介錯口伝・他・神妙剣

2015年7月17日 (金)

介錯口伝・他・神妙剣5.神妙剣

介錯口伝・他・神妙剣

5.神妙剣

 深き習に至ては実は業無し常住座臥に之有事にして二六時中忘れて叶わざる事なり彼れ怒の色見ゆるときは直に是を知って怒を抑へしむるの頓智あり唯々気を見て治むる事肝要中の肝要也是戦に至らしめずして勝を得る也去りながら我臆して誤て居る事と心得る時は大に相違する也兎角して彼れに負けざるの道也止事を得ざる時は彼を殺さぬ内は我れも不死の道也亦我が誤をも曲げて勝には非ず誤るべき筋なれば直に誤るも勝也
彼が気を先々に知てすぐに応ずるの道を神妙剱と名付けたる也委しくは書面にあらわし尽し難し心おぼえの為に其の端しを記置く也

*深く習練するに至っては、実は業ではなく常住坐臥(いつでも)に有る事で二六時中忘れてはならないことがある。
彼れに怒りの色が見える時は、直に是と知って彼の怒りを抑える事の出来る頓智が有る。
だだ気を見て治める事が肝要中の肝要である。是は戦に至らずに、彼を静めて勝を得るのである。
そうではあるが、我は臆して謝る事と思うのとは大いに違うのである。兎角彼に負けない道である。止む事を得ない時は彼を殺さない内は我も死ねない道理である。
我が誤りを曲げて勝つのでは無く、誤っている筋ならばすぐに謝るも勝つ事になる。
彼の気持ちを、先に廻って知り、それに直ぐに応じる道を神妙剱と名付たのである。
詳しい事は書面に書き表すのは困難である。心覚えの為に心掛ける事の端を書き置いて置く。

*神妙剣の云わんとするものは、業技法に頼って、威圧して戦い勝つのではなく、相手の心をとらえて正しく応じる事に依って、相手の気持ちを静め勝を得ると云うのです。
武術の求める処は、この究極のコミュニケーション能力の開発にあると思います。
そうでなければ武術を弄ぶ芸に過ぎず、そこまででしょう。

*「和」について、安易に語られ言葉と文字に幻を見ている場合が多いのではないでしょうか。

和について
「和には小乗の和及び中乗の和 大乗の和あり。
誰れでもかまわぬ、悪いとは知りつつ 何も意見せず、当たりさわりなくすることを小乗の和と云う

又一歩進んで一応は注意を与える程度で 本人に如何すればよいかの指針も与えざるが如き、八方美人的な和を中乗の和と云う

大乗の和とは
本人の為にあらず又他人に迷惑を及ぼす等々
徹底的に話し合ひ真に本人を改めさすべく凡ゆる努力をなす。
改心せず 為に協同体が崩れると判断するに於て
断乎とした処置をなす
自己の決断を有する、此れを以って大乗の和と常に館長の信念に之有」

*是は元無双直伝英信流事務局長の「無双直伝英信流居合道理合動作解説」に書かれているものです。
多くは小乗の和に甘んじているものです。居場所が無いと不安でならない日本人の特に武術の団体の特徴かもしれません。

孫子は「吾れを知り彼を知れば百戦危うからず」と云っています。
「武術をやる者は、距離を取って自分のやっていることを客観的に見直してみることがなかなか出来ない。武道を目指す者は他流の技や他武術などにも目を開く事も必要であろう。
こと武道とか武術に関しては物事を理論的に厳密に考えることが少なく、物を感情的にとらえる傾向が強い。だから心情的な意見や好嫌の情を正当化する為の論理を使うことがある。
一般的に、日本人には批判と悪口というものの区別がつかないため、自分の考えと違うことを言われたり反論されたりすると、直ぐに悪口を言われたような気になる。武術や武道の世界ではこの傾向は特に強く、時には病的な反応さえ出て来る」(時津賢児先生の「自ら成し、自ら成す 武的発想論 眠れるサムライたちへ贈る真武道理念より) 

