恐れる事は無く、少々切られても、我は敵の面に突き込むのが良い。
双方真向に打ち下しても、我は切先を相手の面に残して直ぐに突くのである。
かえすがえす、我は甲冑を切られても敵の面に突を入れる、此の事合点肝要の事である。

| | コメント (0)

2015年7月 6日 (月)

居合兵法極意巻秘訣28.中夭之事10神妙剱

居合兵法極意巻秘訣

28.中夭之事

 10、神妙剱

 神妙剱他流にては心を明に〆敵の働を見よと云とは大に違へり生死のさかいなれば平気とは異り然れども忘るまじき事一つ有り則柄口六寸也柄口六寸実は抜口の事に非ず極意にて伝る所は敵の柄口六寸也かまえは如何にも有れ敵と我と互に打下ろすかしらにて只我は一図に敵の柄に打込也先我身を敵にうまうまと振ふて右の事を行ふ事秘事也是神明剱也

*神妙剱について他流に云う、心を明かにしめて敵の働きを見よと、云うのとは大いに違うものである。
生死の堺であれば、平気などと云う事とは異なる。しかれども、忘れてはならない事が一つ有る。則ち柄口六寸である。柄口六寸とは実は、己の刀を抜き出した鯉口と柄(鍔)の間の六寸の事ではない。
極意として伝わる所は、敵の柄口六寸である。
構えは如何様であろうとも、敵と我れと互に打ち下す頭で、只我は一途に敵の柄に打ち込むのである。
先ず、我が身を敵に、隙を見せてここぞと打ち込ませ、右の事を行う事であり、秘事である。
是神明剱である。

この極意の神妙剱も新陰流の太刀筋のようです。
現代居合が、「敵の害意を認めるや機先を制して、鞘離れの瞬間に其の面部から胸部に斬り付ける・・」と云うものですが、ここでは敵の抜刀せんとする敵の柄口六寸に抜き付けると云うものです。
しかし、「構えは如何にもあれ敵と我と互に打ち下ろすかしらにて只一図に敵の柄口六寸に打込」と、敵が打ち込んで来るその柄口六寸に打ち込むと云うのです。
更にその極意業の秘事は「敵にうまうまと振ふて」ですから、敵に思う処に打ち込ませる様に振る舞うのです。将に柳生但馬の兵法家伝書の活人剣です。
新陰流の七太刀の明月之風などは居合にも通じます。その他一刀両断、和卜や、くねり打ちなどもそのものでしょう。

新陰流の「六寸之事」
「是は吾が太刀先三寸を以て敵の拳の三寸を打つ事也吾が太刀先三寸と敵の拳三寸と合すれば六寸也因って六寸と云ふ」・・・

| | コメント (0)

2015年7月 5日 (日)

居合兵法極意巻秘訣28.中夭之大事9柄口六寸の勝

居合兵法極意巻秘訣

28.中夭之大事

 9、柄口六寸の勝

 柄口六寸の勝行ふ心持常の修行に習覚には手近云へば仕組の打太刀の心になるべし打太刀より遣方に非を入れよく見ゆる者也故にかさにかゝるを嫌う也がっさりと明て敵は只一うちと打込まするやふにふるまう事大事也かさに掛るの気はつかい形の気となるなり工夫肝要なり心明鏡の事

*柄口六寸の勝ちを行う心持は、常の修行で習い覚えるには、手近く云えば仕組(組太刀)の心得である。
打太刀から遣方(仕太刀)に打太刀の隙(打ち込み易い処)をよく見せるもので、それ故に打太刀は、嵩に懸かる様にして対するのを嫌い、がっさりと此処へ打ち込めと明けて、敵(遣方)は只一打ちと打ち込ます様に振る舞う事が大事である。嵩に懸かるの気は、遣方の気となるもので工夫肝要である。
心明鏡の事は、曽田本のどこにもそれらしきものはありません。
打ち太刀の心は、明鏡の如くなすべきを解くのでしょう。

神妙剱の事と解すれば、「彼が気を先に知てすぐに応ずる道を神妙剱と名付けたる也」でしょう。

土佐に居合をもたらした第9代林六太夫守政が真陰流を大森六郎左衛門に習っていたのであれば、新陰流に由来する神妙剣とも取れます。柳生但馬守宗矩の兵法家伝書活人剣の神妙剣之事でもあるでしょう。

| | コメント (0)

2015年7月 4日 (土)

居合兵法極意巻秘訣28.中夭之大事8雷電剱

居合兵法極意巻秘訣

28.中夭之大事

 8、雷電剱

 雷電剱諸流の剱術の教皆以我心を明かにして勝を取事を肝要とす當流の極意は表裏の違也敵に向かえば如何なる人も心はくら闇となるなり其まほうくらやみの所にて一つ行ふべき事有則柄口六寸の勝也是當流の極意也雷電刀は惣名にして変じては神妙剱となり軍場の太刀となるなり

