居合兵法の和歌15-7

2015年8月19日 (水)

居合兵法の和歌32.目の前の睫毛の秘事を去り

居合兵法の和歌

32.目の前の睫毛の秘事を去り

目の前の満春毛の秘事を去りぬ連バ唯速かの一筋のみ知

*目の前の睫毛の秘事を去りぬれば唯速やかの一筋の道

この歌の前の歌は「目の前のまつげの秘事をしらずしてとやかくせんと一期気遣う」でした。
居合歌之屑には「目の前のますげの秘事をしらずともとやかくせんと一期気遣え」とあるので、目の前の奥義はすぐそばに有ると知らなくとも生涯奥義を求めて精進しろよ、と、言っています。
今回の歌は、目の前の奥義を知ることが出来たならば、唯するすると進める道のようなものである。とでも言うのでしょう。
道を究めた師匠が根元之巻を授与するにあたって、この歌を詠んで聞かせたかも知れません。
「目の前のまつげの秘事」とは戦わずして勝つ「絶妙剣」であろうと思います。
それは、居合の業技法を如何様にも駆使する修行の上に辿り着くものでもなさそうです。
何の為に業技法を修行するのかの根本を学び生涯気遣いすべき事なのであろうと思います。
この歌之屑には更に「我が身の生死さへもしりぬれば人を切るこそ安き事なれ」とあります。
此の歌心も奥義の心でしょう。

「まつげの秘事」をどの様に解釈するのか、何の為に武術の修行をするのか考えさせられる歌です。
伝統武術は内田樹先生のレポートをお借りすれば、「それは、人間の蔵するポテンシャルを開花させ、潜在意識レベルでのコミュニケーション能力の開発をする技術」で「万人は愛し合うもの」そこに行き着こうとするものです。

この歌は、新庄藩の林崎新夢想流にはありません。
田宮流居合歌の伝にも見当たりません。

以上 三十二首  右 田宮平兵衛業政之歌

干時文政四年(1821年)幸巳歳秋七月吉日書之
坪内長順 印 印

山川幸雅自先生傳る

山川久蔵 印

右の通り相政□上口伝覚残らず相伝申しよって奥書件の如し

坪内清助殿

曽田本を手にしてから4年、行草の癖字に悩まされながら、土佐の居合の古伝を追ってきたものです。読めたらその手附で古伝を稽古してみたくなってしまい解説に及んだのですがどこまで辿れたか解かりません。
坂橋流の棒術・夏原流の和、仕組(組太刀)の数々、本邦初公開の小太刀之位など、現在では知りたければ自分でやってみる以外は誰も手ほどきしてくれる人の居ないものでした。
この「曽田本を読む」事によって復元は出来ても、伝承されたものとして公表されるとすればそれはまやかしです。
あくまで復元にすぎません。
曽田先生はこの手書きの古伝の写しを請われれば書き写されてお譲りしておられたようです。

曽田本はあくまで曽田虎彦先生が伝書を書写したものです。伝書の原本は高知の空襲で焼失したようです。
どこまで土佐の居合を正しく書き写されたか不明です。

第二十代無双直伝英信流居合兵法河野百錬先生による無双直伝英信流居合兵法叢書が昭和30年1955年に発行されています。是は曽田虎彦先生が原本を書き写されたものの写本を昭和23年1948年頃河野先生に曽田先生から送られたものの活字本です。

北海道の坂田敏雄先生の無双直伝英信流居合道入門昭和48年1973年発行にも、古伝神傳流秘書の手附けが処何処ろに挿入されています。

政岡壹實先生の無双直伝英信流居合兵法地之巻昭和49年1974年発行には古伝神傳流秘書の手附が随所に散りばめられ解説されて居ます。

戦後70年その間にもう一冊木村栄寿先生の「林崎抜刀術兵法夢想神傳重信流」が昭和57年発行されています。
細川義昌先生の伝書を書き写されたものです。ほぼ曽田本と同様のものと見ていますが証明できません。

どの本も既に絶版となって、古書としても容易に手に入れられず、図書館をたどって見るばかりでしょう。

古伝を研究すると、現代居合の方法と異なる事にまま出合います。武術は進化するのが当然の事で、進化できない武術は化石です。
しかし、元に戻って研究し直す事も忘れてはならないものでしょう。
古伝は実戦に培われたエキスが語られて居ます。現代は特定の想定の元に演じる武的美学が優先されたものに転化して居る様に思えます。
しかし古伝を紐解けるのは現代居合しか無いのも事実なのです。