*これらの説は、無双直伝英信流の極意の神妙剣にあたり、思い出したものです。其の上、権威(古参とか高段位)などの事をバックにしているようでは、神妙剣の極意はおろか哀れです。

これで居合兵法極意秘訣の全てを終わります。

| | コメント (0)

2015年7月16日 (木)

介錯口伝・他・神妙剣4.太刀堅

介錯口伝・他・神妙剣

4.太刀堅

 甲冑を帯したるとき人々色々と刀をからめ堅むる也甚抜き難しこゝに太刀堅めとてよき堅一つ有□の緒の如く中に布を入れて絹にて縫包み長(た)け六尺計にて具足櫃に入れ置くべし

 扨かの紐を腰に當右脇にて留め上帯をして其上帯一重にて彼の堅めの見えぬ様に覆ひ置也脇差は上帯皆へ常の如くに指すべし
扨刀をぬくに自由に〆抜易し或は切岸亦は塀抔を乗る時刀を背をゝにも宜し其儘刀を後に引廻し下緒を肩に掛て乗時はつかゆる事なし此の堅め至〆佳なり

*甲冑を着た時の太刀の帯び方、差し方のアドバイスでしょう。
通常の方法に問題があるのか、土佐の方法に何かあるのかご存知の方はご教授ください。
六尺ばかりの、布を芯にして外を絹で包んだ紐を作って具足櫃に入れておく。

其の紐を腰に当て、右脇で締めておき、其の上から上帯の一重目で紐堅の見えない様に巻き込み結ぶ。
「脇指は上帯皆へ常の如く指す」ですが、居合の場合は、脇差は三重に巻かれた帯下に指し、太刀は二重の所に指すと教えられて居ます。

居合心持肝要之大事 付大小指違之事2015年5月22日
・大小指違と云は世人脇指を帯二重に指刀を三重にさすなり居合の方にては二重に刀を指し三重に脇指を差す也敵に出合たる時大小を子(ね)じ違へて脇差をば下し指しにして刀を抜戦べし然るときは脇指の柄まぎる事無亦刀のさやの鐺は子(ね)る故に足を打つことなく働の自由宜し常に此の如く指すべし」

その様にすれば、刀を自由に抜き指しし易くなる。此の場合は抜刀する事では無く、刀を鞘ごと抜き指しする事を云うのでしょう。

抜き易ければ、切岸、塀などを乗り越えるのにも刀を背負うにも良い、其の儘刀を後に廻し下緒を肩にかけて乗り越える時はつかえる事も無い、この堅めは至って良いものである。

太刀の帯びるのではなく、打刀を指すと読んで見ましたが、此処には、絵があって、刀に堅紐を結んで腰に帯する様な感じの絵が書かれています。
此の堅紐を右脇で結んで其の上から上帯を廻すのかも知れません。

不明です。

| | コメント (0)

2015年7月15日 (水)

介錯口伝・他・神妙剣3.麻上下

介錯口伝・他・神妙剣

 3、麻上下

 介錯の時麻上下の上に羽織を着る血飛故也夫故常に上下の上に羽織はきろう也

*介錯の時麻上下(裃)の上に羽織を着るのは、血が飛ぶからである。それ故、通常の時は裃の上に羽織を着るのを嫌うのである。

当時の武士の風習だったのでしょう。土佐だけの事なのか江戸でも当然の様に麻上下の上に羽織は着なかったのでしょうか。

介錯の時の装束、羽織の由来など興味の有る方にお譲りします。

| | コメント (0)

2015年7月14日 (火)

介錯口伝・他・神妙剣2.紐皮を掛る

介錯口伝・他・神妙剣

2.紐皮を掛る

 他流にて紐皮を掛ると云う事
仰向に倒るゝを嫌てひも皮を残すと云う説を設けたる見えたり當流にては前に云所の傳有故に譬如何様に倒るゝとも失に非ず其上紐皮をのこす手心何として覚らるべきや當流にては若し紐皮かゝりたらば其の儘はね切るべしさっぱりと両断になし少しも疑の心残らざる様にする事是古伝也