*雷電剱は諸流の剣術に教えがあるが、皆我が心を明かにして勝を取る事が肝要だと云う。
当流の極意は是とは表裏の違いである。
敵に向えば誰でも心は暗闇になった様になりってしまう、その真方暗闇の中で一つだけ行うべき事がある。
それは即ち当流の極意柄口六寸の勝ちである。是が当流の極意である。
雷電刀は当流の全ての業の事であって変じて神妙剱となり軍場の太刀となるのである。

敵と相対し、真っ暗闇の様な心に陥った時にあるのは、当流の極意柄口六寸の極意業である。と云い切って居ます。
柄口六寸については次回に解説されています。

| | コメント (0)

2015年7月 3日 (金)

居合兵法極意巻秘訣28.中夭之大事7雷電刀

居合兵法極意巻秘訣

28.中夭之大事

 7、雷電刀

 雷電刀は惣名也則柄口六寸也変而神妙剱と成軍場之劔と成智仁勇備らざれば其事(業)ざ行ふ事能わず智仁勇の三徳有と云へども眼心足能く利(きか)ざれば勝を取る事ならず故に図の如く配當せる也

*雷電刀は総じての名である、則ち柄口六寸である。
変じて神妙剱となり軍場之劔となり、智仁勇が備わらなければ其の業を行う事は出来ない。
智仁勇の三徳有ると云っても眼心足が十分に利かなければ勝負に勝つことは出来ない。
故に図の如くこれらを配置して示す。

図は省略します。

雷電剱・柄口六寸・神妙剱・軍場之剱は追って詳細が述べられています。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

介錯口伝・他・神妙剣 | 女剣士 | 居合兵法の和歌15-7 | 居合兵法極意巻秘訣15-6 | 居合兵法極意秘訣15-3 | 干支を読む | 幻を追ってその7 | 幻を追ってその8 | 幻を追ってその9 | 文化・芸術 | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 書を楽しむ | 曽田本その2を読むの2 | 曽田本その2を読むの3 | 曽田本その1の1神傳流秘書を読み終えて | 曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く始めに | 曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く1抜刀心持引歌 | 曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く10夏原流和之事 | 曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く2居合兵法伝来 | 曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く3大森流居合之事 | 曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く4英信流居合之事 | 曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く5太刀打之事 | 曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く6坂橋流棒 | 曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く7重信流1詰合 | 曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く7重信流2大小詰 | 曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く7重信流3大小立詰 | 曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く8大剣取 | 曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く9抜刀心持之事 | 曽田本その1の1神傳流秘書原文1抜刀心持引歌 | 曽田本その1の1神傳流秘書原文始めに | 曽田本その1の1神傳流秘書原文10夏原流和之事 | 曽田本その1の1神傳流秘書原文2居合兵法伝来 | 曽田本その1の1神傳流秘書原文3大森流居合之事 | 曽田本その1の1神傳流秘書原文4英信流居合之事 | 曽田本その1の1神傳流秘書原文5太刀打之事 | 曽田本その1の1神傳流秘書原文6坂橋流棒原文 | 曽田本その1の1神傳流秘書原文7重信流1詰合 | 曽田本その1の1神傳流秘書原文7重信流2大小詰 | 曽田本その1の1神傳流秘書原文7重信流3大小立詰 | 曽田本その1の1神傳流秘書原文8大剣取 | 曽田本その1の1神傳流秘書原文9抜刀心持之事 | 曽田本その1の2英信流目録原文初めに | 曽田本その1の2英信流目録原文1居合棒太刀合巻 | 曽田本その1の2英信流目録読み解く初めに | 曽田本その1の2英信流目録読み解く1居合棒太刀合巻 | 曽田本その2を読む | 曽田本その2を読むの4 | 曽田本スクラップ土佐の居合 | 曽田本スクラップ居合 | 曽田本スクラップ戦時下 | 曽田本免許皆伝目録15-11 | 曽田本業附口伝15-10 | 白石元一居合術手引 | 神傳流秘書14-10英信流目録小太刀之位 | 神傳流秘書14-1序 | 神傳流秘書14-2引歌及び伝来 | 神傳流秘書14-3大森流・英信流・太刀打 | 神傳流秘書14-4棒 | 神傳流秘書14-5詰合 | 神傳流秘書14‐6大小詰・大小立詰 | 神傳流秘書14‐7大剣取 | 神傳流秘書14‐8抜刀心持之事 | 神傳流秘書14‐9夏原流和之事 | 秘歌之大事 | 稽古の日々 | 英信流居合目録秘訣15-4 | 英信流目録15-8 | | 道場訓