居合兵法の和歌も歌心が無くとも居合心があればと読んでみました、歌を詠まれた田宮平兵衛業政(第二代宗家と云われる)の居合心であるかどうか。
許される限り道場に立って剣を抜き、いずれ又読み直して心変りがあれば嬉しい事です。

居合兵法の和歌を解読できるのは、居合を志す人にのみ出来るものと思って居ます。

参考資料
妻木正麟先生の詳解田宮流居合平成3年1991年発行
中川申一先生の無外流居合兵道解説昭和34年1959年発行
林崎甚助重信公資料研究委員会の林崎明神と林崎甚助重信平成3年1991年発行でした。

| | コメント (0)

2015年8月18日 (火)

居合兵法の和歌31.目の前の睫毛の秘事を知らず

居合兵法の和歌

31.目の前の睫毛の秘事を知らず

 目の前の満春毛の秘事を知ら春して兎角せんと一期気遣ふ

*目の前のます毛の秘事を知らずして兎角せんと一期気遣う

目の前にまつ毛があるように、極意は目の前にあるのに、とやかくするばかりで一生気遣わしげにするばかりである。

まつげの秘事とは何かですが、この土佐の居合の示すものは先ず業技法では「柄口六寸」であり、そして心懸ける事は神妙剣でしょう。相手の気を見て怒りを抑えしむる知恵でしょう。

この歌は新庄藩の林崎新夢想流の秘歌之大事にも田宮流居合歌の伝もありません。

無外流の百足伝に
「兵法の奥義は睫の如くにて余り近くて迷いこそすれ」とあります。同じような歌は各流派にあるのでしょう。

| | コメント (0)

2015年8月17日 (月)

居合兵法の和歌30.後より伐るをはつる

居合兵法の和歌

30.後より伐るをはつるゝ事ハ奈し声の闇を是と云也

*後より伐る(切る)をはずるゝ事はなし声の闇(響)を是と云う也
(後ろより切るをはずるゝ事はなし声の響きと是を云う也)

闇は門かまえに音と書かれています。曽田先生はヒビキとルビを打っています。

後ろから伐(き)って来るのを、はずす事は出来ない、声の響きに反応するというのは是である。
「はつるゝ事」を外す事と読んで見ました。
ここは、恥じる事と読むことも出来るでしょう。
後ろから斬り付けるのを恥じる事では無い、一声かける事が「声の響き」と言うのである。

新城藩の林崎新夢想流秘歌之大事に同じような歌があります。

「後よりだます手こそなかりけれ声の抜とや是をいふらん」

後ろからだまし打ちにしてくるのに対応する手は無い、相手の掛けて来る声に瞬時に抜き打つと言うのは是である。

この歌は、二つ並べて読んでみて納得でしょうか。
現代人よりは、敏感に危険を感じる能力は高かったかも知れません。相手が思わず発する掛け声、高い息遣い、風圧、気の変化、これらに反応するのでしょう。

山内・谷田共著の居合詳説に同様の歌があります。
「後ろより伐るを恥づる事はなし声のひびきと是をいふなり」

後ろから伐りつけても恥ではない、呼びかけの声なり発声をする事が「声の響きである」と言うのでしょう。

どの歌が元歌なのかわかりません、仮名で書かれますと解釈が自由になります。
その為か、歌心が幾つも思われます。歌は詠み人のその時の武術の到達点の表現です、未熟者には理解不能もありうるものです。

| | コメント (0)

2015年8月16日 (日)