*他流には紐皮を掛けると云う事がある。
介錯して仰向けに倒れるのを嫌い、首の紐皮を残すと云う説が設けられている様に見える。
当流では、介錯を依頼された際、無調法故首を斬り放すので良ければ望む所と云って事前に断り置き、譬えどの様に倒れても礼を失するに当たらない。
其の上紐皮を残す手心はどの様にすれば覚えられるのであろう。
当流では紐皮に刀の刃が掛ったならば其の儘はね切ってしまい、さっぱりと両断して少しも、疑念の心を持つ事も無く介錯する事が古伝にあるのである。

他流はどうでも、当流は事前に首を斬り放す、と断る事が作法であると云います。

河野先生はこの土佐の居合の作法を知らず、他流の様に紐皮を残すのが介錯であると拘って伝えて居ます。
当流の古伝を知らず、書物などで知りえた他流の仕来たりを、それと知らずに持ちこんだのでしょうか。
「・・介錯は打首にあらず、打首の如く首を斬り落す事無く咽喉部の皮一重を残すの意を以て行うべきなり・・」無双直伝英信流居合道より。
昭和13年の発行が無双直伝英信流居合道です、此の時河野先生はまだ曽田本に出合っておらず、ひたすら古書を集め読まれていた時期でしょう。

同じ様な時期に書かれた(昭和12年)細川義昌先生系統と思われる白石先生の「順刀(介錯の意)」
「右足を出し乍ら刀を抜き、右足を退きて左足に揃へると同時に刀を左方より廻して右肩後に取り、それより更に右足を踏み出すと同時に左手を柄に添えて握り、前方に坐せる人の首を斬り落す」

*ここでは、首は斬り落とされています。

その後の大日本居合道図譜では、皮一重の文言は消えて居ます。

穂岐山先生の直弟子凱風先生の介錯
「・・自刃者の割腹するや右足をだしつゝ刀を左斜に打ち下して首を斬る・・」

しかし、21代の時に再び「斬り下しは首を斬り落すに非ず、皮一重を残す事」とされて現在に至ります。

世の介錯の有り様が、首の紐皮一枚を残すのが仕来りであれば、其の積りで刀を打ち振るべきで、その心積りの稽古はすべきものでよいのでしょう。
そして、依頼人には、一言断っておくのも武士の嗜みなのでしょう。

此処に伯耆流の「介錯太刀」を白石先生の手引にある、伯耆流範士石井将之先生によって学んで見ます。
「仕方第1:静かに立ち体を左に捻りつつ静かに左上に抜き、左足を出し膝を立てて斬ると同時に右左足かへ左手にて体の後に倒るるを前方に押し付け、次に左手にて白紙を取りて血を拭い其の紙を本人の体の下に押し込む。鞘に納め約八寸位納めたるとき柄を逆手に取り直して納め正面に復す。

仕方第2:静かに立ち右に向きつつ右上方に抜き右上段より右足を出して斬り下ろし、直ちに左足と換へ左手を以て体を支へ、且つ白紙にて血を拭ひ後ろを向きたる儘納め、中途にて逆手に持ち換へ納めつつ正面位に復す」

*伯耆流はさっぱりと斬り落とし体が後に倒れるのを左手で前方に押して支えて居ます。

| | コメント (0)

2015年7月13日 (月)

介錯口伝・他・神妙剣1.介錯口伝

介錯口伝・他・神妙剣

 1、介錯口伝

 古代には介錯をこのまず其故は介錯を武士の役と心得べからず死人を切るに異らず故に介錯申付らるゝ時に請に秘事有り介錯に於ては無調法に御座候但し放討ならば望所に御座候と申すべし何分介錯仕れと有らば此上は介錯すべし作法に掛るべからず譬切損じたりとも初めにことわり置たる故夫に非ず秘事也能覚悟すべし