居合兵法の和歌29.技をよく習納む

居合兵法の和歌

29.技をよく習納むと思ふとも心掛春ハ皆春多るべし

*技をよく習い納と思うとも心掛けずば皆すたるべし

技を充分に習い覚えたと云っても、終生稽古を心懸けなければ皆忘れてしまうものだ。

居合兵法の和歌の26~29までは師弟の関係を歌っています。

26.道を立深く執心する人に大事残さず大節にせよ

27.大事おば皆請取れと思うとも磨かざるには得道はなし

28.師に問はす如何に大事をおしゆべし心をすまし懇ろに問へ

29.物をよく習い納と思うとも心掛けずは皆すたるべし

無双直伝英信流居合道第17代宗家大江正路先生について、森 繁樹先生の一節があります。
「業を教える者は業に勝れている事が最も肝要でありますがそれだけでは足りないのでありまして、その外に人格、熱意、子弟愛(師弟愛)の三徳を備えている事が肝要であると思います。
ところが私の見るところでは大江先生は正に勝れた業の外に人格、熱意、子弟愛の三徳を兼ね備えていられたのであります。
特に先生は居合道の真価を認められ日本人の人格の陶冶向上と心身の鍛錬のために広く居合道の普及を図り居合道を永く後世に伝える為のもゆるが如き熱意とあふれるが如き子弟愛を持っておられ然も晩年御歳を重ねられるに従ってその情熱が益々濃厚になってまいった様に思います。」

| | コメント (0)

2015年8月15日 (土)

居合兵法の和歌28.師に問はす

居合兵法の和歌

28.師に問ハ春如何尓大事をおしゆへし心を春まし懇耳問へ

*師に問はす如何に大事をおしゆべし心をすまし懇ろに問へ

師に問う事も無く如何に大事を教える事が出来ようか、心を澄まして懇ろに問いなさい。

この歌は、新庄藩の林崎新夢想流の秘歌之大事にはありません。妻木先生の田宮流居合歌の伝にもありませんが、田宮流歌伝口訣に次の様にあります。

「師に問いていかで大事を悟るべきこゝろを尽くしねんごろに問へ」

師に問うて如何しても大事を悟り得るものだ。こころを尽くして念入りに聞きなさい。

懇ろは、真心でするさま・念入り・詳細・互いに親しみあう・懇意などの意味を持ちます。
ここでは、「師に親しく心を込めて問うものだ」と読みたいですね。
師である人も、親身になって応えようとする。

「ここは俺が作った道場だ俺が好きにする」などと言って、そっくり返っていても知れています。親身になって共に考える師であって欲しいものです。

師に問うてみたら、「このように我が師から教えられた、つべこべ言わずにそのまま習え」では、問いかけるべき相手ではないでしょう。
もっとひどいのは、「どうしてそのようにするのでしょう、こうでは何故いけないのでしょう」と問えば、師を誹謗中傷したと思ってしまう師も居る様です。
日本人の苦手な対立する考えを互に批判する事から議論して着地点を求める習慣の無さに依るものです。

上から目線のみの師では、問うべき師とは程遠いものでしょう。

| | コメント (0)

2015年8月14日 (金)

居合兵法の和歌27.大事おば皆請取れ

居合兵法の和歌

27.大事おば皆請取れ

大事をハ皆請取れと思ふとも磨可ざる尓ハ得道ハなし

*大事おば皆請取れと思うとも磨かざるには得道はなし

この歌は前回の歌の続きのような歌です。
前回は「道を立て深く執心する人に大事残さず大節にせよ」。今回は「大事おば皆請取れと思うとも磨かざるには得道はなし」

道を志して一生懸命やっている人には大事なことは残さずに伝えなさい。
大事な事を皆受取ったと思っても、更に磨き上げなければ本当の道には至れるものではない。

どんな道でも同じ事でしょう。
根元之巻を拝受しても其処からが本当の修行ですと言うのです。

段位制度によって更に磨いて上を目指す道を示した様ですが、ろくに稽古もせずにいても昇段資格年数が来て授審している人がぞろぞろ、ある処から「得道」とは何かがぼけてしまうと「得道はなし」でしょう。

この歌は田宮流居合歌の伝には見当たりません。

新庄藩の林崎新夢想流の秘歌之大事にも見当たりません。

| | コメント (0)

2015年8月13日 (木)

居合兵法の和歌26.道を立深く執心する人

居合兵法の和歌

26.道を立深く執心する人

道を立深く執心する人尓大事残さ春大節尓せ与

*道を立深く執心する人に大事残さず大切にせよ

居合の道を深く志している人には、流儀の大事な事の全てを隠すこともなく大切に伝授しなさい。

この歌は、新庄藩の林崎新夢想流の秘歌之大事では

「執心能あらん人尓ハ傳婦遍し くらゐ残春奈大事奈累□(事)」

「執心のあらん人には伝ふべし くらい残すな大事なること」

* 此の歌も新庄藩の林崎新夢想流に200年伝承していますが、田宮流や下村派の伝書には見当たりません。

直訳してみます。

「林崎新夢想流に深く思いを込められずに居る人に伝えるべき事がある、当流の種々の位を残り無く請け留めなさいそれが大事ですよ」

種々の武道をつまみ食いしている人。幾つ習おうとそれは自由ですが、どれも中途半端な食いつきでは何もしなかったのと変わらないのではないでしょうか。目指す事が何かわからずに興味本位でやっているのかもしれません。形稽古を主とする古武道を他所で稽古しているにもかかわらず、居合になると全く一人芝居で敵のいない処をせっせと切っていたりして・・・。健康体操と思えばそれはそれでよいのですが。