*古代では介錯を好まなかった、その分けは介錯は武士のすべきものとは心得ていなかったからである、死人を切るのと異ならないからである。
それ故に、介錯を申付けられた時には秘事がある。
「介錯してほしいと云われても無調法なので仕来りを守れない、但し放し打ちで良ければ望む所でございます」と申すべきである。
何分にも介錯してほしいと云うのであれば、此の上は介錯すべきで、作法にかかわりなく切り損なっても、初めに断わっておいてあるので、作法に違いはない。これは秘事である、よく覚悟すべきことである。

古伝神傳流秘書大森流之事「順刀」が介錯と云われます。
「右足を立左足を引と一処に立抜打也又は八相に切跡は前に同じ(刀をすねへ取り逆手に取り直し納る膝をつく)」

谷村亀之丞自雄先生直筆による英信流目録大森流居合之位「順刀」
「是は座してる前のものを切る心持なり我其儘右より立すっと引抜かたより筋違に切也是も同じく跡はすねへ置き逆手にとり納と也」

大江先生はこの順刀を介錯と改名して現代に伝えています。
「正面に向きて正座、右足を少しく前へ出しつゝ、刀を静かに上に抜き、刀尖が鞘と離るゝや右足を後へ充分引き、中腰となり、刀を右手の一手に支へ、右肩上にて刀尖を下し、斜の形状とす、右足を再び前方に出し上体を稍前方に屈し刀を肩より斜方向に真直に打下して、前の首を斬る。血拭は足踏の儘6番と同じ(請け流し)と同じ様に刀を納む」

*特に、首の紐皮を残す事への拘りはなく、土佐の居合の風習は放れ打ちで良い、然し「無調法」であると断って介錯する事、と教えています。

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

介錯口伝・他・神妙剣 | 女剣士 | 居合兵法の和歌15-7 | 居合兵法極意巻秘訣15-6 | 居合兵法極意秘訣15-3 | 干支を読む | 幻を追ってその7 | 幻を追ってその8 | 幻を追ってその9 | 文化・芸術 | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 書を楽しむ | 曽田本その2を読むの2 | 曽田本その2を読むの3 | 曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く始めに | 曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く1抜刀心持引歌 | 曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く2居合兵法伝来 | 曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く3大森流居合之事 | 曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く4英信流居合之事 | 曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く5太刀打之事 | 曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く6坂橋流棒 | 曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く7重信流1詰合 | 曽田本その1の1神傳流秘書原文1抜刀心持引歌 | 曽田本その1の1神傳流秘書原文始めに | 曽田本その1の1神傳流秘書原文2居合兵法伝来 | 曽田本その1の1神傳流秘書原文3大森流居合之事 | 曽田本その1の1神傳流秘書原文4英信流居合之事 | 曽田本その1の1神傳流秘書原文5太刀打之事 | 曽田本その1の1神傳流秘書原文6坂橋流棒原文 | 曽田本その1の1神傳流秘書原文7重信流1詰合 | 曽田本その2を読む | 曽田本その2を読むの4 | 曽田本スクラップ土佐の居合 | 曽田本スクラップ居合 | 曽田本スクラップ戦時下 | 曽田本免許皆伝目録15-11 | 曽田本業附口伝15-10 | 曽田本神傳流秘書を読み解く | 曽田本神傳流秘書原文 | 白石元一居合術手引 | 神傳流秘書14-10英信流目録小太刀之位 | 神傳流秘書14-1序 | 神傳流秘書14-2引歌及び伝来 | 神傳流秘書14-3大森流・英信流・太刀打 | 神傳流秘書14-4棒 | 神傳流秘書14-5詰合 | 神傳流秘書14‐6大小詰・大小立詰 | 神傳流秘書14‐7大剣取 | 神傳流秘書14‐8抜刀心持之事 | 神傳流秘書14‐9夏原流和之事 | 秘歌之大事 | 稽古の日々 | 英信流居合目録秘訣15-4 | 英信流目録15-8 | | 道場訓