一つの事を精魂込めて突き進んでいくと、壁にぶち当たって身動きが取れなくなります。そんな時何か他の武道を始めますとヒントが目の前に現れ忽ち壁が開ける様に思えることがあります。
同じ居合でも、無双直伝英信流ならば夢想神傳流とか田宮流とか他流がとても良い参考になります。よほど偏屈者でない限り誠意をもってお尋ねすれば他流と知りながらお教えいただき、もやもやとした思いを取り除ける事もあります。

根元之巻を伝授の際「お前も弟子を持ち、正しく伝えよ、つまみ食いする弟子にも迷いはあるよ此の事心して伝えなさい」とでも言いたいのでしょう。

そんな思いもあるでしょうが、「心を込めて流儀の位を残さず身につける事が大事だ」と秘歌之大事は歌っているのでしょう。

無外流の百足伝に幾つか

「とにかくに本を勤めよ末々はついに治るものと知るべし」

「我流を使はゞ常に心また物云う迄も修業ともなせ」

「朝夕に心にかけて稽古せよ日々に新たに徳を得るかな」

「我流を教へしまゝに直にせば所作鍛錬の人には勝つべし」

「目には見えて手には取られぬ水の中の月とやいはん流儀なるべし」

直心影流にこんな事が伝えられています

「急ダラリ、ダラリ急。早ク上手ニナルベシト急ギテ修業シタリトテ、スグニ上手ニナルモノニ非ズ。サレバトテ、気ヲ長ク、ナマケテ、ブラブラト稽古シテ、上達スル事ナシ。

急ガズ、ダラリト、心ヲ長ク、ユルユル、ダラリト気ヲモマズニ、怠ラズ、油断ナク、急ニスル気持ニテ修業セネバ、上達スル事ナシ。

不急不弛不怠不油断シテ、修業可致也。如此心得テ、心ガケ申スベキ也

妻木先生の田宮流居合歌の伝には見当たりません。

この歌心を思う時、師である人が、根元之巻を弟子に授与する時に「私が教えた様に、習い覚えた全てをこの道に立って行かんとする志の深い人には伝授しなさい、それが道です」と言っているのです。
師の教に自ら加えた数々も全てで無ければ道は廃れて行く筈です。
出し惜しみしているうちに寿命が尽きてしまう事もありそうです。
「執心の人」を見出せないまま、腰巾着に気を許して満足して居る様では何れ天罰も下るでしょう。
根元之巻を手にする事が目的のような人は其処に留まって道を行く事が出来ないものです。
道はここから先にも、引き継ぐ人によって普請されて続くものなのです。

| | コメント (0)

2015年8月12日 (水)

居合兵法の和歌25.金胎の両部と正に

居合兵法の和歌

25.金胎の両部と正に

 金胎の両部を正尓見へ尓介り兵法有れハ居合者しまる

*金胎の両部を正に見へにけり兵法あれば居合はじまる

この歌は新庄藩の林崎新夢想流の秘歌之大事にも似た歌があります。
「金鉢の両部の二つと見しにけり兵法あれば居合はじまる」
これも意味の解からない歌です。

田宮流居合歌の伝
「金銀(金胎)の両部正に見えにけり兵法有れば居合はじまる」

金胎両部:こんたいりょうぶ
金剛界と胎蔵界。

金剛界は、大日如来を智慧(ちえ)の面から表した部門。如来の智徳はなによりもかたく,すべての煩悩を打ち砕くことからその名があるという。

胎蔵界は、大日如来を本来的な悟りである理性(りしよう)の面から見ていう語で,理性が胎児のように慈悲に包まれてはぐくまれていることから,こう名づける。

「智徳と慈悲の両方が合わさって初めて居合を兵法として始められるのである」

「堅固な者と慈悲の者が二人まみえるならば、兵法であれば居合が初まるであろう」

新庄藩の林崎新夢想流 秘歌之大事 二十三首目

「金鉢乃両部能二川と見し尓希利 兵法あ連ハ居合者しまる」
金鉢の両部の二つと見しにけり 兵法あれば居合はしまる

新庄藩の伝書寛政12年1800年「金鉢の両部二つとみへ尓介り 兵法あ連ハ居合はじまる」

同じく明治44年1911年の伝書「金鉢の両部の二つと見へ介利 兵法阿連は居合はしまる」

* 金鉢ですから托鉢の鉢、仏教の両部とは金剛界と胎蔵界を言い表わしているのでしょう。あるいは神仏混淆の両部かもしれません。

新庄藩は出羽国にあったわけで、出羽三山に由来する山伏の修験場とも大きく関係していた地方です。当然密教の影響は有り得るでしょう。

ここでは「金剛界と胎蔵界の両部の二つと見しにけり兵法あれば居合はじまる」と解してみました。

どちらも引く事ない者同士が居合う時、まして自ら先んじて己の信念を貫かんとする時、如何にして居合の真諦は発揮され天地万物と和する事が適うのでしょう。
いやそんなものでは無い、己の心にある知徳により煩悩を打ち砕き、理性ある慈悲の心が居合を兵法と為す事が出来るのだと思う事も正しかろうと思います。

私の解釈が間違いなければ、根元之巻は流派の業を上手に演じるだけの武術者には不要のものです。

林崎新夢想流に残され、流派を超えて伝承された奥義の命題なのでしょう。

| | コメント (0)

2015年8月11日 (火)

居合兵法の和歌24.寝て居ても起て抜

居合兵法の和歌

24.寝て居ても起て抜

寝て居ても起て抜見よ放れ口突れぬ事は師匠なり介り

*寝ていても起きて抜見よ放れ口突れぬ事は師匠なりけり

この歌も、意味の読み取れない歌です。

田宮流居合歌の伝にも新庄藩の秘歌之大事にも存在しません。

「寝てる居る時でも、起きて抜いて見なさい、抜き付けの切っ先が放れるや、突くことが出来ないのは師匠だからだ。」

これでは何だかさっぱり解かりません。
師匠には特別な恩義があるので突けないと言う事で納得する歌でしょうか。
そんな事を言えばあっちにもこっちにも、私の様なやんちゃな者は師匠だらけです。

「寝ても覚めても抜き付けを只管稽古するのだが、師匠にだけはどうしても放れ際の突きが通じない。」
これも歌心の一つかも知れません。納得していません。

抜き口への、当流の極意は「柄口6寸」です。
「抜かんとする小手を、師に常に取られてしまう。」
これも歌心の内かも知れません。

「師のもとを離れて修行に出ようか出るまいか、寝ても覚めても思うばかり、師を突く様で心苦しかろうが出て行く」
守破離の歌、これも歌心となるのでしょうか。

居合兵法の和歌は師から弟子への奥義の教えです、もっと奥のある歌かも知れません。
「純粋に、抜刀の切っ先の放れ口、いわゆる鞘の内は師匠には通用しない」

「鞘の内」は全居連の昇段審査の学科試験の解答では「相手を圧する心意気を以て鞘離れの瞬時に相手を制すること、これ即ち居合の生命にして鞘の内と言う」

何れまた読み直して見たい歌です。と言いながら、少しも読めていない未熟者です。

次いでですが、河野先生のこの歌の読み下しは「寝て居ても起て抜見よ放れ口突かれぬるは師匠なりけり」と無双直伝英信流居合兵法叢書に書かれています、「突かれぬるは」の「る」は「事」の草書の読み間違いです。「突かれぬ事は」が正しい。意味は似たようなもので「突くことができない」です。

| | コメント (0)

2015年8月10日 (月)

居合兵法の和歌23.狭みにて勝を取

居合兵法の和歌

23.狭みにて勝を取

狭み尓て勝を取べき長刀短き刀利は薄きなり

*狭い場所では長い刀に利があって勝ちをとるであろう、短い刀は利は薄いものである。

狭い所での心得は曽田本に有りました。

英信流居合目録秘訣の2、上意の大事の8.壁添
壁に限らず惣て壁に添たる如くの不自由の所にて抜くには猶以って腰を開ひしりて体の内にて抜突くべし切らんとする故毎度壁に切あてかもいに切あてゝ仕損ずる也突くに越る事なし就中身の振廻し不自由の所にては突事肝要
(2013年9月21日)

狭い所では横一線の抜き付けは出来ない、体の内で刀を抜いて突く事で勝ちを取るべきでそれには長い刀が有利である。短い刀では勝ち目は薄い。と解釈するのでしょう。

大江先生の壁添は、体の内で上に刀を抜き上げ拝み打ちに打ち込んでいます。これは古伝の抜刀心持之事「人中」で人中での抜刀法です。
古伝の上意の大事の壁添は、狭い場所での抜刀法で体の内で抜いて突いています。
座して同様の狭い場所での抜刀は、「向詰」で「抜て諸手を懸け向を突打込也」これは大江先生の奥居合居業の両詰です。

狭い場所では、左右に筋を変わって敵刀を躱し付け込むのは不自由でしょう。
刀の長さに有利性はあるようです。
しかし太刀より小太刀の方が素早く抜き突く事も可能です。
居合では、長い刀を上手に抜いているのも見かけますが、定寸より短い刀の運用も研究課題でしょう。
たとえば、詰合之位を太刀と小太刀で稽古するとかありそうです。

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

介錯口伝・他・神妙剣 | 女剣士 | 居合兵法の和歌15-7 | 居合兵法極意巻秘訣15-6 | 居合兵法極意秘訣15-3 | 干支を読む | 幻を追ってその7 | 幻を追ってその8 | 幻を追ってその9 | 文化・芸術 | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 書を楽しむ | 曽田本その2を読むの2 | 曽田本その2を読むの3 | 曽田本その1の1神傳流秘書を読み終えて | 曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く始めに | 曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く1抜刀心持引歌 | 曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く10夏原流和之事 | 曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く2居合兵法伝来 | 曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く3大森流居合之事 | 曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く4英信流居合之事 | 曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く5太刀打之事 | 曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く6坂橋流棒 | 曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く7重信流1詰合 | 曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く7重信流2大小詰 | 曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く7重信流3大小立詰 | 曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く8大剣取 | 曽田本その1の1神傳流秘書を読み解く9抜刀心持之事 | 曽田本その1の1神傳流秘書原文1抜刀心持引歌 | 曽田本その1の1神傳流秘書原文始めに | 曽田本その1の1神傳流秘書原文10夏原流和之事 | 曽田本その1の1神傳流秘書原文2居合兵法伝来 | 曽田本その1の1神傳流秘書原文3大森流居合之事 | 曽田本その1の1神傳流秘書原文4英信流居合之事 | 曽田本その1の1神傳流秘書原文5太刀打之事 | 曽田本その1の1神傳流秘書原文6坂橋流棒原文 | 曽田本その1の1神傳流秘書原文7重信流1詰合 | 曽田本その1の1神傳流秘書原文7重信流2大小詰 | 曽田本その1の1神傳流秘書原文7重信流3大小立詰 | 曽田本その1の1神傳流秘書原文8大剣取 | 曽田本その1の1神傳流秘書原文9抜刀心持之事 | 曽田本その1の2英信流目録原文初めに | 曽田本その1の2英信流目録原文1居合棒太刀合巻 | 曽田本その1の2英信流目録読み解く初めに | 曽田本その1の2英信流目録読み解く1居合棒太刀合巻 | 曽田本その2を読む | 曽田本その2を読むの4 | 曽田本スクラップ土佐の居合 | 曽田本スクラップ居合 | 曽田本スクラップ戦時下 | 曽田本免許皆伝目録15-11 | 曽田本業附口伝15-10 | 白石元一居合術手引 | 神傳流秘書14-10英信流目録小太刀之位 | 神傳流秘書14-1序 | 神傳流秘書14-2引歌及び伝来 | 神傳流秘書14-3大森流・英信流・太刀打 | 神傳流秘書14-4棒 | 神傳流秘書14-5詰合 | 神傳流秘書14‐6大小詰・大小立詰 | 神傳流秘書14‐7大剣取 | 神傳流秘書14‐8抜刀心持之事 | 神傳流秘書14‐9夏原流和之事 | 秘歌之大事 | 稽古の日々 | 英信流居合目録秘訣15-4 | 英信流目録15-8 | | 道場訓